マッチいりませんか|生肉生米生卵|ゲームはひとりで遊ぶもの|他

■マッチいりませんか

●「桃」「燕」「象」のマッチ最大手が撤退 製造機が老朽化 - ITmedia ビジネスオンライン

 だが既に機械を手がけるメーカーはなく、老朽化で故障が頻発。「生産能力が低下し、将来的にお客様への安定供給が困難になるおそれがある」として継続を断念した。

 商標は日東社(兵庫県姫路市)に譲渡し、同社が商標付きマッチを継続販売する。


譲渡先の製造機械はあとどれくらい保つのだろうか。マッチを使う機会は少なくなっているけど、なくなったら困る。

ウチではトイレあとの消臭剤として使っている。トイレ使用後に便器の中の空気を全部燃やす感じで火先をぐる~っと回す。すると空気中の臭い成分がすべて燃えて、どんなに臭いのきつい人の使用後でもまったくの無臭になる。どんなスプレー式消臭剤より強力だし、消臭剤のようにいやなケミカル臭の香料が残ることもないのですっきり清潔な気分になる。

真似して火事になったり火災報知器が鳴っても知りませんよ。念のため。


●ブラジルで流行中のアプリが「怖い」と話題に!一体どんなアプリなのか調べてみた | かみあぷ ? iPhoneひとすじ!
「Fogo Cruzado」は銃撃戦のあった時間と場所を表示するアプリ。命に関わることなので、流行というより必須に近いのかもしれない。


●ピコ太郎歌唱動画一覧!改訂版!|古坂大魔王オフィシャルブログ『古坂大魔王のブログンだい魔くん!』powered by アメブロ
ボキャブラ天国によく出ていた元底ぬけAIR-LINEの古坂大魔王が、ピコ太郎として「PPAP (ペンパイナッポーアッポーペン)」をヒットさせている。

個人的な印象としては、日本エレキテル連合が売れた時にYouTubeの公開ネタ見せLIVEに司会として出ていて、エレキテルにうっとうしい絡み方をしてコメントで「白メガネうざい」とボコボコにされていたのが彼を認識した最後。
この頃のエレキテルのファンは若い子が多く、誰も古坂や柴田を知らなかった。「アタシの大好きなエレキテルをいじめるな!」みたいなコメントが多かった覚えがある。


●日本エレキテル連合 vs サワリ神/古坂大魔王 アンタ柴田 公開ネタ見せLIVE - YouTube

●"日本エレキテル連合"に、古坂大魔王がさわり神 MC:アンタ柴田 - YouTube


●科学者が人間を狩り殺すことを機械に教えている ‐ ただしDoomの中で | TechCrunch Japan

その強化戦略は以下の通り;アイテムを拾い、長く移動し、敵を倒せば加点されるが、ダメージを受けたり瀕死になると減点される。さらに発砲に対しても軽い減点が加えられるようになっている、そうしないとマシンは無差別に発泡して、敵がその照準の先に迷い込んで来るのを待つことが、最善のテクニックだと判断してしまうからだ。これで安心だ!


『人間を狩り殺すことを機械に教えている』はさすがに煽りすぎかな。設定された得点ルールに則ってゲームをプレイしてるってことだろ。
そんな言い方をするのなら自動運転車だって「人間を轢き殺すことを機械に教えている」と言えるんじゃないか?それが事故の回避を目的としたものであっても、物は言いよう。


■生肉生米生卵

●ジビエの生食はたいへん危険です(成田崇信) - 個人 - Yahoo!ニュース
●NHKあさイチ紹介の「イノシシの刺身」、食べてはいけません | FOOCOM.NET
NHKがテレビで沖縄県・西表島の「イノシシの刺身」を紹介したということで各方面で話題になっている。
それへの反論はどこも概ね同じ。馬刺し、鳥刺し、各種カルパッチョなど肉を生で食べる料理があるが、それらは食肉として飼育・加工されたもの。野生動物はどんな寄生虫や病原菌がいるかわからないから火を通せ、ということ。

レバ刺しの時にも騒動があったけど、食べること自体は違法行為ではないのでプライベートでこっそりやればいいだけなのにな。どうしてテレビでおおっぴらにするかな。


●欧州初の「ビールが飲める水飲み場」スロヴェニアにオープン|WIRED.jp
ビール、みんな好きだよなあ。個人の嗜好としてそれは結構なことだけど、それを強要する文化が困る。最初の一杯はビールとか、乾杯はビールに限るとか。
ビールを苦くてまずい炭酸としか思ってない人もいるんだけどな。


■ゲームはひとりで遊ぶもの

●人間関係を壊す人工知能…ドワンゴ(前編) : YOL-ON : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) 1/2

最近売れる多くのヒットゲームは、「MMOみたいだけれど一人で遊ぶゲーム」と言えるのではないでしょうか。つまり、ユーザーがMMO疲れを起こしてしまって、ひとりで遊ぶゲームに戻ったということでしょう。でも、MMO的スタイルは面白いから捨てられない。ただ、人間を相手に遊ぶのをやめてしまったということです。これが現実に起こっている。


まさに自分がこれだなー。人間が介在することによるランダム要素は楽しいけど、コミュニケーションはしたくない。面倒だ。クランやギルドも入ってしまえばとても楽しいけど、どうしてもお付き合いやしがらみが生まれてしまう。
そういう部分はシステム的な自動マッチングだったりテンプレチャットなどで済ませたい。個別にアポ取って交渉して…などということはしたくない。

一方で、どうしても他者がいないと進められないゲーム内コンテンツというものもあって、それらの回避方法や代替案がないのなら、そのゲームはもう遊べない。自分のペースを乱されるからだ。
PlanetSide2をやめた理由のひとつもそれだった。

●野良黒 わたしがPlanetSide2を遊ぶのをやめたいくつかの理由


涼しくなってきたので猫が膝に乗るようになった。暑い時は寄り付かないくせに。一匹が降りたら他の猫が乗ってくる。順番待ちしなくてもいいのに。
せっかく涼しいのに膝にぽっかぽかの湯たんぽ置いてるようなものなので、ずっと汗かいてる。


関連記事

テーマ : ブログ
ジャンル : ブログ

どんな時でも違法は違法|クチコミと広告|いらすとやは凄い|他

■どんな時でも違法は違法

●【ポケモンGO】お台場ラプラス事件の衝撃、プレイヤー集団の違法行為によってゲーム規制が現実味を帯びてきてしまうのか | アプリオ
たかがゲームで公共ルールを見失うような人は害悪なので、厳し目に取り締まって欲しい。こういう人にマナーを求めるのは無理だし、警告も無視されるので無意味。厳罰しかない。
同じようなことは祭りやスポーツイベント、ハロウィーンなどでも起こる。なぜ何のおとがめもないのか不思議で仕方がない。


●転がるボールで砂に美しい模様を描き続けるテーブル「Sisyphus」 - CNET Japan
きれいだなー。淡く発光する板の上で砂が模様を描いている。


■クチコミと広告

●不明瞭な食べログの評価スコア、一斉修正が話題に | スラド IT
食べログの運営は価格.comで知られるカカクコムで、株式会社カカクコムは電通と資本・業務提携している。だからこれらのレビューやクチコミは眉に唾をつけて参考にしたほうがいいんだけど、不思議なくらいこれらサイトを信用する人は多い。

●電通、カカクコムに15%出資 ネット広告で新手法  :日本経済新聞
●株式会社カカクコムとの資本・業務提携に関する基本合意のお知らせ - 2012058-0523.pdf
●「食べログの信頼性が損なわれた理由」/口コミサイトが独立性を保つことの難しさ - さようなら、憂鬱な木曜日

電通周りが賑やかだなあ。
慣れると一般ユーザーのクチコミと、サクラユーザーの広告クチコミは見分けが付くようになる。Amazonなどのショッピングサイトのカスタマーレビューも同じ。個人的には悪意のない勘違いレビューの方が迷惑なんだけど。


●目指せ1億円! デブでもわかる ガリガリガリクソンの株式投資! ? ガリガリガリクソンが株で資産1億円を目指しています!本気だぞ!
しばらく前からガリガリガリクソンはツイッターで株ネタをつぶやいていた。とうとう株ブログを始めて本気を出した様子。ひたすら損し続ける芸風で一躍株界の人気者。よかったね!
まったく隠す気のない赤太字で「友達紹介キャンペーン」を紹介していて好感が持てます。


■いらすとやは凄い

●「いらすとや」にイラストレーターが悲鳴 「仕事を奪っている」 : J-CASTニュース
アンパンマンの作者、やなせたかし先生が亡くなった時の話を思い出した。

●故・やなせ氏に無報酬で仕事依頼していた自治体も……吉田戦車が痛烈批判 「恥じろ」 | RBB TODAY

でも「いらすとや」の場合は作者のみふねたかし氏が自ら無償利用を許可しているので、少し状況が違うのか。
イラストの無料配布サイトは珍しくないけど、クレジットの表記やバックリンク、メールでの使用許諾もいらないというのは凄いことだ。使う側とすればこれ以上ない使い勝手のよさ。どうせ使うのなら使い勝手がいい方を選ぶのは当然の流れ。

RSSフィードを受信して新作をチェックしているのだけど、毎日複数の新作をアップするというものすごい更新頻度。しかもきちんと世の中で話題になっているようなことを作品に落とし込んでいる。

RSSをチェックしていると、「いらすとや」が人気になるのは無料で使い放題ってとこだけじゃなく、もっと広義な意味での使い勝手なよさがあるからだと実感できる。同じシチュエーションでも男女2パターンあったり、それに加えて日本人外国人別でもバージョン違いがあったりする。
ここからイラストの仕事を奪い返すには、同等以上のクオリティで更新頻度でバリエーションで使い勝手のよさでオリジナリティーを出さないといけないってことか。

余談になるけど、「いらすとや」のマネタイズ手法がおもしろい。作品自体を自サイトの広告にして、誘導してからのアフィリエイトと有償イラストの受注となっている。無料で自作イラストをばらまくことで世間に知らしめ、画像検索や口コミでたどり着き「無料で使える」と知った人がまた使う、という好循環。違和感なく世間に染み渡っていっている。
ジャンル違いだけど、ひたすら権利を振りかざして日本から音楽を消していくJASRACのやり方とは正反対だなー、とか思った。


●radikoが“タイムフリー聴取”対応。1週間限定で後から番組が聞ける新機能 - AV Watch
農作業ではラジオがお友達。黙々と箱詰め、袋詰するような作業は慣れると体が勝手に動く。こうなると頭が暇だ。でもテレビや動画はつい目が奪われるので作業効率が落ちる。ということでラジオになる。音楽配信サイトも悪くないけど、人の喋り声はなんとなく落ち着く。
まだまだ機能制限も多そうだけど、好きな番組を選んで聴けるのは嬉しいな。


関連記事

テーマ : ブログ
ジャンル : ブログ

ネットの文章作法|バグで稼ぐ人々|優しくなければいけませんか?|他

■ネットの文章作法

●炎上しないための文章作法 余計な比喩を使わず、具体的関係者がいそうな単語を極力外せ : おはよウサギ!
比喩やたとえ話はおもしろい。聞くのも楽しいけど、自分で「うまくできた!」と思える比喩が作れた時はしてやったりという気になる。比喩を使うためには要点をわかってないといけなくて、うまい比喩が出ない時には理解が浅いんだと意識できる。でも、比喩を使ったせいで自分の思っていたのとは違う意味で捉えられることもある。そうなった時でも上記に配慮していれば嫌な気持ちに感じる人も減るかもしれない。

このブログは自分があとで読み返して楽しむ、という部分が大きいのだけど、それでもウェブに公開する以上は他人の目を気にしない訳にはいかない。評判を気にするというより言葉の使い方、用語の誤りなどに気を使っているつもり。知っているような気がする事柄も、確信が持てない時は複数の情報源を当たって確認する。そうすると、やはりいくつかは勘違いしているようなこともあって改めて勉強になる。
そこまでしても自分ひとりで書いて自分でチェックしているわけだから、間違っていないという保証はない。それでもただのメモより気を使っているのは確かだ。

そうやって書くとEvernoteに走り書きするのとは違って手間もかかるし表現も回りくどくなる。略語ではなく正式名称を用いたり、多少解説じみたことを書くこともある。それがうまく書けずに曖昧になったりすると、きちんと理解していなかったんだなとわかる。そう考えると、ブログを書くことは記憶の定着、理解度の測定、備忘録となっているかもしれない。

それらのエントリーでは機能の説明をする時に比喩を使うことも多い。自分が比喩が好きだというのもあるし、類するものがないようなことを説明する時には適しているのではないかと思うからだ。
そうした場面では上記の文章作法を心がけたいと思った。


■バグで稼ぐ人々

●善玉ハッカーはなぜハックするのか?--答えは報酬のみにあらず - ZDNet Japan
Googleなどのネット大企業はバグ発見に報奨金を出していて、重大なものであれば何万ドルという高額になることもある。

●アップル、ついにバグ報奨金プログラムを開始へ--最高20万ドル - CNET Japan
●グーグルのバグ発見報奨金、2015年は200万ドル--「Android」関連が約10% - CNET Japan

善玉ハッカーの記事内では、この「バグ発見報奨金プログラム」で年間5万ドル以上を稼ぐ人、それだけで暮らす人、報酬がなくても勝手に見つけちゃう人などの事例が出ている。
これらのハッカーにとっては企業のバグは宝探しのようなものなんだろうか。


■優しくなければいけませんか?

●俺は優しい人間ではなかった

俺は本当は、他人から弄られたり馬鹿にされたりするのが大嫌いだったのだ。
運動音痴で、体力もないから、へらへら自己防衛をしていたが、本当はそいつら全員ぶっこしたかったのだ。
俺は優しくなんかない。
弱かったから、いろいろと気を使っていたにすぎない。


いじられて楽しい人なんているんだろうか。芸人はテレビでいじられたりしてるけど、それだって仕事としてやってるだけで、日常生活で見ず知らずの一般人からいじられたらたまったものじゃないだろう。イメージのためとニコニコ対応することは、広義で仕事といえる。
いじられてそれを許容する場合には、打算がある。タレントの仕事ならキャラ作りだし、事前に内容を聞いて断る自由もあるはずだ。プライベートの人間関係ならそこに所属することで得られるメリットと引き換えている。

それを受けている側が許容しているのではなく、周囲からの圧力で強要されている場合には、イジメやハラスメントとなる。

それと、リンク先のエントリーは「優しいことはいいことだ」という前提というか先入観が根底にあるけど、人間ってそんな立派なもんじゃないぞ。それは今の増田の生活環境が平和でのんびりした社会で争わなくても生きていけるからで、周囲の「優しい人間」と比較してそう感じているのだろう。本当に純粋な善意から行動する人は少ないかもしれないし、大抵の人は打算で親切をしているかもしれない。それは本人でなければわからないし、その人になることはできないのだから行動から推し量るしかない。打算から出たことだとしても、微笑みながら多くの人が喜ぶ行為をすれば、それは優しさとされる。

優しい人間であろうとする姿勢は美しいものだけど、優しい人間でいなくてはならないという社会は息苦しい。
個人の自発的意思か、周囲からの圧力を勝手に感じていないか。自分のことを『迷惑な人間』と卑下する前に、もう一度考えてみてはいかがか。


関連記事

テーマ : ブログ
ジャンル : ブログ

悪い性根は叩き直す|メロンソーダは川の色|他

■悪い性根は叩き直す

●ドゥテルテという劇薬――フィリピンを治すのか、壊すのか? - 日下渉 (1/2)
唯一の海外渡航経験がフィリピンなのだけど、良くも悪くも自由度の高い国だった。要するに、警察だろうが空港係員だろうが賄賂を要求してくるのだ。
そんな腐った連中は鉄拳でぶっ飛ばしてやる!というのがドゥテルテ政権なんだろう。既得権益のある者にとってはたまったものじゃないだろうけど、元々下層の暮らしをしていた庶民は痛快に感じるのかもしれない。フィリピンの下層はベニヤ板の六畳一間の家に10人家族、というレベルだった。

意外だったのが、麻薬中毒者からもドゥテルテ大統領を支持する声があるという部分。中毒者もまともな生活がしたいと思っていて、それには密売人や麻薬コミュニティがなくなってくれたほうが否応なくやめられるからだそうだ。

先進国からは非難されがちなドゥテルテ大統領の政策だけど、これもフィリピンの人たちが自ら選んだことだ。アキノ前政権も、政策面では良い方向に向かっていたようだ。だけどせっかちなフィリピンの人々は結果が出るのを待てなかった。そうしてわかりやすい「怖いお父さん」に任せることにしたということか。


■メロンソーダは川の色

●香港のドブでアフリカの巨大魚「クラリアス」を釣る - デイリーポータルZ:@nifty
※リンク先に蓮コラ系のグロ画像あり

ドブ臭くて食えたもんじゃなかったようだ。でも命を頂いているので、四日かけて残さず食べたとのこと。偉い。
以前に以下エントリーで似たような内容を取り上げた。

●野良黒 性転換手術を描いた漫画|ドブ川の雷魚はうまい|プログラマーの人生|他
こちらの雷魚はうまかったとのこと。ドブ川というより近所の用水路みたいなものだったんだろう。生息域の水がきれいならおいしく食べられる。

上記のデイリーポータルのほうは、川からヘドロ臭がするほどヤバイドブ川だったようなので、本来ならその時点でやめたほうがよさそう。さらに川の色がメロンクリームソーダだとか。ドブ臭い以前に豊洲地下水問題など比較にならないくらい汚染されてるんじゃないの…。
担当者様におかれましては健康には重々お気をつけくださいませ。


●シーモンキーをユビキタスに飼う - デイリーポータルZ:@nifty
小型のスノードームを腕時計のように身に着け、その中にシーモンキーを入れてお出かけするという趣向。
色々気になる。ちゃんと腕を振って歩けるのか?それとも気を使って固定して歩くのか?

ただ、楽しいのだが、体力的には意外とつらい。
必要以上に水槽を揺らさないようにそっと歩いたり、あとは腕に300g(水槽容量300cc)の重りがくくりつけてあるわけで、水槽の土台が腕に食い込んで痛い。
ファニーな外見のわりには、結構な苦行である。


そうか、やはりツラいか。そうだろうなあ。


●無音の中に放り込まれると、人は45分以内に発狂する|ギズモード・ジャパン
近隣の雑音に悩まされて寝る時は耳栓必須のおれからしたら夢のような環境。無音歓迎。発狂させてみやがれ!あー無音こわい。無音マジ苦手だわぁ。





観葉植物を購入。ガジュマル、パキラ、ワイヤープランツの3種。マグカップサイズでかわいい。
どれも前に一度挑戦して枯らしたもの。枯らした原因は、おそらく水のやり過ぎで根腐れしたんだと思う。観葉植物の初心者が植物を枯らす原因のトップが「水のやり過ぎ」だそうだ。
愛情も与えすぎると相手をダメにしちゃうんだ。

関連記事

テーマ : ブログ
ジャンル : ブログ

自動運転車怖い|田舎は足が必須|他

■自動運転車怖い

●Uberの自動運転車がピッツバーグで走行開始、早速乗ってみた | TechCrunch Japan

自動運転中は何もしなくて良いのだが、周囲の状況を注視しなければならない。これは奇妙な感覚だった。他のことを考えたいという誘惑があり、ハンドルに手を添えなくともいいかなとさえ思ってしまう。自動停車や駐車と完全な自動運転にするかどうかという線引きが曖昧になってしまうのは分かる話だ。


おれが自動運転車に不安を感じている点がまさにここだ。自分で運転している時は運転の動作があるから、複雑なことは考えられない。だけどそれをしなくていいとなれば、つい考えてしまうこともあると思う。

少なくとも自分は考えずにいられるという自信はない。手持ち無沙汰で音楽くらいは聞くだろう。そのうちに音声だけ、と自分に言い聞かせつつYouTubeなどを再生するかもしれない。そしたら横目でチラチラ見てしまいそうだ。気がつけば数秒が数十秒、数分と伸びていく。よそ見運転の出来上がり。

事故を起こしても何の罪にも問われないのならそれでもいい。何もしないで目的地に行ければそんなに楽なことはない。
だが、今の時点では運転席に座っている人間の責任ということになっている。それが怖い。

また、今でさえスマホいじりながら運転する人間がいくらでもいるのに、ますます増えそうだ。自動運転車どうなるんだろ。


●Apple、「倒れないバイク」開発のスタートアップと買収交渉? - iPhone Mania
●Lit Motors - AEV Driving - YouTube
なにこれかっこいい…!
ドラゴンボールのブルマのバイクじゃん。

ジャイロ機構によって静止状態でもスタンド無しで直立できている、というのが凄すぎ。横から力を加えても倒れないんだから。おもしろいなあ。


●最新モバイル脅威事情:人気ゲームになりすます「リパック」手口を検証 | トレンドマイクロ セキュリティブログ
人気のあるゲームになりすますというより、本物の中に混ぜてしまうという手口。
事例として挙げられていたゲームは以下。

  • ねこあつめ:不審ファイル数7
  • アングリーバード 2:不審ファイル数280

今回紹介した「ねこあつめ」の事例でも、「アングリーバード」の事例でも、正規アプリマーケットである Google Play 上からリパックアプリが配布されていた事例はありませんでした。このように、現在不正/迷惑アプリの多くは正規マーケットではなく、海外の不審なサードパーティマーケットから配布されています。正規の Android向けアプリマーケットである「Google Play」の他、運営者がはっきりしている信頼できるサードパーティマーケットからのみ、アプリをインストールするようにしてください。


公式配布サイトからインストール限りは安心とのこと。

●「手首が疲れない」は気のせい!? キーボードに角度を付けるあの小さな足が必要な「本当の理由」 | ライフハッカー[日本版]

手首の負担になる以外の意味はない


お前がそう思うんならそうなんだろう お前ん中ではな

これは手足の大きな外国人の感想なので、比較的手の小さな日本人の場合は事情が変わってくる。
角度をつけることで奥のキーまで指が届くようになる、という圧倒的利点があるのだ。

筆者は平均程度より若干小さい程度の手のサイズだけど、足を寝かせるとファンクションキー (F1,F2...などのキー) には手全体を動かさないと届かない。だけど足を立てるとホームポジションから指さえ伸ばせば届く。この違いは大きい。

それと、リンク先エントリーの中で「ブラインドタッチ」と多用されているけど、視覚障害者への配慮で「タッチタイプ / タッチタイピング」と表記するべき、というような流れはもうなくなったのかな?
原文では「type blind」「blind typers」と表記されていて「Touch typing」とは見当たらない。

●Touch typing
英語版Wikipediaでは項目あったし主要な翻訳サイトでも対応されたから「タッチタイピング」が和製英語という訳でもなさそうだ。


■田舎は足が必須

●二輪の免許制度緩和で125ccバイクも普通免許で可能に?SNSでは否定的コメントも (オートックワン) - Yahoo!ニュース
バイクは楽しい。でも原付は楽しくない。規制が多すぎるからだ。

たとえば、時速30km以上出してはいけないことになっている。実際は誰も守ってない形式上のものになってるけど、でもまあそういうことになっている。
次に、3車線以上の道路では二段階右折しないといけない。右折車線に入っちゃダメなのだ。
非常に面倒くさいし、車両から見ても邪魔だ。時々ほんとに30km程度でトロトロ走るオバちゃんがいるけど、追い越せない狭い道では泣きたくなるね。

これを回避するためだけでも小型自動二輪免許を取る価値はある。これさえあれば50ccを超えるバイクに乗って上記の規制はなくなってとても爽快。

田舎だとちょっとコンビニ行くのにも車に乗らなきゃいけないくらいだけど、免許融和されるなら小型バイクも選択肢に入って助かる人も増えるだろうな。
90ccのスーパーカブを持ってるけど、田舎道をのんびり走るのも心地いいんだよなあ。


関連記事

テーマ : ブログ
ジャンル : ブログ

【大人の自由研究】鉱石ラジオ、ゲルマラジオが鳴った!

●野良黒 セクシー要素とゲーム|AdBlockの是非|他
●野良黒 歴史的建造物の補修|正しい日本語難しい
これらエントリーの最後にちょこっと書いてた鉱石ラジオ、ようやく鳴るようになった。
ミスった部分は一次コイルと二次コイルを間違えて配線をつないでいたこと。

kousekiradio_P_20160922_132312.jpg

kousekiradio_P_20160922_132428.jpg


この雑誌の付録。 付録の正式名称は「鉱石・ダイオード付き ラジオキット」。

鉱石ラジオと呼んでいたけど、ゲルマニウムダイオードを使ったゲルマラジオというほうが正しいみたい。
でもこいつはどっちのやり方でも聞けるからどちらも間違いではないのかな。回路切り替えスイッチがついているのです。

いろいろ知らないことも多かったし、きちんと鳴ってくれた記念にエントリーに残しておこう。


■鉱石ラジオの語源

●検波用ダイオードを測定してみた(ゲルマラジオ用)
上記ページによると海外ではCrystal Radioという名称で、日本で鉱石ラジオと呼ぶようになったのは『Crystalを結晶ではなく鉱石と訳したのが』始まりではないかとのこと。


■クリスタルイヤホン

ゲルマラジオや鉱石ラジオはクリスタルイヤホンを使わないと聞くことができない。クリスタルイヤホンは小さな電圧でも鳴るという特性があるので、それがこれらのラジオに適しているらしい。

●クリスタルイヤホンを測定したい!

一言でクリスタルイヤホンとは言っても、ロッシェル塩タイプとセラミックタイプの二つがあります。普段手に入るのはセラミックタイプです。


●クリスタルイヤホンの特性

ロッシェル塩を発音体に用いたクリスタルイヤホンは、潮解(湿気で結晶構造が崩壊してしまう現象)が生じると使用不可能になる弱点があります。このため現在では生産が中止されており、現存するものは数少ないと噂されています。


引用したように、本物のというかオリジナルのクリスタルイヤホンはすでに製造されていないとのこと。この付録のものも当然セラミックタイプだろう。


■その他雑感

このラジオキットにはゲルマニウムダイオードのほか、石ころが2個ついている。それぞれ磁鉄鉱と黄鉄鉱というもの。
黄鉄鉱は舐めるとサビくさいぞ!磁鉄鉱はただの石味。

ゲルマニウムダイオードを使った場合は、電池なしでも静かな環境なら十分ラジオ番組を楽しめるレベル。電源なしでもここまで聞こえるのかと驚いた。
鉱石を使うと感度がかなり低く、電池を使って増幅しないと聞こえない。


【 感度の強さ 】
オムツダイオード>ダイオード>黄鉄鉱>10円玉>磁鉄鉱

オムツダイオードとは、ダイオードと小皿の接触面にアルミホイルを被せたもの。たった今命名した。説明書に書いてあったので試したら、検波感度がぐっと上がった。こりゃいいね。

電池無しで聞こえるのはオムツダイオードまで。
電池で増幅すると黄鉄鉱まではなんとなく聞こえなくもないという感じ。「ジジッ…」というノイズの中で集中してチューニングするさまは、遭難船で必死に無線放送に耳を澄ます船員になった気分。
10円玉と磁鉄鉱はジャリジャリしたノイズが聞こえる程度。
これらの聞こえやすさは電波の強さで左右されるので、ウチは電波が弱いんだろう。

雑誌によれば、他にもシャープペンシルの芯やスチールウールなどでも検波できるとのこと。もう少し電波が強ければいろいろ試してみたいけど、この環境だと厳しそう。機会があればどっか持っていってみよう。

チューニングに使用するバリコンをけっこう乱暴に組み立てたのだけど、動作してるみたいでよかった。アルミホイルでも代用できるみたい。聞こえ方も変わるんだろうか。


Amazonではワンコインならぬワンペーパーでお釣りが来るお値段。
秋の夜長にのんびりレトロなアナログ工作。ああ楽しかった。

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

歴史的建造物の補修|正しい日本語難しい

■歴史的建造物の補修

●CNN.co.jp : 「万里の長城が台無し」 コンクリートでの補修に非難殺到
歴史的建造物の補修のニュース。
こうした建築物は、常に当時の最新技術を注ぎ込まれて作られたのだろう。それを保存、保護するのならやはり現代の最新技術が使われるのは当たり前だ。だから、『コンクリートでの補修に非難殺到』というタイトルはおかしい。

非難されたのはコンクリートが使われたからではなくて、補修後の外観がお粗末だったからだ。内部の崩れやすい部分はコンクリで補強して、外観には当時の石材を貼り付けて今まで通りのイメージを維持するものであったらここまで非難はされなかっただろう。中には建築当時の技術しか認めない原理主義者もいるけど、それはまあアレな人だからほっとけばいい。
そういう意味では、このニュースタイトルはミスリードを誘うかもしれない。

リンク先の動画を見るとよくわかるけど、補修後はただのコンクリ舗装路となっている。これは歴史的ありがたみ皆無。批判もやむなし。


●熊本城復旧に歴史ファンの記者があえて暴論|日経コンストラクション

 今後の櫓や石垣の復旧工事で、江戸時代以前の状態のままでは特に地震に弱いことが明らかな箇所には、既存部材とはっきり区別できる形で「最新の技術」を大胆に導入することも検討されてよいのではないか。


全然暴論じゃないと思う。むしろどうして検討されていなかったの?とすら思う話。当時と今の技術を比較できたりと有意義な部分もあるだろう。
「建築当時の姿を…」などと言う人もいるけど、そういう話ならオリジナルの熊本城の木造部分の大半は西南戦争の際に焼失しているので、現存しているもの自体がレプリカなんだよね。
今の熊本城には歴史的価値というより、観光資源としての側面のほうが大きい。それなら最新技術でもなんでも使って、見栄えを損なわれない形で残していくしかないのではないか。


■正しい日本語難しい

●食べれる・見れる…ら抜き言葉、初の多数派  :日本経済新聞
小学生の頃にダウンタウンの喋り方をテレビで観て「変な喋り方だなあ」と思った覚えがある。当時は関西の芸人は関西中心に活躍していて、全国版のテレビでは観ることは少なかった気がする。だから大袈裟に言うと、ら抜き言葉はダウンタウンから拡まった、とも言える。
Wikipediaを見ると、1991年から「ダウンタウンのごっつええ感じ」が始まっている。25年前だ。
吉本興業などの関西お笑い芸人は、ほぼ100%がら抜き言葉を使う。あれは元々関西の方言だったのだろうか?
イラッとするのはテレビのテロップではら抜きじゃないのにタレントの発する言葉自体はら抜きになっていること。そこまでするなら直させろ。半端なポーズで本当はわかってますよ感出すな。あといい加減手皿はやめろ。小皿なり懐紙なり使え。


 誤用が目立つ慣用句についての質問では、本来「政治的・宗教的などの信念に基づいて正しいと信じてなされる行為・犯罪またはその行為を行う人」の意味を持つ「確信犯」について、69.4%が「悪いことであると分かっていながらなされる行為・犯罪またはその行為を行う人」を選んだ。


○:正しいと信じる目的があってその過程で法に触れてしまうこと
×:法に触れると解っていてもわざと悪いことをすること。悪いことそのものが目的になっていること
うーん、これだとまだわかりにくいか。

○:子供が車に轢かれそうなので赤信号を突っ切って助けに行く
×:別に急ぐ用事もないけど車来てないから赤信号でも渡っちゃえ

どうだろう。だいぶがんばって噛み砕いてみたけど、パートナーに説明してみた限りではピンと来てない様子。難しいなあ。

最近ではさらに拡大解釈され、「わざと」のイキった言い方としても使われる。ギャグを出すように流れを持っていき、「確信犯やん!(わざとやっとるやろ、の意味)」と突っ込む。これも関西芸人が拡めた使い方だ。

でも、簡単に直せるものでもないというのもわかる。
ネットの友人とSkypeで話した時に、喋り方だけで一発で都道府県を当てられて驚いたことがある。自分に話せるもっとも丁寧な標準語を使っていたつもりだった。それでもわかる程度になまっていたんだろう。
一方で、現地の人には「全然なまってないね、上手な標準語使うねぇ」と言われたことがある。Skypeで日本各地の人と話すことが多かったので、なまりや方言を使わないように気をつけるようにしていたつもりだった。それでもわかる人にはわかるし、聞く人が聞けばなまっているということだ。

そうなると安心してきちんとした日本語を聞くことができるのはNHKの番組かお爺さんのやってるようなラジオになってくるんだけど、そっちはコンテンツ自体がつまらないというね。おもしろいのもあるけど数が少ない。また、油断してるとNHKにも関西芸人が出ることがあるから気を抜けない。
民放のニュースはイントネーションが怪しいし、ジャニーズやアイドル女子アナが出てるような番組は信用ならない。

「眠れない」という言葉もすっかり聞かれなくなった。みんな「寝れない」だ。
「…じゃないですか」もムカつくんだよなー。ああもうキリがないからやめとこう。


●「おk」「うp」入力ミス表現、10代の半数使用  :日本経済新聞
パソコンの場合は入力ミスではなくて、チャットの時間短縮として使われていた表現。誰も彼もがスーパータイパーではないので、一文打ち込むのに時間がかかる人もいる。また、ゲームプレイ中のチャットはのんびり打ち込んでいると敵にやられちゃう。そういう時には片手で二文字3タイプで返答できるこれらの表現はありがたい。「うい」もよく使ってた。隣接キーだから最速で打てて使いやすい。
しかし記事では「10代の半数」とあるし、『パソコンの入力ミスから発生したとされる』とわざわざ注釈を入れてあるのでPCの話ではない、とも取れる。10代ならスマホメインなんじゃないか。それだと英数字が交じると入力速度はかえって落ちるから、この表現を使う意味はないんだけどな。予測変換も優秀だし。
ゲームなのか、LINEなどのチャットアプリか、それとも他のことか。その部分に言及されてないのであんまり参考にならないな。

●「OK」を「おけ」 10代の半数が表現 | NHKニュース

このなかで、メールやSNSなどで「OK」という単語をひらがなで「おけ」と、また、SNSに画像などを掲載する時などに使う「UP」という単語をひらがなとアルファベットが混じった「うp」(うぷ)と表現したことがあるか聞きました。


日経と同じテーマだけど、詳細が違う。これなら理解できる。

これらの表現は入力ミスがきっかけで使われるようになったということですが、使用する理由としては、「手間を省くため」が59.5%と最も多く、次いで「相手への親しさを表すため」が23.2%、「気持ちをわかりやすく伝えるため」が15.8%でした。


うんうん、それなら納得。NHKのこの記事は解説が丁寧でわかりやすいですね。


kousekiradio_P_20160922_132312.jpg

kousekiradio_P_20160922_132428.jpg

昨日紹介したこのラジオキット、さっそく組み立ててみた。端子を挟んだ小皿に鉱石を置き、それにもう一方の端子を当てている状態。
2時間くらいかかってやっと完成。怪電波を受信するアンテナ部分にポリウレタン銅線を巻きつける作業が大変だった。これで完成かと思いきや音は出ず。
配線間違いか、長年放置していたせいで部品が劣化しているのか。ちょっとずついじってみよう。


関連エントリー
●野良黒 【大人の自由研究】鉱石ラジオ、ゲルマラジオが鳴った!
関連記事

テーマ : ブログ
ジャンル : ブログ

セクシー要素とゲーム|AdBlockの是非|他

■セクシー要素とゲーム

●東京ゲームショウにおけるコンパニオンの是非 | スラド
4gamerなどの記事でもコンパニオンを扱うとアクセスが跳ねるらしい。数値として効果があるんだから、運営側としては是非もない。

個人的にはなくなってほしい。理由は嫌いだからじゃなくて、目が引かれすぎてゲームの本文が目に入らなくなるから。
ゲームはゲームとして楽しみたいし、コンパニオンはコンパニオンとして別々に楽しみたい。目移りさせてほしくない。
きっちりフィルタリングして「おれは絶対にコンパニオンが見たいんだ!」という強い意志を持って捜さないと見つからないような場所で開催、公開、配信していただければ幸い。


●スマホ向けダークファンタジー「インフィニティ ストーン」,iOS版が配信開始 - 4Gamer.net
日本製のゲームは胸の谷間とミニスカ出さないといけないということになっているんだね。どのゲームも似たような顔だし。
ダークファンタジーの世界観は好きだけど、萌え絵とセクシー要素があると違うんだよなぁ。

他社の日本のゲームでも、萌え絵があると一気にやる気がなくなる。前述したコンパニオンの話にも通じるけど、それはそれ、これはこれで別のものとして楽しめるようにしてもらえないものか。


●「バトルフィールド 1」,伝書鳩を使って砲撃要請を行う新モード「ウォー・ピジョン」や,PC版の動作環境などが明らかに - 4Gamer.net
画質とかすげぇきれいなのな。でも、この画質でゲームしたいってだけでグラボ新調するかっていったらしない。ゲーム性や操作感のほうがずっと優先される。画質はもっとしょぼくてもかまやしない。PCゲームの画質至上主義にはもう付いていきたくない。

ゲーム性はスプラトゥーンくらいのカジュアルさで全然いいんだけど、さすがにあれはキッズ感出すぎ。ゲーム性はとてもよさそうなんだけど、幼く感じてプレイする気にならない。絵柄もプレイ層も年齢層低め。任天堂のゲームに手が伸びないのはほとんどこれが理由だ。

洋ゲ―と任天堂の間くらいのちょうどいいのがないのかなー。


●「Googleドライブ」、自然言語による検索が可能に - ZDNet Japan
クラウドストレージサービスはほとんど使用していない。容量の少ないファイルをスマホとPC間でやり取りする時くらい。
どうしても不具合によるロストや流出のおそれが頭をよぎるので、長期保存の用途としては使う気にならない。


●「ノンママ」という人生を選択した女性たちの苦悩(香山 リカ) | 現代ビジネス | 講談社
すっかり色のついてしまった香山リカ先生の記事。酒井順子みたいな切り口だなーと思って流し読みしたら最後のほうで本当に酒井順子が出てきて笑った。
「我々女という生き物は…」みたいに代表気取りするところがどうも苦手。

現代ビジネスは少し前から扇情的な記事を多く配信するようになっていたけど、あれこれ騒動を振りまいた香山リカ先生を相変わらず起用するところを見ると、Tehu氏の現代ビジネス最高技術責任者(CTO)起用についでオモシロメディアとしての道を歩んでいくことを決定付けるものなんじゃないか。
「真面目な記事など書いてなるものか!全力でふざけてやる!」という確固たる意思を感じる。

●19歳の現代ビジネス最高技術責任者(CTO)による未来のメディアの実験室 | 現代ビジネス [講談社]
Tehu氏による「Tehu_Lab」。2016年9月21日現在までに2015年3月14日を最後に更新なし。
というか、単純にFirefoxで表示崩れて読めないんだよね。現代ビジネス最高技術責任者(CTO)としてメジャーブラウザの表示に対応できてないってどうなの?


●バスの中でゲームのカードを落とした男性 - YouTube
何の関係もないけどおもしろい動画。現代ビジネス最高技術責任者(CTO)とは何の関係もないんだけど。


●ランサムウェア被害に遭った英企業の6割超が身代金支払い--データが戻らないケースも - ZDNet Japan

 CLOUDSEC Londonで公表されたTrend Microの調査結果によれば、英国で要求された身代金の平均金額は540ポンドだが(ただし通常はビットコインで支払うよう要求される)、20%のケースでは1000ポンド以上の身代金を要求されたという。


1ポンドはおよそ130円なので、540*130=70200。約7万円が平均ということになる。
7万かー。大抵の企業のデータは7万円より価値があるだろう。ということは、対価としては安価であるとしてもよい。そうなると要求を飲むかどうかは、サイバーテロに屈するか営利企業としての業務を優先するかという主義の問題になってくるんだろうな。

身代金の要求に応じなかった企業の60%は、バックアップファイルからデータを復旧できたと述べているほか、セキュリティ企業らが一部のランサムウェアの復号化鍵を無料で提供する枠組みもある。また4分の1のケースでは、人質に取られたデータには価値がないか、部外秘であるため、身代金を払う価値がなかったと見なされた。


バックアップ大事ね。


●週1の「広告フィルタリング」で、売上が月1.5倍になったアプリも。ゲーム特化アドネットワーク「チャートブースト」をつかって収益を伸ばす7つのコツ。 | アプリマーケティング研究所
リンク先はPR記事なので話半分で読むほうがいいかも。

スマホゲームアプリ自体にはほとんど興味が湧かないけど、マネタイズ方面の話はとてもおもしろい。

ゲームのジャンルとして「trivia」とあるのが興味深い。本来の意味は「取るに足らないこと、ささいなこと、くだらないこと」というような意味。
日本人のおっさんおばさんにとっては某テレビ番組のせいで、「トリビア=使えない豆知識」の意味になってしまっているので、定着しないかもな。本当に和製英語というかカタカナ英語は罪深い。


■AdBlockの是非

●(お知らせ) アドブロック系ツールの規制試験を終了しました。
海外のフリーソフト配布サイトを回るときなど、AdBlock系ツールは「使わなくてはならないもの」になっている。騙し広告が多すぎるからだ。

「PCがおかしくなっています。解決方法はクリック!」
「ダウンロードするならここをクリック」

こういうものがいくらでもある。

他に、一見まともな内容に見えても唐突にアダルト広告を差し込んでくる場合もある。こちらの場合はおそらく悪意があってのものではなく、管理者がアフィリエイトの設定をあまり理解していないのだろうが、気分のいいものではない。
ということで、AdBlock系ツールを使用せざるを得ない。

一方で、アフィリエイトそのものはむしろ奨励するべきものだと考えてもいる。個人や小規模な活動をするサイトでは、対価を得るための数少ない方法のひとつだからだ。
自分でもまがりなりにブログを書いているので、そうしたものには手間ひまがかかっているのは十分に理解できる。役立つ情報を公開してくれているのだから、アフィリエイト報酬くらいは受け取ってほしい。むしろ貼ってないサイトはどんどんアフィなり広告なり貼ってほしいとさえ思う。支援の方法は限られていて、効果のある方法はさらに少ない。個人や小規模サイトを支援する数少ない方法のひとつがアフィリエイトだと思うからだ。

こういうサイトやブログではAdBlock系ツールのホワイトリストに入れて無効化し、積極的に広告を表示させて支援しているつもり。筆者の場合はRSSフィードに登録するタイミングと、何かしら問題解決の参考になった時点でホワイトリスト登録している。

一時期いくつかのサイトでAdBlock系ツールをブロックする流れがあったが、さらにそれを無効化するフィルターなども配布されていたちごっこになっていた。
そうしたやりとりに疲れて更新をやめてしまうサイトもあったかもしれない。

AdBlock系ツールは必要だけど、アフィリエイトも大切。うまく共存できる道はないものか。



2004年発行の雑誌というかムック。古い書籍なので、Amazonに現在出品されてあるのはすべて中古。もしかすると未使用品もあるかもしれないが、分類上は中古になる。付録の有り無しに注意。

当時、友人から誕生日プレゼントとしてもらったもの。鉱石・ゲルマニウムダイオードを使ったラジオ作成キットが付録になっている。電池がなくても聴けるし、電池を使えば高周波増幅ラジオともなる高性能。

もらったままで、なんとなく読まなかったし作らなかった。今ではそいつとも疎遠になった。
子供の頃、こういうことが大好きだった。学研の科学も好きだったし、理科の授業も楽しかった。どうしてそういう道に進めなかったんだろう。それを考えてしまうから開けなかったんだろうか。

ふと思い出して引っ張り出してみた。冊子を読んだらおもしろかったよ。がんばって作ってみよう。


関連エントリー
●野良黒 【大人の自由研究】鉱石ラジオ、ゲルマラジオが鳴った!
関連記事

テーマ : ブログ
ジャンル : ブログ

【PoE】Essenceでプレイ開始

初めはStandardでプレイしていた。しかし色々情報をあさってみると現行の期間限定Leagueのほうが新規でもプレイしやすいように思えた。ドロップ品や市場経済の面で差がつきにくいからだ。そのため、改めてEssenceで始めることにした。

Standardでは初期の6 ClassをそれぞれAct 2に入って少し、蛮族クエ前後のLV20程度までプレイした。Essenceではそれを少し超えるくらいまで進めた。
比べてみると、確かにドロップ品の品質に差がある。Skillの強さに関係するリンク品がたくさん手に入って楽しい。

進め方は、装備品やGemの必要レベルから考えてレベルの低いキャラでプレイ。キリの良いところや他クラスで使えるアイテムが手に入ったらキャラを変えてプレイ、という感じ。
今のところ何を拾っても目新しくて楽しい。


■各クラスの方針

Torchlight2と似ているので同じような考えでプレイしてみている。
AoEで雑魚を効率よく片付け、BossやEliteで死なないようにどうやって火力を出すかという部分。
武器の切り替えで使用Skillも入れ替えられる、という特徴を活かすのがいいのかな?

●Marauder
未だ方針が定まらない半端な子。Molten StrikeやLeap Slamで地味に戦う。
最近Sunderが手に入ってちょっと楽しくなった。けどワンパターンで地味。

●Templar
Totem Buildやってみようと思って作ったけど、Frost Boltが楽しくて氷に目覚める。Ice Novaもボンボンおもしろい。
どちらも楽しいので併用して伸ばす。

●Ranger
Ice Shotでパシャパシャ。
Rain of Arrowsを拾ってTorchlight2のOutlanderのSkill、Venomous Hailを思い出す。でもこっちは壁の向こう側へは撃てないんだな。

●Duelist
スキルツリーで悩む。火力では両手武器が勝るけどGemを多く追加できるのは二刀流や剣盾だろう。
サクサクレベル上げしたいから両手剣かなあ…と考えているうちに強力なTwo Handed Maceを拾ってしまってますます悩むことに。
悩んでいるうちにポイントが11も溜まってしまった。

Leap Slamで飛び込みFrost Bladesで雑魚を蹴散らしDouble StrikeでEliteやBossを倒す、という感じ。

●Witch
Summoner Buildやってみようと思って作ったけど、Sparkが楽しくて雷に目覚める。
中途半端になりそうだけど両刀でいこうかな。

●Shadow
Spectral ThrowにLesser Multiple Projectiles Supportつけて手裏剣気分。たまにMine投げたりして忍者を楽しむ。RED STONEのシーフそっくりだな。
LMPは雑魚用かな?と思っていたけど、体の大きいやつには複数ヒットするみたい。
Whirling Bladesでサイコクラッシャーアタックも味わえてお得だ。

●Scion
アンロックしてません。

関連記事

テーマ : Path of Exile
ジャンル : オンラインゲーム

【PoE】初心者の調べた初期設定

PoEはたくさんキャラが作成できるみたい。ということは、スキルツリーのミスは新しくキャラ作って考え直せばよさそう。
となると、知っておきたいのは価値のあるアイテム。

最初から効率ばかり考えるのは楽しさを損なうけど、大幅な損は避けたい。

その他最低限のことを調べた。


■持ち帰るアイテム

●空白部分の装備 / 今よりいい装備
始めたばかりなので大抵のものはいいものに見える。よさげなものはどんどん持ち帰る。

●赤青緑のソケットがリンクされている装備
お店で売るとChromatic Orbというものになる。それなりに価値のあるものらしい。いずれトレードするようになると必要になるのだろう。価値はわからないまま貯め込んでいる。

●ソケットが5個以上のアイテム
まだ序盤でプレイしているので出てこない。見かけたらぜひゲットしよう。

●トンカチ
マップの釘とやらになるとのこと。よく意味はわからないものの集めている。しかし案外多く拾って倉庫を圧迫しているので、もう拾うのはやめようかと思っているところ。現在のバージョンでは価値があまりなくなったとの情報もある。

そもそも、現状釘を使う必要がない
釘を使うのは高Tierのマップ維持が目的だったが

高Tierを回る理由として
xp効率が高かったからってのが大部分で(ilv84を拾う目的もあるが)

先日のアップデートで高tierのxp効率は軒並み下げられ T9 Gorgeをひたすら高速周回するのが最近のトレンドらしい

そうなると釘自体必要数が減るわけで
わざわざ手間掛けてレシピする時間がもったいない

●このようにして稼ぐのだ : 個人的PoEめも(仮)



■アイテムフィルターを導入

PoEはもりもりアイテムが出て選別が大変。Torchlight2もアイテム出まくって大変だったなーと懐かしく思っていると、PoEではフィルタリング可能とわかった。そりゃ便利だ。導入しないと損だね。

●アイテムフィルター : 個人的PoEめも(仮)
こちらのページより、管理人氏の自作フィルターをありがたく借用させていただきました。ありがとうございます。
2016/09/03 時点の最新バージョン 2.4.0に対応させたとのこと。

→あーめちゃくちゃ便利!


■PoE用のAHKスクリプトを作成

PoEはアイテムがたくさん出るので、それを拾うのに何度もポチポチとクリックするのが大変。そのためボタン押しっぱなしでパパパッと拾えるようにした。
もっと簡単に言うとスペースで左クリック連打という動きにした。PoEの初期設定のスペースは「ゲーム内ウィンドウをすべて閉じる」という動作だがEscで代用できる。

また、PoEはクリックで移動なのでクリック押しっぱなしにすることが多い。これって意外と疲れる。
そのためサイドボタンにクリック押しっぱなしのAHKスクリプトを割り当てた。これでカチッと一度クリックするだけでどこまでも歩き続けてくれる。

#IfWinActive,ahk_exe PathOfExileSteam.exe
Space::
        Loop
    {
        If(!GetKeyState("Space","P"))
        Break
        MouseClick, LEFT
        Sleep, 130
    }
Return

!Tab::Click ,Left,D
#IfWinActive

PoEを起動していて、なおかつPoEのゲーム画面上でだけ有効になるようにしてある。
「Sleep, 130」をいじればクリック連打のスピードも変更できる。

注意点として「!Tab::Click ,Left,D」の部分がクリック押しっぱなしだけど、これは筆者のマウスに割り当てている「Alt+Tab (ウィンドウ切り替え)」をトリガーとしている。
他のキーをトリガーにしたい場合は「!Tab」の部分を以下を参考に書き換えればいい。
押しっぱなしの解除はマウスで適当な場所をクリックで。

●キーリスト - AutoHotkey Wiki


【 参考にさせていただいたページ 】
●拾うべきアイテム - no life Path of Exile
2014-09-13 のエントリー。PoEはアップデートが頻繁とのことなので、古い部分もあるのだろう。でも考え方の基礎的なところはなんとなくわかった。

●このようにして稼ぐのだ : 個人的PoEめも(仮)
2016年07月09日と最近のエントリー。とても丁寧に書いてあるページだけど、初心者の自分には理解できない部分も多々。

関連記事

テーマ : Path of Exile
ジャンル : オンラインゲーム

Path of Exileをプレイ開始

アイテム倉庫を兼ねて一通りキャラ作成。
LeagueはStandardで。

前にSteamのTorchlight2をプレイしていたので懐かしく感じる。同じDiabloシリーズの流れを汲むハクスラってことで楽しみだ。

●野良黒 Torchlight2

今のところ完全に手探り。
わらわらと群がる雑魚をAoEで蹴散らし、ポーションがぶ飲みしながらボス戦をこなす、というのはTorchlight2と同じだ。

スキルツリーが複雑すぎて最初のキャラはまず失敗するだろうから、行き当たりばったりで手当たり次第試している感じ。
でも、始めたばかりのゲームのこの手探り感はわくわくする。

関連記事

テーマ : Path of Exile
ジャンル : オンラインゲーム

わたしがPlanetSide2を遊ぶのをやめたいくつかの理由

ゲームを継続するか遊ぶのをやめてしまうかはシンプルな原則で決まる。
楽しさがストレスを上回るか、そうでないかだ。

PlanetSide2 の楽しさは自由度の高さにあった。
オンラインの人数が多いので、ひとりひとりの行動の重要さが薄く、誰が何をしようがあまり気にされない。そのためひたすら芋砂していたり乗り物に乗りっぱなしだったり脳筋特攻を繰り返したりと好きなようにプレイできる。

今回ストレスに感じたのはゲーム内の仕様に関する部分だった。
それが仕様である限りは今後も改善されることはないということであり、それが気に入らなければゲームをやめるしかなかったのだ。

以下は筆者が PlanetSide2 をやめた理由を書き出しているので、必然的につまらなくてダメだと感じた部分ばかりを強調してある。
これから始めようとする人や現役で楽しんでいるプレイヤーは不愉快になるので読まないほうがいいかもしれない。


■PlanetSide2 のTK問題

PlanetSide2 は味方への攻撃判定があり、TKやFFすることができる。味方を攻撃できるということだ。
同様の行為はMMORPGではPK (Player Killer)と呼ばれるが、FPSの世界ではTK (Teammate Kill)、TKerと言われることが多い。

このFFできる仕様を利用した戦い方もないわけではない。たとえば相手の仕掛けた爆弾を敵が通るタイミングで狙撃 / 誘爆させて敵の爆弾で敵を殺す、ということができる。この場合FF判定があるからこそ可能なケースで、それがなければ爆風は素通りして無傷になる。

こんなことができるのは上級者であり、なおかつ地雷の位置やタイミングを考慮するとレアケースだ。むしろ地雷の有効性を理解していない noob な味方による事故のほうがよっぽど多い。
つまりなくてもいいどころかストレスばかり溜まる仕様になっている。

味方を殺したり攻撃することには何のメリットもなく、むしろ何度も攻撃することでゲーム内の制裁として攻撃禁止のペナルティを受けることもある。
にも関わらず、味方を攻撃するプレイヤーは後を絶たない。

リスポン地点にいるだけで殺されることもあるし、乗り物に乗っていてもC4爆弾で爆破されることもあるし、のんびり建築に勤しんでいてもやってきた味方に建築物ごと破壊されることもあるし、空を飛んでいても体当りされることもある。
そして、これらの行為にペナルティが課せられることはほとんどない。

『攻撃禁止のペナルティを受ける』と前述したが、これはどうやら回数判定になっているらしく、一撃で頭をぶち抜いたり爆破したりというやり方で味方を殺せばPKerにとっては“何の問題もない”。
Report 機能もあるにはあるが、効果があるのかないのかよくわからず意味がない。運営へのサポートチケットもテンプレ回答だけは素早く来るが、同じようなものだ。

相手を攻撃しない、殺さない範囲での嫌がらせもある。
よくあるのは車両での体当たり。故意、事故のどちらもあるが、わざとぶつかってきてその後も強引に幅寄せして通路の引っ掛かりに相手をぶつけさせる、という嫌がらせはよく見られる。
WG内ではFF判定が無効化されるが、これを利用して体当たりで航空機をひっくり返すという嫌がらせも横行している。ひっくり返されると自分では起き上がることができず、リソースが無駄になってその後の数分間は航空機が出せず、他のプレイを余儀なくされる。
このハラスメント行為は殺されたわけじゃないので誰が仕掛けたか特定するのも難しく、キルログも残らないので通報もできない。航空機は素早いのでぶつかって即逃げられるとわからなくなる。やられた方は非常に腹立たしくストレスの溜まるハラスメントだ。
これらの行為にもペナルティはまったくない。やられたほうだけが損をする。

他人に行動を制限される行為は殺されることはなくても、とても不愉快に感じる行為だ。
これが敵方から行われることであれば戦略であり、感心したり対策したりできる。だが、今回記したようなことは、「味方から」やられるのだ。
こうしたことが繰り返されれば、味方を信じることはできなくなる。もちろんこんなことをするのは少数の人間だが、だからこそそうした行為は目立つし印象に残る。やられる度に「またか」と溜め息をついてしまう。


■PlanetSide2 の建築問題

最近導入されたANTと建築に関しても味方による嫌がらせは絶えない。

最近導入されたANTの建築物。これは複数人で運用することが前提となっている。ソロプレイヤーは最初から考慮されていない。
昆虫の蟻を模したシステムなので、集団での運用が推奨されるのは理解できる。だが問題は、それを強要してくるプレイヤーがいるという点だ。

建築物は味方にも破壊することができる。そのため、自分が気に入らない場所に設置された、自分が気に入らない形で建築されたなどの理由から味方の建築物を破壊するプレイヤーがいる。

数十分を費やして建てたものを敵に壊されるのも悔しいが、あろうことか味方に壊されたとなると虚しさすら感じる。

鉱石の横取り (ストーカーのようについてきてはわずかな量でも横から吸い取る) という地味ぃ~な嫌がらせもある。ANTの動きを理解していない初心者の可能性もないこともないが、課金要素の Camo でばっちり装飾した車両でそれはないだろう。
これは実害は少ないものの、ストレスに感じることには変わりはない。


■PlanetSide2 のガンナー問題

PlanetSide2 の Vehicle には2番席、3番席がついているものもあり、うまく運用するとそれに見合った圧倒的な攻撃力が引き出せる。
しかし現在の仕様では、システムとしてガンナーが用意されない。個人で勝手に野良なりフレンドなりアウトフィットなりからガンナーを呼び寄せなければならない。

野良の分隊から募集しても来ることはまずないので、人が集まるところでひたすら「I need gunner」と叫び続けなくてはいけない。そうしてやっと確保したガンナーも一度撃墜されるといなくなるし、撃墜されなくても気が付くと勝手にどこかへ行く始末。
せっかくリソースの続く限り好きなだけ Vehicle に乗れるシステムなのに、これでは意味がない。

フレンドやアウトフィットを利用するという仕様は、ウィークエンドゲーマーには敷居が高い。毎日のようにログインしていればそれなりに知り合いもできるかもしれないが、「たまにインしてLibで爆撃するぞー」という日曜ゲーマーではガンナーを確保できない。

フレンドなりアウトフィットなりができたとしても、相手がいつもガンナーをしてくれるとは限らない。「今日は他のことするからごめんね」と言われたらそれっきりだ。

筆者はコミュニケーションを面倒に思うタイプだが、そうしたプレイヤーもガンナー不足に悩まされる。始めたばかりで知り合いのいない初心者も同様だ。これでは練習すらできない。
コミュ障だからひとりでネトゲしてるのに、そのネトゲの中でコミュ強優遇とかひどくない?せめて緩和策ほしくない?

逆に、自分がガンナーとしてプレイする場合にも悩みは尽きない。ロックされて乗り込めないようにされたり、せっかく乗り込んでも追い出されたりする。ひどい時には暴言を吐き捨てられることもある。
これが何度か繰り返されれば、ほとんどのプレイヤーは野良ガンナーをしようとは思わなくなる。こうしてますますガンナー不足は加速する。


大型航空機などは巡航中にも味方が自由にデプロイできるという仕様があるが、現在のガンナー不足を見る限り全Vehicleに適用してもいいくらいだろう。
今までのゲームバランスは壊れるが、元々お祭りゲームなんだから大した問題じゃない。用意されている乗り物を一部の人間しか堪能できないということのほうがよほど問題だろう。

キューによる予約システムのようなことも考えられる。ガンナー募集とガンナー希望がそれぞれ予約を入れてマッチングする、というシステムだ。
これならゲームバランスを壊すことなく実装できるように思える。

これらの複数人搭乗機体の装備を確保するには比較的大量の Certs が必要になるが、せっかく費やしても誰も乗ってこずに無駄になる。これでは張り合いがない。


文中でも書いたが、これらの嫌がらせをする人は一部である。しかし決してゼロになることもないだろう。PlanetSide2 を続ける限り、これらのプレイヤーとなんとかやっていかなくてはならない。

そしてガンナー問題についてはどうしようもない。筆者は乗り物が好きなので暇さえあれば乗っていたいのだけど、こればかりはどうにもならなかった。
ソロVehicle ばかりだとどうしても飽きる。

以上の理由が楽しさを上回ったので、PlanetSide2 で遊ぶのをやめた。
しばらくは対戦形式のゲームは離れてハクスラでもやるつもり。とりあえず Path of Exile やってみる。

関連記事

テーマ : ゲーム
ジャンル : ゲーム

ブログ内検索
カスタム検索
プロフィール

兼業農家ツベル

Author:兼業農家ツベル
PC(パソコン)ときどきゲーム。ニュースも少々。

平成28年熊本地震に被災しました。今は元気です。

最近自分がアスペルガー症候群(AS)の特性が強いことがわかりました。

更新通知用:@tbrcln

カテゴリー
スポンサードリンク
●Amazonクーポン
「Amazonクーポン」のページにて、期間限定でAmazonのクーポン券がもらえます。
お買物前にチェックするとお得です。
タグクラウド

author by SUH
お知らせ
『.imtp.tachikawa.mopera.net』を含むhost、NTT docomoの提供する「mopera U」の環境からはアクセスできません。

野良黒 FC2を狙った迷惑なコメントが増殖中
スポンサードリンク
Amazonの検索が楽になるリンク
●【まとめ】 Amazonのバーゲン・セール・お買い得情報まとめ

●Amazonの「あわせ買い対象商品 」だけを検索する方法

●Amazonから「予約注文商品」だけを検索するためのリンク一覧
最近の記事
Archives
掲示板
FC2カウンター
リンク
RSSフィード