熊本地震に被災してから今までの経過報告

4月14日21時26分に発生した地震の名称は、「平成28年(2016年)熊本地震」と呼ぶことになったようだ。
1889年熊本地震と似た名前で紛らわしい。

●熊本地震 - Wikipedia
●熊本地震 (2016年) - Wikipedia

筆者は、発生当時に震源地近辺の大きく揺れた場所にいた。
幸い身内ともに大きな怪我や被害もなく、食器や本棚が崩れた程度で済んだ。

状況も落ち着いたので、様子を書き記しておく。


■発生直後、21時26分頃~

21時26分頃、PCをいじっていた。前触れのようなものはなく、軽めにぐらっと来た直後にM6.5、最大震度6弱の大きな揺れ。
あまりの揺れの大きさに体が固まる。とっさにPCのモニターを支える。

本棚は崩れ、台所ではガチャガチャパリーンと音がする。

倒れて割れないようにモニターをデスクに伏せ、自分はデスクの下に潜って余震に備えた。
数分ごとに頻繁に揺れが発生。避難しようにも動けない状態。

デスクの下でスマホを使って災害情報を確認している時に、最大震度6弱の大きな余震。

22時38分頃、M5.0、最大震度5弱の余震。
ここでようやくヤバいことが起きていると理解する。災害の大きさを認識する。避難することも考えだす。


■23時頃~

大きいサイズあり 人気 ウール キャスケット ハンチング メンズ レディース (XL60~62cm程度, ダークグレー) [並行輸入品]
ハンチング:画像はAmazonより

このようなハンチングにタオルを突っ込んで簡易ヘルメットを作ってかぶった。

少し揺れが落ち着いたように思えたので、PCのラジコとYahooの情報ページを使って被害状況の確認 (それでも体感できる余震は断続的に続いている)。
こういう時にあせってすぐに移動すると二次被害に遭う恐れがあると思ったので、状況の確認を優先した。

●ラジオがネットで聴けるラジコ
●【随時更新】熊本で震度7の地震 - Yahoo!ニュース

外では近隣住民が様子をうかがっている雰囲気。とりあえず外に避難したのかもしれない。

すぐに逃げ出せるようにするため、割れた食器などで怪我をしないようにの2つの理由で靴を履いたまま室内を移動。避難に備えて必要な物をまとめる。
ガスの元栓を閉める。


■とっさにまとめたもの

避難に備えて持ちだすためにまとめたもの。

  • 財布
  • スマホ
  • レトルト食品
  • カップ麺
  • ペットボトルの水
  • タオル
  • ウェットティッシュ
  • トイレットペーパー
  • 頭痛薬と耳栓 (ないと眠れないので)
  • 十徳ナイフ / ハサミ
  • お菓子や飴玉、チョコレート
  • サランラップ / アルミホイル (簡易な食器としての他、食品の保存用)
  • 割り箸、コンビニでもらうスプーンとフォーク
  • 傷テープ
  • 軍手
  • ペンと付箋 (メモを残せるように)
  • ブランケット (毛布代わり)
●非常時・災害時の必需品》備蓄・持ち出し品/必要な物/持ち物/水/地震/備え
こちらのサイトを参考にした。

毛布を用意したほうがいいか迷ったが、重さで体力を奪われるのはよくないと思えたので、厚着とブランケットで凌ぐことにした。


■『東京防災』はダメ

Twitterなどで『東京防災』というPDFが役に立つ、という風に喧伝されていたが、アクセスが集中してなかなかDLできないし、バラバラに分かれていてとっさにどれを見ればいいかもよく分からず、役に立たなかった。

事前の備えとして読むにはいいのかもしれないが、緊急時にはまだるっこしく、とても読んではいられない。次に災害が起きてもオススメしないでいただければ幸い。
いち被災者の感想として。

参考までに、『東京防災』のページは以下。
●東京防災|東京都防災ホームページ
ウェブ版。

●「東京防災」の作成について|東京都
PDF版。


■0時頃~

近所のお年寄りや家族連れが連れ立って避難所に向かうことに。幸い、近辺では怪我人はいない模様。

目に見える被害としては、ブロック塀が数ヶ所倒れて崩れていた。
これにより、せまい住宅街なので、緊急車両の移動は困難に思えた。

ずっと食事を取っていなかったので、菓子類を口に入れる。
ここで3度めの大きな余震。M6.4、最大震度6強。袋菓子をぶちまけてしまう。

次にいつ食事が取れるかわからなかったので、冷蔵庫の中身を適当に詰め込む。
緊張で神経が張り詰めているせいか、食欲なし。だけど無理に飲み込む。

知人数名にLINEで安否確認のチャット。知人にもその家族にも怪我人なし。
地震の大きさの割に被害は少ないな、と感じる。


■1時頃~

避難ルートと被害状況の確認のため、近所を見て回る。思ったより在宅の人が多かった。体感で3、4割の家に灯りがついていて、人の気配がした。
前述のようにブロック塀が崩れているところはいくつかあったが、近隣では家屋に損害が出ているところは見当たらない。

1時53分頃、M4.8、最大震度5弱の余震。
この頃になると、体は反射的に警戒するが、気持ちとしては慣れてきて、ああまたかという感じ。

3時過ぎ、神経が疲弊しているのを感じたので休むことに。避難所へは行かなくてもよさそうだった。猫もいるので、できれば自宅を離れたくない。

部屋内に倒れてくるもの、崩れるものがないか確認。枕元に防災グッズと靴を準備。脱出ルートを確認。
余震に目を覚まされつつ就寝。


■15日~

ライフラインのガス、電気、水は生きているようだ。
数十分ほどの間隔で余震はあるが、避難するほどではない。

近所の店では食品類がなくなっている。「ウエシマ作戦」なんて所詮キレイ事なのだなあ、と再認識。

割れた食器類などを片付け。
一週間ほどは余震があるかもしれないとのことなので、警戒して割れやすいものは新聞紙で包んだ。高いとこにあるものは降ろした。

やはり建物には被害はないみたい。バイクのスーパーカブが倒れたのが個人的な一番の損害。


■用意しておけばよかったもの


こちらのような、ラジオ付き懐中電灯があればよかった。
スマホで代用できると思っていたけど、いざ被災してみると、充電池の残りを気にして多用できなかった。

この製品なら手動で充電できるので、電池残量を気にせず使えるはず。
他にもスマホや携帯へ充電可能な製品もあるけど、労力を考えると見合わないように思える。

ランタン機能は、停電の中で食事をするような時に大いに助かる。

関連記事



テーマ : ブログ
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
カスタム検索
プロフィール

兼業農家ツベル

Author:兼業農家ツベル
PC(パソコン)ときどきゲーム。ニュースも少々。

平成28年熊本地震に被災しました。今は元気です。

最近自分がアスペルガー症候群(AS)の特性が強いことがわかりました。

更新通知用:@tbrcln

カテゴリー
スポンサードリンク
●Amazonクーポン
「Amazonクーポン」のページにて、期間限定でAmazonのクーポン券がもらえます。
お買物前にチェックするとお得です。
タグクラウド

author by SUH
お知らせ
『.imtp.tachikawa.mopera.net』を含むhost、NTT docomoの提供する「mopera U」の環境からはアクセスできません。

野良黒 FC2を狙った迷惑なコメントが増殖中
スポンサードリンク
Amazonの検索が楽になるリンク
●【まとめ】 Amazonのバーゲン・セール・お買い得情報まとめ

●Amazonの「あわせ買い対象商品 」だけを検索する方法

●Amazonから「予約注文商品」だけを検索するためのリンク一覧
最近の記事
Archives
最新コメント
掲示板
FC2カウンター
リンク
RSSフィード