最近のゲーム事情

野良黒 変愚蛮怒
しばらく熱心にプレイしていた変愚蛮怒は飽きてしまった。深く潜るようになると慎重さが必要になり、サクサクとした爽快感がなくなるからだ。

一時期はPCゲームのBF3などのFPSゲームもプレイしていたが、今後は対戦型FPSゲームというジャンルをプレイすることはないだろう。
「カーソルを合わせてクリック」という作業が出来なくなってきている。動かないウェブのURLリンクですら度々クリック失敗するほどだから、動く的にカーソルを合わせるなどもってのほか。

まず視力の悪化と軽度の腱鞘炎によりマウス精度が大幅に悪化している。そして、加齢により反射神経と脳細胞が衰えたのか、今までのようにとっさに動けなくなった。タイピングも速度が落ち、typoが増えた。「少し離れたキーを指の開き具合の感覚で迷わず押す」ということもできなくなった。
「敵が見えたら即座にAを押す」というふうに決められた動作をこなすだけならなんとかなるが、「敵が見えたらabcdの選択肢から周りの状況も考えつつ即座に最適解を選ぶ」などということはもうできない。

反応を反射にまで落とし込めるほど単純なものか、決断に時間を掛けても支障がないようなものじゃないと楽しめなくなった。

野良黒 LoL(League of Legends)
LoL(League of Legends)も一時期熱心にプレイしていた。課金までしたほどだったが、この先プレイすることはないだろう。
ゲーム内容は非常に面白かった。だが、プレイを開始するまでが煩雑。100を超えるキャラ数があって、覚えることが膨大にある。再開するとなればこれらを覚えなおさなくてはならず、それを考えるとうんざりする。

5人1チームで競いあい、それぞれ5つの役割があるが自分の好きなポジションが取れるとは限らず、違うポジションになれば40分近く好きでもないポジションでプレイしなければならないというのがきつすぎた。また、トラッシュトーク(罵詈雑言)も多く、ゲーム内容以外で不愉快さを感じることが多かった。

時間がかかりすぎるのも難点。なんだかんだで1試合に1時間弱はかかるし、アップデートも頻繁なので情報サイトである程度の勉強も必要だった。

つまり、LoLはゲームではなくe Sportという真剣な勝負事。スポーツなのだから、ゲームがやりたいという自分の目的とはそぐわなかった。それに気づいた時に一気に熱が冷めた。

LoLは今までプレイしたことのないdota (Defense of the Ancients型)というジャンルで、非常に目新しかった。自分の馴染み深いコンシューマ機の既存のジャンルとはまったく違っていて、新世代のゲームだと感じた。それをまがりなりにもプレイ体験でき、「中から」経験できたことは良かったと思う。初めてプレイ動画見たときは「なんだこのクソゲー臭は…」と思ったもんな。見るとやるとじゃ全然違うゲームだった。

数年前から気をつけておけばよかったな、と思うこと。
  • マウス・ボタン連打系はためらわず連射ツールを使うこと (腱鞘炎の防止)
  • コンシューマ機でも連射パッドを使うこと
  • 肘掛け付きのデスクチェアを使うこと
  • MMOはSNS。ゲームではない。
  • モンハンもSNS。ゲームではない。
  • LoLはスポーツ。ゲームではない。
  • 1時間に一度休憩するとだいぶ違う

高橋名人(連射キー・トリガキー割り当て自在の汎用自動連打ツール)

PlayStation2専用 アナログ連射コントローラ「極」 レッド
フジワーク (2005-09-16)
売り上げランキング: 22,406
PS2とPCゲームで愛用している連射パッド。中古で購入して使い続けて10年近く経つが、未だに現役という脅威の耐久性。一度軽く分解清掃したくらい。一切ボタン連打しないのがいいのかも。

アナログ振動パッド2 TURBO ブラック
ホリ (2004-09-16)
売り上げランキング: 213

フジワークのパッドは新品では手に入らないので、現行品の人気製品にも慣れておこうと買った予備パッド。フジワークパッドが壊れる気配さえないので、もっぱらお客さん用となっている。

■SFCをプレイ中

グラフィックはSFCレベルで十分だと思う。自機と敵機が判別できるならそれでいい。3DならPSPくらいあれば文句ない。DSだとちょっと疲れる。
ということで、SFCを引っ張りだしてプレイしている。もうクリアまで何十時間もあるようなゲームをやるのはきつい。スキマ時間に2,30分ほど息抜きがしたい。セーブやパスワード、コンテニューすらめんどくさい。GAME OVERになるまでの数十分を頭空っぽにして楽しみたいのだ。

操作もできるだけ簡単な方が覚えなくて済むと考え、初めはファミコンをプレイした。だが、この時代のゲームは難易度や操作方法、ゲームジャンルごとのお約束とでもいうべき暗黙のルールが定まっておらず、理不尽に感じる内容が多かった。今はそれらを楽しむ余裕は自分にはないようで、ストレスに感じてしまった。ということで、SFCのゲームがボリューム、操作方法の適度さ、難易度、サクサク感、色んな意味の安定感がちょうどいいとわかった。

ソフトは、アクションがすいすい進めて楽しめるかと思ったが、SFCのACTはアイテムの豊富さやじっくり練られたストーリーやステージ分岐がこっていたりして、思ったよりすいすいとはいかない。
いろいろ試してみて、「スーパーファミリーテニス」と「スーパーマリオカート」がよかった。どちらもこなすことが分かりきっていて迷う余地がなく、適度な区切りがある。

スーパーファミリーテニス
ナムコ (1993-06-25)
売り上げランキング: 8,824

スーパーマリオカート
任天堂 (1992-08-27)
売り上げランキング: 639

アスキーパッド スーパーファミコン用
アスキー (1991-09-20)
売り上げランキング: 6,819
連射が必要なゲームなら、あったほうが負担は減る。
関連記事



テーマ : ゲーム
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
カスタム検索
プロフィール

兼業農家ツベル

Author:兼業農家ツベル
PC(パソコン)ときどきゲーム。ニュースも少々。

平成28年熊本地震に被災しました。今は元気です。

最近自分がアスペルガー症候群(AS)の特性が強いことがわかりました。

更新通知用:@tbrcln

カテゴリー
スポンサードリンク
●Amazonクーポン
「Amazonクーポン」のページにて、期間限定でAmazonのクーポン券がもらえます。
お買物前にチェックするとお得です。
タグクラウド

author by SUH
お知らせ
『.imtp.tachikawa.mopera.net』を含むhost、NTT docomoの提供する「mopera U」の環境からはアクセスできません。

野良黒 FC2を狙った迷惑なコメントが増殖中
スポンサードリンク
Amazonの検索が楽になるリンク
●【まとめ】 Amazonのバーゲン・セール・お買い得情報まとめ

●Amazonの「あわせ買い対象商品 」だけを検索する方法

●Amazonから「予約注文商品」だけを検索するためのリンク一覧
最近の記事
Archives
最新コメント
掲示板
FC2カウンター
リンク
RSSフィード