ちア修生-4:ちからじまん/アルコン/修行僧/生命領域

変愚蛮怒日記 - Ver 2.1.4 - 七代目

■クエスト

アルコンはモリバントのクエストをこなした。
「クエスト:ミミックの財宝」のダンジョン内で拾ったものに、役立つものがあった。強速射のロング・ボウだ。
射撃ダメージが倍増する。メインの攻撃手段は近接格闘だが、逃げる相手にとどめを刺したりピット内からモンスターを一匹だけ釣り出したりと使用する機会は多かった。

高精度のロング・ボウ (x3) (1.0turn) (+15,+10)
(57/shot 57/turn)

強速射のロング・ボウ (x3) (0.50turn)
(54/shot 108/turn)

「クエスト:テングとデスソード」
今のアルコンには苦労するところはない。

「クエスト:謎の瘴気」
不可解な煙霧のカオスブレスでスピードの杖が壊された。これでアルコンが持っているスピードの杖をすべてなくしたことになる。耐因は指輪で用意できたが、カオス耐性は揃っていなかった。
中のモンスターはそれほど強い相手ではない。杖を我が家に置いておくことで回避できたはずだ。アルコンは未熟さを痛感した。

辺境の町、アルコンは「クエスト:柳じじい」と「クエスト:ダークエルフの王」を制覇した。

テルモラ、アルコンは「クエスト:ログルス使い」に向かった。クエスト報酬はスピードの杖。モンスターに破壊されてなくしてしまったため、ぜひとも手に入れておきたかった。
クエストを制覇したアルコンがBMを覗くと、3本のスピードの杖がまとめ売りされている。これで計4本の杖をキープ出来た。2本は予備として我が家に置いておき、2本を持ち歩くことにした。

「クエスト:宝物庫」へ突入した。アルコンは東へ進んだ。小部屋のモンスターをすべて叩き、アイテムを鑑定する。床に落ちていたのは、クエスト達成条件の★至高神ファリスのロング・ソードだった。
★至高神ファリスのロング・ソード (2d5) (+20,+15) (+5) {+腕r酸電火冷;麻視明祝|焼/X邪オトデ死(腕}

あとはクエストフロアを生きて抜け出せばいいだけだ。だが、ここのモンスターは良いアイテムを落とすことがある。倒す価値はあった。
北の部屋へ向かった。放射性廃棄物のブレス。インベントリのアイテムが破壊される。それと同時にアルコンはヒドラに囲まれていた。ガチャピンだった。
耐毒も耐沌がない今、ガチャピンと戦うのは自殺行為となる。アルコンはクエストフロアを脱出した。

■探索

アルコンは鉄獄や城の35階前後で探索を繰り返した。この先深く潜るにあたって、カオスと毒の耐性を手に入れておきたかった。

鉄獄35階、アルコンは援軍の巻物を拾った。読むと、熾天使が現れた。それは経験を積むと種族:アルコンに進化する。
アルコンは自分の同族と出会って嬉しかった。熾天使を旅の友とし、共に戦うことに決めた。
二人の前にモンスターが現れた。アルコンが攻撃しようとしたとき、視界が塞がれた。熾天使が大量のモンスターを召喚したのだった。

熾天使が呼び出したのは、複数の幽体戦士、怪奇苔男、号泣ベトベト、巨像だった。
アルコンは収集がつかなくなるのを恐れた。ペットを維持するにはMPが必要になる。ペットの熾天使が召喚したモンスターもまたペットとして扱われる。アルコンは熾天使に召喚しないように言いつけた。

このフロアには『女王アリ』がいた。次から次へとアリの群れを召喚するモンスターだった。狭い通路の中でアリたちに分断され、アルコンと熾天使は離れ離れになってしまった。アリの群れは倒しても倒しても湧いて出てくる。近寄れない。
熾天使は回復能力を持っている。スピードも速く、強い。アリごときにやられるはずがない。アルコンは友の無事を祈った。

『女王アリ』の召喚と『女王アリ』自身の攻撃により、熾天使は徐々に体力を削られていった。ただのアリなら熾天使の敵ではなかったが、数が多すぎた。その数の暴力の前には熾天使の回復も間に合わなかった。
そして、ペットという立場の熾天使では、ユニークモンスターである『女王アリ』にはとどめが刺せない。それは瀕死の『女王アリ』に対して何もできないのと同義だった。熾天使にできるのは、自分の体を食いちぎるアリを眺めることだけだった。
熾天使に対して無敵となった『女王アリ』とアリの群れはその体を飲み込むように全身を包み込んだ。熾天使の翼を引きちぎり、目を食い破り、耳から、鼻から、体中の穴から潜り込んでいった。

やっとの思いでアリの群れを踏み潰し『女王アリ』を蹴り殺したアルコンが見たのは、かつて旅の友であった熾天使の変わり果てた姿だった。

関連記事

テーマ : PCゲーム
ジャンル : ゲーム

ちア修生-3:ちからじまん/アルコン/修行僧/生命領域

変愚蛮怒日記 - Ver 2.1.4 - 七代目

■Vault

鉄獄35階
- 恐ろしい死の幻が目に浮かび、気絶しそうになった! -

トロルのピットがある。アルコンはトロルの王に瀕死にさせられつつピットを片付けた。しかし雰囲気の変化はない。他に何かがある。

アルコンはアーティファクトの盾を手にした。大幅にACが上がる。手に持って使う装備だが、武器とは違い、盾は格闘術の邪魔とはならないようだ。若干攻撃力が下がるが、それ以外のデメリットはなさそうだった。
★金髪のケレゴルムの革製ラージ・シールド [6,+20] {r酸電火冷閃暗乱}

フロアの探索を続けるアルコンが見つけたのは、Vaultだった。雰囲気の原因はこれだ。
Vaultの中では大天使と修験者が周囲のモンスターと戦い始めていた。それに反応した運命の魔女が次々とデーモンを召喚している。
アルコンはしばらく見守ることにした。モンスター同士が戦っていることで予測していないことが起きるのが恐ろしかったし、同士討ちして数が減れば動きやすくなるかもしれない。
モンスター同士の戦いでは、回復能力のある大天使と修験者が継戦能力があり、生き延びそうだった。

モンスター同士の召喚合戦が落ち着いた頃、アルコンはVaultに突入した。加速し、召喚魔法を持っているモンスターを最優先で叩く。召喚されたモンスターはひとまず無視する。召喚持ちのモンスターを呼ばれてそれぞれがまた召喚する、というねずみ算になるのは何としても避けねばならなかった。
アルコンはLV 30になり、体力回復を覚えていた。一気にHP 300回復するこの魔法があれば、かなり耐えることができる。召喚されたモンスターに殴られながらもアルコンは近くの召喚主を片付けた。

奥へ進んだアルコンは、Vaultの制覇失敗を悟った。Vaultの奥では陰気なレプラコーンが増殖していた。
一体だけなら戦闘能力は皆無に等しいモンスターだ。だがそれは、アイテムを拾い、盗み、テレポートで逃げる。そして爆発的に増殖する。それらがVaultの外にテレポートし、そこかしこで増殖し始めていた。
一体ずつしか倒せない修行僧にはそれらすべてを倒すことは困難だ。四冊目の魔法書、聖杯の加護があれば不毛化の魔法で増殖を防ぐことができるが、持っていない。
Vault中のアイテムを取られたあげく、身ぐるみ剥がされることは必至だった。
手元には、対増殖モンスター用のボール系魔法棒がいくつかある。だが、数回ずつしか使えないそれでは、すでに大増殖しているレプラコーンの群れに対抗できそうもなかった。

アルコンのテレパシーが古代レッドドラゴンを感知した。それは少しずつ近づいてきていた。手元には先ほど拾った懐柔の魔法棒がある。これで古代レッドドラゴンをペットにできればブレスの範囲攻撃でなぎ払える。そうすれば、すべての陰気なレプラコーンを排除できるかもしれない。

古代レッドドラゴン自体は火の二重耐性を張れるアルコンの敵ではない。着実に体力ゲージを削る。失敗するわけにはいかない。慎重に少しずつダメージを与える。よし、次のターンで懐柔できるはずだ。つぎの瞬間、陰気なレプラコーンが懐柔の魔法棒を盗んで逃げた。
計られたかのようなあまりの出来事に、アルコンはしばし呆然と佇んでいた。
目の前の古代レッドドラゴンを殴り殺し、アルコンは街へと帰還した。

関連記事

テーマ : PCゲーム
ジャンル : ゲーム

ちア修生-2:ちからじまん/アルコン/修行僧/生命領域

変愚蛮怒日記 - Ver 2.1.4 - 七代目

■オークの洞窟

23階、アルコンはウルク=ハイの大王『アゾグ』を倒し、オークの洞窟を制覇した。
ここまでは順調に探索できている。戦闘能力は足りているようだった。
手に入れた装備は★鉄ヘルメット『ホルヘンネス』だった。発動により全感知ができる。この階層で全感知が手に入ったのは嬉しかった。
★鉄ヘルメット『ホルヘンネス』 [5,+10] (+2) {+知賢探r盲;視,

■鉄獄

鉄獄17階、アルコンはチャージマン『研』を倒した。落とした剣を調べると、★ブロード・ソード『噛尾刀』だった。
試しに持ってみると妙に振りやすい。素手よりも素早く攻撃できるほどだった。
アルコンはしばらく剣を持ってみることにした。慣れない武器なので命中率はかなり下がるが、この辺りの相手なら問題さそうだった。どうしても当たらなければ外せばいい。
素手
打撃修正(格闘): (+81, +11)
打撃:3 平均ダメージ:73

★ブロード・ソード『噛尾刀』 (2d5) (+18,+9) (+2攻撃)
打撃修正(両手): (+18, +16)
打撃:6 平均ダメージ:133

アルコンはしばらく『噛尾刀』を用いて戦っていたが、攻撃の半分ほどは空振りしてしまう。素手での戦いを続けてきた修行僧には、武器の扱いは向いていないようだった。

アルコンは★スランドゥイル王の硬革帽子を手に入れた。テレパシー能力が身につく防具だった。『ホルヘンネス』の全感知もありがたかったが、テレパシーには事前に二重耐性を張ることができるという絶対的な優位がある。
★スランドゥイル王の硬革帽子 [2,+10] (+2) {+知賢r暗盲~感,

鉄獄24階、RQ。守っていたのはガチャピンだった。ガチャピンと戦うには毒とカオス耐性が必須だった。アルコンにはどちらも足りない。
放射性廃棄物のブレス。耐性のない状態で受けるそれは、一撃でアルコンを瀕死にした。
今はかなわない。アルコンは24階を脱出した。

■迷宮

アルコンが迷宮に向かったのには目的があったわけではない。鉄獄24階のRQを失敗したので、気軽に達成感が味わいたくなったのだった。

生命領域魔法の扉探知と岩石溶解の魔法棒を使うと、すぐに最深階へと到達できた。
アルコンが『迷宮のミノタウロス』に殴りかかる。アルコンの格闘術は、今や迷宮の主を圧倒していた。屈強な肉体を持つミノタウロスを叩き伏せたアルコンは、迷宮を制覇した。

■鉄獄

アルコンは奥へ奥へと潜っていった。探索もそこそこに深く潜ることを目指した。
深く潜るほど強力なアイテムがある。自分が成長するよりも、それらを手にするほうが探索には有効だ。受け継いだ@の記憶はアルコンにそう要求していた。

35階、探索していたアルコンは何かにテレポートさせられた。何が起こったのかわからなかった。
再度テレポートさせられた場所へ向かうとまたテレポートさせられる。正面から向かうことを諦めたアルコンは、北側から迂回して向かった。またもテレポート。南側から向かっても同じだった。

アルコンは思案した。テレポートさせられはするが、ダメージはまったく受けていない。装備している★スランドゥイル王の硬革帽子のテレパシーでも危険なモンスターは感知していない。警戒は必要だが、離脱するほどの危険はなさそうだった。
アルコンは正体が知りたかった。逃げるにしろ戦うにしろ、わからないままにはしたくない。この先も生き延びるために、相手が何なのかを知りたかった。

アルコンは慎重に近づいた。生命領域魔法の光の召喚を使えば小部屋をすべて照らすことができる。小部屋に入らなくてもいい。入り口から発動すればそれは可能だ。入り口にたどり着けさえすれば。
一歩ずつ進んでいく。相手は気配に敏感なようだ。一歩、また一歩と近づく。小部屋の入り口が見えた。入り口だ。光の召喚を発動した。それと同時に転移させられた。正体がわかった。
ネクサス・クイルスルグ。初めて出会うモンスターだった。

肉の塊だった。動物の皮を剥いで引きちぎったかのような、皮膚のない肉だけが脈打っている。ぶよぶよした表面はにじみ出る脂肪分でぬらぬらとてかっていて、その不安定さは見たものの精神をささくれ立たせるものがあった。
ネクサス・クイルスルグの実写映像 (グロ注意)

アルコンはネクサス・クイルスルグに向けて、アイス・ボールとサンダー・ボールの魔道具を発動させた。凍らされたところに電撃を受けた肉の塊は、ぼろぼろと崩れ落ちてしまった。

関連記事

テーマ : PCゲーム
ジャンル : ゲーム

ちア修生-1:ちからじまん/アルコン/修行僧/生命領域

変愚蛮怒日記 - Ver 2.1.4 - 七代目

■心機一転

前回までプレイしていた騎兵は強かった。というか、ペットの古代万色ドラゴンと万色ワイアームが強かった。
だが、腕力に欠けるホビットだったこともあって戦闘はペットに頼りがちになってしまった。こうなるとどんどん進めるのはいいのだが、「自分で倒す爽快感」が薄れる。MMOで上級者と同じパーティーに入って無理やりレベル上げしてもらってるあの感じ。

次はガンガン自分で倒す達成感がほしい。アルコン/修行僧/生命領域を選択した。
剣術家と迷ったが、装備の引き次第で強さが変わるのかもしれないと思ったので、身ひとつで戦えそうな修行僧でプレイすることにした。

種族はアルコン。全体的に強く、前回苦労した魔道具能力も高いとのこと。成長は遅いとのことだが、じっくり進めることでカバーできそう。
種族、職業共に初選択。ついでに生命領域の魔法も初めて使用する。心機一転だ。

■序盤のクエスト

アルコンは辺境の町にたどり着いた。天界の住人である アルコンは、地上の悪意を持つモンスターを滅ぼすために遣わされてきたのだった。
大きな白い翼を持ち、自由に浮遊するその姿には、見た者に敬意を感じさせる神々しさがあった。
このアルコンは武器を使わなかった。体を保護する防具すらほとんど身につけず、自分の体のみで闘うことに誇りを持っていた。
数百年もの長いあいだ戦い続けたアルコンの身のこなしは、格闘術と呼べるほどの洗練をみせていた。仲間に頼ることを良しとせず、独りの戦いを好むアルコンは、いつしか自分の生命を維持する能力を身に着けた。もとより魔法への理解が深い種族であったアルコンは、生命の魔法領域を操るようになっていたのだった。

アルコンを見た町の住人が寄ってきた。クエストの依頼だった。強力な格闘術を持つアルコンには造作も無いクエストだった。
「クエスト:もの言えぬ証人」
「クエスト:盗賊の隠れ家」
「クエスト:ワーグを殲滅せよ」

これらをこなすことで、アルコンは自分の成長を感じた。
LV 11になっていた。

■オークの洞窟

アルコンはオークの洞窟へ向かった。オーク族は肉体の頑強さは随一だ。自分の格闘術が通用するかを確かめるためにも、力自慢のオーク共と戦うことは必須だった。

オークの洞窟10階、アルコンはエルフの紙甲、耐麻痺指輪を見つけた。早々に耐性がキープ出来た。幸先がいい。

22階
- とても悪い予感がする -

その雰囲気の原因は、ブロンズドラゴン・スケイルメイルだった。しかし修行僧であるアルコンは、重い鎧を身につけると身のこなしが遅くなってしまう。換金用アイテムとなった。

アルコンはLV 20を超えた。
アルコンには、@と呼ばれる前世から受け継がれてきた記憶がある。前世で騎兵だった頃は、ペットと経験値を分け合っていたので自分のレベルはなかなか上がらなかった。それに比べて今はどうだろう。面白いように経験値が溜まってゆく。

アルコンはクエストをこなすことにした。

■テルモラのクエスト

アルコンは「クエスト:下水道」を受諾した。
報酬は光明のフェアノールのランプだった。これで油つぼを持ち歩く手間が省ける。

■アングウィルのクエスト

「クエスト:オークのキャンプ」の依頼を受けた。
アルコンの蹴りがオークの足を砕き、正拳突きが肋骨をへし折った。アッパーが顎を砕き、金的蹴りが股間にめり込んだ。
オークの群れも、アルコンには脅威とはならなかった。
自分の格闘術は十分通用する。アルコンは確信した

「クエスト:破滅のクエスト1」を受けた。クエストに挑戦するにあたって火の二重耐性、スピードの薬が欲しかったが、手に入らなかった。アルコンは少し迷ったが、そのまま突入した。
入った直後、アルコンはミスに気がついた。杖や巻物は燃やされてしまうため、このクエストでは持ち歩かないほうがいい。そう考えて必要のないものを我が家に置いてきたのだが、誤って鑑定の杖まで置いてきてしまっていた。
大量のアイテムが手に入るこのクエストでは選別が重要になるのだった。
クエスト自体は何も苦労するところはない。テレポートの巻物などが数枚燃やされただけだった。

普段武器を使うことのないアルコンは、装備の簡易鑑定が苦手だった。上質以上かそうでないかはかろうじて分かるが、そこまでだった。
迷った結果、自分が使うことのない武器はすべて置いていくことにした。店で買えるアイテムもすべて捨てた。この先の冒険で役立つ可能性のある未知の魔法棒と杖、防具に絞って持ち帰った。

それだけ苦労して持ち帰った魔道具だったが、生命魔法と効果が被っていて、今後に役立つものはなかった。
報酬の火炎の指輪がただ嬉しかった。

関連記事

テーマ : PCゲーム
ジャンル : ゲーム

ちホ騎-20:ちからじまん/ホビット/騎兵

■探索

城32階、ホビットは人間トランプ『ジャート』、母なる『ハイドラ』、異世界からの勇者『ピップ』を倒した。

ホビットは探索のコツを掴んだ気がしていた。強敵さえ避けていけばどこまでも潜れるだろう。そう考えていた。強敵かどうかの見極めを誤らないようにしなくてはいけない。

ホビットは★クローク『コランノン』を発見した。もう少し早くに手に入っていれば役立てられたのかもしれないが、今のホビットには物足りないアイテムだった。

■クエスト:クローン地獄

探索のかいがあって、ホビットはスピード・モンスターの魔法棒を4本集めることができた。これだけあれば大規模なVaultやクエストでの使用にも耐えるだろう。

ホビットはクローン地獄へ挑むことにした。父祖の記憶にもないクエストだった。
下準備として、2セット分の矢を可能な限り強化した。また、普段は持ち歩かない強化アイテムもインベントリに入れた。耐性の薬、ヒーローの薬と聖唱歌の巻物、パニック・モンスターの魔法棒だった。
ヒーローと聖唱歌は、インベントリを開けるため通常はどちらかしか持ち歩いていなかった。

ホビットはあっけなくクエストを達成した。騎乗している古代万色ドラゴンに加えてモンスター・ボールの中の万色ワイアームを開放したのだが、どちらも体力ゲージをひとつ以上減らすことなくすべてのモンスターを焼き払った。
途中、『女王アリ』が大量のアリを召喚したが、龍達のブレスの前では脅威とはならなかった。ホビットは体力の薬を飲んでただ耐えていればよかった。

困難はクエストそのものより、そのあとにやってきた。大量のアーティファクトとエゴ装備がドロップしたため、選別に頭を悩ますことになったのだった。
【クエスト報酬】
★シヴァの化身の軟革ブーツ (+5,+5) [4,+16] (+4加速) {+速器r因;麻浮(器}

【ユニークドロップ】
h) ★ヱヅソンの白熱灯 (+3赤外線視力)
i) エルフの大鎧 (-2) [24,+17] (+3隠密)
j) エルフのクローク [4,+12] (+4隠密)
k) ☆硬革帽子『信仰心』 [2,+10] (+4) {+賢r冷乱沌}
l) ★槌手王の鋼鉄ヘルメット [6,+20] (+3)
m) ドラゴン皮の靴 [5,+12]
n) ★女魔術師フィオナのダガー (2d4) (+6,+9) (+2)
o) ★カットラス『ゴンドリカム』 (1d7) (+10,+11) (+3)
p) ★ブロード・ソード『グラムドリング』 (2d5) (+10,+15) (+1探索) q) ★ロング・ソード『リンギル』 (4d5) (+22,+25) (+10加速)
r) ★グレート・ソード『神々の黄昏』 (4d6) (-40,-60) [-50] (+10加速) {呪われている}
s) ジャイアントスレイヤーのパイク (2d5) (+8,+6) (+2)
t) 追加攻撃のブロード・アックス (2d6) (+13,+6) (+2攻撃)
u) 地震のクォータースタッフ (1d9) (+11,+9) (+2)
v) ★管子のヘヴィ・クロスボウ (x4) (0.66turn) (+10,+15) (+3)

★シヴァの化身の軟革ブーツ (+5,+5) [4,+16] (+4加速) {+速器r因;麻浮(器}
★管子のヘヴィ・クロスボウ (x4) (0.66turn) (+10,+15) (+3)

上記2点のアイテムを換装した。
武器もリンギルと持ち替えたかったが、そうすると盲目耐性がなくなる。それは避けたかった。他の職業なら+10加速は非常に魅力だが、騎兵はペットに乗っている限りは関係ない。
槌手王の鋼鉄ヘルメットを装備すると近接攻撃力が相当増すが、今使っているテレパシー頭のほうがモンスターへの対処が容易くなる。事前に二重耐性を張ることができるのが大きかった。

■クエスト:破滅のクエスト 2

ホビットは次に破滅のクエスト 2 の依頼を受けた。
ホビットはクローン地獄を制覇したことで自分に自信がついていた。もちろんペットの手助けがあってのことだが、それをうまく扱ったのは自分だという自負もあったのだった。

中には火炎系の魔法を使うモンスターが多くいる。しかし、ホビットは耐性の薬と火炎の指輪を持っている。火の二重耐性は万全だった。
アイアン・リッチがアンデッドを召喚している。やっかいなことになりそうだった。真っ先に倒さなければいけない。
何かに殴られている。ホビットは自分のミスを悟った。アイテムを入れ替えた際に透明視がなくなったことに気づかなかったのだ。モンスターが見えないということは、適切な対応が取れないことを意味していた。
ホビットは距離を取りたかった。距離さえ取れれば古代万色ドラゴンのブレスと射撃でなんとかなる。しかしテレポートの巻物を読むとモンスター集団の真ん中まで飛んでしまうかもしれない。
ホビットはショート・テレポートの巻物を飛んだ。転移した先は壁の向こうだった。モンスターに囲まれている。それに気を取られたホビットが最後に感じたのは、何かが暗黒の嵐の呪文を念じた気配だった。

…ホビットは、クエスト「破滅のクエスト2」で闇のエルフの影に殺された。

ホビットは死んだ。だが、@の魂は次の世代に受け継がれる。いつの日か次の@が冒険に出るだろう。ホビットの体が冷たいダンジョンの床の上で朽ち果てても@の記憶は消えることはない。記憶を継いだ@が、いつかホビットの屍を越えていくだろう。

ちホ騎 - 終


立ち上げっぱなしで放置が多いのでプレイ時間がすごいdump。
dump


■雑感

ペットは強い。他の職業でも有効に使っていこう。クエスト攻略の強い味方になってくれそうだ。
ホビットは打撃力が弱い。下手に隣接しているとペットに経験値を食われるので射撃でちまちまする必要があったのが面倒だった。
魔道具大事。せっかく強い魔道具を手に入れても全然使えないのがつまらなかった。
性格に「ちからじまん」を選んだのは効果的ではなかった気がする。戦闘が弱いホビットを強化するためにと考えたのだが、魔法道具の成功率をカバーするような性格を選んだほうがよかった。

装備の入れ替えで耐性が抜けるというのは、完全に自分のミス。確認が疎かだった。
関連記事

テーマ : PCゲーム
ジャンル : ゲーム

ちホ騎-19:ちからじまん/ホビット/騎兵

変愚蛮怒日記 - Ver 2.1.4 - 六代目

■探索

城31階、ホビットは『ボクラグ』、ダークエルフの鍛冶師『エオル』、父なる『ダゴン』を倒した。

鉄獄33階、盗賊『プアー』を倒した。ブランドの情婦『ジャスラ』がヒドラの群れを呼び寄せたが、気にする程ではなかった。

鉄獄34階、『クッパ大王』を倒した。
丘からの恐怖『チャウグナール・ファウグン』が現れた。小柄な人間ほどの大きさをした生きた岩石だった。
『チャウグナール・ファウグン』は、メンデスの山羊、シュブ=ニグラスの黒い仔山羊、<コーン>の血戮悪魔、レッサー・バルログ、ヴォア、ヒドラなど、多数のモンスターを呼び出した。モンスターを召喚されたことにより雰囲気が変わった。
- とても悪い予感がする -

ヴォアの魔力の矢は相当な威力があった。ホビットのHPは400足らずだったが、一撃で半分近く持っていかれるほどだった。
ホビットは、ヴォアの射線から隠れるように動き、古代万色ドラゴンのブレスと射撃で召喚モンスターを倒していった。最後に部屋の反対側から回りこみ、一気にヴォアを殺したところで勝負がついた。

ホビットは★ロヒアリムの金属製ブリガンダイン・アーマーを発見した。装備している青龍鱗鎧よりACと耐久力が落ちる。だが、腕力と器用さが上がるため、平均ダメージがはるかに上昇する。無視できないダメージ増加量だった。破片耐性が抜けるがなんとかなるだろう。
[AC:131→110] [HP:424→384]
[攻撃回数:2回→4回] [平均ダメージ:88→156]
☆ブルードラゴン・スケイルメイル『アーリマンの心臓』 (+4,+6) [40,+16] (+4) {+耐魅r酸電暗破轟;視明(耐}

★ロヒアリムの金属製ブリガンダイン・アーマー [19,+15] (+2) {+腕器r酸電火冷乱轟}

■影

城33階、ホビットはブランドの息子『リナルド』によってピンチに陥った。『リナルド』の純ログルス(82+10d10)と魔力の矢(50+d143)がホビットに突き刺さる。たった2発でホビットは瀕死に陥った。ホビットはとっさにテレポートで逃げた。
『リナルド』の周りにはLV 40のハイ=エルフ・レンジャーがいた。ということはつまり、テレポート先に同等のモンスターがいてもおかしくないということだった。ここからはうかつにテレポートして危険を回避しないほうがいいのかもしれなかった。
距離を取ったあとは、古代万色ドラゴンのブレスと弓矢で仕留めることができた。ホビット得意のコンビネーションだった。

『リナルド』はアンバーの王族だった。アンバーの血族たちは、自分が死ぬ時に「血の呪い」を残す。ホビットはそれを警戒して反魔法のアミュレットを着けていた。それが功を奏したためか、今回は何も起きなかった。

探索を続けるホビットは『影のジャック』と出食わした。ホビットが『影のジャック』に気づいた次の瞬間に暗黒の嵐の呪文が唱えられ、ホビットは280を超えるダメージを食らった。残る体力は105、死ぬ寸前だった。
ホビットの今の加速は、騎乗する古代万色ドラゴンが通常+11、加速させて+21となる。だが、『影のジャック』はそれよりも速く動いていた。
今の自分では勝てないとホビットは悟った。ホビットはテレポート・レベルの巻物を読み、撤退した。

関連記事

テーマ : PCゲーム
ジャンル : ゲーム

ちホ騎-18:ちからじまん/ホビット/騎兵

変愚蛮怒日記 - Ver 2.1.4 - 六代目

■モリバントのクエスト

ホビットは、拠点としているモリバントのクエストを受けることにした。
「ミミックの財宝」は、盗賊のギルドからの依頼だった。競合相手の店を壊せというのがその内容だ。
その次のクエストは「テングとデスソード」。同じく競合相手の店を潰すクエストだった。
ホビットの戦闘能力は適正レベルを超えすぎている。簡単に制覇できるのはいいが、得られるアイテムを活用することを考えると、もっと早くに攻略すればよかったとホビットは思った。

モリバントの城から依頼されたクエスト謎の瘴気の報酬は全感知のロッドだった。付近にある何もかもを感知するという感知アイテムだったが、充填が遅いのが難点だった。実戦で使うには何本か持ち歩く必要がありそうだ。ホビットは我が家に全感知のロッドをしまい込んだ。

続けて依頼されたのは「マイクロンフトの興亡」。ホビットは『ブル・ゲイツ』を含むすべてのモンスターを射殺した。ドロップしたアイテムを拾おうとした時だった。『ブル・ゲイツ』は死ぬ前に足元にトラップを仕掛けていた。それが作動した。

忌まわしき狩人、マグマのエレメンタル、世紀末覇者『ラオウ』が現れた。その直後、ラオウがホビットに向かって呪文を唱えた。致命傷+呪い(10d15)の魔法だった。HPが一気に削られる。ホビットはとっさにテレポートした。
ラオウの攻撃力はかなり高かった。隣接しては強力な殴りがあり、離れたら致命傷+呪いでいいようにあしらわれる。
スピード・モンスターの魔法棒が一本しかなかったことが災いした。加速を『ブル・ゲイツ』で使いきっていて迫ってくるラオウから距離が取れない。中途半端な距離だとテレポートバックで引っ張られてしまう。逃げきれない。
ホビットは万色ワイアームを呼び出した。それまでの戦いではこれで勝ちだった。

ラオウの近接攻撃力は万色ワイアームの体力を着実に奪っていった。万色ワイアームの攻撃も効いていないわけではなかったが、ラオウの使う回復速度はそれを上回った。
ホビットは離れた場所から回復モンスターの魔法棒で支援していたが、ラオウの魔法に狙われてしまった。テレポートで一時離脱する。削り合いではリソースに限りのあるホビットが不利だった。ホビットは万色ワイアームを回収し、クエストダンジョンを脱出した。

関連記事

テーマ : PCゲーム
ジャンル : ゲーム

ちホ騎-17:ちからじまん/ホビット/騎兵

変愚蛮怒日記 - Ver 2.1.4 - 六代目

■鉄獄

鉄獄33階、万色ハウンドの氷のブレスがホビットのスピード・モンスターの魔法棒を壊した。これまでの冒険で数えるほどしか手に入らなかった貴重品だった。氷の指輪の発動で二重耐性を張ることはできたのだが、群れで襲ってくる万色ハウンド相手には効果時間が保たなかった。
ペットのモンスターのスピードは、今のホビットの戦闘能力に直結していた。ダンジョンの探索程度なら一本で足りるが、大規模なVaultやクエストでは不安だった。残りの魔法棒はひとつしかなかった。

BMを覗くと、店主のリアソーがにやけ顔で話しかけてきた。こういうときは決まって吹っ掛けられる。だが、リアソーの見立てに狂いがないのも確かだった。
結局ホビットは、不足しているカオス耐性の付いた帽子を買った。リアソーは持ち合わせの4割のカネで勘弁してくれた。
鋭敏の宝冠 [0,+11] (+5探索) {+探r盲;視~善}

☆硬革帽子『信仰心』 [2,+10] (+4) {+賢r冷乱沌}

■城

城31階
- とても悪い予感がする -

ガキ大将『ジャイアン』が現れた。倒しても雰囲気に変化は現れない。
目の前に塵の中を歩くもの『クァチル・ウタウス』がいた。干涸らびた中絶胎児のような姿をしている。先祖の話にも聞いたことのないモンスターだった。『クァチル・ウタウス』は大量の死体とゾンビを従えていた。
このまま隣接していてはいけない気がする。テレポートで距離を取る。体力を回復し、愛馬を加速させてから近づく。
時間逆転のブレス。連発されて361あった体力が64になる。『クァチル・ウタウス』が周りの死体をなぎ倒しながら迫ってくる。ホビットは生命の危機を感じた。無理だ。再度離脱する。

『クァチル・ウタウス』は視界にホビットが入る度に時間逆転のブレスを放ってくる。経験値が下げられた。腕力が下げられた。知能が下げられた。魅力が下げられた。
とても正面からは戦っていられなかった。ホビットはモンスター・ボールを掴んだ。万色ワイアームに頼るしかなかった。
万色ワイアームの力は強大で、体力ゲージをたったひとつ減らしただけで『クァチル・ウタウス』をぼろぼろに噛みちぎってしまった。『クァチル・ウタウス』の回復も間に合わない。ホビットは、最後に弓矢でとどめを刺せばよかった。

まだ『悪い予感が』続いていた。
黒衣の騎士『アシュラム』だった。古代万色ドラゴンがブレスを吐いた。黒衣の騎士は遠距離攻撃ができない様子だった。古代龍の前には分が悪かった。

『アシュラム』を倒しても悪い予感は消えなかった。
ひげおやじ『マリオ』が現れた。火炎の二重耐性さえ張っておけば恐れる相手ではない。

まだ緊張している。超大なる『ギガント』がいた。古代万色ドラゴンのブレスで弱らせればよかった。
ようやく雰囲気が落ち着いた。

ホビットはユニークモンスターとの戦利品として、テレパシーの鉄冠を手に入れた。ありとあらゆるモンスターを感知できる逸品だった。
ホビットはBMで散財したことを悔やんだ。
テレパシーの鉄冠 [0,+6] {~善無竜ト巨デ動}

ホビットはすでに父祖の語り継いできた記憶にないモンスターに出くわすようになっている。しかし、それほど苦戦はしていない。ペットの古代万色ドラゴンと万色ワイアームのおかげだった。自分の思っている以上にペットの戦闘能力があるということかもしれない。この分だともう少し積極的に探索を進めてもよさそうだった。

関連記事

テーマ : PCゲーム
ジャンル : ゲーム

【解決】FirefoxでAmazonが重い

野良黒 FirefoxでAmazonがフリーズするのはNoScriptで防げるけど…
以前書いた上記のエントリーの後日談。

FirefoxでAmazonの商品を開くと異常に重く、プチフリが頻発する。まっさらの新規プロファイルだとこの症状は出ないので、何らかのアドオンか設定と競合している様子。
楽天でも同様の不具合があるという。

NoScriptで「images-amazon.comを禁止」にすればフリーズしなくなる。
だが、そうすると拡大画像や「こんな商品も買っています」が使えなくなり、カートの商品の数量を編集できないといった弊害が出る。

回避策を見つけたのでメモしておく。

■FirefoxでAmazonが重いのを回避する方法

確認環境:Firefox 42.0

Greasemonkey Scriptを使う。
スクリプトファイルの中に注意書きがあったので引用しておく。

/* Amazonが重くて且つ「Greasemonkeyを無効にすると軽くなる」という人は このスクリプトを試す前に、 Greasemonkey本体の設定の「実行しないページ」のリストに *images-amazon.com/* を追加してみてください。 設定の場所は ツールバーボタンのメニューの「Greasemonkey オプション(O)...」 または アドオンマネージャ → 拡張機能 → Greasemonkeyの「設定」ボタン または Alt+T → G → O */

  1. Firefoxにグリモンをインストールする
    Greasemonkey :: Add-ons for Firefox
  2. 以下をクリックして「Prevent OBJECT Insertion」をインストールする
    https://gist.github.com/anonymous/938de50a24cdc0eef62f/raw/b03f9b2115bd8fd98835467d669de1740c210343/prevent-object-insertion-1.1.user.js
  3. Amazonの商品ページを開いて動作を確認する

筆者の環境では、これでAmazonが重くなったりプチフリすることはなくなった。軽くなってスイスイと買い物できる。
ユーザースクリプト作成者さんに感謝。

出典というか、作成者さんは以下の773氏のようだけど、Githubでもanonymousなので不明。
prevent-object-insertion-1.1.user.js ・ GitHub

773 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/06/12(金) 21:20:19.08 ID:60FRmiRa0
Amazonを軽くする(かもしれない)Greasemonkeyスクリプト。
SCRIPT要素はブロックしないので画像の拡大などの機能はそのまま。
https://gist.githubusercontent.com/anonymous/8c1fa6e27eaef2addc80/raw/0590a190aa8dbe0a22045150954c641905477018/prevent-object-insertion.user.js

774 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/06/12(金) 21:22:59.97 ID:60FRmiRa0
Amazonのスクリプトは、Firefoxで実行した場合、OBJECT要素を60個以上断続的に挿入している。
そうやって読み込まれた外部リソースの一つ一つに対して何らかの処理が走り、その間だけFxのUI応答が止まっていると考えられる。
それはきっと1秒にも満たない一瞬だが、Amazonではそれが何度も断続的に起こることで、その間「スクロールがカクカクする」などの症状になるのだろう。

>>773のGreasemonkeyスクリプトはOBJECT要素の挿入をブロックすることで、症状の発生回避を試みます。

http://anago.2ch.net/test/read.cgi/software/1433432508/773-774


関連記事

テーマ : インターネット関連
ジャンル : コンピュータ

ブログ内検索
カスタム検索
プロフィール

兼業農家ツベル

Author:兼業農家ツベル
PC(パソコン)ときどきゲーム。ニュースも少々。

平成28年熊本地震に被災しました。今は元気です。

最近自分がアスペルガー症候群(AS)の特性が強いことがわかりました。

更新通知用:@tbrcln

カテゴリー
スポンサードリンク
●Amazonクーポン
「Amazonクーポン」のページにて、期間限定でAmazonのクーポン券がもらえます。
お買物前にチェックするとお得です。
タグクラウド

author by SUH
お知らせ
『.imtp.tachikawa.mopera.net』を含むhost、NTT docomoの提供する「mopera U」の環境からはアクセスできません。

野良黒 FC2を狙った迷惑なコメントが増殖中
スポンサードリンク
Amazonの検索が楽になるリンク
●【まとめ】 Amazonのバーゲン・セール・お買い得情報まとめ

●Amazonの「あわせ買い対象商品 」だけを検索する方法

●Amazonから「予約注文商品」だけを検索するためのリンク一覧
最近の記事
Archives
掲示板
FC2カウンター
リンク
RSSフィード