ネットビジネスとモラル|中国の「小苹果」がすごい|他

■ネットビジネスとモラル

●「ネットでお金儲けをするのが悪い」のではなくて、「ネットで(他人を騙したり不幸にしたりして)お金儲けをするのが悪い」だけなのに。 - いつか電池がきれるまで
WELQ的なインチキサイトの影には、閲覧者側のリテラシーと発信者側のモラルという複数の問題点が絡み合っている。
どちらかを潰せばどちらかがなくなる、ということにはならない。そもそも他人の考えや行動のすべてを制限することはできないので、個人やひとつのサイトを潰せても、「同類」の発生をなくすことは難しい。

なぜそうしたものがなくならないか、次々に発生するのかと考えていくと、「儲かるから」ということになる。


「ネットでお金儲け」について思い出したことがある。

筆者は以前、ある勉強会に参加していた。その参加者のひとりが、あるとき交流のためのサイトを開設した。使い勝手の良いサイトで、参加者からの評判も上々だった。
活力あふれる管理人は交流サイトの運営だけでは飽き足らず、サブページにて一般の閲覧者向けの商業活動も始めた。SEOとアフィリエイトだ。

管理人が文字通り寝る間も惜しんで更新を続けた結果、アフィサイトは成功した。インチキな内容ではなく、騙しやGoogleの裏をかくようなやり方も使わなかった。
正々堂々とした運営で、きちんと信頼できるソースもあり、情報も読みやすく整理され、閲覧者の利便性にも気を配ったものだった。彼の努力の結果、月に数十万人が利用する「役に立つアフィサイト」になっていた。それに伴って利益の方も順調に伸びていたようだ。

そんななかで、あるとき管理人がぽつりと漏らした。
「参加者のみなさんのことは、もう閲覧者の一人としか思えない」
そうして、サイトの「交流会」としての役割は終わった。


参加していた勉強会も、そもそもは仕事に関わることだった。だから参加者が何かの分野で成功することは喜ばしいことだし、賞賛されるべきことだ。

時間にもリソースにも限りがあり、何かに最適化するためには何かが切り捨てられることになる。それは効率化と呼ばれ、ビジネスでは尊重されるべきことだ。
モラルを捨てた場合はWELQとなる。自由な時間や睡眠時間も選択肢に入るし、配慮を捨てればパワハラやブラックになる。捨てられるものの中には人間関係や家庭生活もあるだろう。

「経済」というものには感情はないので、それに関わるからには、人間的な部分を抑えたほうが成功しやすいのかもしれない。成功者にはサイコパスとしての側面も多い、と言われるのはこうした理由もあるんだろう。
そしてそれは、シビアな環境であるほどその傾向は強まる。

例に挙げた管理人氏は別に悪いことをしたわけじゃない。それどころか数十万人の閲覧者に便利な情報を提示し、より公益性のあるサイトとして多くの人の役に立っている。
しかし当初からそこにいた人達にとっては、それまで親しくしていた人達と、一緒になって楽しんでいた場をあっさり切り捨てられた、という思いが残ることになる。

この一連の流れのなかで、商業活動として効率化されていくことと、それに邁進するなかで、ないがしろにされていくものがあるということについて考えざるを得なかった。



わかりやすい言葉で脳のお話をしてくれる中野信子先生の本。入門書としてちょうどいい。

「サイコパス」は、最近テレビでも聞くようになったが、ほとんどの場合は「キチガイ / 異常者」という意味で使われる。しかしこれは間違いだ。
筆者の理解したところでは、「サイコパスの人間は他人をリソースのひとつとしか考えない。これは性格ではなく生まれ持った脳によるものなので、生涯治らない(病気ではなく障害)」というもの。つまりベトナム寓話の「サソリとカエル」ということだ。


サイコパスについて「書籍を読むまでもない、さらっと知りたい」という場合は以下のエントリーが参考になる。

●【読書感想】サイコパス ☆☆☆☆ - 琥珀色の戯言
●「他人に共感できない人々」がインターネットを回す - いつか電池がきれるまで
上記の中野信子氏の書籍レビューと、下は社会問題とサイコパスを絡めて考えたエントリー。どちらも内科医のfujipon氏によるもの。
fujipon氏は精神科医ではないので専門外の分野なのだけど、それが逆にサイコパスの理解に慎重な態度となっていて、読みやすい文章も相まって理解の助けになる。


●25人に1人?「良心を持たない人々」サイコパスの10の特徴とあなたが身を守る方法 | いつも空が見えるから
管理人のYUKI氏がご自身の勉強のために、心の病気や発達障害、子供の病気関連の書籍をレビューしているサイト。
27000文字を超える大長編エントリー。情報元として様々な関連書籍からの引用があり、参考書籍を探すきっかけにもなる。サイコパスに興味があれば、数日かけてでもじっくり読む価値はある。


●野良黒 WELQと検索とリテラシー|野生動物ってかわいい?|他
WELQについてはこのエントリーでも触れた。


●デリバリープロパイダの中の者だが人手不足で配送の現場はもうヤバイ

皆さんはクロネコヤマトしか知らない人も多いですから、配送=日時通り届いて当たり前。不備があっても逐一、電話連絡があって当たり前…と思っていますよね。
残念ながら、それはヤマトだからこそ出来る芸当で、一般的な配送業者には真似出来ません。


自慢出来ることではありませんが、我が社の新入社員は足し算引き算も怪しい社員がたくさんいますよ。
元◯◯者もいますし、人手不足で引く手あまたの配送・引越し系求人にすら受からないヤバイ人が集まっているのが零細配送企業です。


増田の匿名エントリーなので鵜呑みにするのはあれだけど、読んでみるとさもありなんという感じがする。


■2017年7月のWindows Updateあれこれ

●【アプデ】 Windows Update 2017年7月度 注意事項と各KBメモと直リンク : ニッチなPCゲーマーの環境構築
●2017年7月のWindows Updateメモ - ぼくんちのTV 別館
数日後に不具合が見つかることもあるので、ちょっと様子見。


●【Win】 Adobe Flash Player 26.0.0.137配信開始 : ニッチなPCゲーマーの環境構築
Flashのアップデートはすぐにでもやったほうがよさげ。


●酒を飲むと少量でも「脳が委縮」の衝撃(山本一郎) - 個人 - Yahoo!ニュース

で、依存の問題で言うならば喫煙習慣とギャンブル(ギャンブリング障害)に次いで、この飲酒(アルコール中毒も含む)は次なる依存対策の柱になるのではないか、社会的に問題にされていくかもしれない、と予想されます。


●350ml缶ビールを週に9本以上飲むと脳の海馬が萎縮する? 英研究 | NewSphere

タバコへの弾圧が見事に実を結んだので、今度はアルコール弾圧が始まるのかな?
健康の名のもとにあれもこれも許されないという素敵な社会になりそうです。


●わいせつ容疑:43歳女を逮捕 「暑くて…」駅前で下着に - 毎日新聞
●わいせつ容疑で逮捕:暑くて下着姿になった女性:許される範囲と私達の文化(碓井真史) - 個人 - Yahoo!ニュース
「服を着てくださいねー」と諭されたりせず、いきなり逮捕されたのだろうか?
注意されて暴れたりすれば公務執行妨害など他の罪状になる。毎日新聞の記事には「公然わいせつの疑いで」「現行犯逮捕した」とあるので、下着姿になったことそのものが逮捕の要因となったと読み取るほかはない。

酔っ払って大声出しているおっさんにだって「迷惑になりますからねー」とひと声かけそうなものだけど、下着姿だと一発逮捕か。うーん。


●外科医はどうやって手術の練習をしているのか? 医師解説(中山祐次郎) - 個人 - Yahoo!ニュース

その教育方法は「徒弟制」という言葉がとてもしっくり来ます。若い外科医は上司に密着して手術のやり方や診療の仕方を徹底的にコピーします。そのうちに、話し方や口癖まで上司に似てくることは良くあります。


職人の世界なんだ。


●アマゾンでロキソニンが買えるようになりましたが、安全性はどうでしょうか(中山祐次郎) - 個人 - Yahoo!ニュース

処方数ランキングでも毎年上位にロキソニンは必ず入ってきます。そして安価であるのも処方しやすい理由の一つです。ロキソニンの薬価は1錠約16円、後発品のロキソプロフェンではだいたい5~8円です。


ロキソニンのジェネリック医薬品が出てたんだ。知らなかった。
偏頭痛があるのでロキソニンSにはお世話になっている。次は試してみようか。


Amazonでも「ロキソプロフェン錠」が見つかった。ほんと便利になったなー。


●TEACCHとは?ASD(自閉症スペクトラム障害)の人々を生涯支援するプログラムの概要を紹介 | LITALICO(りたりこ)発達ナビ

ASDの人々が持つ「コミュニケーションの困難」「視覚優位」「こだわりの強さ」などの特徴のことを、「自閉症の文化」(Culture of Autism)と肯定的に表現します。
自閉症のある人を特異な障害者として見るのではなく、「世界の捉え方が一般の人とは異なる」という態度で向き合います。


米ノースカロライナ州では、1972年からこうした取り組みが行われているとのこと。
発達障害を持つ人が充実した暮らしができるように、多方面に渡って幅広い支援が行われているようだ。


●イノシシ対策にオオカミ型装置導入 “天敵”で威嚇 | NHKニュース
KO・WA・I。
まさかNHKニュースでこんなブラクラまがいの画像を見るとは思わなかった。ドキッとした。


●News Up 「おかしな領収書 取材してみると…」 | NHKニュース

午後、指定された場所に行くと、議員は会うなり、みずから口を開きました。「ガソリンスタンドの精算機から前に給油した人のレシートが自分のレシートとつながって出てきたため、それを誤って収支報告書に添付してしまった」。議員は、11回にわたり、他人の領収書を使って政務活動費からガソリン代を支出したことを認めました。


ほほう、そんな手が…。いやいやダメ、絶対!


●記号「#」は、いかにハッシュタグへと進化したのか──Twitter共同創業者らが振り返る、その歴史的瞬間|WIRED.jp
今では当たり前になったこともかつてはそうじゃなかった。それが生まれたときの話を読むのは楽しい。


■中国の「小苹果」がすごい

●中国の老人、スマートフォンを触りだす - ZDNet Japan

 スマートフォンの使い道については、老人のスマートフォンの利用についての調査がないことから、複数のウェブサイトと筆者の見聞になるのだが、懐中電灯、電卓、インスタントメッセンジャの「微信(WeChat)」と「QQ」、動画ニュース、テキストニュース、ラジオ、医療健康情報などといったアプリが人気なようだ。中国の都市で見られる「広場舞」と呼ばれるダンスの動画が見られるアプリも入っていれば喜んで使われるという。


「広場舞」って太極拳みたいなやつか?と思って調べてみた。


●重?上百大?广??舞《小苹果》 百搭洗?神曲 gangnam style mv - YouTube
こんな大音量で…!うるさすぎるだろ。
こんなのをアプリ使ってまでマスターするのかー。そうかー。

「小苹果」って曲がすごく流行ってるみたいで、ありとあらゆる人達がこの曲で踊ってる。
「小苹果」は「小さいリンゴ」という意味だそうだ。

●Little Apple(小苹果)-??版小苹果 - YouTube
下品すぎてひどい。


●Little Apple (小苹果) - 日文版(dub remix)feat miku - YouTube
スパムメールにありそうなインチキ日本語で初音ミクが歌ってる。シュールで良いです。


●[小苹果]日文翻唱 - YouTube
インチキ日本語もそれなりに複数バージョンがある。こっちは「アダムとイブ」とか「Gカップになりたい!」なんて叫びが混ざってきてもう意味不明。
何なんだ?手の込んだジャパン・バッシングなのか??誰だよ翻訳作ったの。

関連動画を観ていくと子供が踊ってたりもして、それはちょっとかわいらしい。
中国ではお祭りで爆竹鳴らしたりもするし、賑やかなのが好きなんだね。


●ゲーム史における和製ゲームの悪い翻訳例を集めた書籍「This be book bad translation, video game!」が海外で販売開始 | AUTOMATON
日本人に外国人の翻訳を茶化す資格なんてないのだ。


●Windows 7のサポートは2020年1月まで | スラド セキュリティ
ほんとなら「ずっと前から告知してることだしMSさんがんばって!」なんだろうけど、すっかり嫌われ者なイメージになっちゃったしな。
前回のアップグレードでゴリ押ししすぎて、本来なら移行してくれるはずだったユーザーも意固地になってやらなかった、ということも考えれば自業自得と言えるかも。


関連記事



テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
カスタム検索
プロフィール

兼業農家ツベル

Author:兼業農家ツベル
PC(パソコン)ときどきゲーム。ニュースも少々。

平成28年熊本地震に被災しました。今は元気です。

最近自分がアスペルガー症候群(AS)の特性が強いことがわかりました。

更新通知用:@tbrcln

カテゴリー
スポンサードリンク
●Amazonクーポン
「Amazonクーポン」のページにて、期間限定でAmazonのクーポン券がもらえます。
お買物前にチェックするとお得です。
タグクラウド

author by SUH
お知らせ
『.imtp.tachikawa.mopera.net』を含むhost、NTT docomoの提供する「mopera U」の環境からはアクセスできません。

野良黒 FC2を狙った迷惑なコメントが増殖中
スポンサードリンク
Amazonの検索が楽になるリンク
●【まとめ】 Amazonのバーゲン・セール・お買い得情報まとめ

●Amazonの「あわせ買い対象商品 」だけを検索する方法

●Amazonから「予約注文商品」だけを検索するためのリンク一覧
最近の記事
Archives
最新コメント
掲示板
FC2カウンター
リンク
RSSフィード