性的表現の自由と警察の圧力|音楽とフリーミアム|肥後の色街|他

●野良黒 リトル・トリーの「事実」とフォレスト・カーターについて知ったいくつかのこと
ここ数日ずっと↑にかかりきりだったので、RSSフィードもそれだけ溜まってしまった。


●楽天がAmazonに勝てない理由は「物流哲学の差」にあった(加谷 珪一) | 現代ビジネス | 講談社(1/3)
物流哲学の差もあるかもしれないけど、他にもいろいろありそう。

  • デザインがすっきりのAmazon、とっ散らかった楽天
  • 検索で探しているものが出てくるAmazon、見当違いのものばかり出てくる楽天
  • 送料や合計金額がわかりやすいAmazon、わかりにくい楽天

こういうところが違うから、Amazonのほうが使いやすく感じる。

視覚優位(視覚映像優位型)かつ同時処理優位な人だとあのとっ散らかったデザインは楽しく感じるらしい。筆者は聴覚優位(聴覚言語優位型)かつ継次処理タイプなので苦手。
新聞の折込チラシも同じくとっ散らかっているけど、メインターゲットの主婦層にはあれが受けているということなのだろう。


■性的表現の自由と警察の圧力

●警察の訪問は、表現の自由への抑圧そのものである (1/2)
先日表現の自由について考えるエントリーを書いたばかりなのだけど、それを書いている間にこんなエントリーが出ていた。
「法的根拠」ということに触れられている。

●表現の自由の主戦場は昔も今もエロだ - 弁護士三浦義隆のブログ
こちらの弁護士のブログでは「圧力と萎縮効果はあったにせよ強制力を行使したわけではないでの人権問題等を問うのは難しい」という見解。

近所に痴漢が出たから警察に見回りに来てもらったら付近住民からあらぬ疑いをかけられた、という話を思い出した。実際は痴漢のことを話してただけで、被害者側となる場面だ。
警察が訪ねるというのは、一般市民にとってはそれだけ重大な圧迫感を覚えることらしい。


●日本の地上波テレビからおっぱいはどのように消えたのか | スラド YRO
●おっぱいかく戦えり 地上波最後のおっぱいを探せ (1/2)
バカバカしいやつかと思いきや、各事例を列記してあり意外と説得力ある。
特に後半の「先進国の人間はダメだが先住民部族や○○島民ならOK」という基準には考えさせられる。

クレイジージャーニーに激おこ!は同感。
アフリカの少数民族と同化しようと同じ格好になった写真家ヨシダナギ氏の気持ちに水を差すものではなかったのだろうか?


●スマホを「注視」しなくても切符を切ろうとする警察官に注意 - 弁護士三浦義隆のブログ
警官が言葉で誘導して切符切ろうとした一部始終と、その対策。
手に持つだけ、赤信号中などの「停止中の操作」は違反とはならないのできちんとその旨を告げましょう、という内容。

●やりたくない事件にだけ「抑制的」な警察を動かす方法 - 弁護士三浦義隆のブログ
「警察ちゃんと仕事しろ!」という内容。弁護士として理不尽な思いをすることが多々あるようだ。
上記どちらのエントリーも共通して「素人は舐められる、知識がないとどこまでも不利益を被る」という点が指摘されている。

特に交通ルールはその場の警察官の判断が大きいので、理不尽に感じられることもある。
お巡りさんといえども完璧ではない。見落としもあれば勘違いもあるんだろう。

法律を専門家と同等までに理解するのは難しいけれど、自衛のために関係ある部分だけでも覚えておきたい。


●スマートスピーカは安全か--「HomePod」「Echo」「Google Home」を比較 - CNET Japan
声だけで買い物したり家電を操作する例のアレ。
今のところ導入の予定はないけど、セキュリティ面の仕組みは何となくでも頭に入れておきたい。


●「『神』というのは、理不尽でな無慈悲なことをするからこそ、『神』であり、信仰の対象になるのだ」 - いつか電池がきれるまで
神の理不尽さから歴史上の暴君とギャンブラーの共通点、「閾値」の話。

「宗教は理屈ではない」というのはぼんやり感じていたけど、こうして考えると、信仰というのは人生のハプニングを利用したギャンブルとも言えるのかもしれないなー。
ハズレは多いけど、たまにいいことがあるからよけいに嬉しい、みたいな。

「天恵を信じる」という意味では同じだし。


■かっぱ寿司の食べ放題

●かっぱ寿司が食べ放題という「いばらの道」を選んだ事情(加谷 珪一) | 現代ビジネス | 講談社(1/3)
「食べ放題」という部分だけ報道で見てあれこれ考えていたけど、思ったよりいろいろ制限があるみたい。
  • 6月13日から7月14日までの期間限定
  • 平日の14時から17時の時間限定(70分)
  • 高級ネタは対象外で通常メニュー中心
  • 料金:男性1580円(各税別)、女性1380円、小学生780円、小学生未満無料、65歳以上980円
  • 別料金:アルコール飲み放題680円
  • 食事を残したら実費負担
  • シャリ残しは一貫につき30円徴収
平日の14時から17時は飲食業で暇とされる時間。
元々客が入らないところに多少なりとも席が埋まるようになればいいってことかなー。


●食べ放題のかっぱ寿司、初日から750分待ちの大盛況 : 市況かぶ全力2階建
「一皿90円だから男性は18皿、女性16皿以上食べないと元取れないよ」という指摘があった。無理だわ~。
他の懸念点としては、こういうことするとガラの悪い人というか、マイルドヤンキー系が集まるよね。ファミリー層は敬遠しちゃうよね。イメージ悪くなっちゃうよね。


■音楽とフリーミアム

●中高生が音楽CDを「聞かないけど買う」ワケ | イマドキのLINE事情 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準
中高生が音楽CD買う理由は、ひとことにすると「特典のため」。
ということは、すでに中高生の間でも音楽そのものには支払対象としての価値はなくなってるんだな。

「無料が当たり前という風潮は気味が悪い」というコメントに賛同が集まっていた。だがこれは筋違いだろう。
単に優先順位の問題で、音楽は供給が多くなりすぎたので貨幣との交換価値の順位が下がったというだけ。

中高生のお小遣いには限りがある。限りあるものを「タダで代用品が手に入る」ものと交換するのはもったいない。だから「お金を払わないと手に入らない」ものだけを選んで交換する。
「お金の使い方が賢いね」と褒めてもいいんじゃないかな。

これは中高生に限った話でもなくて、「この曲、このミュージシャンでなければならない」というほど音楽に必要性を感じる人が本当は少なかった、ということでもあるのかもしれない。
「代用品でもいいや」と考える人達が、音楽で得られる高揚感や興奮やリラックスを他のことからも得られることに気づいただけ。

それは無料のネット漫画だったりゲームだったりチャットアプリだったり動画だったりSNSだったりする。

「みんながあの曲知ってて誰もが持ってるアルバム」なんて時代には戻らないのだから、フリーミアムのなかからペイする方向で考えるのが商売としては正しいんだろうな。


■Spotifyマジ便利

●Spotifyのアクティブユーザー数が1億4,000万人を超える | スラド IT

Spotifyのアクティブユーザー数は昨年6月時点で1億人を超えており、1年間で4,000万人増加したことになる。


有料プレミアムユーザーは30%を超えたと見られるらしい。すごい勢い。
Apple Musicにも触れられており、有料ユーザーは2,700万人とのこと。

●Spotify、選んだ曲、アーティストから自動選曲できる「Spotify Radio」 - CNET Japan

 曲の再生中に「高く評価」、「低く評価」などを選ぶことで、自分の好みに合わせてチューニングしていくことが可能。再生中に気に入った曲は、お気に入りやプレイリストに保存もできる。


Spotifyわかってるねぇ…。どんどん使い勝手よくなる。フリーミアムだねぇ。


音楽の話が出たし、巡回先で拾った動画置いとこう。


●(1) MONDO GROSSO / ラビリンス - YouTube
満島ひかり凄いな。MVの5:15の映像をワンカットで撮っているのだけど動きに説得力を感じる。迷いがないというか。その自信の溢れる感じに嫌味や自己主張!という気張ったところがないから喉越しがいい。




Spotify派はこっち。
●ラビリンス
ラビリンス by Mondo Grosso



●「Firefox 54」がリリース--「Electrolysis」技術で速度と安定性を強化 - ZDNet Japan

 Mozilla製ブラウザの新バージョン「Firefox 54」は、速度と安定性の点でGoogleの「Chrome」、Appleの「Safari」、Microsoftの「Edge」にある程度追いついたようだ。


今やFirefoxはこんな扱いか。なんだか哀しいな。


●指の脂でベタベタになったスマホ画面の「絵画のような美しさ」|WIRED.jp
潔癖症の人は絶対見ちゃダメなやつ。
自分は潔癖症じゃないつもりだったけど、うぇ~っと思ってしまった。

でも自分のスマホ見ると同じになってた。ツムツムのせいだ…。
やっぱ「他人の」ってやなんだよな。


●涼しげなアイスキャンディー?どんなフレーバーと思いきや、水質汚染について提起するため、河川の水で作られていた。 : カラパイア
なにこれすごい。水質汚染とアイスキャンディーをつなげた着眼点が鋭い。不快感が半端ない。


●ていうか原型とどめてナッシンじゃん!中国に「フォトショップ聖人」と呼ばれるコラ職人がいるらしい。 : カラパイア
フォトショはすごいなあ。
違和感バリバリに派手にいじったものと、ナチュラルに修正したものの二通りの例がある。ナチュラルを使われると、実物と会っても「写真映えかな?」くらいでごまかせそう。


●いらなくなったCDが、こんなに美しいモザイクアートに変貌。CDをアート作品として復活させる方法 : カラパイア
CDを砕いて螺鈿細工の代わりとしたもの。


●AKB総選挙で結婚発表の須藤凜々花さん、事実上の計画倒産 : 市況かぶ全力2階建
名言がちょいちょいあるなあ。
「裏で何してようと構わない。でもミッキーが人前で頭をはずすことはないんだぞ」とか。

なるほどな、そういうことになるんだ。


●隠れ高収入女子はなぜ一様に「お嬢様」と詐称するのか?(鈴木 涼美) | 現代ビジネス | 講談社(1/4)
鈴木涼美の連載は楽しく読んでいるけど、最近主語が大きくなりつつあるのが気になる。この人の取材対象はレアケースばかりなので、あまり一般化できるようなことではないように思うのだけど、どうやら鈴木涼美はそういう部分を散りばめたいらしい。

筆者は性風俗の女性の話を聞くと80~90年代の村上龍作品を思い出すのだが、ここら辺は村上龍と逆だ。村上龍は、徹底して主語を小さくすることでリアリティーを持たせていた。

主語を大きくすることは、例えば問題を一般化する際には有効かもしれない。しかしノンフィクションのレアケースな話に使うとリアリティーが損なわれるように思う。大きな主語で抽象化を繰り返すと寓話やおとぎ話に近づいていくからだ。

鈴木涼美は「夜の女の子達のリアルな現実」のようなことを書きたいのだろうけど、今の方向で行くとコンドームを2枚重ねにしたようなぼやけた感覚にならないだろうか。取材対象は興味深いものが多いだけにもったいない。

『人間というのは』などと主語を広げるのではなく、焦点を絞った生々しさを感じさせてほしい。


●鈴木涼美 公式ブログ Powered by LINE

全然関係ないけど、
今日も聞かれたんですけど
すずきすずみ
って本名じゃないからね?
本名すずきみどりだから。
さすがにそんな野比のび太みたいな名前じゃないっすよ。


鈴木涼美ってブログで本名公開してたんだ。漢字は不明。2016年1月11日が初出かな?


■肥後の色街

●古今東西風俗散歩(町並みから風俗まで)
色街の景色を文化的な側面から研究してらっしゃる様子。この界隈に以前住んでいたけど、造詣が深い人から見るとこういう風に見えるのだね。新鮮だね。
住民からすると古くてうらびれた何もない町だった。

●熊本(世安橋)ゆこか二本木戻ろか下宿ここが思案の思案橋 : 古今東西風俗散歩(町並みから風俗まで)
世安橋。河川敷で遊んだり渡って遊びに行ったりしてたなー。

「ゆこか二本木戻ろか下宿ここが思案の思案橋」、か。
聞いたこともない。「思案橋」といえば長崎だとばかり思っていた。

他のエントリーも拝見させてもらったけど、昭和レトロの風景好きには堪らないものがある。


■ゲームあれこれ

●W.O.T 中級プレイヤーの日記 : ランク戦はじめました
戦車オンラインゲームのWoTに先日導入されたランク戦の様子。うまく住み分けできるといいな。


●[E3 2017]無職は防御に優れる?「野生の地:Durango」はバラエティ豊かな職業と,自由度の高いキャラクターメイクも魅力 - 4Gamer.net

「なぜ無職が防御力に優れているのか?」と気になって説明を読んでみると「ニート生活をしているうちにいろいろこじらせた結果,生まれた自己防衛本能」みたいなことが書かれていた。無職=自宅警備的なユーモアも効かせているのかどうかはよく分からないが


キャラ説明なんだこれ…。
ちょっと興味出てきた。


●PS4版『ワンダと巨像』はリマスターではなくリメイクと判明 ? DAMONGE

2005年当時と現在ではユーザーインターフェースなどの主流が大きく変化していることから、PlayStation 4版では現代風にアレンジを行う予定だと吉田氏は語っているが、当時のままを希望するユーザーのためにオリジナルと同じ操作系も残す方針だという。


おお、リメイクなのか?そうかー。
こういうのってフィールドの草一本違ってもケチつける原理主義者がいるからな。おれのことだけど。だから黙ってPS2版やるけども。


●「日本のPC市場は驚くほど小さい」と『Undertale』作者 ? DAMONGE
いいよいいよそんなローカライズの手間暇かけなくて。modさえ認めてくれたら勝手に何とかするよ!


●男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第434回「本気で期待しなきゃ,面白い人生なんて送れない」 - 4Gamer.net
あら?装備品のアイコン、イニシエダンジョンっぽくない?ドットだから似たように見えるだけかな?

●イニシエダンジョン
少し前はプレイしてたけど、いろいろアップデートされてるな。


■カンボジアの女漁師


●(1) Amazing Girl Uses PVC Pipe Compound BowFishing To Shoot Fish -Khmer Fishing At Siem Reap Cambodia - YouTube
なんかすごい。カンボジアの女の子がPVCパイプ(ポリ塩化ビニル樹脂)で弓を手作り。ノコギリとドライバーと七輪をめっちゃ駆使する。
完成したら、それもって茶色い川に腰まで浸かってビシバシとナマズをゲット。

場所はアンコール遺跡群などがあるシェムリアップ(Siem Reap)だそうです。
この人のアップしてるやつサムネ詐欺がひどすぎて笑う。


関連記事

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

リトル・トリーの「事実」とフォレスト・カーターについて知ったいくつかのこと

ふと懐かしい思いと共に昔読んだ本を振り返るつもりだったのに、とんでもないことになった。
調べるうちに話は飛び、アメリカ南部の暗い歴史にまで触れることになった。


●アサ・アール・カーター - Wikipedia
概要だけならこちらで足りる。「フォレスト・カーター」とはペンネームであり、彼の本名が「アサ・カーター(Asa Carter / Ace Carter)」だ。
日本語Wikipediaではアサと表記されているが、Aceという愛称とaはエイとも読むことから「エイサ・カーサー」と呼称された可能性もあるかもしれない。

以下は28,000文字を超える長いエントリー。『リトル・トリー』の著者について調べた経緯など。
自分の考えをまとめるためにあえて体裁を整えずに残した部分もある。各資料へのリンク集としても使っている。


続きを読む

関連記事

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

自作ハンドスピナーの世界|貧困は誰のせい?|他

●「食べログ」有名レビュアー買収とステマに関する解説(山本一郎) - 個人 - Yahoo!ニュース
食べログレビュアーのステマ疑惑と絡めて、オンライン広告の議論はもっと深めるべきとの提言。


■自作ハンドスピナーの世界

●ハンドスピナーにおけるアンダーグラウンドシーンとしてのThingiverse~世界的ブームの4ヵ月前に起きていたこと - nomolkのブログ
自作ハンドスピナーの世界。独自性あふれるデザインが素敵。

●Thingiverse - Digital Designs for Physical Objects
Thingiverseってサイトは初めて知った。
3Dプリンター用の設計図がアップされてるサイトみたい。



ひとつくらい買って遊んでみようかなー、でも今手を出すとミーハーと思われないかなあ、などと考えだすとあと一歩が踏み出せない。
買うとするならこれがいいな。スチームパンクっぽくてかわいいデザイン。


●「ガイアの夜明け」が15年目にして臨む「新たな挑戦」(現代ビジネス編集部) | 現代ビジネス | 講談社(1/3)

これからの『ガイアの夜明け』の課題は、若い人たちにもっとこの番組を見てもらうにはどうすべきか、ということです。


実際に番組を見てくださっている主な視聴者層は、50代を中心とするビジネスマンから、さらに上のリタイアされた方々です。若い人たちにも見てもらうために、どうすれば良いのか。なんとか双方に満足いただける番組作りを心掛けていきたいですね。


無理に触手を広げず今のスタイルを追求する、という訳にはいかないのだろうか。どこかからの突き上げがあるのかな?

ガイアの夜明けはドキュメンタリー部分はおもしろいんだけど、何故かコント仕立ての小芝居が挟まれていて、そこは毎回違和感を覚えるところ。
事実を基にして作られるのがノンフィクション作品の良さなのに、完全に作り物のミニコントを挟まれても困惑する。あそこだけは受け入れられなくて毎回飛ばして観ている。


●新たな若者言葉「ギガが減る」許せる?許せない? | スラド モバイル
『許せる?許せない?』って、この人は言葉を司る何かなのか…。


すでにそういう言葉が存在して現在進行形で使われている以上は、そういうものとして受け止める以外の選択肢はないように思う。
ただ、自分が使う使わないの自由はある。

しかしこれが「ハッカー」「ハッキング」のように広く周知されてしまうと、使わざるを得ないことになっていく。


●もっと流行ってもいい (#3226460) | 新たな若者言葉「ギガが減る」許せる?許せない? | スラド

口語表現は、誤解を生まないなら短ければ短いほど良いと思うので、 許せるかどうかというよりむしろもっと普及していいと思う。


言葉は情報と意思の伝達手段に過ぎないと考えれば、この意見はもっともだ。
しかし無駄なことに意味を見出すのもまた人間たる所以であるから、こういう論争は楽しい。


●劣化が進むVHSビデオテープ | スラド ハードウェア
おっさんホイホイ。

●テレビを録画したもの (#3226808) | 劣化が進むVHSビデオテープ | スラド

VHSテープをDVDに焼くダビングサービスもありますが、テレビ番組などを録画したものは ダビングしてくれません。

もし保存したいと望むなら自分で環境を作って何とかしましょう。


●著作物のご依頼につきまして|ダビングセンター・全国対応可

当社では著作物のダビングやコピーのご依頼は承れませんので、予めご了承ください。

テレビ番組や映画・CM、アーティストの楽曲など、著作権が発生している映像や音楽を無断で複製や編集を行うことは法律で禁じられております。弊社は、法蓮順守の立場から、そうした著作物のダビングやコピー、編集のご依頼に関しましては、お断りさせて頂きますので、予めご了承ください。


えっ。そうなんだ、知らなかった。
いやしかし考えてみればもっともか。私的複製の権利は個人に認められているものだから、お金を取って営利業務しているところには認められないということなんだ。言われてみれば当然だ。


●生きたロバをトラの餌に、動画が炎上、問題点は | ナショナルジオグラフィック日本版サイト
飼育場の周りに水を張った堀があり、その中にロバを突き落とすという雑な手法。
リンク先に閲覧注意動画あり。

 動物園の声明(中国語)によると、この「事件」を起こしたのは不満を抱く株主だという。同園からの金銭的リターンが得られないことに腹を立てた株主が、勝手に男性たちを手配。当初、ロバを含む数種類の動物を園内で捕獲して、外へ売ろうとした。しかし、園の警備員に止められたため、せめて「餌の節約のため」とロバをトラの囲いの中に落としたと、株主の1人が英紙「ガーディアン」に話している。


動物園の動物を腹いせのために肉食獣の餌にしたってこと?

クレス氏によれば、この20年で中国に新興富裕層が増えたことが、動物園・水族館ビジネスのブームをもたらした。しかし、動物への敬意や、最良の福祉の原則に対する理解が遅れているのだという。


香港に拠点を置く非営利団体「アニマルズ・アジア」の動物福祉ディレクター、デイブ・ニール氏は、淹城サファリパークでの事件にぞっとしたが、驚きはしないと話した。以前、ニール氏が同園を訪れたときには、来園者が料金を払い、生きたアヒルやニワトリをライオンやトラの囲いに投げ入れるということが娯楽として行われていた。


成金の道楽で面白半分で行われていることなんだ。


●上野のパンダに発情の兆候、中華料理屋の東天紅にも“お約束のマネーゲーム”の兆候 : 市況かぶ全力2階建


パンダの子供が生まれる

上野動物園の観光客が増える

上野に本店ある東天紅にお客が増える

業績上がるから株上がる


●パンダが生まれると中華料理屋の株が上がる(ただし上野動物園に限る上に逃げ遅れると養分になる) : 市況かぶ全力2階建
パンダの発情期にまで気を配らないといけないなんて、投資家の皆さんは大変なんですね。


●マルティン・ルターから500年の月日を経て新たな宗教改革か?ロボットに神の祝福を授かるという時代に突入 : カラパイア

●(1) Installation "BlessU-2" / LichtKirche Wittenberg (Segensroboter / Blessing Robot) - YouTube
この表現力。こやつできる…!


●なぜ「ヒーローもの」の主人公に、社長が少ないのか (1/5) - ITmedia ビジネスオンライン
マーベルのアメリカンヒーローは社長、大富豪、弁護士、億万長者など、社会的な強者だ。世の中のあらゆる「力」を使って物事を解決する能力を持っている。
一方日本では、『ジョジョの奇妙な冒険』の登場人物がストーリーの終盤で成功者となる例はあるものの、多くはフリーター、無職、はぐれもの、下級兵、小市民であることが伝統となっている、という指摘。

ここまではいい。しかし以下の文面には首を傾げる。

 このようなヒーロー像の偏向ぶりに、太平洋戦争の影響があることは容易に想像できよう。ほんの70年くらい前まで、「鬼畜米英」という悪の組織と戦いを繰り広げて、日本国民を守ってくれたヒーローといえば「兵隊さん」と「学徒兵」だった。

 戦争に敗れたとはいえ、彼らの尊い犠牲がなければ、この国はどうなっていたか分からない。そういう強い思いが、すべての日本人の中にあった。戦争が終わって徐々に娯楽が生まれる中で、「兵隊さん」や「学徒兵」の姿が無意識に重ねられ、公的機関のメンバーや学生というヒーロー像が確立していったというのは、ごくごく自然な流れではないだろうか。


いや、容易に想像できないし、不自然にしか感じないんですが…。
後半ではさらに、リンク先筆者の窪田順生氏による社会批判にすり替わっている。


ずるいよー、楽しいサブカル論かと思いきや、これこの人のルサンチマンなだけじゃないの?
ルサンチマンを吐き出すのはいいけど、それならそうと言ってくれないと。これじゃステマや昨今の騙し広告問題と同じだよ。


■貧困は誰のせい?

●私が貧困は社会のせいである事を諦めずに訴え続ける理由 - 脱貧困ブログ
貧困者の中には問題行動を頻繁に起こす者がいて、関わっている側としても疲弊させられるという内容。

ある意味ではおかしなことではないように思える。なぜなら、それまでの人生を問題なく過ごしていれば、多くの場合は貧困者とはならないからだ。
何かしらの問題を持っていたからこそ、つまづき、結果として貧困者になる。

「問題」とは本人の行動や生活態度だけではなく、先天的後天的障害、怪我や病気、事故や事件に巻き込まれるなど、本人の望まない形で抱えてしまうものもある。こうした「問題」になりかねない事象は数限りない。
これらはケースバイケースになっているので、対応策のマニュアル化、テンプレ化は難しいものになるであろうことは想像に難くない。

こうして考えると、貧困者に問題を起こす人が多いという指摘は不思議な事ではないように思えてくる。
上記のような事象すべてを貧困者の責任と断じるのは社会のあり方として疑問だ、というのはそのとおりかもしれない。貧困者の責任でなければ、まさか第三者の責任にする訳にはいかないから、社会、つまり国家の責任という理屈になるのだろう。


●気になるCMを連発、「トリバゴ」の意外な正体 | レジャー・観光・ホテル | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準
CMで名前だけは知ってるトリバゴ。未だにサイトすら訪れたことはない。
トリバゴを開くとどこからともなくナタリー・エモンズさんが出てきて右手左手を軽く上下に振りながらドゥイドゥイドゥイ!してきたらどうしよう、などと考えると恐ろしくて使えない。

ああいうノリは、結婚式でフラッシュモブでハッピーウェディング!とかそういうことを是とする人達のものだなと感じる。
もし自分がそうした場に巻き込まれたら…と考えると恐怖だもの。


●ネット中傷の三段活用…最後は「死んで証明しろ」【スマイリーキクチさん・上】 - 弁護士ドットコム

「『殴られていない、刺されていない、殺されていない』。この状況で警察を動かすのは大変です。『いっぱい脅迫とかされて怖かったですよね』と色々な方に言われましたが、僕はもっと怖い経験をした。それは一生懸命助けを求めた警察に『あなたはノイローゼだね』などと言われて誰一人、話を聞いてくれなかったことです。

『こんな小さなことで警察動かないよ』とか、『殺人犯だなんて誰も思いませんよ、あなたがこういうの(ネット)を見るからダメなんですよ』と、言われたことも。『殺されたら捜査してあげるよ』と腕を組みながら笑われた時は、殺人という一つの基準に達しなければ動いてくれないのか、と途方に暮れました。


警察や弁護士に相談する過程が興味深い。こうしたことに理解があり、なおかつ信頼できる人物に巡り会えるかが鍵となりそうだ。

警察も病院と一緒で、尋ねる課や方法をよく知っておいた方が良いですね。誹謗中傷、名誉毀損、脅迫は刑事課、リベンジポルノ、ストーカー、DVは生活安全課というように分かれています。目にものもらいができた時に皮膚科に行っても治してもらえないのと同じで、担当が違う課に行っても対応はしてもらえません。




●いいじゃねえか。学級委員の女子。 昔中学生のころだ。時は世紀末。俺は田..
なんだこのセンチメントの季節辺りの榎本ナリコのような情景の浮かぶ文章は。ネットの醍醐味だなあ。


●いいじゃねえか。学級委員の女子。 昔中学生のころだ。時は世紀末。俺は田..
一応魚拓。



『センチメントの季節』は少女の甘酸っぱい体験を蜃気楼のような淡い思い出として描いたような作品。妄想をくすぐるような、かゆいところにぎりぎり届くような届かないようなもどかしさが秀逸だった。


●西洋風の名前で語尾がオ(o)だと男性名、ア(a)だと女性名になる理由 - GIGAZINE

題名にもした「西洋風の名前で語尾がオ(o)だと男性名、ア(a)だと女性名になる理由」はスペイン語、イタリア語の影響からでした。ただ、繰り返しになりますが英語圏やドイツ語圏だとまた違ってくるので一括りにはできません。スペイン語、イタリア語にしても法則にあてはまらない名前はもちろんあります。


覚えておくとヨーロッパ系の小説や映画でちょっとニヤッとできそう。


●東名高速事故 バス会社社長が語る「新型車両」導入の難しさ
●東名バス事故、ドライブレコーダーが直後に公開された理由 社長が語る「安全性への投資」とは
東神観光バスが行っている安全性への施策。
これは事故の時にも役立つものだけど、運転手のサボり対策にもなるね。常時監視されてると証拠が残るから不正できないもの。

●京阪バスでまた路線バス運行中に「ポケモンGO」 再発防止策効果なく…運転手を懲戒解雇 - 産経WEST
こんなダメな運転手もいるからなあ。

 定刻より早くバス停を出発したことを不審に思った客から連絡があり、ドライブレコーダーを確認して判明した。


えっ、監視されててもやってたの?


●納得!会議で「声の大きい人」に押し切られない方法 ミツバチの会議に学ぶ「衆知」のつなぎ方 | JBpress(日本ビジネスプレス)
人の発言を遮ってまで論破しようとする「声の大きい人」をどうにかしよう、という試みらしい。
ミツバチの「分蜂」という習性から学ぶとのこと。巣の引っ越しの際に行われ、群れ全体の生死に関わることなので慎重に、かつ民主的に決定されるそうだ。

  1. それぞれが営巣候補地を探しに行く
  2. 候補地を見つけたハチは巣に戻りダンスで教える
  3. ダンスを見たハチは候補地を視察に行き賛同すればダンスする
  4. これを繰り返し賛同者のもっとも多い候補地に決定される
  5. ダンスできるのはどのハチも一回だけ

リンク先では『ダンスはどの蜂も一回だけ』とあり、説明が曖昧だ。この文言では「候補地を教えるダンス」なのか「賛同のダンス」なのか判然としない。

論旨としては、会議の参加者からは一通り話を聞くべきであり他者の話を遮ったり邪魔してはいけない、というもの。

しかしそもそもの話を言えば、会議の手法を決めるのは上役であるから、いち会社員がこの手法を学んだところでどうこうできるものじゃない気がする。このタイトルは誤読を誘うものじゃないのかな?
おっと、他人の自説を邪魔しちゃいけないんだった。

ブレインストーミングやKJ法にも近いのかもしれない。まあ、理想論かな。できたらいいなそんな会議。


●ズルい? 悪いと思ってない人も? どう防ぐ「不正折り返し乗車」 苦悩の鉄道事業者 | 乗りものニュース
システム面に不備があるとしか。


●漫画『とある新人漫画家に、本当に起こったコワイ話』について、編集部の見解 - ねとらぼ
すごい揉めてる。なんか見かけたので。


関連記事

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

ブログ内検索
カスタム検索
プロフィール

兼業農家ツベル

Author:兼業農家ツベル
PC(パソコン)ときどきゲーム。ニュースも少々。

平成28年熊本地震に被災しました。今は元気です。

最近自分がアスペルガー症候群(AS)の特性が強いことがわかりました。

更新通知用:@tbrcln

カテゴリー
スポンサードリンク
●Amazonクーポン
「Amazonクーポン」のページにて、期間限定でAmazonのクーポン券がもらえます。
お買物前にチェックするとお得です。
タグクラウド

author by SUH
お知らせ
『.imtp.tachikawa.mopera.net』を含むhost、NTT docomoの提供する「mopera U」の環境からはアクセスできません。

野良黒 FC2を狙った迷惑なコメントが増殖中
スポンサードリンク
Amazonの検索が楽になるリンク
●【まとめ】 Amazonのバーゲン・セール・お買い得情報まとめ

●Amazonの「あわせ買い対象商品 」だけを検索する方法

●Amazonから「予約注文商品」だけを検索するためのリンク一覧
最近の記事
Archives
最新コメント
掲示板
FC2カウンター
リンク
RSSフィード