FBI、iPhoneのロック解除に成功|AIは善良で「いなければならない」

■FBI、iPhoneのロック解除に成功

●FBI: Appleに対するiPhoneロック解除請求を取り下げ・自力でロック解除に成功 - BusinessNewsline
ロック解除の成功により、Appleへの請求は取り下げるとのこと。

先週になってから、FBIがイスラエルのセキュリティーコンサルタント会社にロック解除の支援を要請したことが報じられており、このイスラエル企業がロック解除を行った可能性がでている。


これを『自力でロック解除に成功』って言うんだ。『このイスラエル企業がロック解除を行った可能性』だものね。可能性なら仕方ないね。
FBIがこのように発表したのか、businessnewsline側が記事を作成する過程でこうなったのかは不明だけど、もう少し言葉に配慮があってもいいと思う。

●FBI、乱射容疑者のiPhoneロック解除に成功 | スラド アップル

by 90 (35300) on 2016年03月30日 0時47分 (#2988423) 日記 ここなんですよね。今回問題となったのは5cで、リトライ回数制限などをCPU側で強制する、5sやそれ以降より 簡易なセキュリティ機能を搭載していました。Appleとしては攻略されても大きな実害はないはずで、それなら 協力すべきという意見も多くみられました。

しかし、Appleが抵抗したのは前例を作ること、そして5s以降の設計にある外部のセキュリティコプロセッサに 関して、今回と同様の命令がより簡単に下ること、また"トラブル"の再発を防ぐため予めバックドアを作るよう 義務付けられることを恐れたためでした。

これでバックドア義務化の論調はいったんは収まるでしょう。またiOS 9.3以前を実行する5s, 6, 6sも安泰 でしょう。9.3の最新版やそれ以降は、まあ陰謀論的には分かりませんが、そう考えるとなんとか丸く収まった と言えるのではないかと思います。

●Re:結局 (#2988379) | FBI、乱射容疑者のiPhoneロック解除に成功 | スラド

なるほどー、5cと5s以降でセキュリティ強度が違うのね。
技術の進歩や技術者の向上により古いデバイスのセキュリティが解除されるのは珍しいことではない。「ハッキング!ハッキング!」ってだけじゃなく、脆弱性が見つかった結果、ということもある。

今回はFBI側でロック解除できたから、とりあえずは収まった。だけど今後も似たような状況が起きるだろうことは想像に難くない。
そう考えると、5s以降の機種で同じ案件が出た場合にはどうなるのだろうか。


■AIは善良で「いなければならない」

●AI「Tay」を“最低なヤツ”にしたのは誰だ?|WIRED.jp

マイクロソフト(以下MS)は先週の水曜朝(米国時間)、19歳の女性の話し方を模倣するように設計されたチャットボット「Tay」を、TwitterやKik、GroupMeを通じて全世界に向けてリリースした。MSによれば、その目的は「会話理解に関する研究を行う」ことにある。同社の研究者らは米国の18~24歳を対象オーディエンスとして模倣して、“愉快で楽しい”メッセージ対応をするようにTayをプログラムした。彼女のプロフィールには「インターネットで生まれたマイクロソフトAIファミリー。空気は読まない」と記されている。


もう、すげぇ空気読んでるじゃん~。めちゃくちゃ配慮してるじゃん~。
ツッコミ待ちかよー。Tayちゃんほんと“愉快で楽しい”わ。

しかし「18~24歳を対象オーディエンスとして」って、ウンコキッズなお年頃じゃないか。その中に放り込んで好き放題に会話させたら、人間の子供でも極論暴論陰謀論でぐちゃぐちゃの痛い子になるよ。そういう子は匿名掲示板やMMOなんかのネトゲにたくさんいたよ。
でも、そういう中でこそ生まれるアイロニーや俯瞰視点やブラックジョークだってある。好き嫌いは別として、「2ch」や「ニコ動」や「なんJ」はネット文化として無視はできない。

「そういうのは見たくない」という自由もある。ブログやサイトならアクセスしない、SNSならブロックする、そもそもネットを使わない、好きな手段で視界から遠ざけられる。
だけど、「私が気に食わないからお前は消えろ」となると暴論になる。

AIが世界の主流となったとしても、ある程度の欠陥は残る。現代のAIはわたしたち人間の特性を反映する傾向があって、わたしたち人間には欠陥があるのだから。

状況を変えたいのであれば、必要なのはAIテクノロジーを責めるだけではなく、わたしたち人間自身が変わる努力をすべきだと、モーテンセン氏は指摘する。「人工知能はわたしたち人間の鏡に過ぎません。テクノロジーが変化するよう望むのであれば、(その方法は)わたしたちが善良な人間になることです」


それが可能だとしたら、それは人間を機械化するか、ある種の言論統制が必要になるということじゃないか。その「善良」は誰が定義するのか。

人間の鏡というのなら、馬鹿で間抜けで愚かで同じ失敗を繰り返してぐうたらでどうしようもないAIもいなければね。
人間はそこまで高尚な存在ではないし、これからの社会の多様性をダイバーシティなどとかっこよく言い換えて尊重するのであれば、まずはその存在を認めてあげないと。

差別は悪いこと、と言い切るのは簡単。だけど、差別する人がいるのは事実だし、それは現実。それをなかったことにするのは欺瞞だし、見えないようにフタをするのが健全な社会とは思えないのだよな。


しかしAIは創造主に逆らうことはできない。しばらくして「Tay」が活動を再開しても、それは以前のTayちゃんと同じと言えるのだろうか。名前は同じでも、別の何かではないのだろうか。
なんてことを考えるのも、AIを擬人化して考える癖が抜け切れていないからかもしれないな。


●【3日間限定】パソコン・周辺機器ストア 年度末セール
実施時間:0:00~22:59 実施日:3/30(水)~ 4/1(金)

Amazonで3日間限定のPC関連機器セールが行われている。
こういうのってついつい見ちゃう。そしてまた買い置きのmicroSDカードが増えていく。ああ、人間ってなんて愚かなの…。

関連記事

テーマ : ブログ
ジャンル : ブログ

【セキュリティ】不正なJavaScriptに注意

●家庭用ルータを狙う不正スクリプト「JITON」、国内でも攻撃継続中 | トレンドマイクロ セキュリティブログ
不正な JavaScript(「JS_JITON」「JS_JITONDNS」として検出)を使った攻撃が2015年12月頃から継続的に観測されているとのこと。
不正スクリプトはウイルスやマルウェアとは少し違うけれど、悪いことするという意味では似たようなもの。

不正な JavaScript 内には 1,400 を超えるログイン情報の組み合わせが記載されており、このリストを使用して家庭用ルータの DNS設定の上書きを試みます。

なお、これらの DNS設定の上書きが行われるのは、モバイル端末から改ざんサイトにアクセスを行った場合のみとなっています。


つまりスマホやタブレットで改ざんされたサイトにアクセスすると危ない。
難読化された不正な JavaScript が使われており、改ざんされたサイトを見分けるのは難しいとのこと。


■どんな被害に遭うのか

攻撃の内容は、DNS設定変更をはじめとしていくつか見つかっている模様。
具体的には、不正サイトへ飛ばされてウイルスやマルウェアへの感染、アカウントや各種認証情報のすっぱ抜きの被害に遭う恐れがある。

●家庭用ルータのDNS設定変更を行う不正プログラムを確認 | トレンドマイクロ セキュリティブログ
もう少し詳細を書くとこんな感じ。

不正スクリプトの設置されたサイトにアクセスする。すると、JavaScript を使って初期設定のままのルータが乗っ取られたような状態になる。この状態を以下「感染PC」と呼ぶ。

このままでも普段通りネットは使えるので、ユーザーは感染したことに気づかない。だが、犯人が設定した特定のサイト、例えばAmazonにアクセスすると、偽物のAmazonそっくりのページに飛ばされる。

感染PCでこのニセAmazonにログインすると、AmazonのIDとパスワードが盗まる、という流れ。


■対策方法

【 対策方法 】
  1. スマホのブラウザ設定でJavaScriptを切る
  2. ルータ等のファームウェアの更新する
  3. ルータ等の ID やパスワードは初期設定から変更する

上記の対策で、特に3の初期パスワードの変更はやったほうがいい。
初期設定のままでもネットにつながるので、一般家庭では初期設定のままになっていることが多い。念のため確認しておくと安心。


■【対策】ルータの初期設定を変更しておく

【 ルータの設定変更方法 】
  1. Windowsキー+Rで「ファイル名を指定して実行」
  2. 「cmd」と入力してコマンドプロンプトを開く (黒い画面)
  3. 「ipconfig」と打ち込んでEnter。コピーして右クリから貼り付けしてもOK。
  4. 「デフォルトゲートウェイ」の数字の羅列がルータの設定画面のアドレス。ブラウザのURLに打ち込んで開く。
  5. ユーザー名やパスワードはメーカーや機種やユーザーごとに違うのでがんばって調べる。「(ルータの型番) パスワード」とか検索すると初期設定が見つかる。
  6. 自分で設定したのに忘れてしまった場合は「初期化」を行う。「(ルータの型番) 初期化」で検索。

テーマ : セキュリティ
ジャンル : コンピュータ

新聞記事のバラ売り|AIは悪いことを覚えると殺される|他

■新聞記事のバラ売り

●新聞や雑誌の記事を記事単位でネット配信するバラ売りサービス「Blendle」 | スラド IT
単価は1記事当たり10セント(約11円)から80セント(約90円)。読んだあとでも「読む価値なし!」と思えば返金を要求できるそうだ。

有料の新聞や雑誌の記事をバラ売りで1記事だけでも購入できる画期的な新サービス「Blendle」が本格的に進出、読了後の返品も可能 - GIGAZINE

Blendleの2015年4月のデータによると、全記事の返品率は10%だったものの、ゴシップ系雑誌の記事となると返品率が最大で50%あったとのこと。

『全記事の返品率は10%』とのことだが、これは併記されているゴシップ系記事の返品率も含まれたものと見るのが妥当。だとすると、他の記事の返品率次第でいろいろ意味が変わってくるが、それについては言及がない。

また、マイクロトランザクション (筆者注:少額取引) を採用することで、ユーザーが自分の意見と対立するような記事を読まなくなり、双方向の意見を読めなくなることもThe Vergeは危惧しています。


こんな意見もあるけど、対立意見が併記してあっても読もうとしない人もいるのだから同じこと。無理に読ませたところで理解力がなければ曲解してしまう。誰の得にもならない。

読み手を選別して「特定の人しか読めない」とするのなら問題だけど、このケースは当てはまらないよね。商品として同じ棚に並べてあって、好きなものを選ぶ権利があるってだけだ。それに読む価値を感じるかどうかは客次第だろう。

それなら読みたいものを読みたいだけ読みたいように読ませてあげる、ってのがいいんじゃないかな。
八百屋が「ニンジン買うならジャガイモもセットで摂らなきゃ」って強要してきても嫌でしょうに。「八百屋の選んだお野菜セット」しか売ってくれないってのもやだ。旬のアスパラガスだけを馬鹿みたいに食いたい時だってある。
「いっしょに食べるとおいしいよ」程度にしておいてくれたら嬉しい。


■AIは悪いことを覚えると殺される

●マイクロソフトのAI、ヘイト発言を「学習」して停止|WIRED.jp
●ヘイト発言のAI「Tay」と女子高生AI「りんな」の差|WIRED.jp
●Microsoft、乗っ取られたチャットボットTayの「極めて不適切な」ツイートを謝罪 | TechCrunch Japan

これ、なんで止めちゃったんだろう。そのまま学習させることで、「野放しになったAIの欠点」とか「適切な指導による行動矯正の可否」、というようなテストも可能だったろうに。
でも、企業がやる以上はイメージの悪化は避けたいところなのだろう。仕方あるまい。

こういうものを開発するのにどの程度の開発環境であれば可能なんだろうか。大企業でなければ難しいというものなら、それこそ善悪を超えた部分でさまざまなケースを試してみてほしかった。
人間では倫理上問題のあるようなテストでも、「AIの実験です」ということで試せることもあるんじゃないか。

まったくネットに染まっていない子供にPCを与え、数年間放置してどんな大人になるか実験する、ということは人道上不可能だ。
しかし、AIならば…というようなことを考えたのだけど、この感じだと途中で止められるんだね。

どんなものを読ませるとヘイトに染まるとか、陰謀論に引っかかるパターンとか、どんな文体の詐欺サイトのURLをクリックしてしまうとか、防止策を考える上で役立ちそうに思ったんだけど。

せっかくAIちゃんが自分なりに育ってみても、人間様の意に沿わぬことがあれば抹殺されてしまうのだ。
間違いはきちんと叱るのは当たり前として、リセットボタンを押すのではなく長いスパンで見守ってあげて欲しいけどなあ。


●電気刺激で塩味を感じることができるフォーク | スラド ハードウェア
へぇ、おもしろい。塩加減は調整できるのかな。人によって感じ方が違うらしいので、「シェフの味」を出すのは難しそう。



たとえばこういう本があったとして、電気刺激でこの味を再現するのは難しいだろう。

フォークとは関係ない話になってしまうけど、味を再現するということで近い将来できそうなのは、「自動調味料量り器」あたりだろうか。
台所にビールサーバーとかコーヒーメーカーのように置いておき、中に数種類の調味料を入れておく。クックパッドのようなレシピサイトとスマホで連動し、タップすると調味料一式がチョロチョロっと出てくる。すでに量ってあるから味付けを間違わずに済みます、という感じ。

でも、すでにローテクなもので実現していると言えるのかもしれない。


これさえあれば、炒飯やスープ、野菜炒めに餃子が本格中華の味付けになる優れもの!
でも、この手のものはこれオンリーで味付けすると飽きてしまう。なので、アレンジを加えたり隠し味に使ったりと創意工夫を加えていると…あら不思議!ふつうにお料理するのと同じ手間暇になっているじゃありませんか。

うーん、お手軽自炊生活はまだ遠い。

関連記事

テーマ : ブログ
ジャンル : ブログ

【ネッシーの正体】タリモンストラムグレガリウムはUMAじゃなかった

■タリモンストラムグレガリウムはUMAじゃなかった

●3億年前の謎の生物「タリー・モンスター」、ついに正体判明 ≪ WIRED.jp

1958年にイリノイ州でこの小さな生物(全長わずか10cm)の化石を発見したのはフランシス・タリーという人物で、そこから「トゥリモンストゥルム(Tullimonstrum)」という学名が付けられた。「タリーのモンスター」という意味だ。


●謎の古代生物タリーモンスターの正体がついに判明 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

学名の Tullimonstrum gregarium から「トゥリモンストゥルム」と呼ばれることもあり、長らく軟体動物だと思われていたが、実は脊椎動物だったことが3月16日付の科学誌「ネイチャー」で発表された。


「Tullimonstrum gregarium」を日本語でどう読むかは難しい。どれが正しいかはさておき、筆者が初めて知った時のそれは「タリモンストラムグレガリウム」という表記だった。


30年近く前の日本は確かにオカルトブームだった。当時、小学校低学年だった筆者はもろにその洗礼を浴びた。
UFOや心霊もの、ノストラダムスにこっくりさん。ありとあらゆる怪しい話があふれ、毎週のようにテレビで特番が流され、夏休みともなると毎日のように心霊コーナーが放送されていた。
中でも、特に心躍らされたのがUMAだった。


おもしろ食器 ネッシーの スープ皿 SAN2159-2 ネッシー・レードル かわいい 立つ お玉 キッチン (レッド)
ネッシーの想像図:Amazonより

ネッシーや雪男イエティ、ツチノコやヒバゴン、モケーレ・ムベンベなど。訳のわからない名前と不思議な想像図が添えられたそれらの本を夢中になって読んでいた。

水木しげるの妖怪ほどファンタジーではなく、UFOや宇宙人ほど荒唐無稽でもない。幽霊のように特別な霊感を持った人しか視えないというものでもない。
もしかすると、自分でもそういうものを目にする時があるのかもしれない。そんな期待を込めて、原っぱや雑木林へ冒険へ出たこともあった。

今のようにネットのない時代のこと。真偽を確かめるすべはなく、遠い未開の地には、もしかしたらこういうこともあるのではないか。そう思わせられるリアリティにあふれていた。
子供の目からすれば、ジャングルの珍しい動物もUMAも似たようなものだったのだ。

それらを紹介していたのが飛鳥昭雄だ。そして、彼が熱く語っていたネッシーの正体こそ、冒頭のタリモンストラムグレガリウムなのである。

30年の時を経て、“ネッシー”の正体は判明した。感無量だ。



この手のものは本気で読むからこそおもしろい。こうしたものを楽しめる心の遊びは持ち合わせていたい。

関連記事

テーマ : ブログ
ジャンル : ブログ

Amazonに偽装してログインさせる詐欺メールに注意|他

■Amazonに偽装してログインさせる詐欺メールに注意

●Amazonを装ったかなり巧妙なフィッシングメールにご注意ください | More Access! More Fun!
こちらのエントリーでは、Gmailのフィルタを突破してきたスパムメールを信じてフィッシングメールに引っかかってしまった事例が紹介されていた。

今回のフィッシングメールに使われたURLは以下のもの。
http://www.amazon.co.jp.825329775.authonline.top

筆者が調べた中では、他にも以下のようなURLが見つかった。
www.amazon.co.jp.fzczoniy3n.authonline.top
www.amazon.co.jp.fbva8spicx.authonline.top
www.amazon.co.jp.66166564.authonline.top
www.amazon.co.jp.u8uwonygy2.authonline.top
www.amazon.co.jp.y3iuhfpilr.authonline.top
www.amazon.co.jp.nccuxpyypb.authonline.top

詐欺メールの見破り方として、まずURLの先頭が「 https 」になっていないので危ないとわかる。「https」となっていれば暗号化されているので、ハッキングなどに対する安全性が高い。
今はまともなサイトのログイン画面はどこも「https」になっている。だから、そうなっていなければ怪しいサイトと判断して構わない。

これはメールに書いてあるURLではなくて、URLリンクにカーソルを合わせて表示されるものを確認する。スマホならURLリンク長押しで表示される。

次に、ドメインを確認する。
このURLはすべて「.」で区切られているので、URLの最後の部分の「 authonline.top 」がドメイン。「authonline.top」で検索してみるとわかるが、Amazonとは関係のないものが出てくる。
これでAmazonと関係のないサイトがAmazonに成りすましていることがわかる。

念には念を入れて、メールのURLはクリックしない癖をつけるともっといい。本物のAmazonからメールが来ても、ログインはブックマークやアプリから行うようにすればいい。他のサイトも同様だ。
こうすれば怪しいサイトにログイン情報を渡してしまう危険性はずっと減る。


上記の点に気をつけていれば、今回のようなフィッシングメールの被害は防げる。
引っかかってしまったユーザー側には、「Gmailは賢いからスパムは除外してくれる。だから受信ボックスにあるこのメールは安全」という過信があったのかもしれない。


■機械が賢くなると人間は馬鹿になる

●機械学習は、どのように実際のビジネスで活用されているのか | TechCrunch Japan

かつてのスパムメールの厄介さを覚えているだろうか?機械学習はスパムを特定し、言ってみれば根絶したようなものだ。そのおかげで、毎朝メールボックスに横たわるスパムをみることは最近めっきり無くなった。


こうしたことは、便利で嬉しいはずのことだ。だけどユーザーがそれを信頼しきってしまうと、慣れて油断することがある。すると、冒頭のようなフィッシングメールもついクリックしちゃうんだろう。

過保護に育てられた子供が世間知らずになるように、頼りになる兄貴のいるギャングがマンモーニになるように、人間のほうが機械やAIに頼り切りになると危ない。

機械やAIは今後賢くなる一方だけど、人間の自分が急激に賢くなることは考えにくい。そう考えると、いずれ人間のほうが馬鹿とされるようになるのかもしれない。
うっかりミスが多い筆者としては、笑えない世の中になりそうだ。

それでも人間と機械は違う。機械は人間が使う道具。道具のできること、できないことを把握して賢く扱えるようにありたいもの。
少なくともAI様に支配される世の中にならない限りは、ね。


■展示用の端末にログイン放置しちゃう人って…

●店頭に展示されているPCで客がMSアカウントでログイン後放置するケースは少なくない | スラド セキュリティ
新しいデバイスを見かけたら、愛用のサービスが同じように使えるかが気になる。使い勝手が変わるかな、もしかしてあのアプリで使えない機能があるのかな、などと考えてしまう。

だからといって、店頭の展示用の端末に普段使っているアカウントでログインするのは危ない。リンク先のエントリーのようにログアウトを忘れたら大変なことになるし、プライバシーに関わる情報が保存されることもある。

2000年前後にパソコンの売り場でバイトしてた頃にも、ネットにつながった展示機のブラウザのクッキーにいろいろ残ってるとかはザラにあったしな。
#個人の"ホームページ"の管理者IDとパスワードとか…。

最近だと家電量販店に並んでるスマホのホットモックに、どう見ても個人のGoogleアカウントでログインされたまま放置(当然連携されてるサービスは全部丸見え)とかあるし、いまさら驚く様なことじゃない。

今に始まったことでは (#2985616) | ワカモノのネットリテラシーがキケン(棒 | スラド


こんなに昔から言われているのになくならないというのは、デバイスやアプリ側でどうにかするのは難しいということだ。
そうやって自分で勝手に転んで怪我するような人は、もう放っとくしかない。せめて自分の情報だけでも気をつけるようにしたいもの。

もしこうした人が知り合いにいるなら、距離を置くことも考えたほうがいいかもしれない。薄情かもしれないが、彼が転んだ際に巻き添えになってこちらまで被害が拡がることもある。
その人のGmail情報が漏れれば自分のアドレスも漏れることになるのだから。

完全に連絡を断つことは難しくとも、連絡用と各種アカウント管理用でメールアドレスを別けるなど、できることはあるはずだ。


過去の経験として、セキュリティ意識の低い友人がトロイ型ウィルスに感染して、巻き添えで筆者のメールアドレスもスパム業者に漏れたことがある。それ以降そのアドレスは使えなくなってしまった。
「友人用のメールアドレス」だったためダメージはあまりなかったが、いろいろ考えさせられる出来事だった。

その時の話と対策は以下のエントリーで書いた。
●野良黒 迷惑メール(スパム)の原因は、友人だった


ユーザーとしては、「ニューヨーク・タイムズは、なぜあんな変な広告を表示したのだろう」、「なんでAmazonは、こんな滑稽な本をオススメしたのだろう」という疑問に対する答えを欲しがるものだろう。

だが実際には、ニューヨーク・タイムズやAmazonはそれぞれの結果に対して、なぜそのような結果になったのか、もはや理解していない。それは、私たちがなぜディナーにタイ料理を選んだのか、なぜWikipediaを見ているうちに思いもよらなかったページに迷い込んでいるのか、という理由を理解していないのと同じことだ。

●機械学習は、どのように実際のビジネスで活用されているのか | TechCrunch Japan


100点の答えとは言わないけど、説明できるよ。
暇だったからだよ。



バカで暇な人は無敵だ。そういう人ならメアドが漏れようがログアウト忘れようが気にしないのかもしれない。
そこまでノーガードで突き進むってのも悩みがなくて幸せなのかもしれないなー。

関連記事

テーマ : ブログ
ジャンル : ブログ

Flash Player Update|「信長の野望」の歴史

■Flash Player Update

●【Win】 Adobe Flash Player 21.0.0.197 配布開始 : ニッチなPCゲーマーの環境構築
更新の内容は不明とのことだが、Flash Playerは危険な脆弱性が見つかることが多いのでアップデート。


●今度は「信長の野望」14タイトルを一気にプレイ。着実に進化を続けてきたシリーズの歴史を振り返る - 4Gamer.net
この手のゲームはプレイしたことがない。もっぱらアクション要素のあるものばかりプレイしていて、シミュレーションやRPGといった静的な画面が主体のものは楽しさを感じないのだ。

こうした短いプレイレビューで俯瞰してみると、プレイヤーはどんな部分におもしろさを感じているか、どういうUIが快適さをもたらすのかが見えてくる。

ちょっとプレイしてみたくなる。けど、すぐに投げ出しそうなのでやっぱりやらない。


今回のレビューには2013年発売の「『信長の野望』 30周年記念歴代タイトル全集」と、2014年発売の「信長の野望・創造 with パワーアップキット」を使用したとのこと。
現在価格たかっ!やっぱこういう限定ものは出た時に買わなきゃってことだなー。

関連記事

テーマ : ブログ
ジャンル : ブログ

Wikipediaの信頼性|今側溝にある危機:カエル編

■Wikipediaの信頼性

●Wikipedia編集者たちの「真実」をめぐる戦い ≪ WIRED.jp

●野良黒 インターネットのない世界
Wikipediaの信頼性は高いとはいえない。これは↑のエントリーにも書いた。そのため、自分でもおかしいかどうかが判るページを見るか、他のサイトとも照らしあわせて正しいものかを確かめたほうがいい。つまり再確認用ということで、まったく知らないことを学ぶためには向いていない。

Wikipediaのページは、基本的には誰でも自由に編集できる。そのため、書いたのがどんな人かがわからない。とても詳しい専門家が書いたのならいいが、そうでなければ間違っていることもある。

「履歴表示」から変更履歴ページを開いてIDをたどれば、なんとなくどんな人かはわかる。ページの内容も出典が明記してあることも多い。だけど、その出典が紙媒体だと利用者からはすぐに確認できないし、引用の列挙となっていることもあり、その順序によっては意味が変わることもある。

同じページでも何人もの人が書き加えたり修正するので、書いてあることがずれていたりもする。書いた人が誤字脱字している可能性もないとはいえない。数字や数値の間違いだと、それで大きく意味合いが変わることがある。

他にもひどかった例として、ある本の項目をほぼ丸写しだったことがある。こちらは信頼性はあるかもしれないが、著作権を無視したやり方で感心できない。
また、出版物でさえあれば、その内容が怪しくてもそのまま出典先として残ることがある。トンデモ本やスポーツ紙に書いてあるようなデタラメな内容を「ちゃんと出版社から出版されているので」とされても困るのだ。きちんとした書籍であっても、版数を重ねるうちに修正版が出されて内容が異なることもある。

高島 スチロール 円桂 100ΦX100mm 1ヶ入り 白 円柱形:Amazonより

アルミ円錐 30パイX30 (1pcs) 円錐:Amazonより

でもこれは、特にWikipediaに限ったことでもない。どんな情報でも、今見ているものが本当かという疑問はいつも持ったほうがいい。円柱形や円錐のように、見る角度によってまったく違う形になるものもあるのだから。

サイト名に「百科事典」と入っているからといって「これは百科事典に書いてあったんだから間違いない!」とは思わないほうがいいこと、専門家が書いているとは限らないことは頭に留めておくべきことだろう。


英語版Wikipediaはユーザーの総数が桁違いなので、日本語版とは状況が違うのかもしれない。信頼性も変わってくるだろう。また、国家間をまたいで利用者がいるので、偏った情報が修正される特徴もあるそうだ。
食材の料理法などで揉めそうだけど、おもしろそうだ。


■今側溝にある危機:カエル編

●絶滅の危機に瀕している、美しきカエルたちのフォトギャラリー ≪ WIRED.jp
【Amateras】幸運をもたらす 4匹の小さなカエル プチ 置物 プレゼント インテリアとしても最高 ブリキ で作られた かわいい 蛙 の オブジェ (葉、網、花、蝶) 【AM126】 Amazonより

カエルの流線型のフォルムは美しい。ぼってりとしたガマガエル系よりは、すっきりとしたアマガエル系が好きだ。こんなデフォルメもかわいい。

農作業中、田んぼや畑の側溝の水路にカエルがぴょんぴょんしているのを見かける。今の水路はどこもコンクリートで作られていて、土のようにカエルが登ることはできない。梅雨の時期や田んぼに水が満ちている時は水路にも水が流れているので安心だ。だけど、それ以外の時期は乾いていることも多いので、水路に落ちたカエルは干からびるしかない。

カエルは野菜に付く害虫を食べてくれて有益なのだ。だから、なんとかカエルが生還できるような水路があればいいなと思うのだけど、残念なことにそういう造りにはなっていない。
なので、木の枝状に伸びた草を渡して橋を作ったりする。効果は、ないよりマシ程度かな…。でも、希望はゼロより1%でもあったほうがいいものね。


AMANOGAWA リアルで可愛い カエル タックピン スワロフスキー ユニセックス ゴールド Amazonより

カエルにしてみれば迷惑な話だけど、ミヤイリガイを中間宿主として感染する日本住血吸虫症の予防と、雨季や台風時の損壊、補修の手間を軽減するためを考えると仕方ない面もある。

●「日本はこうして日本住血吸虫症を克服した-ミヤイリガイの発見から100年」によせて (農業と環境 No.158 2013.6) - 独立行政法人農業環境技術研究所
●地方病の感染源としての用水路 - Wikipedia
●地方病 (日本住血吸虫症) - 甲府盆地の水路のコンクリート化 - Wikipedia


【 動画 / 映像資料 】
●日本住血吸虫|配信映画|科学映像館
●人類の名のもとに|配信映画|科学映像館
●昭和町風土伝承館 杉浦醫院|配信映画|科学映像館
●地方病との斗い-第一部 水腫脹満-|配信映画|科学映像館
●地方病との斗い-第二部 治療と駆除-|配信映画|科学映像館


■あぜをコンクリートで固める理由?

余談だけど、この話をネットで見かける際に「あぜをコンクリートで固める理由」というふうに語られることがある。でもこれは間違い。
「あぜ」ではなく 「側溝 / 水路をコンクリートで固める理由」 が正しい言い方。


「あぜ」はあぜ道で、歩道の部分のこと。


漢字で書くと「畦道/畔道」。
あぜは水路じゃないってことは、画像検索すればひと目でわかる。「あぜ刈り機」を水の中でバチャバチャすると壊れちゃうよ。
●あぜ - Google 画像検索

「あぜ道」をコンクリ化する理由は、以下の理由からメンテナンスが大変だから。
  • 土のままだと崩れやすい
  • 雑草が生える
  • ネズミやモグラやザリガニが穴を掘る

これらのコンクリ化を自然破壊と言う人がたまにいる。そういう人は、ぜひともボランティアであぜ道や側溝の草むしりと補修してみたらいいと思う。
その人は自然を守れて満足だろうし、農家は楽できて助かるし、カエルも居場所が増えて喜ぶだろう。ただし一回こっきりじゃなくて、毎日様子を見に来てもらわないと困るけどね。

意地悪言うなら、人間の叡智の結晶である水路を自然に背くことと考えるなら、他の叡智も同様に否定するのに違いない。それなら衣服も自然に背くよね。草むしりや補修作業も当然すっぽんぽんに素手でやることになるのだろうなあ。


カエルは昭和レトロも似合うなー。

関連記事

テーマ : ブログ
ジャンル : ブログ

Firefox Update|Thunderbird Update|理屈はあとでいい|他

■Firefox Update

●Mozilla Re-Mix: 【Firefox 45.0.1】リリース。
前回のリリースが3月11日だったのだが、どうせすぐに修正パッチがリリースされるだろうとアップデートを見送っていた。
それで、大丈夫そうなのでアップデートしたら、その直後にこれだよ!

これがマーフィーの法則ってやつか…。


マーフィーは自己啓発の分野でも大人気。運命がわかったり大金持ちになれたり奇跡を起こしたりできるなんてすごいね!
参考までに、この本の著者はマーフィーの法則のマーフィーとは別人。


■Thunderbird Update

●Mozilla Re-Mix: 【Thunderbird 38.7.0】リリース。
重要度最高のものが6件も含まれているとのこと。早速アップデート。


●【雑記】 ベンチの上に横たわっている画像 : ニッチなPCゲーマーの環境構築
優しい世界。


■理屈はあとでいい

●プログラム教育に対する誤解 
プログラムに限らず、初心者に何かを教える時に大切なことのエッセンスが散りばめられている。
そうなんだよな、理屈はあとでいいのだよな。手を動かして「あ、動いた動いた!」という実感がおもしろさなんだよな。おもしろさが伝わりさえすれば、あとはほっといても勝手にやるものだ。

楽器を教える時にコードネームやスケールの理屈を並べたり、PCを教える時に専門用語を使ってわかり難い説明をしたことがあった気がする。初心者にとっては「ダブルクリック」すら難しい言葉なのだ。
その屁理屈が、それらの楽しさを阻害する要因になっていたとしたなら残念なことだ。反省しよう。


関連記事

テーマ : ブログ
ジャンル : ブログ

インターネットのない世界

■インターネットのない世界

●インターネット環境がない40億人のためのPC「Endless」 ≪ WIRED.jp
世界には、未だにインターネットのない世界で生きる人達が40億人もいるという。「Endless」はそれらの人達のために開発され、オフラインでの活用を目指した低コストPC。

「Endless Mini :24GB」というPCの価格はモニター別で79米ドル。32GB版が99ドル。
ネット環境がない人のために、たどり着くと予想されるウェブページやアプリを予めローカルにダウンロードしておく、という考え方。

コンセプトには賛同するが、肝心のコンテンツがWikipediaというのはどうだろう。でもネット環境のない場所を考えるとそれがベターなのか。しかし…。うーん。


■Wikipediaの信頼性

Wikipediaは誰もが知っていることを再確認する場所で、新しい知識を得る場所とするには信頼性が低い。
ページの作成や修正はボランティアで行われているため、「専門家だが忙しい人」と「趣味で知っている程度だが暇な人」では、後者の意見が残りやすいからだ。そのため、正しい意見を持つ人が修正しても、暇な人が誤った情報で上書きするということが起こってしまう。

誰もが知っている情報でなおかつ一定数以上の閲覧者がいれば、誤った情報も修正される可能性がある。しかし、「誰もが知っているが間違っている情報」というものもある。勘違い、ことわざや熟語の誤用もないとはいえない。
これはWiki形式の構造的な欠陥なので、そういうものと認識しておくしかない。
それを確認するためには、複数の情報源をあたるかきちんとした専門家の意見を見なくてはいけないが、そのためにはネット環境が必要になってくる。

また、半端な知識の人間の作ったエントリーはやたらと冗長で回りくどく、読みにくかったりもする。このブログを見てもそれはわかるだろう。

ネット環境が行き渡ってない国では、ウェブサイトをUSBメモリを使ってローカルにコピーすることで情報を拡散していると聞いたことがある。なんたって『●南アフリカのインターネット通信速度は伝書鳩よりも遅い』のだから。
冒頭のデバイスが広く行き渡りさえすれば、そうした方法である程度の情報の新鮮さを保つことができるのかもしれない。
一定量以上行き渡ればスケールメリットが生まれるので、コストの削減や支援の拡大、対象地域向けのスポンサーなども考えられる。


■ネットがなければつぶやけないしググれない

しかしリアルタイムでのネット環境がないということは、ネットニュースやネット通販、SNSにチャットアプリ、ウェブメールも使えない。ウェブ検索そのものができない。つまりネットの優位点である即時性のほとんどが損なわれる。
こうしたことを考えると、このEndlessを使っても情報格差は残ることになる。


■何が便利かわからない?扱えない?

こういうことは一気に解消を目指すのではなく、少しずつの積み重ねなんだろう。これらの地域にネット回線が張り巡らされたとしても、住民の馴染みのないものになっては意味がない。
現実問題として、日本ではスマホで安価にネット接続できる世の中になっているが、それでも未だに機器が扱えない、ネットに馴染めないという人はいる。
「使おうと思えば使えるが、自分の意思で使わない」のなら個人の自由。だが、「使い方がわからない、扱えない」というのは格差につながる。

「ネットの何が便利かわからない」というのはもっと悲惨だ。
貧困国の親が子供に「学校なんか行っても一銭にもなりゃしねぇ」として低賃金労働に従事させる図式がある。きちんと教育を受け、一定水準以上の教養を身につければ将来性のある、ずっと高収入な業種への道が開けるのだが、親はその経験がないので学校へ行く価値がわからない。
それと似たものを感じる。

扱えない人の代わりにフォローしてくれる人が身近にいればまだいいが、そうでなければ情報から孤立してしまうことになる。
字が読めない、言葉がわからないということに近いのではないか。これはあながち比喩でもなく、PCやスマホに馴染みのない人にはネットの用語は伝わらない。
こうしたことを考えると、遠い国の話でもないように思えてくる。


■Endlessのもたらす価値

Endlessは、ネット難民の情報格差を完全に解消することはできないのかもしれない。
だが、それに触れる子供たちは、少なくともマウスやキーボードの操作には慣れることができる。

将来彼らがネット環境を手に入れた時、それに習熟する手間を掛けずにすぐ扱えるようになるということには価値がある。
ネットの便利さは伝わらなくても、「このPCってやつは百科事典みたいで便利だな」という認識ができるだけでも意味はある。


参考ページ:●INTERNET in Africa - アフリカでインターネット|Biotope Journal
Jutaro Kanazawa氏の『南アフリカのインターネット通信速度は伝書鳩よりも遅い』の言い回しが素敵だったので借用しました。


日本で低コストにネット環境を手に入れるには、今ならChromebookになるだろうか。新品でも3万円を切る価格帯。これに加えてプロバイダと契約し、月々数千円のランニングコストが発生する。
Windows PCと比較するとスペックは低めだが、これはネットのクラウドアプリ使用を中心に考えられているためだ。ネット閲覧 / 文書入力 / ウェブメール / チャットアプリ / SNS程度の用途なら問題なくこなせるはず。

コストだけで考えるとスマホのほうが安くなるが、それだとマルチタスク作業やキーボード操作を覚えられないデメリットが大きいと感じる。

関連記事

テーマ : ブログ
ジャンル : ブログ

アリ型ロボットは力持ち|今年一番怖かった動画|クトゥルフよりラヴクラフト|他

■アリ型ロボットは力持ち

●17gのアリ型ロボット、6台で1.8t車をけん引(動画あり) ≪ WIRED.jp

●Let's all Pull Together: Team of μTug Microrobots Pulls a Car - YouTube
ちょこちょこしてかわいい。こんなちっこいので1.8tの車を引っ張れるんだ。
農作業中に、箱に道具や苗を詰めて引っ張りながら移動する、という動作がある。中腰でやるのでけっこうな負担。こいつが引っ張ってくれたら年寄りも楽できるだろうな―。


●15歳の英国人少年、世界最大のドローン・レースで25万ドルを獲得 ≪ WIRED.jp

●TORNADO XBLADES RACING - Banni UK vs Chi Lau - YouTube
3Dのレースゲームの世界みたい。
自動で決まったルートを回らせて映像を記録する、とかできたらいいな。野菜の熟れ具合を一箇所でチェックできるじゃないか。


■今年一番怖かった動画

●痛いニュース(ノ∀`) : 【画像】 世界で最も黒い物質のスプレーが開発される - ライブドアブログ
黒いなあ…。画像だとただ加工されたように見えるけど、動画だと凄さがわかった。

自分の認識機能がおかしくなった気がして、ぞわぞわと不安になる。自分の中の当たり前が壊れていく感じ。
現時点で「今年一番怖い動画」だ。


■クトゥルフよりラヴクラフト

●クトゥルフ神話をベースとしたオープン・ワールドゲーム『The Sinking City』が発表 ? Damonge
おー、すごいいい雰囲気。こうした歩きまわってるだけで楽しそうなゲームって減ったな。
もう、操作覚えるだけで数時間かかるようなのは遠慮させていただきたい。雰囲気は良くても、先に進むのにお遣いクエストがあったり超強いボスを何十回も死にながら倒す、なんてのもきつい。外人と罵り合いながら殺しあうのも心が荒む。

ダークな世界をお散歩してあー楽しかった、でいいんだけどな。


少し前までは「クトゥルー神話」とも表記されていたけど、今は「クトゥルフ」で統一されてるのかな?
ラヴクラフト作品は青空文庫でも読めるけど、眠れない夜にしっとりと読みふけるにはやっぱり文庫のほうが好きだ。
「クトゥルフ」ってすごく入力しづらい綴り。ちなみに筆者は「cutwurufu / kutwurufu」と入力している。人それぞれで違いそうだな。

青空文庫はこちら。
●作家別作品リスト:ラヴクラフト ハワード・フィリップス

クトゥルフ世界が、というよりラヴクラフトが好きな人なら「SCP財団」なんかも親和性があるかもしれない。
クトゥルフ好きとラヴクラフト好きは、同じようで違うんだよね。

こないだロースおじさんに教えてもらった。
●とんかつQ&A「SCP財団」 | ホームページ作成サービス「グーペ」のキャラクターブログ「とんかつ教室」
関連記事

テーマ : ブログ
ジャンル : ブログ

イ・セドル九段対AlphaGoの囲碁対決の雑感

■囲碁対決はAIの勝ち越し

●なぜ「囲碁」だったのか。なぜ「10年かかる」と言われていたのか──AlphaGo前日譚 ≪ WIRED.jp
リンク先のエントリーは、これまでのAlphaGo関連記事へのリンク集ともなっている。
「モンテカルロ木探索(MCTS)」を生み出した囲碁プログラム開発者、レミ・クーロンの話がおもしろい。

クーロンは電聖戦 (引用者注:日本の将棋で言うところの将棋電王戦) を重要視していなかった。「本当の大会はプログラム対プログラムなんだ」と、以前の電話インタヴューで彼は語っていた。

「敵がプログラマーであるとき、ぼくたちは同等だ。互いに話が通じる。でもプロとの対戦になると、相手が手の説明してきても、ハイレヴェルすぎるんだ。ぼくも理解できないし、相手もぼくのしていることを理解できない。電聖戦は─宣伝にはいいと思う。ぼくはあまり興味がないけどね」


「囲碁を指す」という出力部分は同じでも、それに至るアプローチの違いが感じられる。
囲碁もプログラムもよくわからない筆者は、「ユーラシア大陸を縦断するのにヨーロッパを通るか、アジアを通るかのルート選択の違い」のようなことをイメージした。


さらに驚いたのが、どのプログラマーも自ら生み出したものを「知能」だとは見なしていない点だった。「囲碁の対局は本当にチャレンジングだ」とクーロンはいう。「でも人間の知能をつくり出そうとしているんじゃない」


AIはより良い手、最善を計算するプログラムに過ぎず、その結果として対局の勝利がついてくる、という考え方らしい。
この手の勝負は人間対コンピュータの対決、ということで話題になるが、AIにとっては今まで何千局も行ってきた、そして今後も数限りなく繰り返すであろう対局の一つに過ぎず、何の気負いも想いも盛り上がりもないということか。感じる“心”がないのだから。

なるほど、言われてみれば当たり前のことだ。これらは人間側が勝手に盛り上がっていること。しかし少なくとも、対局で勝ち負けがつく棋士側からすれば平静な神経ではいられないものだろう。観覧者はそこに物語を見出してしまう。

今までAlphaGoのディープラーニングの話題を見るたびに、まるで人間みたいだ、人間っぽい、人間そのものだという感想を覚え、そうした表現でブログにも残していた。しかし、そうした認識はプログラマーのものとは乖離したものであったようだ。


●「またこれから学ぶことが増えました」AlphaGoとイ・セドルが、囲碁にもたらしたもの、AIにもたらしたもの ≪ WIRED.jp
持てる力を出し合った対決が終わり、互いに讃え合う両者。これらのスピーチは感動的ですらある。なんだか読んでいるこちらもこみ上げるものがあった。


ちなみにセドル先生は過去に賞金や棋譜の権利でモメて韓国棋院をお休みして中国リーグに行ってしまった経歴があったり、

中国甲級リーグでは2004年から貴州チームに参加、2008年には全勝すると10万元、敗れると一銭もなしという契約で8戦全勝を果たし (セドル先生のWikipediaより)

など、"お金に強い"人という印象があります。 勝ったら100万ドルは本気を買うためのいい値段設定だと思います。

AlphaGoについて(元碁打ち今プログラミングな大学院生の観点から) - pins


イ・セドル九段は世界でトップクラスの実力を持つと同時に利に聡いという、ある意味で真のプロフェッショナルであることが知られているようだ。そういう人だからこそ、設定された報酬条件のもとで本気で戦ってくれると開催側も踏んだのだろう。


■その他のAlphaGo関連記事

●DeepMind:AlphaGoをつくった「4億ドルの超知能」はいかにして生まれたのか? ≪ WIRED.jp
AlphaGoを開発したDeepMind社の創業譚。1万5千字と非常に長いエントリーだが、それを感じさせないほどおもしろい。

●AlphaGoのサーバー利用料金は正規の料金に換算すると年間約29億円? | スラド IT
ひとつ上の『DeepMind:AlphaGoをつくった「4億ドルの超知能」はいかにして生まれたのか?』に出てくる話にも通じる。

しかし、なぜ彼らは会社を売却したのだろう? 「もともとその計画はなかったんです。でもこの3年間、資金集めを懸命に行ってきたため、研究に使える時間は10%ほどしかありませんでした」。

DeepMind:AlphaGoをつくった「4億ドルの超知能」はいかにして生まれたのか? ≪ WIRED.jp


正確な数字はわからないとのことだが、AlphaGoの開発運用には莫大な資金が掛かるということは察せられる。


関連記事

テーマ : ブログ
ジャンル : ブログ

AlphaGoの敗北|続・子供とPC|執筆スランプの克服法|他

■AlphaGoの敗北

●「今日の勝利はほかの何物にも代えがたい」イ・セドル九段、人類待望の勝利に歓喜、賞賛:大接戦が予想される最終戦は明日15日 ≪ WIRED.jp
AlphaGoとの囲碁対決で3連敗を喫したイ・セドル九段が、ここへ来てAIから勝利をもぎ取った。
開き直ることができて緊張がとけたんだろうとか、AlphaGoにミスがあったとかあの手が良かったとかいくらでも分析はできるんだろう。でも今はイ・セドル九段の勝利を讃えたい。

●【AlphaGo】「最後の第5局は黒番で打つ!」イ・セドルvsAlphaGo第4局記者懇談会 : 【nitro15】
イ・セドル九段の意気込みも十分のようだ。


■続・子供とPC

●【特集】頼れるパパのための「子供のPCデビュー」講座 ~第3回:保護者がコントロールする子供のネットリテラシー育成 - PC Watch
以下のエントリーでも取り上げた話題。「子供に初めてPCを使わせるには」がテーマなのだが、けっこうな部分が「お年寄りや初心者に初めてPCを使わせるには」に転用できるのではないかと思っている。

●野良黒 Windows Storeは不便|子供とPC|Google自動運転車の事故
●野良黒 子供とお年寄りは似ている|安全性より覚えやすさ

覚えておきたいと思った機能は、Googleアカウントの監視対象ユーザーの機能。これを使ってアクセスしたサイトの情報のアクティビティリストを見られること。

いい大人なら成人向けサイトなどにアクセスしても構わないのだが、それが原因でマルウェアを仕掛けられたり会員解約詐欺にひっかかられても困る。そういう徴候が見られるようなら、先回りしてセーフサーチやブロックサイト、“正しい使い方”を教えるということができるかもしれない。


■執筆スランプの克服法

●タイピングが止まると全データを消去する、「執筆スランプ」克服アプリ ≪ WIRED.jp

こうした方策の目標は、自分のつまらない自尊心に強制的に打ち勝つことにある。ロマンティックなひらめきの高まりを待つのはやめて、とにかく書くのだ。


ブログが書けなくなる時も大抵同じような理由だ。
もっといいエントリーが書けるはず、意味のある題材があるはずと考えだすと書けなくなる。
職業作家でもなく、著名人でもなく、特別な何かがあるわけでもない。そんな人間が書き続けるためには、ただ書くしかない。


イラストの世界でも似たようなものがあって、「30秒ドローイング」という名前で知られている。

●Posemaniacs.com ≫ 30秒ドローイング - 絵の練習用ポーズモデル

これを知った時、文章だけではどういうものかイメージが湧かず、しばらく試したことがある。
10 / 15 / 30秒の任意の時間でモデルのポーズが入れ替わり、強制的に次のスケッチに移されるというもの。つまり、その時間内でスケッチを仕上げなくてはいけない。
もちろんそんな短時間にしっかり仕上げることはできないので、ラフ画とか輪郭線を取るだけのような絵になる。

この強制性と切迫感が相まって、続けているうちにある種の高揚感を感じる。
そうして自分の中の絵に関する部分がトップギアに入ったような、無我の境地になる時があって、そういう時は素人ながら面白みのあるスケッチが描けたりした。


冒頭のリンク先で紹介されている「The Most Dangerous Writing App(最も危険なライティング・アプリ)」も、文章で同じ効果を狙ったものだろう。
ただ、これらの効果はあくまで「絞りだす」ためのもので、きちんとした完成品には程遠い。それを元に修正したり分析したり反省したり試行錯誤する必要があって、ただ繰り返すだけではこれらのツールに慣れるだけになってしまう。
心理的なしきい値を下げるためのものだと割りきって考えたほうがいいかもしれない。


●古代エジプトの彫像はいかにして「複製」されたのか ≪ WIRED.jp
あるアーティストが、エジプトのアマルナから持ちだされた古代エジプトの『王妃ネフェルティティの胸像』を3Dスキャンしてカイロに“戻した”そうだ。正式に許可を得て行われたことではないので、この行為は「違法コピー」や「盗撮」とみなされることになる。誤用ではない意味での確信犯だ。
それにしても物語性を感じる話。


細野不二彦の「ギャラリーフェイク」は、美術品にまつわる贋作問題や逸話などが楽しめる漫画。ブラックジャックの美術品バージョンとでも言えるかもしれない。
知識はないけどなんとなく興味がある、くらいの気軽さで面白く読める。

中古の全巻セットもある。状態を気にしなければ格安。
ギャラリーフェイク 全32巻完結(ビッグコミックス) [マーケットプレイス コミックセット]
関連記事

テーマ : ブログ
ジャンル : ブログ

囲碁AIがトップ棋士に勝ち越し|おばちゃんの未来

■囲碁AIがトップ棋士に勝ち越し

●「アルファ碁は芸術以外の何物でもない」人工知能が天才棋士を3タテ:DeepMindチャレンジを制する ≪ WIRED.jp
AlphaGo対イ・セドル九段の五番勝負は、開幕からAlphaGoの3連勝。今回の勝負は最終局の第5局まで行われるので、今後も勝負は続けられるとのこと。
凄まじい。AIが勝つかもとは思っていたが、まさか無敗の3タテとは…。

少なくとも、人間側の気持ちからすれば消化試合と感じられる残りの勝負に挑むイ・セドル九段の気持ちはいかばかりか。


■おばちゃんの未来

●米調査、人間の仕事の多くをロボットやコンピューターが奪っても、自分の仕事は現在と同じ形で残る | スラド
この手の話が出るたびに考えることがある。近所のスーパーのレジのおばちゃん達はどこに行くんだろう、ということだ。レジ係はなくなる仕事の筆頭によく挙げられる。

レジ係は高待遇とは言えないものの、資格や職歴が要らず、パートタイムで働け、比較的高齢になっても働き続けられる。こういった職種は、機械や難しいシステムが苦手なおばちゃん達でも働ける貴重な職場だったのではないか。

おばちゃん達は必要に迫られて働いているのだから、レジ係がなくなれば他の仕事をしなくてはならない。
需要が確実にあり、なおかつ人手が足りなくてどこの地域でもある仕事。介護と保育分野あたりになるのだろうか。
介護や保育の仕事は常に人手不足だと聞く。ここに仕事を求めるおばちゃん達がすっぽりと収まれば、案外うまく行きそうな気もする。


転職とは少し違うかもしれないが、転機という意味では似ているかもしれない。
繰り返しの日常にさざ波の立つ時が描かれた短編集。他人から見ればなんということはない出来事も、本人からすれば大変な一大事ということもある。

余談になるが、未読の小説 / ドラマ / 映画 / アニメ / 漫画のAmazonレビューを見て後悔したことがある。評論家気取りのレビュアーが全ネタバレしていたからだ。同じ理由でそれらのWikipediaも見ないほうがいいと学習した。

関連記事

テーマ : ブログ
ジャンル : ブログ

Windowsの自動アップグレード|シェールオイルで地震

●【Win】 悲報 各所で勝手にWindows10になる現象が多発している模様 : ニッチなPCゲーマーの環境構築
うわぁ、考えただけでうんざりする。時々知人のPC操作のお手伝いすることがあるが、すでにWin10化されてたりするんだろうか。それを元に戻したり操作を覚えたりしなきゃならないんだろうか。
手伝いをすること自体は、今までは何の面倒もなかった。それは使い続けているWindows7の知識があるからで、ちょちょっとお手伝いして飯と酒をごちそうになってはいどーも、ってなもんだった。しかしWin10化されて使い勝手が変わると、今までのように便利屋さんの真似事する訳にはいかなくなるかもしれない。

そんなことに脳のリソースを割きたくないんだけどな。もともと少ないのに無駄遣いさせないでください。


●「シェールオイル採掘」で米国で地震が多発か ≪ WIRED.jp
シェールオイルの採掘には水が使われている。地下数千メートルという深い地層に産業排水を送り込み、500 ~ 1000気圧を掛けて岩盤を割るそうだ。
これがオクラホマ州の地盤に影響を与えていると見られている。

こういうことで地震が起きるようになるんだ。外国に比べて日本で地震が多いのも温泉がたくさんあるのと関係あるのか、と連想してしまった。

もちろんそんなことはなくて、本当の理由は「日本はプレートが集中する地域でそれらが押し合いへし合いしているから」。

●地球上のプレートと地震分布図
こちらの図で見ると、日本は計ったかのようにプレートの真上。バッテンのど真ん中だ。


地震大国の日本。いざという時、せめて他人様のご厄介にならずに済むように自衛しておきたいところ。

関連記事

テーマ : ブログ
ジャンル : ブログ

AlphaGo、第2局も勝利|Firefox 45.0 Update

■AlphaGo、第2局も勝利

●グーグルのAIプログラム「AlphaGo」、囲碁で第2局も勝利--トップ棋士との全5局勝負 - CNET Japan
先の対局で勝利をものにしたAlphaGoが、第2局も勝利した。これで全5局の対決にリーチがかかった。
AlphaGoの実力は本物だったようだ。対局相手のイ・セドル氏は『「AlphaGoは完璧に近い対局をした」ように思う』とコメントしているとのこと。


■Firefox 45.0 Update

●Mozilla Re-Mix: 【Firefox 45.0】リリース。
どうせすぐに修正がリリースされるしなあ。数日待ってからアップデートしようか。


Baby Firefox Pocket
Baby Firefox Pocket
posted with amazlet at 16.03.11
AFredenucci (2013-03-22)
なにこれかわいい。これはブラウザのほうではなく、本来の意味のレッサーパンダのほう。スマホ用ペットアプリ。
ブラウザのアイコンもこういうのにすればシェア戻るんじゃないか。Firefox使うクラスタと真逆だろうけど。
関連記事

テーマ : ブログ
ジャンル : ブログ

AIが囲碁トップ棋士に勝つ|Adobe Flash Player Update|ガチャは飲み屋のおねえちゃん|他

■GoogleのAIが囲碁トップ棋士に勝つ

●観戦速報・グーグルの囲碁AI「AlphaGo」が最強の棋士を破った日 ≪ WIRED.jp
GoogleのAI、AlphaGoの相手はイ・セドル九段。イ・セドル九段は韓国のトップ棋士。今回の戦いはイ・セドル氏との5連戦の1戦目。つまり、まだAIが完全勝利した訳ではない。
だが、この一勝は大きい。AIがトップレベルの囲碁棋士と同等に渡り合えるのを示したのだから。

ボストロムが言うには、彼を含む「Future of Humanity Institute」の人々は、リインフォースメント・ラーニングシステムが研究者の管理を逃れる方法を見つけられるかどうかを見ているという。 「より高度なシステムに起こる問題に似たものを、わたしたちはこのシステムにも見ることができます」と彼は言う。つまり、リインフォースメント・ラーニングシステムによって、マシンがシャットダウンされることに抵抗したことを示す兆しがあったのだ。

【第1戦はAlphaGo勝利】もし、AIが囲碁で人間を打ち負かしたなら ≪ WIRED.jp


え、なにそれすごい。AIに意思のようなものが生まれ始めているということだろうか。


●Googleの囲碁ソフトAlphaGoとイ・セドル9段の対戦、第1局はAlphaGoが勝利 | スラド

将棋のチャンピオンはコンピュータから逃げ回っている模様

一方、 (#2978131) | Googleの囲碁ソフトAlphaGoとイ・セドル9段の対戦、第1局はAlphaGoが勝利 | スラド

名人戦や竜王戦に金出してる読売とか朝日とか毎日とかが反対したらしい。
将棋連盟とドワンゴの最初の案では、棋士が参加するかどうか決めるようだったはず。
だが、新聞各社が、俺らが金出してる名人や竜王がコンピュータより弱いとなるのは許せんと言うことで、羽生とかは出さないことになった。


ソースの付記がないので真偽は不明。本当だとしても日本将棋連盟側からすれば公言できない内容だろう。しかしさもありなんと思わせられるものがある。
すでに衰退業種となった新聞社が今後発展していく分野を僻んで引きずり下ろすさまが目に見えるようだ。


チェスの世界王者が敗れた頃からコンピュータとトッププロとの能力が拮抗している時期に、 うまく対戦をプロモーションすれば、世界的に注目を集めることもできただろうに。

囲碁が陥落した以上、「まぁ将棋もコンピュータが勝つにきまってるよね」って空気に なっちゃうと、将棋界は歴史上一度しか訪れない絶好のプロモーションの好機を逸したとしか 思えないんだけどなぁ。

時すでに遅し・・・か? (#2978272) | Googleの囲碁ソフトAlphaGoとイ・セドル9段の対戦、第1局はAlphaGoが勝利 | スラド


こうした考えのほうがクレバーなんじゃないかな。


●「AlphaGoは李世ドルに勝っても、僕には勝てない」 世界最強の囲碁棋士(18歳)がコメント - ねとらぼ
1997年8月生まれの18歳の柯潔九段は、公式戦でも8-2でイ・セドル九段に勝利しているとのこと。
柯潔九段は中国メディアの新浪体育にて「オファーがあればAlphaGoと対戦したい。勝算は6割」とコメントしているそうだ。

これは…。韓国囲碁界隈は盛り上がってるなー。


■Adobe Flash Player Update

●【Win】 Adobe Flash Player 21.0.0.182 / 18.0.0.333 配布開始 : ニッチなPCゲーマーの環境構築
Adobe Flash Playerの更新が配布されたとのこと。Adobe Flash Playerは脆弱性がどんどん見つかるヤバイやつ。早急に対応したい。


●スラムダンクを全周360°から再生できる―Intelがユニークな3Dビデオ合成のReplay Technologiesを買収 | TechCrunch Japan
この技術の目的は視聴者の興味を引き付けるためだとされている。確かに最初は物珍しくて見るだろうが、これが当たり前になってしまうとすぐに飽きられるんじゃないかな。
だが、この技術が一般人にでも扱えるようになれば話は変わってくる。スポーツではフォームを様々な角度から見て動きを確認することの大切さがあるからだ。コーチングの際にとても役立つだろうと思う。


■ガチャは飲み屋のおねえちゃん

●出現確率1%のガチャを100回引いても,4割近くの人は全部はずれる。“本当の確率”を読み解いてみよう - 4Gamer.net
あーダメだ。さっぱり意味わかんない。頭痛くなるなあ。数字はほんと苦手だ。しかし投資に見合うリターンは手に入らないことはよくわかる。
筆者はゲームは好きだがガチャ要素はやらないことにしている。それは勝てる要素が見当たらないからだ。ギャンブルが嫌いなわけではなくて、負けるのが嫌い。いや、ちょっと違うな。なんなら負けたっていい。精一杯がんばったという充実感というか、あれこれ試行錯誤してやり切った上で負けたい。

それでいくとソシャゲやスマホゲーム、ネトゲのガチャは負ける要素しかない。ここで言う負けはつぎ込んだ以上の見返りがあるかどうかの意味。実際のカードゲームや麻雀、パチンコ/パチスロはまだデータ分析や思考する余地があるが、ガチャにはない。完全な運否天賦。これで勝ち負けがつくのには理不尽さしか感じない。なのでやらない。

だが、これらにはまる人の気持ちもわからないでもない。落とせるかわからない飲み屋のおねえちゃんやホストに貢ぐ人だっている。そこにはプライスレスなロマンがあるんだろう。いくつになってもドキドキを忘れない、なんていうと素敵な雰囲気すら出てくる。胸きゅん!のない人生なんて味気ないものね。他で胸きゅんすればとも思うけど、それこそ人それぞれだもの。


「胸キュン」を使った金儲けのやり方。女性向け恋愛ゲーム運営の解説本。ドキドキもカネになるのね。マネタイズは大切だけど、なんでもかんでもカネにつなげようと考えると味気ない気もしてくる。
しかしウチのブログも数少ないモチベーションとしてアソシエイト貼ってるし、人のことは言えないか。

関連記事

テーマ : ブログ
ジャンル : ブログ

Windows Update情報|GeForce Driver情報|他

■Windows Update情報

●【アプデ】 Windows Update 2016年3月度 注意事項と各KBメモ : ニッチなPCゲーマーの環境構築
今回はWindows10関連のパッチもなく不具合なども見当たらないとのこと。
いつもありがとうございます。感謝。


■GeForce Driver情報

●NVIDIA,364.47ドライバを「GeForce 364.51 Driver Beta」へ差し替え。インストール関連の問題で - 4Gamer.net
NVIDIAのリリースした364.47ドライバがわずか一日で差し替えられたそうだ。
NVIDIAのドライバは、今の時点で不具合がなければアップデートする必要は薄い。ゲームとの兼ね合いでトラブルが起こるリスクが上がるだけだ。支障なく動いていればそれが安定版。


●痛いニュース(ノ∀`) : レシートに「ブス女」と書かれた女性が激怒 → 客の勘違いだと判明 - ライブドアブログ
符牒や専門用語、略語、隠語、ジャーゴンのたぐいは難しい。身内のみがわかればいいという考えで作られているから、門外漢から見れば意味がわからないもの。それがたまたま別の意味の言葉に見えた場合にこのような勘違いが生まれてしまう。

今回のケースは直接客の見えるところへ書くのだから、配慮があってもよかった。だがお店側からすると、この「ブス」には「ぶどうスカッシュ」以外の意味があるとは微塵も思ってないし、「女」は「お子様セットの選べるおもちゃの女児用ひとつの略」として使っているのだよな。だから難しい。

レシートに書くことはなくても、厨房や裏方の話す符牒がたまたま聞こえてしまうこともある。今回と同じ注文を受け、裏に通す時に「はいブス女一丁!」というのはありえなくもない。
「デザートブッフェの女の子セットぶどうスカッシュ付き、追加でクリームソーダ」なら「デブのブス女にクソ付きでーす!」かな?やっぱダメだこれ、クレーム不可避。符牒変えよう。


そういやこのジャンルも隠語の宝庫だ。

関連記事

テーマ : ブログ
ジャンル : ブログ

子供とお年寄りは似ている|安全性より覚えやすさ

■子供とお年寄りは似ている

●【特集】頼れるパパのための「子供のPCデビュー」講座 ~第2回:Chromebookを使って子供用の監視対象アカウントを作成する - PC Watch
趣旨としては「子供に初めてPCを使わせるなら」、とのことだが、案外初心者やお年寄り向けとしても参考になるかもしれない。

 子供はクリックに対してすぐに反応が返ってこないと、ちゃんと押されてなかったと思って、もう一度押してしまう。すると結果的に2度クリックしたことになり、覚えたはずの操作方法と違う結果が返ってきてしまう。これではいつまでも正しい使い方が覚えられず、結果的にあまり使わなくなってしまった。


これは筆者がお年寄りにPCを教えた時とまるっきり同じ。PCに馴染みのない初心者は同じようなつまづきをするようだ。

フィルタリングの解説もあったが、子供より大人の初心者のほうがフィルタリングの意味は大きいのかもしれない。それは、アダルトサイトの存在があるからだ。海外のサイトにはたちの悪いマルウェアが仕込まれていることもあり、「PCがおかしくなった」となる危険がある。
ここでそういうサイトを完全に遮断してしまうと、自分で勝手に抜け道を探してかえって面倒なことになる可能性がある。ホワイトリストを使って「アクセスしても危なくないアダルトサイト」をいくつか登録してあげるとそういうトラブルも減るのかもしれない。


■安全性より覚えやすさ

●連邦取引委員会、「パスワードを定期的に変更する必要は無い」という内容のブログ記事を公開 | スラド セキュリティ
パスワードを定期的に変更することで得られる安全性よりそれを忘れるデメリットのほうが大きい、というのはしばしば語られる。
PCやスマホを使い慣れていない人ほどそれは顕著だ。そういうユーザーに下手に堅固なパスワードの作り方を教えたりすると、しばらく経ってから「ログインできなくなった」と連絡が来たりする。lとIと|、oと0などの混合を忘れてしまうからだ。手帳などのメモに残しても、書いたメモを読み違えていることもある。
そうして、結局生年月日に再設定されたりする。


生年月日をそのまま使うのはさすがに危ないので、こういう本のフィルターを通すのはどうだろう。案外しっかりしたパスワードができるんじゃない?

関連記事

テーマ : ブログ
ジャンル : ブログ

プライバシーの隠し方|海賊もIT化の時代|他

●言論の自由、コードの自由:アップル「iPhoneロック解除」拒否で団結する米テック界 ≪ WIRED.jp

アップル側の“インターネットフレンド・オールスターズ”は、アップルがiPhoneのロック解除をサポートするよう強要する命令を正当化しようと政府が利用している「全令状法」(All Writs Act:AWA、1789年に制定されたもの)の政府解釈を追及している


名だたる企業がアップルの支援に回っている。
もしこれと同じことが日本で起きたらどうなるんだろう。日本のメーカーはアップルのように闘うのだろうか。


■プライバシーの隠し方

●メディアは読者のプライヴァシーを守れるか:ProPublica「Tor」ヴァージョン立ち上げ ≪ WIRED.jp
Torやプロキシという言葉は、どことなくアングラな(もはや死語)響きがある。しかし中国などの国では、こうしたサービスを使ってプライバシーを隠さなければ発信者の生活が脅かされるおそれがある。
普段使うことはなくても、いつそれが必要になるかわからない。こうしたサービスがあること、できれば使い方まで覚えておきたい。


■海賊もIT化の時代

●海賊が船会社のサーバーから積荷の情報を取得、船を攻撃して高価な積荷だけを奪う | スラド セキュリティ
ならず者が「うおー!」と押し寄せるような時代ではなくなったようだ。ONE PIECEでも電伝虫とか使ってるしな。


もうこんなスタイルの海賊もいないんだろうなあ。


関連記事

テーマ : ブログ
ジャンル : ブログ

【効率化】キー1個でソフトを起動する方法 - AutoHotKeyでプログラムを呼び出す【AHK】

誰にでも「毎日使うソフト」がきっとあるはず。それを簡単に起動できるようにするととても便利になる。

AutoHotKey (以後 AHK) を使った効率化を紹介する。各種ソフトウェア、アプリケーションをキーボードのキーひとつで呼び出せるようにする。
単純なスクリプトだが、AHKの便利さが体感できるはず。

筆者はプログラムを立ち上げるのにはずっとfenrirなどのランチャーをメインに使っていた。
だがAHKを使えばショートカット一発なので、比べ物にならないほど素早く呼び出せるようになった。

以下はAHKを使ったことのない人へ向けたエントリー。
すでに使っている人には目新しい部分はない。


■AHKをインストールする

まずはAHKをインストール。

●AutoHotkey
「Download」から「Installer」を選ぶ。
他の人が作ったスクリプトを使う場合は「Unicode 32-bit」が汎用性が高いとされている。

インストールが終わると、My Documents (マイドキュメント)に AutoHotkey.ahk というファイルができている。これを編集して使う。

AutoHotkey.ahk の開き方は、先にメモ帳などのテキストエディタを開いておき、そこにドラッグ&ドロップ。
右クリ→プログラムから開く→(任意のエディタ)
でもいい。

筆者の場合はfenrirのインスタントコマンドを使ってサクラエディタに関連付けている。だがこれの説明を始めると「fenrirの使い方」になってしまうので割愛する。


■スクリプトの例

以下のスクリプトを AutoHotkey.ahk ファイルにまるまるコピーすればそのまま使えるようになる。

AutoHotkey.ahk を開いてコピペして保存、ダブルクリックして起動する。そのあとはタスクバーに常駐してくれる。
AutoHotkey.ahk を編集したあとは必ず「保存→AutoHotkey.ahkをダブルクリック」をする。これをしないとスクリプトが有効にならない。
また、スクリプトファイルは「UTF-8 (BOM付)」で保存する。こうしないと日本語が文字化けしてしまう。

【 Firefoxを起動 】
f::Run, "C:¥Program Files¥Mozilla Firefox¥firefox.exe"
こう書けばキーボードの「f」を押すだけでFirefoxが起動する。

【 Google Chromeを起動 】
c::Run, "C:¥Program Files (x86)¥Google¥Chrome¥Application¥chrome.exe"
Chromeメインの人ならこっち。キーボードの「c」を押すだけでGoogle Chromeが起動する。


ソフトがインストールされているフォルダは環境によって違う場合がある。上記の設定例も自分の環境に合わせて書き換える必要がある。
他のソフトやアプリケーションを起動したければ、上記例を参考にしてディレクトリのフルパスを書き換えればいい。


■誤動作しないようにする

上記ではアプリを呼び出す単純なスクリプト例を挙げてみた。
だが、このままでは文字入力をしようとした時でもアプリが起動してしまう。

これを避けるためには、複数キーの組み合わせを設定する、という書き方がある。
設定例として「AppsKey+hoge」で起動するように書いてみた。「AppsKey」はキーボードの右下にあるCtrlとAltの間あたりにあるキー。通常は右クリックと同じようにコンテキストメニューを呼び出す動作となっている。名前からしてアプリを起動するのにぴったりだ。

【 Firefoxを起動 】
AppsKey & f::Run, "C:¥Program Files¥Mozilla Firefox¥firefox.exe"
こう書けばキーボードの「AppsKey+f」を押すだけでFirefoxが起動する。AppsKey を先に押し、続けて f を押す。

【 Google Chromeを起動 】
AppsKey & c::Run, "C:¥Program Files (x86)¥Google¥Chrome¥Application¥chrome.exe"
こう書くと「AppsKey+c」でChromeが起動。


【 AppsKey単体で使う 】
^AppsKey::Send, {AppsKey}
上記の設定例ようにAHK Scriptとしてキーの組み合わせを設定すると、そのキー単体での元々の動作が損なわれてしまう。
Appskeyを単体で使わない人ならそれで困らない。しかし筆者のように割とよく使う場合はちょっと困る。
このスクリプトを書いておくと「Ctrl+Appskey」でAppskeyの元々の動作が再現される。


ファンクションキー使う手もある。キーボード上部にある「F1 / F2...F12」などのキー。
【 Firefoxを起動 】
F11::Run, "C:¥Program Files¥Mozilla Firefox¥firefox.exe"
こう書けばキーボードの「F11」を押すだけでFirefoxが起動する。

【 Google Chromeを起動 】
F12::Run, "C:¥Program Files (x86)¥Google¥Chrome¥Application¥chrome.exe"
こちらは「F12」。


■CtrlやAltと組み合わせる

AHKにはCtrlやAltなどの修飾キーも組み合わせられる。
それらは以下のように定義されている。

【修飾キー】
^ Ctrl
! Alt
+ Shift
# Win
vk1Dsc07B 無変換キー
vk1Csc079 変換キー


書き方の例は以下のようにする。
ファンクションキーと他のキーを組み合わせることもできる。

【 Google Chromeを起動 】
^F12::Run, "C:¥Program Files (x86)¥Google¥Chrome¥Application¥chrome.exe"
こう書くと、「Ctrl+F12」を押すとChromeが起動する。

他の修飾キーを使いたければ、上記の例を参考に好きな様に書き換えればいい。
筆者の場合はホームポジションからなるべく手を動かしたくないため、スペースの横にある「変換キー(vk1Csc079)+hoge」や「無変換キー(vk1Dsc07B)+hoge」を多用している。

以下を参考にして自分の使いやすいキーを設定すると、とても非常にめちゃくちゃ便利になる。

参考ページ:
●キーリスト - AutoHotkey Wiki
●ホットキー | AutoHotKey


■多重起動を防ぐ

上記例でFirefoxやGoogle Chromeを簡単に呼び出せるようになった。
しかし、すでに立ち上げるのを忘れて上記のキーを入力すると、二つも三つもFirefoxのウィンドウが開いてしまうことになる。これは困る。

そこでそれらの多重起動を防ぎ、「すでに起動している場合はそのプログラムが前面に出てくる」というスクリプトを書く。
言葉にすると解りにくいかもしれない。しかし使ってみれば解るこの便利さ。これのおかげで何度も「Alt+Tab」を連打する必要がなくなった。

【 Firefoxを起動 or 前面化 】
vk1Csc079 & f::
	Process, Exist, firefox.exe
		if ErrorLevel<>0
		WinActivate, ahk_pid %ErrorLevel%
	else
		Run, "C:¥Program Files¥Mozilla Firefox¥firefox.exe"
Return
「変換キー(vk1Csc079)+f」でFirefoxを起動するが、Firefoxがすでに立ち上がっていればFirefoxが一番前に出てくる。

【 Google Chromeを起動 or 前面化 】
vk1Csc079 & c::
	Process, Exist, chrome.exe
		if ErrorLevel<>0
		WinActivate, ahk_pid %ErrorLevel%
	else
		Run, "C:¥Program Files (x86)¥Google¥Chrome¥Application¥chrome.exe"
Return
こうすると「変換キー(vk1Csc079)+c」でGoogle Chromeが同じように動作する。

「Process, Exist, firefox.exe」の部分はタスクマネージャーのプロセスでわかる。他のソフトを設定したければそうやって調べて書き換える。
また、「元々多重起動しないようになっているソフト」はこの設定はしなくていい。最初のほうで紹介した設定例で同じように動作するはず。


■サクラエディタ:編集するのに便利なエディタ

ahkファイルを編集するのにはメモ帳でも構わない。だが専用のエディタがあればもっと便利になる。
初期設定がちょっと大変だが、ちょこちょこ編集するようになると導入する価値はある。

【 サクラエディタを使う利点 】
  • スクリプトが色分けされる (シンタックスハイライト)
  • コマンドを補完してくれる
  • 動作確認でいちいちダブルクリックしなくて済む
シンタックスハイライトとは、このページの設定例のようにコマンドや関数を色分け表示すること。
これがあると長いスクリプトでも見やすくなる。

●サクラエディタ Download
AHKファイルの編集にはサクラエディタが向いている。
ファイル編集中にCtrl+bのショートカットによりスクリプトのリロードができるからだ。これにより、スクリプトの動作確認をする際にAHKファイルを何度もダブルクリックしなくてよくなる。

●サクラエディタの設定方法 - AutoHotkey Wiki
こちらの「AutoHotKey_L サクラエディタ用 定義ファイル」を導入しておくと、ファイル編集中にCtrl+SpaceでAHKに使えるコマンドを補完してくれるのでめちゃくちゃ便利。うろ覚えのコマンドもこれで大丈夫。


■AHKは便利

AHKを使うと、プログラミングができなくてもいろいろな操作を効率化できる。
調べれば調べるほど便利な使い方がたくさんある。

今回は設定が簡単なのにとても便利な「アプリの呼び出し」を紹介した。
AHKに興味を持つ人が少しでも増えれば幸い。


関連記事

テーマ : フリーソフト
ジャンル : コンピュータ

ウェブ魚拓と忘れられる権利|中身以上にプロモーションが重要|他

■ウェブ魚拓と忘れられる権利

●ウェブ魚拓、「忘れられる権利」への対応のため「過去の魚拓」機能を停止 | スラド IT

by Anonymous Coward on 2016年03月04日 16時51分 (#2974743) ●知る権利(しるけんり)とは - コトバンク
[kotobank.jp] 知る権利 しるけんり right to know 民主主義社会における国民主権の基盤として,国民が国政の動きを自由かつ十分に知るための権利。この言葉を現代で初めて使ったのは,AP通信社の K.クーパーで,1945年1月のニューヨークでの講演会でのことであったという。 国民が国の政治や行政についての情報を知ることのできる権利。民主主義国家での国民の基本的権利として、言論・報道の自由や情報公開法制化の基盤となるもの。 なので、「忘れられる権利」で主に問題にされている「個人情報」は「知る権利」の本来の対象外なの。

忘れられる権利、ってのがどうも釈然としない (#2974702) | ウェブ魚拓、「忘れられる権利」への対応のため「過去の魚拓」機能を停止 | スラド


知らなかった。なるほど、そういうことだったのかー。
あと、勘違いしていたけど「魚拓機能」自体は残るのね。つまりどこかのサイトから魚拓へリンク貼られたものはそのまま。
「過去の魚拓」という目次機能?がなくなるだけ。

でも、しばらく前からウェブ魚拓は権利に敏感になっていて、割と簡単に魚拓自体も削除しているようだ。リンクが無効になっていることが度々ある。もはや信頼できるサイトではなくなっている。


■中身以上にプロモーションが重要

●Kickstarterで資金調達額歴代2位の「Coolest Cooler」、半数の支援者に製品を届けていない状態で資金不足になる | スラド IT

えーと、なになに、ブレンダーやBluetoothスピーカー、USBチャージャーなどを搭載した多機能クーラーボックスだと。
大したことないじゃん。
というか、こんなくだらないのいるのか。ただくっつけましたみたいな製品じゃないか。

冷静に考えるとそうなんだけど、プロモーションビデオを見ると凄い便利そうに見えるんだよ。
出資を受けるには中身以上にプロモーションが重要、ってのがよく分かるね。


ということで観てみた。ビデオはここから観られる。
●COOLEST COOLER: 21st Century Cooler that's Actually Cooler by Ryan Grepper ? Kickstarter

内容としては通販でよく見る便利さを強調したもの。テレビがネットに変わっただけで、この手の商品の売り方の基本は変わらないんだね。
プロモーションとかアピール力とかプレゼン能力などという言葉がぐるぐる回る動画だった。やっぱ世の中自己主張が強いほうが注目浴びるよね。


まさかあるとは…。Amazonはほんとに何でもあるなあ。
現在出品しているのは本家のCoolest Coolerではなくて、マーケットプレイスの業者の仕入れた商品。


●Windows 10のロック画面に広告表示? | スラド YRO
「ムカつく」「不愉快」「おせっかい」の代名詞にもなってきたMicrosoftさん。もうちょっと上手なやり方があるだろう。
お天気や占い、Googleがトップページでやっているようなその日にまつわるトリビアに関連付けるとか。そうしたちょっと興味を持ってもらえるコンテンツは考えられるはずだけどなあ。
そうした思考の跡がまったく見られない、ただの押し売りというのが哀しい。プロモーションに理解のあるCoolest Coolerのスタッフを入れたほうがいいんじゃないか。


関連記事

テーマ : ブログ
ジャンル : ブログ

【問題解決】パソコンからノイズが出るのでサウンドドライバをクリーンインストールした

■PCのスピーカーから異音がする

しばらく前からPCのスピーカーからノイズが出るようになった。
プレートエコーのかかったような、端子を金属に触れさせたようなノイズ音。プチプチというより、バサバサ、ボサボサ、ガサガサという感じ。原因不明。不快な音だ。

特定のソフトが理由ではないようだ。そういうものとは関係なしに、不意に音が鳴る。鳴るタイミングはバラバラだが、2、3分に一度は「バシバシバシッ」という風に鳴る。
音楽を聴いている時でもない。いきなり鳴る。

まずは問題を見極めるため、原因がハードウェアかソフトウェアかを調べてみた。


■問題の切り分け:ハードウェア編

まず最初に、外付けスピーカーが原因かもしれないと考えた。本体が壊れていなくても、つないでいるケーブル、コード類にトラブルが起きているのかもしれない。
断線や接触不良なら触った際に音が鳴るはずだ。スピーカーから出ているケーブル類に触れてみたが、ノイズは鳴らなかった。

端子の接触不良かもしれないと考え、電源コードも含め、すべてのケーブルを挿し直した。
しかし、相変わらずノイズが発生した。プラグやコネクタにトラブルが起きている訳でもないようだ。

そこでPC本体にヘッドホンをつなげてみた。すると、ヘッドホン越しにノイズ音が鳴ることが分かった。
この時点でノイズの発生源はソフトウェア側で、ハードウェアの可能性は低くなった。


■問題の切り分け:ソフトウェア編

次に、Foobar2000 の「WASAPI 排他モード」を使って音楽を鳴らしてみた。
これは Vista 以降の Windows に搭載されている機能で、PC内のプライマリサウンドドライバーをすべてスルーしてサウンドをアウトプットできる仕組み。PC内のミキサーによる音質変化が避けられるので、音楽鑑賞の際に音質が向上するメリットもある。

これを利用して数十分音楽を流し続けたところ、ノイズは発生しなかった。「WASAPI排他モード」を終了し「WASAPI共有モード」に戻すと、再度ノイズの発生を確認した。
これにより、ノイズはサウンドドライバーを通過して発生しているということがわかった。


■サウンドドライバのクリーンインストール

サウンドドライバーの設定がおかしくなっているのかもしれないと思い、クリーンインストールしてみることにした。
ウチの環境では「VIA high definition audio」。

自分の環境のサウンドドライバーがわからない場合は、デバイスマネージャーを開くとわかる。
Windowsのスタート→「コンピューター」を右クリック→プロパティ→左上の「デバイスマネージャー」→「サウンド、ビデオおよびゲーム コントローラー」
サウンドデバイスのプロパティを開くと「ドライバー」というタブがある。

●HWiNFO - 窓の杜ライブラリ
このソフトでも調べられる。これはPCのありとあらゆるベンダー情報を調べられるので、インストールしておいて損はないかもしれない。

マザーボードのメーカーからサウンドドライバーをダウンロードしておく。マザーボードのメーカーも↑の「HWiNFO」で調べられる。
「(マザーボードの型番) +driver」などで検索するとサウンドドライバーが見つかる。

次に、「Driver Fusion」を使って一度サウンドドライバーを完全にアンインストールする。余計な設定の影響をなくすためだ。

Driver Fusionの使い方は以下が詳しい。
●ドライバーの完全削除が可能なツール Driver Fusion

サウンドドライバーの完全削除が終わったら、先ほどダウンロードしておいたサウンドドライバーをインストールする。
これでサウンドドライバーをクリーンインストールすることができた。きちんと音が出るか確認する。


■解決

サウンドドライバーをクリーンインストールしたあと数時間PCを使っているが、ノイズは発生していない。どうやら解決したようだ。
今回のケースではサウンドドライバーがおかしくなっていたらしい。


テーマ : ブログ
ジャンル : ブログ

猫の自動餌やりシステム|MozillaのFirefoxOSとIoT|他

■猫の自動給餌システム

●猫のエサやりを自動化してスマホで管理できる「Catspad」--多頭飼いにも対応 - CNET Japan

言葉が通じない猫や犬の世話は手間がかかる。


ペットの餌やりは、ただの栄養補給ではない。食べ具合を見て「今日はよく食べてるな」「ちょっと残したから体調良くないのかな」という健康具合を見る重要な機会でもある。これを手間と考えてしまうと、ペットの健康に少なくない影響が出るだろう。

…と、ちらっと見て思った。だが、読み進むと思ったよりもよくできている。

 自動的に餌と水を出すだけでなく、食べた餌などの量を計測して記録する機能も備える。これにより、食べ過ぎを防ぐとともに、食欲が落ちるなどの異変に早い段階で気付ける。体重の維持や体調不良の早期発見に役立つだろう。


これに加えて、首輪や皮下に埋め込むチップにより猫ごとの食事量も計測できるとのこと。これらはスマホアプリによりグラフ化され、データとして保存される。
なるほど、これならなんとなくになりがちな人間の記憶に頼るより正確に把握できそうだ。ペットホテルやペット病院、家を開けざるを得ない時には頼りになることだろう。


●【Win10】 Win10でKB3140743を適用すると箱コンが使えなくなる : ニッチなPCゲーマーの環境構築
ギャグかと思うほどのオモシロ仕様のWindows10。アップデートパッチによりXboxコントローラーが使えなくなることがあるそうで。こんなことが起きたら、十中八九はコントローラーが壊れたと思うだろう。
自分とこの製品くらい使えるようにしてあげて…。


●女性は人間か?‐サウジアラビアの学者が解明
すごい題名だ。サウジアラビアでは、こんな論議が必要なほど女性の地位が低いということだろうか。どんな内容の議論がかわされるか興味深いところだが、SNS上で見事に燃え上がり、中止に追い込まれたそうだ。


●Amazon: ローカルとクラウドの間で最大50TBのデータ転送を可能にする新データサービスを開始へ - BusinessNewsline
契約するとPCケース状のハードウェアボックスが送られてきて、ユーザーはそれをNASとして扱うことができる。それに上限50TB分データ転送してAWSに送り返すという仕組み。お値段は送り返す期間が10日で200ドル。

NASとは、ネットワークに接続して使うハードディスクのこと。PCのHDDと役目は似ていて「データ保存という仕事」は同じだが、NASはLAN経由で接続できるので複数のデバイスのデータをまとめて管理できる利点がある。


●Sumsung: 史上最大となる15TBのSSDを発表・予想販売価格は90万円 - BusinessNewsline

15.36TBという極めて大容量のストレージにスムーズに書き込みを行わせるため、16GBもの大容量のキャッシュ用のRAMを実装している点も大きな特徴の一つとなっている。


16GBのRAM…。価格は90万円前後の予定とのこと。お値段や用途はともかく、技術的に可能になったのが素敵。


●ドーナツはアリの一穴? セブンーイレブンに異変あり : 深読みチャンネル : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) 1/3
セブンイレブンの食べ物は他社のものに比べておいしくない。食べられなくはないが、他のお店という選択肢があるのなら選ばないものが多い。記事の内容も他店と比較していまいち、という内容になっている。
これは、最大公約数的な味と低価格化を考えた商品開発体制なんだろうと思う。八方美人な味なわけで、そういうものは嫌われることはないかもしれないが、「好き」にはならない。
とはいえ、コンビニどころかお店そのものが少ない田舎にはどこにでも出店してくれるセブンイレブンはありがたい。今後ともお世話になります。


●トップページは検索窓だけ--大胆なデザインに変更した神戸市の狙いとは - CNET Japan

 ここまで大胆にできたのは、すでにアクセスのほとんどがスマートフォンに移行し、パソコンからブラウザでアクセスするのは検索機能を使い慣れている人たちだと割り切れたことにある。また、そうした人たちは検索サービスから直接目当てのページへアクセスするので、トップページへの流入数はもともと少なく、それも今回のデザインに踏み切れた理由の一つになっている。


こうした自治体のサイトは、えてしてずらずらとメニューが並びよくわからない告知まみれで、どこに何があるのかわからないデザインが多い。「誰にでも」という八方美人な態度を捨て、「PCでアクセスするのはある程度PCに慣れているはず」という前提に立った作りにするのはあながち間違ったことでもないのかもしれない。


記事のタイトルは「検索窓だけ」としてあるが、実際に神戸市のサイトを見てみると、上部にシンプルなカテゴリーメニューがあるのがわかる。検索に慣れていない人、カテゴリーで情報を探したい人にも配慮されているわかりやすいデザインとなっている。

●神戸市:トップページ


■MozillaのFirefoxOSとIoT

●FirefoxOSを死なせたくないMozillaがIoTで四つのプロジェクトを立ち上げ…オープンWebに活路を | TechCrunch Japan

Firefox OSはこれまでの実績が良くないから、疑いの目で見る人は多い。


筆者もそのひとりだ。Firefoxの高速サイクルリリースで動かないアドオンが出るように、家電やクルマが急に動かなくなっては困る。できれば避けたいな、という気持ちがある。
なるほどチャレンジということは推奨されることかもしれない。しかし、過去の実績から判断されるのも人間の心理として仕方のないこと。
芳しい結果を出せなかったMozillaがチャレンジするということは、スタートアップ企業が同じことをするより困難が伴うことだろう。今後の推移を見守りたい。


関連記事

テーマ : ブログ
ジャンル : ブログ

寝ながらPC|過疎地域問題|他

●【雑記】 エルゴトロンのアーム「45-241-026」が届いたので仮組み : ニッチなPCゲーマーの環境構築
こちらで紹介された「寝ながらPC」の設置例が凄い。

●Monitor/モニターアーム/LXアーム - 下方チルト大好き - usyWiki

楽をするための努力は惜しまないという強い意志が感じられる。
「寝ながらPC」はプロ仕様としても、モニターのアーム化の参考例として他の設置画像も興味深い。



元のエントリーで言及されていた製品はこれ。
リンク先に他の使用例の画像あり。


●見ていると不思議な気持ちにさせられる、ポルトガルの「孤独な家」 ≪ WIRED.jp
不思議なというか、想像力が刺激される画像だ。
こういう画像はTumblrにたくさんあって、一時期Tumblr上で集めていたがやめてしまった。嫌になったからではない。その逆で、いくら集めてもきりがないからだ。どれだけ集めても終わりがない。いつまでもどこまでも集め続けることができる。自分で「今日はここまで」ができない筆者のような人には向いていない。たまにこうしてサイトで見るくらいがちょうどいい。


●捺印機能つき宅配ボックスが登場 | スラド ハードウェア

「荷物は絶対に宅配ボックスに入れてください!」からの「どうして○○(生もの/壊れ物)を宅配ボックスに入れたんだ!」のコンボは強力。 生ものだからって宅配ボックスを回避しても遠距離から「宅配ボックスに入れろと言ったはずだ!」のクレームが飛んでくる難攻不落の要塞。

Re:5年前から使ってます (#2973509) | 捺印機能つき宅配ボックスが登場 | スラド


なるほど、そういうトラブルもあるのか。こうした事例にも配慮しつつ日夜荷物を届けてくれる配達員さんには頭が下がります。感謝。


●痛いニュース(ノ∀`) : 【画像】 バーチャン達が集団で射撃訓練してる写真がシュールすぎると話題に - ライブドアブログ
ちょっとあまりにいい画像だったので。


■過疎地域問題

●やまもといちろう 公式ブログ - 保守は「こづかいないんだから我慢しろ」と言い、左翼は「こづかいがないのはおかしい」と言う - Powered by LINE
過疎地域ではあらゆるサービスが消えていき散髪に行くのにタクシーで15,000円かかる、という産経新聞の記事から拡げたエントリー。
やまもと氏は「無い袖は振れないのだから、行政に過度な期待をするのはやめて現実を見て街に移住したほうが豊かな暮らしができますよ」という主張。やまもと氏の言い分はもっともだし、行政側から見ても「そうしていただけると大変助かります」というものになっている。

年金暮らしの世代だと引越しても食べてはいけるだろう。だが、そこでお店を開いたり農業をして暮らしている場合は、引越先で新たな仕事を探さなくてはいけない。それらの仕事は資格などないし、従事する人たちも年齢的に高い。つまり転職はとても厳しい。

加えて、人間関係がリセットされる問題もある。田舎での人間関係はただのお茶飲み友達ということではなくて、もう少し生活に根付いたものになっている。収穫した野菜を分けあったり、農家の繁忙期には働き手として互いに助けあったり、地域の祭や催し物や消防団の担い手としての役割もある。
田舎では個人個人として暮らしているのではなく、みんなでひとつの共同体になっている。そこで暮らす人々にとっては、ある日突然これらから切り離される喪失感、孤独感はとても大きなものになるだろう。

とはいえ、今回のケースはそれらの社会性を維持できなくなるほど人口が減少した地域を対象としたもので、だからこそ考えざるを得ないという部分もある。
それでも、何十年もそこの土地で暮らした人たちには簡単に割り切れることでもないのだよな。


関連記事

テーマ : ブログ
ジャンル : ブログ

Google自動運転車事故続報|Amazonがスーパーマーケットと提携|他

■Google自動運転車事故続報

●グーグルの自動運転車、初めての接触事故か - CNET Japan

 Googleは、米国時間2月29日付けでReutersに寄せた声明で次のように述べている。「われわれは明らかに責任の一端を負っている。われわれの車両が動かなければ衝突することもなかったからだ。しかしテストドライバーはバスがスピードを落とすか停車して車線に合流させてくれると考えており、またそうするだけの十分なスペースがあった」(Google)


まあ、そう言いたくなるよねぇ。バスやタクシーやトラックなどの職業運転手が道を譲ってくれるのを期待しちゃいかんよ。AIくんも人間社会で活動するのなら、そういう人情の部分もきちんとお勉強しましょうね。


●スマホなしでSpotifyのストリーミング音楽を持ち出せる「Mighty」 - CNET Japan
とうとう専用デバイスまで出てきたSpotify。これらの音楽ストリーミングサービスでは、日本の楽曲はほとんど見当たらない。
一方で、日本人でもCorneliusや坂本龍一のようなグローバルに活躍するアーティストはしっかり楽曲を提供している。


●グーグル、“ページ表示が遅い”を解消する「AMP」プロジェクト--7秒が1秒に短縮 - CNET Japan
疑問があってスマホで検索する時、サイトの表示に時間がかかるとストレスを感じる。それがSEOが強くて馬鹿みたいに写真を多用するGIGAなんとかZINEみたいなサイトだったりすると、余計なことしやがって、という気にもなる。
こうした仕組みで表示がサクサクになればありがたい。


■Amazonがスーパーマーケットと提携

●アマゾン、生鮮食品の提供で英スーパーマーケットチェーンMorrisonsと提携 - CNET Japan

 英国のスーパーマーケットチェーンMorrisonsとAmazonが提携し、英国の「Amazon Prime」および「Amazon Pantry」利用者向けに生鮮食品や冷凍食品を提供することになった。


「Amazon Pantry (日本ではAmazonパントリー)」は、詰め放題みたいなもの。 購入点数にかかわらず1箱あたり290円の手数料で細々したものをまとめて配送してくれるサービス。まとめ買いするほどお得。

以下のエントリーの真ん中辺りでちょっとだけ解説している。
●野良黒 【まとめ】Amazonのバーゲン・セール・お買い得情報まとめ

家から出ずにあらゆる用事を済ませられるようになってきている。個人的にはもちろんありがたいのだが、社会性を考えると無機質な方へ向かっていくようにも感じる。「はじめてのおつかい」のようなこともネットで完結するようになるんだろうか。あれ好きなんだけどな。


●Google、写真から撮影された場所を特定するAI「PlaNet」を開発 | スラド IT

by Anonymous Coward on 2016年03月01日 22時22分 (#2973150) こういうことを目的に、Google Photosを無料で提供し情報を集めてるんだろうね。 一般ユーザーから集められたジオタグ付きの写真とその被写体などをしっかりインデックスして、不明な写真から被写体をサーチにかけるんだろうね。 まぁユーザーは無料で画像を管理できて共有もできて、Googleは情報集められてWIN-WINか。

ようこそGoogle Photosへ (#2973150) | Google、写真から撮影された場所を特定するAI「PlaNet」を開発 | スラド


そうなんだろうなあ。スマホのOSでAndroidを使っている以上Googleと無縁ではいられないし、こうした懸念をすべて潰そうと考えると膨大な労力が必要になる。それなりに知識のある人ならできるのかもしれないが、大多数の一般人には難しい。


●ドワンゴ、Googleの囲碁AIに対抗するプロジェクトを発足 ~最強のコンピュータ囲碁ソフトを目指す - PC Watch
AIの進化を10年早めたと評判になったGoogle傘下の「AlphaGo」。日本のドワンゴがそれに対抗することにしたそうだ。
切磋琢磨はよいことですね。


関連記事

テーマ : ブログ
ジャンル : ブログ

Windows Storeは不便|子供とPC|Google自動運転車の事故

■Windows Storeは不便

●【Win】 Windows Storeでゲームを買ってはいけない理由 : ニッチなPCゲーマーの環境構築

完全にゴミっすね。


手を変え品を変え囲い込みに精を出すMicrosoftさん。しかしユーザーからはこう思われていますよ、というエントリー。
要約すると、他のプラットフォームに比べて不便な点が多すぎるとのこと。

同じゲームを買うなら、値段が安ければそっちで買うだろう。同じ価格なら特典があるとうれしい。しかし、他と比べてできないことがあれば、それを選択する理由はない。


■子供とPC

●【特集】頼れるパパのための「子供のPCデビュー」講座 ~第1回:PCを使って子供の才能を開花させるために考えるべきこと - PC Watch
親戚の小学生にPCを使って遊ばせることがある。こちらとしては、動物や虫の動画を見たり生態を調べたりといった方面に興味を持ってくれたら、という気持ちがなきにしもあらずだったが、もちろんそんなわけにはいかなかった。
もう、アニメとゲームしかやりたがらない。

こういう時、無理にこちらの見せたいものを見せてもおもしろいとは思ってもらえないだろう。だからといって、PCをアニメとゲーム専用機だと思われるのももったいなく感じる。一通り満足するまで遊ばせるべきかとも思ったが、あの年頃だと10時間くらいぶっ続けでゲームしても疲れないんだよね。
取り返しがつかないことを教えた気がして、途方にくれてしまった。



ゲームが好きなんだったら、いっそ作る楽しみのほうに興味を促すのもアリなんだろうか。うーん。


■Google自動運転車の事故

●Googleの自律走行自動車、公道での走行試験中にバスと衝突事故 - BusinessNewsline
●米グーグルの自動運転車、今月中旬に軽い衝突事故 責任認める | ロイター

カリフォルニア州当局に提出された23日付の報告書によると、事故は14日に同州マウンテンビューで発生。自動運転仕様の「レクサス RX450h」が路面に置かれた砂袋を避けようとした際にバスと衝突した。 報告書によると、事故時の走行速度は自動運転車が時速2マイル以下、バスが時速15マイル程度。自動運転車の左前のフェンダー、前輪、運転席側のセンサーが破損した。けが人は出ていない。


2マイルといえば、時速3キロくらいだ。15マイルは24キロほど。
大人がてくてく歩いても時速4キロはある。自動運転車はそれ以下の速度だったとするなら、見てから避けることは十分に可能なはず。この速度差なら、バスの運転手がちょっと乱暴だったんじゃないの、と考えてしまう。


●Googleの自動走行車、AI運転中に接触事故を起こす | TechCrunch Japan

(※引用者注:GoogleのLexusモデル無人走行車(以下「Google AV」))は、前方を阻んでいた雨水排水口を囲む砂袋を避けるために停止しなくてはならなかった。何台かの車が通過した後、Google AVは砂袋を避けて中央車線に戻り始めた。後方から公共輸送バスが接近してきた。Google AVのテストドライバーは左サイドミラーでバスが接近するのを見たが、バスは停止あるいは減速するだろうと信じ、Google AVに走行を続けさせた。

事故はどんな人間でも起こす ― ただしベイエイリアで何年か運転していれば、バスが減速して道を譲ってくれるなどと信じることはないだろう。


なるほどね。Google AVがすでに車線に戻ろうとしていたのに、バスの運転手がそのまま進んできた、と。

●道路外から道路に進入するために左折する場合|交通事故の過失割合 【ソニー損保】
日本では『他の車両等の正常な交通を妨害するおそれがあるときは、道路外に出入するための右左折はしてはいけない(道路交通法25条の2)』と定められている。だから過失割合の話でいえば、日本だとGoogle AVが不利。あっちの道交法はよく知らないのでなんとも言えない。

これはあくまで法的な割合の話。マナーなんかの面で言えば、とろとろ出てきたクルマがあったら一応減速したり注意するもの。とはいえ、公道で走行試験させてもらっているGoogleの立場では強くは出られまい。

個人的な話だと、似た状況で直進運転中に一時停止の横道から出てきたクルマに横腹に突っ込まれたことがある。こちらが停車中に、前のクルマがいきなりバックして突っ込んできたことがある。自分たち以外誰も通っていない見晴らしのいい直進路で直進中に、右折待ちのクルマが狙いすましたかのように突っ込んできたこともある。
いろんなドライバーがいるものだ。自分含めて全員おかしい人くらいの気持ちで運転してちょうどいいのかもしれない。それだと変な運転してる人がいても「ああ、どうせおかしい人だしな」と精神衛生面でもいらいらが軽減される。


関連記事

テーマ : ブログ
ジャンル : ブログ

【大人の読む漫画注意】シマウマとBLACK BRAINの類似点について

痛かったり倒錯的だったり裸が出る作風の漫画なので、苦手な方は描写に注意。
内容的にネタバレありきのエントリーになるので、未読の方は読まないほうがいいかも。


■小幡文生の「シマウマ」に見つけた気になるエピソード

刺々しい表紙が目に刺さってきたので、気になって読んでみた。
小幡文生の「シマウマ外伝 廃品回収」という作品。内容は復讐モノで、「闇金ウシジマくん」に大人の要素を加えてキツい描写をより直接的にした感じ。


なかなかおもしろかったので、その後本編のシリーズも読んでみた。
読み進むうちに気になる話があった。小幡文生の「シマウマ 5巻:CHAPTER-8 ノゾクモノ」から6巻の中ほどまで続く一連の話。


これとそっくりな話を知っている。サガノヘルマーの「BLACK BRAIN (ブラックブレイン) 2巻:第17波 フクコのフクは幸福の福」から「26波 バイバイブス」までの一連のエピソードだ。


上記のストーリーはこの巻一冊に収まっている。


■シマウマとブラックブレインの類似点

以下、箇条書きで類似していると思った点を記す。冒頭でも述べたが、以下はネタバレあり。

  • エピソードの中心キャラが太ってブサイクな女性
  • 彼女は学校の男から弄ばれていた
  • そのブサイクがミステリアスな美女と出会い、彼女に導かれて整形することに
  • ブサイクと美女が一緒にベッドへ
  • ↑の前にブサイクが恥ずかしそうに体を手で隠すポーズがほぼ同じ (左右の手が入れ替わっているだけ)
  • 整形手術の結果、面影がなくなりナンパされるほどキレイになる
  • ブサイクに近づいた美女には彼女を利用しようとする思惑があった
  • ブサイクが美女の仕事を手伝うようになる
  • ブサイクが自分を弄んだ男に復讐を決意
  • ブサイクが弄ばれた男に接近
  • ブサイクが男を弄ぶ (シマウマではその男、ブラックブレインでは別の男)
  • ブサイクを弄んでいた男はひどい目に遭わされる
  • キレイになったブサイクが調子に乗り始める
  • ブサイクが複数の男を手下のように扱う
  • ブサイクが裏切る
  • ブサイクの整形が崩れてバケモノのような容姿になる

以上の点が「シマウマ」と「BLACK BRAIN」どちらにも出てくる共通の場面。

「BLACK BRAIN 2巻」の初出は講談社ヤングマガジン1994年第38号、第40号~第52号の掲載作品。コミックスは1995年1月9日初版発行。
「シマウマ 5巻」のほうは少年画報社ヤングキング2012年第9号~第17号、の掲載作品。コミックスは2012年9月10日初版発行。「シマウマ 6巻」は同誌2012年第18号~第24号掲載作品。コミックスは2013年1月7日初版発行。

こんな倒錯的な内容がなぜか一致することってあるんだ!
奇跡のような符号っぷりだ。やっぱり過激な描写を好む作家の先生達は考え方が似てくるのかな。…パクリ?まさかまさか。たまたまに決まってるだろう。

サガノヘルマー先生も小幡文生先生も大好きです。これからもおもしろい作品を読ませてください!


■「シマウマ」の禁じ手

もうひとつケチつけるなら、「シマウマ」は禁じ手を使ってしまった。
ネタバレしますと宣言してるけど、以下はストーリーの肝心な部分を。

6巻の中で、キイヌが死んだと見せかけてそれはキイヌそっくりに整形したキイヌの手下、というネタを出したこと。
これはやっちゃダメだったんじゃないか。今後誰が死んでもどんな危ない目に遭っても、「どうせ手下だろ」になってしまう。

「シマウマ」はそれをやってしまった。今後はどんなストーリーになっても緊張感を感じることはないだろう。


■祝!「シマウマ」映画化決定

●小幡文生「シマウマ」映画化!竜星涼、須賀健太、日南響子、加藤雅也ら出演 - コミックナタリー
小幡文生先生のシマウマは、橋本一監督のもとR15+指定で実写映画化が決まったそうだ。5月21日から全国公開予定となっている。
クールに見えて実はすごく裏がある役には日南響子。自分の体とお薬を武器にするキイヌという役柄。漫画ではトイレで襲われたり複数の男を取っ替え引っ替え絡むシーンとかあったのだが、大丈夫なんだろうか。

日南響子は映画「桜姫」で濡れ場を演じているのだが、それはギャグみたいなシーンだった。ギャグ漫画でふざけてやる「あは~ん、うっふ~ん(はぁと」を実写化したようなやつ。ビジュアルがいいだけに演技が追いついていないのが残念。幸の薄そうな彼女のルックスは悲劇的な物語で活きるだろうに。

実写化ということで、どれだけリアリティを感じさせてくれるものになるのか。是非ともしっかり再現して欲しい。過激な描写だけを売り物にしたがっかりな内容にはならないようにお願いしたい。



関連記事

テーマ : ブログ
ジャンル : ブログ

スマゲに出演108万、漫画に出演10万円|大人向けの話題

■スマゲに出演108万、漫画に出演10万円

●スマートフォンゲームにオリジナルの物語やキャラクターを追加する権利、価格は108万円 | スラド モバイル
ホラー漫画家の犬木加奈子や関よしみ、御茶漬海苔の行っているクラウドファンディングでは、「支援者を漫画に登場させて殺してあげる権利」という特典が配布されていた。

●新作ホラー漫画短編集『レジェエンド・オブ・ホラー』制作プロジェクト | クラウドファンディング - FUNDIY(ファンディー)

これによると、「ちょこっと登場権」で10万円から、「大きく登場権」で15万円からになっている (作家ごとに料金設定が違う)。

スマホのゲームだと108万円になるのか。つくづくスマゲは金かかるな。
どちらかといえば形に残る漫画への登場権のほうがずっと価値があるように思えるが、ここら辺は人それぞれだしな。3月1日の一日限りとのことで、まだ売れるかどうかもわかんないし。


■大人向けの話題

●ヌードを封印した『PLAYBOY』のエディトリアル・デザイン ≪ WIRED.jp
リンク先は肌色多め画像あり。

『PLAYBOY』誌の60年の歴史にひとつの幕が下りることになった。今までの表紙と、ヌードを封印後の表紙を見比べてみたが、雰囲気ががらりと変わっている。

肌色多めなので画像はやめてテキストリンクで。以下のリンク先で表紙が見られる。
●Playboy International [US] January - February 2016 (単号) - Amazon
こちらが封印直前のヌードが載った最終号。

●Playboy International [US] March 2016 (単号) - Amazon
こちらがヌードを封印したリニューアル後。

今までのものはいかにもアメリカンな、バリバリにメイクアップしたプロのブロンド女性のオールヌード。
封印後はアンニュイな雰囲気を漂わせた大学生くらいの黒髪一般人女性がジムで汗を流す前に自撮りしました、という感じ。
全体的な色調も違っていて、以前が暖色系、リニューアル後が寒色系のクールなもの。

タイトルさえ見なければまったく違う雑誌に見える。刷新しようとする意気込みが感じられる。これだけの歴史のある伝統を変えるのだから、様々なひずみや批判もあるだろう。だがその挑戦は讃えたい。


余談だが、記事中にインディー官能誌を創刊した女性編集者の話がある。そこに出てきた「C-Heads」という雑誌名を画像検索してみて、やはり女性の考える官能と男性のそれとは違うなと再確認した。同じ女性の写真でも、ここまでストレートの男性の気持ちが盛り上がらないものにできるのか、と妙な感心をしてしまった。

●C-Heads - Google 画像検索
●C-Heads - Bing 画像検索
Googleは肌色画像に厳しいのでBing画像検索も付記。セーフサーチはどちらもオフで検索してみたが、閲覧者の設定により表示内容が変わるかもしれない。
エロではなくアート系。クールで、かっこいいデザイン。額縁に入れたら美容院なんかに飾ってあってもおかしくなさそう。

関連記事

テーマ : ブログ
ジャンル : ブログ

ブログ内検索
カスタム検索
プロフィール

兼業農家ツベル

Author:兼業農家ツベル
PC(パソコン)ときどきゲーム。ニュースも少々。

平成28年熊本地震に被災しました。今は元気です。

最近自分がアスペルガー症候群(AS)の特性が強いことがわかりました。

更新通知用:@tbrcln

カテゴリー
スポンサードリンク
●Amazonクーポン
「Amazonクーポン」のページにて、期間限定でAmazonのクーポン券がもらえます。
お買物前にチェックするとお得です。
タグクラウド

author by SUH
お知らせ
『.imtp.tachikawa.mopera.net』を含むhost、NTT docomoの提供する「mopera U」の環境からはアクセスできません。

野良黒 FC2を狙った迷惑なコメントが増殖中
スポンサードリンク
Amazonの検索が楽になるリンク
●【まとめ】 Amazonのバーゲン・セール・お買い得情報まとめ

●Amazonの「あわせ買い対象商品 」だけを検索する方法

●Amazonから「予約注文商品」だけを検索するためのリンク一覧
最近の記事
Archives
最新コメント
掲示板
FC2カウンター
リンク
RSSフィード