Firefox PortableをRAMdiskに放り込んで高速化させてみた具体的な効果

今のPCのメモリは8GB積んである。
これくらいあれば困らないだろうと思って積んだのだが、困らないどころか半分も使っていない。

そこで、余っている容量をRAMdisk化してFirefoxを速くしてみようと思った。
RAMdisk化ソフトには、SoftPerfect RAM Diskを使うことにした。

参考ページ

Firefox Portable
Firefox と Google Chrome のキャッシュを RAM ディスクへ移動させる | すぐに忘れる脳みそのためのメモ
SoftPerfect RAM Disk で RAM ディスクを作成 - シャットダウンするときに内容を保存する | すぐに忘れる脳みそのためのメモ

上記参考記事ではキャッシュだけをRAMへ移動しているが、今回はFirefox Portableを丸ごと置くので、普段使っているProfileフォルダをFirefox PortableのほうのProfileフォルダにコピペした。
Profileの容量が600MB超えてたけど、ずっと使ってたらこんなもんだよね…?


さすがに気になったので、使っていないアドオンを削る。10個ほど減らして合計52個まで減らした。
それから以下ソフトで軽量化した。10MB前後しか変わらなかったけど。
SpeedyFox

■RAMdiskにFirefox Portableを丸ごと放り込んだ感想

  • 終了が速い。終了動作後タスクマネージャーのプロセスにしばらく残る、ということがなくなった。
  • スペースなどのページ送りが体感できるほどキビキビになった。
起動速度は10秒前後で、前と変わらず。
その他は、目に見えるような効果はなかった。
元々SSDにFirefoxを突っ込んでいたので、体感差が少ないということかもしれない。元々HDDの人は、もっと大きく効果を感じるかもしれない。

ページ送りが速くなったのはうれしい。ページアップ、ページダウンがすいすいできる。
前もそれなりに速かったので、比べるとほんの一瞬の差だが、積もり積もればストレスの軽減になると思う。


この状態で使っていて、気になるような不具合や支障は出なかった。

■注意点

インストール版のFirefoxと併用している場合にポータブル版をアップデートする時、自動でアップデートすると各種情報がポータブル版と書き換えられることがある。
最新のポータブル版を改めてダウンロードし、適当なフォルダに解凍してコピペで上書きするほうがいい。

また、Firefox Portableはそのまま規定のブラウザ(デフォルトブラウザ)として設定することができない。
規定のブラウザとして設定するためには、以下のようなソフトを使う必要がある。

DefaultBrowser(Windows XP)
Register Firefox Portable(Windows 7/Vista)

しばらくは前のFirefoxを残したまま使い、問題なければこちらに移行する予定。


関連記事



テーマ : Firefox
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
カスタム検索
プロフィール

兼業農家ツベル

Author:兼業農家ツベル
PC(パソコン)ときどきゲーム。ニュースも少々。

平成28年熊本地震に被災しました。今は元気です。

最近自分がアスペルガー症候群(AS)の特性が強いことがわかりました。

更新通知用:@tbrcln

カテゴリー
スポンサードリンク
●Amazonクーポン
「Amazonクーポン」のページにて、期間限定でAmazonのクーポン券がもらえます。
お買物前にチェックするとお得です。
タグクラウド

author by SUH
お知らせ
『.imtp.tachikawa.mopera.net』を含むhost、NTT docomoの提供する「mopera U」の環境からはアクセスできません。

野良黒 FC2を狙った迷惑なコメントが増殖中
スポンサードリンク
Amazonの検索が楽になるリンク
●【まとめ】 Amazonのバーゲン・セール・お買い得情報まとめ

●Amazonの「あわせ買い対象商品 」だけを検索する方法

●Amazonから「予約注文商品」だけを検索するためのリンク一覧
最近の記事
Archives
掲示板
FC2カウンター
リンク
RSSフィード