できるだけ安く猫のトイレを用意する

トイレの話なので、食事中の方はお気をつけあれ。


猫と暮らすと必要になるのが猫用トイレ。
できるだけ節約して用意したいが、あまりにケチりすぎて日々のメンテナンスが面倒になるのも困る。

市販品を工夫してお掃除をしやすく、なおかつできるだけ安く猫専用トイレを用意してみた。


■トイレ本体:猫専用システムトイレ(ユニ・チャーム - デオトイレ)


1週間消臭・抗菌デオトイレ 本体セットハーフカバー
ユニ・チャーム
売り上げランキング: 297





まずはトイレ本体。
ウチで使っているのは上のほう。

下のほうは元気な猫用。
基本的に同じものだが、フード式のカバー(屋根)がついている。
そのぶん少しスペースを取るが、元気な猫が砂を飛び散らかすのを防げる。

トイレは、ただのダンボールに猫砂を入れて使っていたこともあったが、こればかりは猫専用システムトイレを買ったほうがはるかに楽。
なぜなら、猫用トイレのトレーの隙間(スノコの部分)のおかげで液体と固体をわけられるからだ。
回数の多いオシッコは下のトレーに、回数の少ないウンチは猫砂の上にとわかれるようになっている。

似たようなものが他社にもあるが、このユニチャームのデオトイレシリーズの大きな利点がある。

それは、トレーの前後を入れ替えて使えるのだ。


■トレーの前後を入れ替えることの利点


猫には、それぞれお気に入りのトイレのやり方というものがあるらしい。入り口でするのが好きだったり、奥の隅っこでするのが好きだったりする。
そうすると、当然オシッコ吸水シートの一部分だけしか使わないことになってしまう。

他社のトイレなら、濡れたオシッコ吸水シートを手で持ってひっくり返したり、一部分しか使ってないのに捨てなきゃいけない。
だが、このデオトイレなら手を汚さず、トレーごとくるっとひっくり返せばいいのだ。
手軽に吸水シートを有効に使える。

余談として、この商品はトイレ用のスコップもついているので、別に用意する手間が省けたのもうれしかった。


■シートの代用品:新聞紙


オシッコ吸水シートの話が出たが、今はもうウチでは使っていないのだった。
吸水シートの代わりとして、新聞紙を使用している。

新聞の一番広い部分を二枚か三枚重ねにして折りたたみ、四隅に2-3cmほどハサミで切込みを入れる。そうすると、トレーにちょうどぴったり収まる。
sinbunsi01.png

sinbunsi02.png



使用感としては、吸水シートに比べると交換頻度は増すので若干手間がかかる。
猫のトイレ回数にもよるが、数日に一度交換している。

臭いについては、ちゃんと交換してあげたら全然臭わない。

また、臭いのきつい猫の場合は、トレーの中のシートの上にクエン酸をふりかけておくと消臭になる。
クエン酸がアンモニアを中和してくれるため。
クエン酸は食品にも使えるものなので、安心。
ただ、食品だからといって猫が食べてもいいということでもないので、猫が直接触れないところに使ったほうがいい。

重曹を砂に混ぜて使うこともあるようだが、重曹は炭酸水素ナトリウムでできているため、塩分量が多い。
誤って猫がなめたりして腎臓などに負担がかかるかもしれない。
使うとすれば、ゴミ箱に捨てる直前のシートに消臭用としてふりかけるほうがいい。

クエン酸は、トイレ本体を洗うときにも石鹸代わりに使える。
石鹸や洗剤を使うと猫への影響が心配だが、クエン酸なら比較的安心。


■猫砂(消臭サンド)の代用品:木質ペレット燃料(木製チップ・パインウッドなど)


猫砂って、けっこう高い。
たとえば以下の商品は4Lで950円+送料がかかる…。
ユニチャーム 1週間消臭・抗菌デオトイレ 取替え専用 消臭サンド 4L

もっといいものがある。
「木質ペレット燃料」というものだ。

ペレット燃料 ホワイトペレット20kg
坪田商事
売り上げランキング: 51,066


ペレットとは、ストーブやボイラーの燃料として使われる、木材を使った再生燃料のこと。
自然由来の製品だから、猫が誤って口に入れても安心だ。
木材のほのかないい香りがする。

他にも利点がある。
ペレットは、濡れるとボロボロに崩れるという特徴がある。
つまり、猫がオシッコするとおがくずのような砂状になって、上で紹介した猫用トイレのトレーの隙間(スノコの部分)から下に落ちるのだ。

崩れたペレットはオシッコで汚れた部分なので、猫がトイレを使ったあとにスコップで軽くかき混ぜるだけで、汚れた部分だけが下に落ちてかんたんに処理できる。とてもお手軽だ。

この「おがくずのような砂状」になるのには、もうひとつ利点がある。
猫が誤って飲み込んだ時でも、ボロボロに崩れてお腹にたまったり喉につまったりしにくい、ということ。
そういう意味でも若干安心感がある。

そして何より安い!
20kgでこの値段。
最初にペレットを知った時は、猫砂とのあまりの価格差に何かの間違いかと思ったほど。

20kgもあれば、猫一匹なら1年以上もつかもしれない量だ。
猫のトイレ専用の砂とは、比べ物にならない安さ。
コストパフォーマンスが抜群にいい。

ちなみに20kgとはどのくらいの大きさかというと、大きめの米袋くらい。
壁に立てかけておけば、50cm四方に収まる程度だからそれほど邪魔にはならない。

とはいえ相当な量には違いないので、近くに猫友がいれば、分け合うと有効的に消費できる。
友好的に。何でもないです。

ペレットは元々燃料なので、汚れた部分は燃えるゴミとして処理できる。

まだまだあるペレットの利点。
猫がトイレを使ったあと、砂が散らかって困った経験のある人は多いだろう。
このペレットは猫砂に比べると大きい。カプセル錠剤より一回り大きいくらいのサイズがある。それだけ重さもあるから、かんたんには散らかりにくいのだった。
外に落ちた場合でも、大きいから拾い集めるのがかんたんだ。


以上のものを組み合わせて、安くて手間のかからない猫トイレとしている。

猫は、急に砂が変わると匂いが変わってトイレがわからなくなることがある。
そんな時は、前に使っていた砂(猫のトイレしたあとの臭い付きならなおいい)を新しい砂の上にかけてあげるといい。
そうすると、猫にとっておなじみの匂いがするので安心して使ってくれる。
関連記事



テーマ :
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
カスタム検索
プロフィール

兼業農家ツベル

Author:兼業農家ツベル
PC(パソコン)ときどきゲーム。ニュースも少々。

平成28年熊本地震に被災しました。今は元気です。

最近自分がアスペルガー症候群(AS)の特性が強いことがわかりました。

更新通知用:@tbrcln

カテゴリー
スポンサードリンク
●Amazonクーポン
「Amazonクーポン」のページにて、期間限定でAmazonのクーポン券がもらえます。
お買物前にチェックするとお得です。
タグクラウド

author by SUH
お知らせ
『.imtp.tachikawa.mopera.net』を含むhost、NTT docomoの提供する「mopera U」の環境からはアクセスできません。

野良黒 FC2を狙った迷惑なコメントが増殖中
スポンサードリンク
Amazonの検索が楽になるリンク
●【まとめ】 Amazonのバーゲン・セール・お買い得情報まとめ

●Amazonの「あわせ買い対象商品 」だけを検索する方法

●Amazonから「予約注文商品」だけを検索するためのリンク一覧
最近の記事
Archives
掲示板
FC2カウンター
リンク
RSSフィード