女装と祭り|Huluあれこれ|オウム真理教のいた時代|他

■女装と祭り

●マツコ・デラックスを現代の「最強神」と呼ぶべき、深淵なる理由(三橋 順子) | 現代ビジネス | 講談社(1/5)
エントリーの冒頭にある「日本各地の女装男性が参加する祭り」の例が興味深い。
参加者になぜ女装で参加するのか尋ねても「よくわからない、昔からそうだから」という返答がほとんど。地方の祭事ってそういうもんだよな。

●マツコ・デラックスを現代の「最強神」と呼ぶべき、深淵なる理由(三橋 順子) | 現代ビジネス | 講談社(4/5)
こちらの4ページ目には日本各地の「異形の神」が挙げられている。
『鹿児島県トカラ列島悪石島の仮面神「ボゼ」』が怖すぎる。こんなの夜道で遭ったら泣くかもしれん。諸星大二郎や水木しげるの世界だ。

余談になるが、祭りの終わりを身近で感じたことがある。
パートナーの実家は田舎なので、その地域だけの小さな祭りというものがあった。集落のうち、昔からそこに住む10人足らずの人達のあいだで細々と続けられてきたものだ。
あるとき、その中のひとりが「もう祭りはやめる。来年からは参加しない」と宣言したそうだ。数人がそれに続いて不参加の意を示した。

これまでも最小限のぎりぎりで存続していたものだった。数十年、もしかすると百年以上続けられてきたのかもしれない。しかし、その一言で祭りは終わった。

何を祀っているのかも知らない。起原も知らない。それでも、無責任にも、いやだからこそなのか、物哀しさを覚えた。


●深海の巨大なサメ「メガマウス」が定置網に 千葉 | NHKニュース
「メガマウス」も興味深いが、インタビューに応える「見つけた漁業者」氏がかっこいい。こち亀の両さんばりのガッチリした角刈りに極太眉毛という男らしさ。歳と共に薄ら寒さを感じるようになった身からするとうらやましい。


●Google HomeがEchoとの違いを見せるべき時がきた | TechCrunch Japan
あと何年かでこのデバイスが当たり前になるんだろうか。
でも声で細かな指示を出すってのは案外疲れるかもしれない。声だけで買い物もできるそうだけど、文字で最終確認したいってのもあるからなー。慣れの問題なのかな。


■Huluあれこれ

●日本版Hulu、Microsoftも使用中止を勧告しているSilverlightを新たに導入 | スラド YRO
●HuluがリニューアルでHDCPが必須に、事前告知無しで混乱 | スラド YRO
Hulu周りが騒がしい様子。HDCPが必須になると、ユーザーが対応機器に買い換える必要性が出る場合があるため、利用者の負担が増えることになる。

●HDCP で不利益を被るのは正規ユーザーのみ、電子透かしにすべき (#3214963) | HuluがリニューアルでHDCPが必須に、事前告知無しで混乱 | スラド

HDCP は約7年前にマスターキーが流出 [itmedia.co.jp] しており 回復不可能なレベルで突破されている [gigazine.net] ので、不正コピーを防ぐ効果はない と断言できます。技術的には、無線LANの WEP レベルに無意味であり、今更新規で採用するのに相応しい方式ではありません。

ここらへんは音楽業界が10年前ぐらいに通った道であり、DRMは逆効果になることから今では音楽のダウンロード販売はDRMフリーが当たり前になりました。



●不正コピー防止技術「HDCP」のマスターキー流出、Intelが調査 - ITmedia エンタープライズ
●「HDMIやDVIの著作権保護に使われているHDCPは完全に崩壊している」と専門家が指摘 - GIGAZINE

技術的なことはよくわかりませんので、偉い人が使いやすいようにしていただければいいなあ、と思います。


●なぜインスタは「キラキラ専用空間」ではなくなってしまったのか? 女子大生が語るインスタに起きている変化と、SNSで「着物の価値」が上がった理由。 | アプリマーケティング研究所
「ネタが続かなくなった」ってだけじゃないのかな?

●おい、人間なのに子猫のニオイがするぞ・・・「子猫の首の後ろ」の香りを再現した香水が新発売 : カラパイア
たっぷりお日様にあてて干した布団のような匂いなんだよね。小学校低学年くらいまでの子供の頭も同じような匂いがする。
あれって汗や皮脂が日光で分解された匂いらしい。

しかし「日光で分解されたものなんですよ」と解説されているページはたくさんあるが、ソースというか、根拠を示したものは見つからないんだよな。
新品の布団をお日様にあててもこの匂いにはならないから、ヒトの分泌物が影響してる可能性は高そうだ、というのはわかるんだけど。


●【動画】アシカが突然、少女を海に引き込んだ | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

●Sea lion drags girl into Steveston waters - YouTube
いやぁ…アニメのワンシーンみたいだぞ。想像以上に衝撃的だった。海面に吸い込まれるように引きずり込まれる女の子。野生動物だから、襲う瞬間に予備動作とかないんだな。
いくらほのぼのして見えても野生動物に隙を見せちゃいけないね。

 動画を見ると、桟橋には少女の他にも人がおり、その多くが海にいるアシカに餌を投げ与えている。見物人が海へ近づくと、アシカも人がいる方へ近寄っていく。


少女のふわふわしたワンピースがイカやクラゲに見えたのかな。
少女に怪我がない様子だったのが幸い。トラウマは…残っちゃうだろうな。


●【発達障害】多くの教員は「忘れ物をしない普通の子」として生きてきたから「やる気があったら忘れるわけない」という発想になる、という説 - Togetterまとめ
ADHDも軽く入っている自分としては、文字通り紐付けるしかない。
バッグはパイスラ肩掛けで肌身離さずスマホもストラップでつなぐ。

知人のADHDの子供を持つお母さんは、ペット紐みたいにしてつながないと命に関わると言っていた。すぐ道路に飛び出るし、2秒で迷子になるそうだ。

MyArmor 迷子防止ひも リード付き リュック サック 子供 ぬいぐるみ リュック キッズバッグ ハーネス ミツバチ(イエロー)
こういうリュック式のものだとさほど不自然ではないし、万が一はぐれても目立つからいいみたい。


●Amazonを訴えてみた | 佐藤秀峰 | note
熊本地震関連の訴訟に関わったりしてこういうことも身近に感じるようになった。ちょっと追っかけてみよう。


●女子同士がオジサンになりきってオジサンとオジサンがキャッキャする謎の「オジサンLINEごっこ」が流行の兆し - Togetterまとめ
な、なんだこの加齢臭漂うLINEは…。むかむかして全部読めなかったぞ。


■オウム真理教のいた時代

●オウム真理教があった時代を生きていた人が羨ましい
30年ほど前だろうか、幼い頃、オウム真理教に出くわしたことがある。熊本城に家族で出かけたのだけど、そこに軽い人だかりがあった。近づくと、白いクマのような着ぐるみ人形から風船を手渡された。
幼児のおれはそれを受け取り、家族に「これもらったよー」と見せた。途端に婆ちゃんが「あがんとに近づいたらいかんとよ、連れてかれるよ!」と怒り出した。その当時から怪しい集団と認識されていたみたい。

小学校くらいになると、子供のあいだではブラックジョークのような扱いだった。江頭2:50とか電撃ネットワークを真似するノリでショーコーソングを歌ったり給食のパンにチョコでマークを描いたりしてた。タブーというより、大人に見つかったら叱られるというスリルを味わうための装置だった。


●おかんの卵割りを阻止するスマホ向けアプリ「なるものか」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1426回 - 4Gamer.net
好きよ、こういう一発ネタ。


●森なのに昌子を好きになってしまった。
好きよ、こういうSS。


テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

発達障害を知ってもらうには?|細胞分裂ぷにぷに|他

日曜と月曜の2日分まとめてなので長くなった。


●緒方恵美・クラウドファンディングに挑戦中。声優インタビュー集『声優語』からアニキの行動力を振り返る | アオシマ書店 - 電子書籍の情報サイト -
●【緒方恵美、声優デビュー25周年記念企画】国内&海外、同時に正規CDを届けたい - CAMPFIRE(キャンプファイヤー)
海外では正規の作品が手に入りづらいため、それを支援するという試み。
目標金額の1千万円は90分でゴールしたとのこと。最高額のデート権付き25万円コースもすでに売り切れている。支援の輪が広がればいいですね。

CAMPFIREのリンク先には、緒方恵美の直筆の手紙が画像として公開してある。味のあるいい字。せっかく大きめの画像なのにサイト上では小さい表示で固定してあるので、ダウンロードして拡大して見るとより楽しめる。


●超メタボのサルを保護 ダイエットへ タイ | NHKニュース
野生動物に食べ物を与えてはいけない、というのは専門家の弁としてよく言われる。
その動物に適した食べ物かわからないし、余分なカロリーは病気の原因になるからだ。

適した食べ物で適度な量であればいいのかというと、それも違う。懐いてしまって野生の生活ができなくなるそうだ。
この猿もそうなっていたんだろうし、日本でも北海道の狐など、観光地の動物に同じ例があると聞く。

ペットを飼う人の中にも食べ物を与えすぎてブクブクに太らせる人がいる。
筆者も知人から、飼い犬を散歩もできないほど太らせた老人の話を聞いたことがある。飼い主はその人の祖父だったそうで、気難しく面倒な人物だったので人付き合いがなく、唯一の家族をかわいがっているつもりだったのだろうとのことだ。
老人の死後は知人が引き取って世話をしていたが、人懐っこいかわいい犬だった。肥満による病気があり、薬漬けで、平均寿命より早くに死んでしまった。


■発達障害を知ってもらうには?

●News Up “敏感すぎる”に共感広がる | NHKニュース

HSP=ハイリー・センシティブ・パーソンは、アメリカの心理学者、エイレン・N・アーロンさんが1996年に著書で提唱したもので、感受性が強く、さまざまな刺激に過剰に反応してしまう人のことをさします。


これって発達障害の特性の一例じゃないんだろうか?発達障害そのものも大して理解されていないのに、あんまり新しい言葉を作らないほうがいいと思うんだけど。
すでにある定義を違う名称で呼ぶと、詳しくない人達は混乱するんじゃないか。

障害を「障がい / 障碍」と書き換えるとか、そういうのもそうだけどさ。
こちらは混乱の他に、視覚障害者の使う音声読み上げソフト / アプリの誤読も誘うからなおさらたちが悪い。障害者に寄り添っているようには思えないんだけど。

障害を「障がい / 障碍」と書き換えるのは見たことがあるが、発達障害を「発達障がい / 発達障碍」と表記するのはほとんど見かけないしね。


●自閉症者が人類社会に「不可欠」である理由 ?実は障害ではない!(正高 信男) | 現代ビジネス | 講談社(1/3)
タイトルは「自閉症」となっているが、読んでみると「自閉症スペクトラム(ASD)」の話となっている。
両者は症状の連続性の中にいるという意味では同じだけど、一昔前に使われていた意味での自閉症は知能の低さが伴うので、厳密には違う。

エントリーの内容としては「ASDが社会に不必要であれば淘汰されたはず。現代にまで生き残っているのは適者生存したからだ」というもの。
つまりはASDにも何らかの社会的役割があるよ、と言いたいのだと思う。

これは「ASDの原因は遺伝的な要因である」との考えに基づくもの。
筆者の見聞きした限りでは、「ASDの原因としては遺伝的要因は無視できない程度にはあるがすべてではなく、明らかにはなっていない」ものだったと思う。だからこの部分は眉に唾をつけて読んだほうがいいかもしれない。

エントリーの内容というか目的は、社会に発達障害への理解を促し当事者には励ましとなれば、というものかもしれない。
でもこういうのって「アフリカでは今でもお腹いっぱい食べられない子供がいて」とか「手や足がなくて困ってる人もいるんだよ、五体満足なだけでも上々」みたいなのと変わらない気がする。

例としてASDの視覚、色彩へのこだわりが挙げられているが、ASDの知識のない人がこれを読んで「そうか、ASDって目で見たもの“だけ”にこだわりのある人達なんだ」と誤解される可能性がないとはいえない。
かといって個々の症例やそれぞれのこだわりの違いについて書くと数万文字ともなってしまう。そんなのはほとんど読んでもらえないし、読んでもらえたとしても疲れて理解するどころではなくなっちゃいそうだ。


●NHKスペシャル | 発達障害~解明される未知の世界~
●NHKドキュメンタリー - NHKスペシャル「発達障害~解明される未知の世界~」
たまたま放送されていたので観た。
番組の趣旨としては「定型発達(発達障害ではない人)の人に向けて発達障害を知ってもらう」なんだろうと思う。
こうした趣旨の場合、専門知識を入れると難しいものになるので、どうしても口当たりを軽くせざるを得ないのだろう。

当事者側に近い筆者からすると、それにしてももう少し掘り下げられないのか、とむず痒く思わないでもなかった。

啓蒙って難しいなあ。


●国内でも使える!米国版AmazonDriveに実際に登録してみた | Tipstour
試用の無料体験期間は3ヶ月。この期間設定はうまい。Prime会員も同じだった。
2週間とか一ヶ月くらいなら覚えているかもしれないけど、3ヶ月となると忘れてしまいそうだ。そうなると知らず知らずのうちに有料会員へと移行してしまう。
もちろん移行直前にメールでお知らせが来るんだけど、見逃す可能性もなくはないもんね。


●WannaCryのフォレンジクス分析とキルスイッチ・ドメインを公開--チェック・ポイント - ZDNet Japan
●【ウイルス】 『WannaCry 2.0』によって暗号化されたファイルを復号するソフト『Wannakey』が登場。ただし…… : ニッチなPCゲーマーの環境構築

個人でもできる有効な対策として以下がある。

【 必要なファイルはバックアップを取る 】

データの損失も防げるしやって損することはないのだけど、やってない人は案外多いんだよね。



●Microsoft OneNoteが大幅刷新。レイアウト改善でより見やすく。ノートやページは左側に集約 ~デバイス間での編集継続性なども向上 - PC Watch
●EvernoteからOneNoteへ自動移行。「OneNote Importer」の使い方と、移行したノートブックの確認方法 | できるネット
OneNoteはEvernoteのデータをインポートする機能があるので、いざというときにデータ移行先として覚えておきたい。

●OneNote のデータを Evernote にインポートする方法 ? Evernote ヘルプ&参考情報
OneNoteからEvernoteにも移行できる。


●【動画】一つ目のヤギが生まれた、単眼症 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト
リンク先は閲覧注意。サムネイルからでかでかと表示される。
フィクションのサイクロプスとか、そういうデザインが好きな人にはたまらない。奇形の動物はすぐに死んでしまったり非対称で悲惨なことになっていたりするが、このヤギは比較的きれいだ。

 単眼症は、ほかの奇形を伴うことが多い。この子ヤギも、目にはまつ毛やまぶたがなく、耳も片方しかないし、歯の本数も足りない。顎は極端に短く、鼻の形成も不完全だ。


インドの田舎やアジアの途上国では、奇形の人や動物は神様の遣いとして扱われることもあるそうだ。この子ヤギもそうなるのかな。
見た感じ元気そう。たくましく育てよ。


図説奇形全書【普及版】
マルタン モネスティエ
原書房
売り上げランキング: 256,666


ヒトの奇形を扱ったものとしては、この書籍はおもしろかった。今でも手元に置いている。
当時は自分が発達障害の特性があるとは知らなかったけど、迫害されがちという点では似たもの同士だもんな。だから興味を惹かれたのかもしれないな。


●新居 - phaの日記

こんな感じで近所に物件をたくさん増やしていって、そのうち一帯に自分たちの街が形成されているみたいになっていったら面白いなと思っているけど、どうなるかわからない。


筆者は発達障害の特性を持っていることもあって、世間との摩擦を感じることもある。直接的なものばかりではなく、社会の仕組みは定型発達者を基にして「一般向けに」作ってあるので、使いにくく感じる場面があるということだ。
いっそのこと発達障害者ばかりを集めた街があれば楽なのかなーと考えることはあるが、考えるだけ。そこでおしまい。

この人は行動に移してるものな。すごいな。

●ADHD友の会(必然性と能力) - phaの日記
pha氏は自らをADHDの傾向があると自覚しているようだ。


●最後の「電王戦」、将棋ソフトの勝利で幕 佐藤名人は雪辱ならず - ITmedia NEWS
●最後の「電王戦」での佐藤名人は、『真田丸』の信繁のようだった。 - いつか電池がきれるまで
後者のブログのリンク先エントリーの中ほどに、これまでの電脳戦の関連著書レビューへのリンクがあって、通して読むと何となくわかった気になれる。


●「乳幼児に危険な食べ物」(視点・論点) | 視点・論点 | NHK 解説委員室 | 解説アーカイブス

今回のケースを通して思うことは、核家族化や少子化が進む中で、子育てに関する知識を共有する機会が減っていることが背景にあると思われます。特に初めて子育てをする保護者にとっては、赤ちゃんの食事は家庭でも見たことがない未知のものといえます。


パートナーの実家は絵に描いたような田舎のお年寄りなのだけど、情報源はテレビと世間話。新聞は近所のお付き合いで取ることもあるが、読んではいないそうだ。

そういう暮らしをしている人達は新しい情報が入るのが極端に遅い。そして、誤った情報も更新されずにそのままになっている。

おばあちゃんの知恵袋のようなものは、昔はありがたいものだったのかもしれない。でも今は、昔の知識を下手に使われるとありがた迷惑になることもある。

かといって、それをひとつひとつ指摘しても角が立つし、基礎知識が決定的に欠如している場合も多いので難しい。医療の常識が昭和で止まっている人とは話し合いはできない。はいはいそうですかと聞き流すだけだ。
当人達は孫に会いたいと望んでいるのだが、変なものを与えられては困るので、適当にお愛想であしらわれてたまに顔を見せる程度になっている。

昔と今との知見の違いには「乳児ボツリヌス症」や各種アレルギーなど、命にかかわることだってある。
まあ仕方ないね。


●Mozilla Re-Mix: 【Firefox 53.0.3】リリース。
あとで更新しないとな。


●濡れた子犬みたいだろ、でもこれプリンなんだぜ・・・タイ発のリアルすぎる「子犬プリン」にネット民が困惑 : カラパイア
思ったより仔犬だった。


■細胞分裂ぷにぷに

●これはわかりやすい!カエルの卵が細胞分裂を繰り返していく様子がわかるタイムラプス動画 : カラパイア

●Cell Division Time lapse - YouTube


●Tadpole Development Time Lapse - YouTube
一応閲覧注意。ダメな人もいるかもしれない。
オタマジャクシになるまでの細胞分裂の早回し動画。

ぷるんぷるんする様子がすごくいい。

●PHUN - balls2
●マウスオーバーすると円が分裂していくFLASH | IDEA*IDEA
↑の動画が好きな人はたぶんこのゲームも好きなんじゃないかな?
マウスでなぞるとどんどん円いのが分裂していくゲーム。

●PHUN - boxSpin
同作者のこれも妙に心地がいい。
クリックすると箱がくるくる回るというもの。音と規則性がクセになる。


●【ツムツム】ガストンのスキル評価!コインも高得点も稼げる強力なツム!|ゲームエイト
しばらく前からスマホでちょいちょいツムツムをプレイしている。
ガストンがコイン稼ぎにいいと評判だったので、20日に約700万コイン突っ込んだ。

結果、SLV4.75でコインがなくなるというまさかの結果に…。14体引けているので、ガストン出現率は約6%。約50万コインで一個だった。
その日は暇さえあればプレイ→3万貯めてBOX開封で、なんとかガストンをSLV5まで育てた。

●ツムツム ガストン・ルミエールの確率検証!過去最高の53体で出ない?出た? | LINEディズニー ツムツム攻略・裏ワザ徹底ガイド
開催期間:2017年5月9日11:00~5月12日10:59の時期。試行回数2720回。
ここだとガストン単体で11.0%あったみたい。

●ツムツム 美女と野獣の新ツム4体の確率検証!ガストンは出ない?出た? | LINEディズニー ツムツム攻略・裏ワザ徹底ガイド
開催期間:2017年5月18日11:00~5月21日10:59の時期。試行回数2299回。
こちらはガストン単体で5.0%。イベントの確率アップツムが4体に増えてるから半減している。

確率を見ると「早く引いとけばよかったー」と思っちゃうけど、使えるツムかどうかもわからなかったし、実装直後はちゃんとした使い方も知れ渡ってなかったしなー。
仕方ないと自分に言い聞かせよう…。


●【ツムツム】ガストンがスキルマになるまでガチャを引いてみた【確率検証】 - YouTube

SLV5→6の20体引くまでに156回、468万コイン分突っ込んだとのこと。確率は12.8%だからこの人は2017年5月9日11:00~5月12日10:59の時期に引いたはずだ。
確率アップ中に0からスキルマにしようとすると1000万コイン、余裕見て1500万コインは用意しておいたほうがいいのかもしれない。

使い心地は、格安Androidスマホ+へっぽこな腕前だとノーアイテムで2000コインがせいぜい。うまくスキルループを回せたらもうちょっとはいけそう。
コイン稼ぎとしてはよく貯まるけど、サブツムが育たなくなる欠点がある。この先高得点を目指すことを考えると微妙かも。


ディズニーツムツム のせキャラ フレンズver.
プレイしている人に「ツムツムって生首ばっかり出てきて気持ち悪いよね」と毎回聞くが、一度も理解を得られたことはない。
どう見たって生首だろ?これは。

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

ノンフィクション / ドキュメンタリーの見方は案外難しい

■フィクションとノンフィクション

●『ど根性ガエルの娘』を読んで、「家族の問題」を作品にすることの難しさを思う。 - いつか電池がきれるまで

 学生時代は、ハリウッドの量産型アクション映画をみて、「なんでこんなどれもこれも一緒にみえるエンターテインメント映画ばっかりつくられ、観られているのだろう? もっと人生の深みや陰を描いた重厚な作品がヒットすべきではないのか?」なんて思っていたんですよね。

 難病で死に向かっていくことや家族の複雑な問題というのは、「そのへんに煩わしいほど転がっているもの」であり、そんなものをわざわざ映画館で観て、暗い気分をフラッシュバックさせたくない、どうせだったら、映画館の、フィクションの中でくらい、日常ではありえない、ハッピーエンドの「冒険」に浸っていたい。


フィクションやSF大作は楽しい。
楽しいけど、お金がかかっているだけに一定のフォーマットに沿って作られている部分があり、大筋では似通った作品が多くなるのは否めない。

また、こうした作品は作り物だけに、設定におかしい部分が見つかることもある。
筆者の場合は理屈に合わなかったり齟齬があると、そのことばかりが気になってそのあとのストーリーが楽しめないということがある。
漫画やアニメ、ゲームの世界のように何から何まで作り物ならば「そういう世界なのね」と受け入れるだけだ。だけど実写作品だと、現実との距離が縮まっているぶん、矛盾点がより一層気になってしまう。

一方でノンフィクションの作品は事実を基にしている。「こういう話があったんですよ」ということは事実なので、受け入れるしかない。
その点はフィクションやSFに比べ、脚本や演出の齟齬に気を取られることなく浸れる。だから自分はノンフィクションやドキュメンタリー作品を好むのだと思う。


■制作現場の内情

ノンフィクションの話は、明るく楽しいものばかりではない。辛く落ち込むような内容も多い。
ノンフィクションは人気がないというか、数字の取れないことが多いそうだ。そうなると、制作費のほうもそれに準じたものになる。

●1000万=“極めて安い”制作費!? | 番組構成師 [ izumatsu ] の部屋 - 楽天ブログ

数年前、東京でフリーとして仕事をしているプロデューサーと
話す機会があった。
当時、ぼくは30分のドキュメンタリー番組に携わることがちょくちょくあった。

--その製作費、どのくらいだと思います?

そう、ぼくはたずねた。
そのプロデューサーはアタマをひねったあげく、
思い切って値切るかのように、

--1千万くらいだろ?

このときも、アタマにきた。
そのドキュメンタリー番組も、80万、90万の制作費で作られていた。

このプロデューサーも、朝日の記者氏も、感覚がマヒしているとしか思えない。
考え方が、ふた桁、違うのだ。


80万、90万の制作費とは、素人目にも安いと感じてしまう。
リンク先の著者は続けて取材にかかる日数についても述べている。

朝日の「サブch」なる記事では、
「ザ・ノンフィクション」という番組をこう讃えている。

--取材対象と人間関係をきっちりつくるまでは、
--何ヶ月かかってもカメラを回さない。

当たり前である。
そんなこと、制作する者にとって、基本であり、常識である。

--取材は短いもので数ヶ月、長いものは一年かかる。 どんなドキュメンタリーでも数ヶ月はかかる。これまた当たり前。 今、ぼくが携わっている番組は、取材を始めてから2年以上経っている。 その集大成が、ようやく今月末、1時間番組にまとまる。


短いものでも数ヶ月。それで90万の取材費。取材先への滞在費用だけでも大半が飛んでいきそうだ。

コンテンツとして公開する以上、製作者としては多くの人の目に触れて欲しいはずだ。となると、ただの日常を追ったものよりは、何らかのドラマがあってほしい。しかしそれを促したりお膳立てをすればドキュメンタリーではなくなってしまう。
だから現場のスタッフはひたすら待つ。何ヶ月も何年も画が取れるまで待つ。

●フジテレビ系列『ザ・ノンフィクション』プロデューサー 味谷 和哉さん

ドキュメンタリーは時間経過が一つの演出なので、取材にも時間がかかります。

ポンと行ってポンと撮ったものは”情報”です。最初は”情報”でも、重ねれば重ねるほど深みが出て、ドキュメンタリーになっていきます。1回会っただけでは言わないことも2回目、3回目となれば「実はね…」と打ち明けてもらえることがある…だから半年、1年という時間をかけて積み上げていきます。

そして納得したところで、ある程度視聴者にも満足してもらえるかなと思った段階で放送する、というのが僕の方針です。


その場でカメラを回すだけなら「中継」、それをぶつ切りにしておいしいとこだけつまめば「ニュース」。取材者との関係が熟成されるまでじっくりと時間を掛けて発酵させたものが「ノンフィクション / ドキュメンタリー」ということだろうか。

これらは素材とその調理法の違いといえるかもしれない。そのまま食べておいしいければ丸かじりすればいいし、足の早いものは時間をかけていると腐ってしまう。素材によっては、そのままでは食べられないが熟成させると旨味が出てくるものもある。

「皇室の○○様ご成婚」はニュースになるが、「○○村の花子さんが結婚」はニュースにはならない。
だけど、「限界集落と化した○○村の花子さんが結婚、過疎化に悩むこの土地で暮らす彼らの決意を追った」となるとドキュメンタリーとなっていく。

長い間携わってきて、改めて思うドキュメンタリーの魅力と言えば…「よく見れば事実は絶対おもしろい」ということだと思います。

何かが起こった時に、事実を調べていくと、絶対おもしろくて、事実は想像力より創造的。イマジネーションを超えるクリエイティビティがあります。



■ノンフィクションは真実か?

一方で、「ノンフィクション / ドキュメンタリー」に映し出されたものは、事実ではあっても真実とは限らない。カメラの前で起こったということは事実だとしても、物事の本来の姿とはかけ離れている可能性もある。

冒頭のリンク先エントリーでも、テレビ番組の『大家族スペシャル』スタッフの、放送されなかった裏話が披露されている。
引用の引用となってしまうので、ここには引かない。

要約するとこういうことだ。
大家族の番組の一家そろっての晩御飯の場面で長女が自室に閉じこもっている。父親が問いただすと「テレビに出たくないから」と言う。それに激昂した父親は暴力で言うことを聞かせる。血を流しながら部屋から出てきた長女もそろっての晩御飯。何事もなかったかのように団欒の場面が再開される。

この話は極端だとしても、作り手が介在する以上は取捨選択の与奪を握るのは製作者になる。コンテンツとして公開するのだから、起承転結を考えない訳にはいかない。
一方で、取材者のほうでもカメラのない生活とまったく同じ姿でいることは難しいだろう。

筆者はこうしてブログに文章を垂れ流しているが、こんな文でもローカルの自分だけが読むものと、不特定多数に公開することを意識した文章ではやはり違いが出る。その違いにおもしろみを感じてブログを続けているとも言える。
少なくとも筆者自身は他人の目をまったく気にしないでいることはできない、ということがわかる。

取材のカメラが生活に入るということは、カメラを持った人間もいるし、音声マイクなどの他のスタッフがいる場合も多いだろうし、カメラの先には何万人の人の目がある。


冒頭のリンク先には、ドキュメンタリー映画監督の森達也の言葉と共に、編集や演出の功罪についても触れてある。
この点はノンフィクション / ドキュメンタリー作品を観るときだけではなく、ニュースや各種報道の際にも気に留めておきたい。バラエティーやエンターテインメントではなおさらだ。

こんなシーンがあるとする。
「駅のホームで、スーツを着たサラリーマンに金髪の若い男性がつかみ掛かっていた」
サラリーマンにチンピラが暴行を加える場面だ。

しかしこんな事情があるとする。
「サラリーマンは女子大生に痴漢をしていて、金髪の男性がそれを取り押さえたところだった」
目の前で繰り広げられている事実は変わらないが、こちらの見方は変わらないだろうか。

だが、実はこんな裏事情が隠されていたとする。
「女子大生と金髪は知り合いで、痴漢冤罪に持ち込み示談金を取ろうと共謀していた」

このすべての場面を取材できていたとしても、どの部分を切り取るかで視聴者の印象は大きく変わる。
カメラの前で起こったことに嘘はないが、製作者の意図は入り込む。そうした見方は忘れないようにしたい。


ドキュメンタリーは嘘をつく
森 達也
草思社
売り上げランキング: 229,946


テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

ブログ内検索
カスタム検索
プロフィール

兼業農家ツベル

Author:兼業農家ツベル
PC(パソコン)ときどきゲーム。ニュースも少々。

平成28年熊本地震に被災しました。今は元気です。

最近自分がアスペルガー症候群(AS)の特性が強いことがわかりました。

更新通知用:@tbrcln

カテゴリー
スポンサードリンク
●Amazonクーポン
「Amazonクーポン」のページにて、期間限定でAmazonのクーポン券がもらえます。
お買物前にチェックするとお得です。
タグクラウド

author by SUH
お知らせ
『.imtp.tachikawa.mopera.net』を含むhost、NTT docomoの提供する「mopera U」の環境からはアクセスできません。

野良黒 FC2を狙った迷惑なコメントが増殖中
スポンサードリンク
Amazonの検索が楽になるリンク
●【まとめ】 Amazonのバーゲン・セール・お買い得情報まとめ

●Amazonの「あわせ買い対象商品 」だけを検索する方法

●Amazonから「予約注文商品」だけを検索するためのリンク一覧
最近の記事
Archives
最新コメント
掲示板
FC2カウンター
リンク
RSSフィード