「ホームレスには親切に」に感じる不愉快さ

●英男性がホームレス女性に救いの手 マクドナルドが1杯の湯を拒否 - ライブドアニュース
美談、である。一般的に言えば文句のつけようのない良い話だ。しかしおれはこれを読んで気持ち悪さを感じた。このエントリーではそれを文章化してみたい。


なぜその“親切な行為”をわざわざSNSで公開するのか。「善行を積んでいる私を見て欲しい」ということなんだろうか。

施しを与えて悦に入るのは個人の自由だ。しかしそれは自分のための快楽だろう。そのために人の目を利用しているという点がこの行為に感じる気持ち悪さなんだろうか。
企業が社会貢献の一環として行うのであればイメージアップのアピールとなる場合があるかもしれない。しかしそれを一個人で何をイメージアップしようとするのか。

本当に“救いの手”という気持ちでやっているのなら、それこそ人知れず途上国でがんばってたり教会で恵まれない人のために尽くしたりしている人たちはいる。炊き出しボランティアなどの継続的な支援を行っている人もいる。それらの人々は自分の行為をSNSで世界に向けておおっぴらに流布したりしない。粛々と為すことを為すだけだ。


以前、パチンコ店でバイトをしたことがある。その店にはある常連さんがいて、その人の連れにホームレスのおっさんがいた。もちろんホームレスで金がないので打たない。空いた席に座って常連さんと話している。冷暖房が効いていて話し相手がいるパチンコ店は、ホームレスのおっさんにとっては過ごしやすい場所だったのかもしれない。
ホームレスは体臭がキツい。これは差別やヘイトではなく、ホームレスの人達はお金を節約するために風呂や洗濯の回数を減らすことが多く、汗や汚れをそのままにしてしまう。ホームレス自身は少しずつ臭いに慣れていくが、他人は慣れることはない。それで臭くなるのだ。身なりに気を使って臭いのしないホームレスもいるかもしれないが、臭いホームレスのほうが多い。
そして、多くの人は体臭のするホームレスを避ける。だからホームレスの周りには客が座らなくなる。そのために丁重にお願いして席を立ってもらう、というのが下っ端バイトの業務の一つになっていた。それでもホームレスのおっさんは強引に追い出されることはないと知っていて、毎日のように立ち寄っては店員の目を盗んでのんびりくつろいでいた。

また、筆者が時々立ち寄っていた中古書店では度々若いホームレスが立ち読みしていた。夏場の若いホームレスは生臭い。腐りかけの魚のような臭いがする。
彼の半径3m以内には誰も近寄らなかったし、きっと彼が手に取った本は売れなかっただろう。もちろんその彼が何かを買うことはない。夏の昼間の暑さを立ち読みとクーラーの涼しさで紛らわしているだけなのだ。
その書店では、お店の方針か、若い女性ばかりの店員で声をかけるのが怖かったのか、そのホームレス男性は注意などを受けることはないようだった。


何億と稼ぐ大手の会社が、たった1杯のお湯を拒否するなんて人権無視もいいところ。最低だ


このお店はチェーン店のマクドナルドなので、店員もバイトの可能性が高い。そうだとするとマニュアル以外の対応する権限はその店員にはなくて、マニュアルに沿ってできる範囲内の応対をしたことになる。それなのに人権無視とまで言われなければならないだろうか。
この部分には、良い事をしているという正義感、弱者への施しという反論を許さない絶対正論を笠に着た横暴さを感じてしまう。

リンク先記事のジョナサン・ペンゲリーさんは、ホームレス女性がマクドナルドの店員に「お湯をください」と頼んで断られたことに憤っていたが、一度その頼みを聞くと、今後ずっと同じ要求を飲まなくてはならない、ということを判っていたのだろうか。ホームレスの間で「あの店はお湯を恵んでくれる」と噂になれば、その店にはお湯を求めるホームレスが並ぶようになるかもしれない。
「ホームレスが集まるお店」と噂が立てば、一般客の客足はどうなるだろうか。増えるだろうか減るだろうか。それとも他のホームレスに「あの女性には特別に恵んだけどあなたたちはダメですよ」と言うべきだろうか。

そうしたことを考えれば、お店としてそうした要求を受け入れるのが親切であったとしても、それに伴うあれこれや、新たな常連さんとなるホームレスの扱いまで考えなくてはいけなくなる。
お湯をくれるなら水もくれるだろう、無料のガムシロップや紙コップもくれるんじゃないか?中にはこうして増長する人間もいないとは限らない。
お店側は批難されるほどのことをしたのだろうか。

冷たいフロアに座って、女性と女性の知り合いのホームレスと話をするうちに、ジョナサンさんはポリーというその女性がとても温かい人物であることを知った。さらには、彼女らが実はきちんと教育を受けた人たちであることにショックを受けた。「本来ならば彼女らの人生は幸せに満ち溢れているはずなのに、ホームレスというだけで何もないんだ」と思わず涙が出たという。


これらの行動は、お店側からすると営業妨害にしかならない。そのホームレスが『温かい人物である』とか『実はきちんと教育を受けた人たちである』かは関係なく、商売の妨げになる可能性は否めない。
それが飲食店であれば、店内で不快な臭いがするというのは致命的だ。十分にお断りを願う理由になる。

しかし一方で、「たった5分の親切行為をどうしてわざわざSNSで披露するのか」という批判の声もある。さらに「マクドナルドはビジネスだ。チャリティーじゃない」というコメントも寄せられており、社会でのホームレスへの対応の厳しさがまだまだ残っているという感は否めない。


上で述べたように、お店としては今回のホームレス女性の要求を断っても仕方のない理由が多分にある。それを断ることが本当に『ホームレスへの対応の厳しさ』となるのだろうか。


※このホームレス女性が「お湯をもらうためだけにマクドナルドへ立ち入った」のか、「マクドナルドで注文をするついでにお湯を頼んだのか」はリンク先記事からは明らかになっていない。このどちらかによっても事情は変わると思うのだが、筆者の英語力が拙いこともあってこれを調べることは困難だった。そのためジョナサン氏がその後食べ物を施している点から前者だろうと推測して考えた。


ジョナサンさんは、Facebookに「僕は聖人君子じゃない。でもちょっとした親切はたった20ポンド(約2600円)でできるんだ。このメッセージを読んでいる人の90%はきっとこの金額の10倍は稼いでいるだろう」と記している。


ホームレスへの支援を考えることは、確かに立派なことだろう。そうしたことを考える人は心と懐に余裕のある素晴らしい人に違いない。
しかしそれは街行くすべての一般人がやらなくちゃいけない義務ではないし、マクドナルドやパチンコ店が日常の業務中に行うようなことだとは思えない。

その支援は多少なりとも誰かの懐から出るのであって、『たった20ポンド(約2600円)』と勝手に決めつけるようなことがあってはならないと思う。その“たった20ポンド”は、誰かにとっては家族を支え、一日を生き延びる貴重な生活費かもしれない。
貧者の一灯は尊いものだけど、それはその人個人が真心から行うからだ。他人が「私も支援したから貴方もそうしなさい」と同調圧力を掛けるからではない。ましてや具体的な方法や金額まで指図されるようなことではないはずだ。

似たようなことを熊本地震の時にも感じた。

●野良黒 熊本地震への支援について


ジョナサン・ペンゲリーさんは、今後このホームレス女性に会う度に支援を行うのだろうか?他のホームレスにも?支援するのはホームレスだけ?恵まれない子供たちへの支援は?
街にはホームレスが数え切れないほどいるだろうし、虐待されている子供もいるし、イジメを受けている学生だっているし、犬猫は毎日殺処分されている。おれだって謎の神経痛、緊張型頭痛で困ってる。支援してくれるのか?

個人の突発的な小規模な行動は、支援される側からすると大きな救いとはならない。それどころか専門知識のなさから的外れでかえって迷惑になる場合すらある。
必要なのは的確で継続的な支援と根本的な解決方法なのだけど、個人でこれらをこなすのは難しい。その場の思いつきならなおさらだ。その場しのぎの思いつきで誰かが救われるのは映画の中だけだ。

ジョナサン・ペンゲリーさんのように、酒に酔った勢いで良い事をするのはとても気持ちのいいことなんだろう。こうした直接的な個人支援は反応がダイレクトに返ってくるから、実に手軽に良い事した気分になれる。
「自分のための気持ちいいこと」、それ自体は否定しない。誰でも何かしらの自己満足な趣味はあるだろう。でもそれはこっそり隠れてやることで、おおっぴらに見せつけるようなことじゃない。

自分を慰めるような行為はこっそりやるものだ。そしてそのやり方を人に押し付けたりはするべきじゃない。
これが今回感じた不愉快さである。


本気でホームレスの支援を考えるのなら、耳触りの良い言葉が並ぶ支援団体などより、もっと下世話な視点からも見たほうがいいかもしれない。村田らむの著書は十分にその役目を果たしてくれる。

●野良黒 読んだ本 - ホームレス大図鑑
関連記事



テーマ : ブログ
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
カスタム検索
プロフィール

兼業農家ツベル

Author:兼業農家ツベル
PC(パソコン)ときどきゲーム。ニュースも少々。

平成28年熊本地震に被災しました。今は元気です。

最近自分がアスペルガー症候群(AS)の特性が強いことがわかりました。

更新通知用:@tbrcln

カテゴリー
スポンサードリンク
●Amazonクーポン
「Amazonクーポン」のページにて、期間限定でAmazonのクーポン券がもらえます。
お買物前にチェックするとお得です。
タグクラウド

author by SUH
お知らせ
『.imtp.tachikawa.mopera.net』を含むhost、NTT docomoの提供する「mopera U」の環境からはアクセスできません。

野良黒 FC2を狙った迷惑なコメントが増殖中
スポンサードリンク
Amazonの検索が楽になるリンク
●【まとめ】 Amazonのバーゲン・セール・お買い得情報まとめ

●Amazonの「あわせ買い対象商品 」だけを検索する方法

●Amazonから「予約注文商品」だけを検索するためのリンク一覧
最近の記事
Archives
最新コメント
掲示板
FC2カウンター
リンク
RSSフィード