ドラキュラの由来|ゲームブックの思い出|他

■ドラキュラの由来

●悪魔とドラキュラの誕生日【日記 2014/11/10】

ヴラドの父は、非常に勇敢な騎士で「竜公」の異名を取りました。
竜は英語でドラゴンですが、ルーマニア語ではドラクル。

そして、末尾の音を「a」に変えると、その子供である、という意味になります。
ブラドは、みずからは「ドラクラ」を名乗りました。

竜の力を持つものの息子、ですね。カッコイイ名前です。


なにこの厨二心がくすぐられるネーミング。かっこよすぎ。これが「ドラキュラ」の由来だったのね。
ドラキュラは竜の子だったんだ。

リンク先ではヴラド・ツェペシュのほかに、小説の「ドラキュラ」の話、オリジナルのファミコンディスク版「悪魔城ドラキュラ」への想いが語られている。

思い入れのあるものについて、愛情を持って語られているのを読むのは心地いい。
自分もそうありたいなー、とは思うけど、なかなか真似できないな。ありがたく拝読するのみ。


リンク先で語られているのはこのファミコンディスク版「悪魔城ドラキュラ」。
名作だけあって後継機にも何度も移植されているのだけど、ファンからすると別物なんだそうだ。


■ゲームブックの思い出

●Netflix、視聴者がストーリー展開を選べる番組の配信をスタート──「分岐する物語」という実験は成功するか|WIRED.jp
DVDや書籍の世界でもこれと似たものがあったのを覚えている。

十年以上前になるだろうか、「DVDゲーム」というジャンルがあった。正確な表記は「DVD-PG(DVD Players Game)」。
DVDプレイヤーで再生すると、ある箇所で選択肢が出てくる。その中のひとつを選ぶとそのチャプターまで飛ばされ、ストーリーが進んでいく。

DVDのチャプターを利用したおもしろい仕組みだったけど、当時はPS2をはじめとする大ヒットコンシューマー機の全盛期。全然定着しなかった。
アダルトアニメDVDのジャンルでひっそり生き残ってたのは見かけたことがある。

もっと遡ると「ゲームブック」というものがあった。「DVD-PG」のシステムを、紙の本で再現したものだ。
順番で言えばゲームブックのほうが先なので、DVD-PGのほうがゲームブックを真似したんだろうね。

「自分の選んだ選択肢でストーリーが分岐する」というシステムは、今でもゲームの世界で息づいている。
ゲームの中では複雑化、視覚化が進んでいるので意識することはあまりない。

ダンジョンを左右どちらに進むか、というのもそのひとつ。
宝箱を開ける?開けない?というのもある。
敵がいた→戦う?逃げる?もそうだ。
どのアイテムを装備する?というのも、今では当たり前すぎて誰も気にしてない。

ゲームブックの大きな欠点のひとつが、読み捨て、使い捨てが前提だったということ。
自分のステータスをサイコロや乱数表で決めたり所持アイテムをメモったりと、ゲームブックは「メモ」が必須だった。

そこで出版社は気を利かせて「メモ用余白ページ」を作っていた。
ここまではよかった。便利でありがたい話だ。

そうしてプレイが終わってから気づく。
「これ、二週目どうするの?」

子供は先のことを考えないので、余白があったら本当に書き込んでしまう。
書き込んでもらうために用意してあるページなのに、本当に書き込んだら二度とプレイできないという罠。

鉛筆で書いたので消しゴムで消せばいい、と考える。
しかし当時の紙は品質がよくなかった。すぐにボソボソになってしまうのだ。

メモ用紙を用意してそっちに書く、というのが賢いのかもしれない。
言い訳させてもらえば、ゲームブックのメモスペースはパラメーターごとに区切られていたり、かっこいい枠線があったりして、いかにも書き入れたくなるような作りだった。

目の前にデコレーションケーキがあるのに、味は同じだからって、それを見つめながら生クリームとスポンジをもさもさ食べるような真似ができますか。

こうした事情があったので、ファミコンソフトや漫画のように友達と貸し借りするようなことはできなかったし、中古として流通するものも少なかった。

他にも特徴があって、簡単にネタバレするということ。
きちんと指定されたプレイをしていて、それでも自動的にネタバレしてしまうシステムになっているのだ。
理由は、紙の製本だから。

一場面が終わり、末尾に選択肢がある。任意のページを選び、めくる。そこまではいい。そうして左側のページを読み進めるところなのだけど、ふと右のページを見ると、どうやら重要な場面のネタバレが書いてあるではないですか。
一瞬でそれに気づいて、見なかったふりをし、心の記憶に消しゴムを掛け、何事もなかったかのように読み進めるのだった。

ゲームブックのプレイヤーには多大なるスルースキルが要求されるのだ。
通常の小説のようにページを順番に読む、なんてことは絶対的な禁則事項だった。

欠点もたくさんあって、文字ばかりで、おまけに面倒なルールや決め事、タブーまである。
俯瞰して考えてみれば、あまり親しみやすいようには思えない。

でも、そうした数々のハードルも、プレイヤーにとっては「その世界に入り込むための特別な資格を持った選ばれし者」という優越感を覚える装置になっていたのかもしれない。
「はてしない物語」じゃないけど、本の中に入り込んで遊んでいる、という感覚があったんだよね。


そして、ゲームを遊ぶための専用の機械「ファミリーコンピュータ」が我が家にやってきた。
ゲーム機はファミコン以前にもいくつか販売されていたけど、市民権を得たとはいえなかった。けれど「ファミコン」は大ヒット。家庭でゲームと言えばファミコンの世の中になった。

そうしてファミコンの世界にどっぷりとはまり、ゲームブックとは離れたのだった。


今でも中古書店でこれらのゲームブックを見かけることがある。懐かしさを覚えて手に取り、パラパラとめくってみる。そうして鉛筆のメモや消しゴムで消した跡を確認して、においを嗅ぎ、当時のことを少し思い出し、棚に戻す。
あの頃の本は今の本とはインクや紙の質が違うので、においも独特のものがある。


「文章を読んで選択肢を選ぶ」という部分だけを抽出してみれば、ノベルゲームやアダルトゲームといったジャンルでは今でも親しまれているようだ。



プレイしたことのある?読んだことのある?ゲームブックのひとつ。
たまたまだけど「悪魔城ドラキュラ」ネタが他のエントリーと被った。連想して思い出したのかな。なんとなく嬉しいな。


●GameBook.xyz ? 選択肢を選び続ける物語 「ゲームブック」
古き良き伝統を味わうことができるサイト。
紙の書籍とは違った味わいがあり、ゲームブックの雰囲気が楽しめる。


●牛や豚にもウェアラブル端末──畜産に革新をもたらす「動物のインターネット」が動き始めた|WIRED.jp
ウェアラブルを動物につけてヘルスケアや位置情報の確認ができるようになるとのこと。
リアルな農場ゲームみたいになるんだろうか。

睡眠時の母豚にバイブレーションや軽い電気ショックを送って子豚を押し潰させないようにする、というのはいいね。


●Google、ポップアンダー、ポップオーバー広告を禁止 | TechCrunch Japan
これでインターネットがまた少し過ごしやすい世界になった。ありがたや~。


●スマホで遊ぶ格ゲー「ストリートファイターIV チャンピオンエディション」の特徴とは? スムーズなバーチャルパッド操作の鉄則も伝授 - 4Gamer.net

「スマホで格ゲーができるわけがない」と懐疑的な人ほど,ぜひとも読んでいただきたい。


もちろんそう思ったけども。

まずは結論から言おう。
 「なんとか,できないことはない」。


おい!


■カラパイアあれこれ

●圧倒的存在感!現世の空飛ぶ翼竜風情を醸し出す、猛禽最強を誇る「オウギワシ」にズームイン! : カラパイア

●Beware The Harpy! | Peru's Wild Kingdom - YouTube
猛禽類ってめちゃくちゃかっこいいな。現代の翼竜だ。


●「サグラダ・ファミリア」で知られるあのガウディが最初に設計した「カサ・ビセンス」がもうすぐ公開予定 : カラパイア
なんてカラフルなんでしょう。きらびやかなのとはまた違うポップな色彩。


●同じ場所でもこんなに違う。プロが伝授する何の変哲もない場所で効果的な写真を撮影する10の事例 : カラパイア
写真家から見れば、ただの地下鉄昇降口でもこんなに素敵な写真になるんだ。


●中耳炎で耳を失った猫、その可愛さでネット上で大人気。現在は自身にそっくりな抱き枕もゲットした模様。 : カラパイア

●Cat born with no ears becomes an internet sensation - YouTube
かわいい~。真っ白で美人さんだ。オスかメスかは不明なんだけど。


●警察庁の「パチンコで換金など知らない」という設定、儲け5万円以下への出玉規制強化で崩れる : 市況かぶ全力2階建
中盤のツイートにあるパチンコの正確な還元率が興味深い。

 
高い遊びなんだねー。


関連記事



テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
カスタム検索
プロフィール

兼業農家ツベル

Author:兼業農家ツベル
PC(パソコン)ときどきゲーム。ニュースも少々。

平成28年熊本地震に被災しました。今は元気です。

最近自分がアスペルガー症候群(AS)の特性が強いことがわかりました。

更新通知用:@tbrcln

カテゴリー
スポンサードリンク
●Amazonクーポン
「Amazonクーポン」のページにて、期間限定でAmazonのクーポン券がもらえます。
お買物前にチェックするとお得です。
タグクラウド

author by SUH
お知らせ
『.imtp.tachikawa.mopera.net』を含むhost、NTT docomoの提供する「mopera U」の環境からはアクセスできません。

野良黒 FC2を狙った迷惑なコメントが増殖中
スポンサードリンク
Amazonの検索が楽になるリンク
●【まとめ】 Amazonのバーゲン・セール・お買い得情報まとめ

●Amazonの「あわせ買い対象商品 」だけを検索する方法

●Amazonから「予約注文商品」だけを検索するためのリンク一覧
最近の記事
Archives
最新コメント
掲示板
FC2カウンター
リンク
RSSフィード