ライフハック - 【雑草対策】とっても簡単!雑草には塩を撒こう

梅雨も終わり、暑くなってきた。
雑草が元気よく伸びる時期。雑草対策としてウチでは塩を使っている。


■雑草対策:塩で期間限定の不毛の地にする方法

以前こんなブログエントリーを書いた。
野良黒 ライフハック - 塩湯かけたらマジで草生えなくなる

これは本当に効果があるのだが、若干、いやとても面倒なのが玉にキズだった。
それで今では簡略化バージョンとして、以下のように雑草対策している。

ダイヤソルト 並塩 25kg
ダイヤソルト
売り上げランキング: 1,573

これがAmazonで最安の塩。25kgあるので事前に置き場所を考えたほうがいい。
まずこれを買う。たくさん使うので料理用の食塩ではなく、↑のような業務用みたいなやつのほうが安くていい。

これを雑草が生えているところに適当に撒きます。目安としては地面が白っぽくなる程度。丈夫そうな草には盛り塩しておく。
ペラペラ葉っぱ系の草なら数時間、シダ類やハーブ、ミントなどでも数日経ったら萎れて枯れます。

これって、漬物になるようなもの。雑草が塩で漬物状態になるので、萎れて枯れる。

とっても楽ちんだー!
ということで、雑草に困ったときはオススメ。

あんまり枯れなかったときは、熱湯に溶かして掛けるとすぐに枯れます。
ヤケドにはご注意を。

前はいちいちお湯に溶かして撒いていたけど、今では面倒になって直接塩を振りかけている。
白く残った塩が気になるときは、ホースなどで水を撒けば溶けます。

「期間限定」とあるのは、定期的に塩を追加する必要があるから。雨などで塩分濃度が薄れると、また草が生えてくる。 しっかり塩をかけると半年から1年くらいは保ちます。


■塩による雑草対策のメリットとデメリット

メリット
  • 農薬・除草剤に比べるとペットや子供への影響が安心
  • 簡単
  • お手軽
  • 安い
  • 効果が早い
  • 効果が長持ちする(半年~1年ほど)
  • お相撲さんゴッコができて楽しい

デメリット
  • 文字通り草一本生えなくなる(ガーデニング・家庭菜園などは出来なくなる)
  • 塩を買わなくてはならない(2000円でおつりがくる)
  • 塩を撒く手間がかかる(10分くらい)
  • ナメクジ・カタツムリ・ヒル・ミミズ・カエルなどがたぶん死にます。宗教上殺生ができない人は注意。
  • 金属が錆びやすくなる(水で洗い流せば解決)

以下は長いので、時間に余裕のあるときにどうぞ。
要約すると「塩を撒いたらダメって意見もあるけど全然そんなことないよ」と説明しています。


■塩を撒いてはいけない?

最近、「塩を撒くことはよくない」という主張を目にすることがある。
何がいけないのだろうか?以下で考えてみる。

例えば『絶対にやってはいけない!「塩」による「雑草対策」』などというページがある。
しかし、よく読むと以下のように大絶賛。効果についてはお墨付きだ。

効果は非常に高く、塩分濃度が高ければ高いほど雑草がすぐに枯れます。また、塩は土壌に残るため、新しく生えてくる草も強力に抑えます。

絶対にやってはいけない!「塩」による「雑草対策」

このサイトをよく見てみると「防草シート専門店」。つまり、安くて簡単な塩で雑草対策されると防草シートが売れなくなって困るのだろう。だからこんなアンチ塩ページが作られるのだと思う。

コンクリートの割れ目のわずかな隙間や、1 m四方の小さな土部分などにわざわざ除草シートなんて敷いていられない。
パッパと塩を撒けばそれで済む。


■隣の家に影響がある?

隣の土地に影響が出るほどなら、それは撒きすぎ。
自分で加減しましょう。


■道路に大量の塩が撒かれているのを知っていますか?

「塩害になるから」「土地が死ぬから」「アスファルトやコンクリートなどの家の基礎に影響があるから」という理由で塩を撒くのに反対という意見もあるようだ。
ところで、道路などに大量の塩が撒かれているのはご存知だろうか?

融雪剤というものがある。融氷剤・凍結防止剤・凍結抑制剤などとも呼ばれる。
融雪剤 - Wikipedia

これは雪の多い地域の人にはお馴染みかもしれない。道路などにつもった雪を溶かす目的で使われている。
積雪地方の市町村の役所で公式に撒かれている塩なのだ。

散布量は、降雪量によって違いはあるようだが、ワンシーズンに一万トン以上撒くところもあるという。
Wikipediaのリンク先にある通り、確かに塩によるコンクリートへの影響はあるらしい。
しかし、この一万トンと、家庭で撒く「せいぜい数kg」が比較になるだろうか?

一万トン撒けばどんなものでも多少の影響は出るだろうと思うのだが…。


■道路に大量の塩を撒いたらどうなるか?

で、塩を撒いたらどうなるんだろう。ボロボロに腐って壊れるのか、それともひび割れるのか?
トン単位で塩を撒かれた道路にどんな影響が出ているのか調べてみた。そんなに大変な被害があるならニュースになっているだろう。

塩が多く散布されるシーズンと思われる2014年10月1日 ~ 2015年2月28日の間にニュースになった道路への塩害を調べた。
道路 塩害 - Google 検索

まったく塩害のニュースが見当たらないので、検索語句を「道路 塩」にした。
道路 塩 - Google 検索

これでも見当たらないので、検索語句を「道路 塩 損害」にしてみた。
道路 塩 損害 - Google 検索

全然ニュースになってないし、大したことないんじゃないの?


■塩の被害なんて見つからない

検索しても個人の感想や、「母なる大地を殺すというのですか!?」というような愛・地球博系の人ばっかり。
個人の感想が参考にならないのは、健康食品やダイエット器具を見ればわかります。
それは冗談としても、前提条件や散布量、散布範囲などが示されないことがほとんどなので、データとしての信頼性がないのだ。

「道路脇のタンポポが生えなくなっちゃった。タンポポはむじゃきなんだ」というような星の王子さまが涙を流すような被害はあるかもしれないけど、もっとこう、ニュースになるような大変なやつね。


ニュース以外で検索すると、むしろ「みんなで塩を撒きましょう」というページが見つかった。
塩害()や家の基礎に影響()がある塩を撒くなんてけしからん!と思ってアクセスしたら、仙台市の公式サイトでした。
仙台市では「凍結防止剤」を配布して「みんなで撒きましょう」とアピールしている。凍結防止剤の主成分は塩。
仙台市 凍結防止剤

一応建前上は「凍結防止剤は適量散布しましょう。撒きすぎに気をつけましょう」とあるけど、そのすぐ下で「町内会等への凍結防止剤配布所」の案内をしているのだから、ページの趣旨は一目瞭然。愛・地球博系の人の批判をかわすためですね。担当者さんは頭の良い方だ。

雪が降るところはどこも同じような感じかな、と思ったら、秋田だと積もりすぎて融雪剤程度ではどうにもならず、「除雪グレーダ」という機械で取り除いているようだ。
秋田市 - 道路維持課 - 除排雪対策本部
横手市総合雪対策基本計画 | 横手市


■仙台市ではどの程度の塩が散布されているのか?

仙台市 凍結防止剤
こうやって撒く量は、ちょっと雑草に振りかける量の何十倍もあるんじゃないかと思うのだけど、どうなんだろう?
そういう土地に住んだことがないので正確なことはわからないけど、上記の仙台市の「適量散布」から推測してみる。

積雪日数の平年値は、仙台の北側にある秋田で60~90日とのこと。
これは国土交通省国土地理院が配布しているPDFを参考にしました。
http://www.gsi.go.jp/atlas/archive/j-atlas-d_j_17.pdf

仙台はこれの少し南だから少なめに見て60日と仮定する。
で、降雪量は降雪量・積雪量累計平年値で90 cm。これは日ごとの降雪量を、シーズン全体で合計した量の平年値。
仙台の気候 - Wikipedia

90/60=1.5。
先ほどの仙台市の凍結防止剤のページよると、適正散布量は5 cm以下の積雪量では1平方メートル辺りコップ半分(約50g)。
個人宅で車庫から家の前の道路辺りまで撒くと考えると、10平方メートルくらいだろうか?ということは50*10=500g。
シーズンに毎日撒くとするなら500g*60日=30000。

以上の雑ぅ~な計算から、シーズン通しての推定散布量は一家庭辺り約30kgということになった。
もっと正確な数字を知ってる方がいれば教えて下さい。

これは個人宅と仮定して計算したから、集合住宅とか、スーパーや工場、その他各施設ではもっともっと撒くだろう。
毎年毎年、各家庭ごとにこれだけの塩が散布されている。100世帯なら3トンですね。

そして重要な点。
「仙台は降雪量・積雪量が比較的少ない地域」ということ。
どの程度の積雪量まで融雪剤を使うのかは、九州在住の自分には想像できない。だが、積雪量が増える地域なら使う融雪剤(塩)の量ももっと増えるだろうと思う。

なのに、自分の家の周りにちょろっと塩を撒くだけで「塩害がー」「家の基礎がー」という意見が出る。不思議でたまらない。
仙台にはコンクリで基礎工事された家なんてない、と言いたいのだろうか。失礼な話だ。

仙台 塩害 基礎 住宅 - Google 検索
はい、見当たりません。基礎工事には影響なし!

「ニュース」ではなく「ウェブ」で検索すると、ちらほら「塩害」が出てくる。
しかしこれは、言うまでもなく東日本大震災の津波によるもの。比較するようなことではない。

雑草対策で塩を撒いた程度で土地が死ぬのなら、仙台市はとっくに死の土地、不毛の地になっていると思う。
でも仙台はお米の名産地として有名だし、そんなことないのは明らか。

そもそも、そんなに簡単に死の土地、不毛の地になるなら、こちらとしても毎年塩を撒かずに済むから助かるんだけどね。


■やっぱり雑草には塩がオススメ

長々と書いたけど、「塩を撒いても心配ありませんよ」と言いたかった。
雑草に塩は、一番カンタンで一番ラクチンな方法だと思うから。

雑草でこまったときは、安上がりで楽な雑草対策「塩をかける」。
覚えておくと役に立つかもしれない。


ダイヤソルト 並塩 25kg
ダイヤソルト
売り上げランキング: 1,573
関連記事



テーマ : 生活・暮らしに役立つ情報
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
カスタム検索
プロフィール

兼業農家ツベル

Author:兼業農家ツベル
PC(パソコン)ときどきゲーム。ニュースも少々。

平成28年熊本地震に被災しました。今は元気です。

最近自分がアスペルガー症候群(AS)の特性が強いことがわかりました。

更新通知用:@tbrcln

カテゴリー
スポンサードリンク
●Amazonクーポン
「Amazonクーポン」のページにて、期間限定でAmazonのクーポン券がもらえます。
お買物前にチェックするとお得です。
タグクラウド

author by SUH
お知らせ
『.imtp.tachikawa.mopera.net』を含むhost、NTT docomoの提供する「mopera U」の環境からはアクセスできません。

野良黒 FC2を狙った迷惑なコメントが増殖中
スポンサードリンク
Amazonの検索が楽になるリンク
●【まとめ】 Amazonのバーゲン・セール・お買い得情報まとめ

●Amazonの「あわせ買い対象商品 」だけを検索する方法

●Amazonから「予約注文商品」だけを検索するためのリンク一覧
最近の記事
Archives
掲示板
FC2カウンター
リンク
RSSフィード