Evernoteの最新版でプチフリが発生したので過去バージョンに戻した

■Evernote for Windows Desktopのアップデートでフリーズ発生

Evernote 5.8.1.6061にしてから、Evernoteがすぐに固まってしまう。
文字を打ち込む、ノートを切り替えるといった基本的な操作でフリーズしてしまうのでどうしようもない。

Evernoteはメモソフトなのだから、思いついてすぐに操作できないのは困る。
これでは使っていられないので、過去バージョンに戻すことにした。

前に書いたこのエントリーと同じ。
対応方法も同じやり方で解決した。

野良黒 Evernoteの最新版で頻繁にフリーズするので過去バージョンに戻した



今回はEvernote 5.7.2.5753まで戻した。
Evernote 5.7.2.5753をダウンロードする - FileHippo.com

いつも通りの軽やかな動きに戻った。
すいすいで快適になった。
関連記事

テーマ : 問題と解決
ジャンル : コンピュータ

映画 - ジュリアン (原題:Julien Donkey-boy)

ジュリアン [DVD]
ジュリアン [DVD]
posted with amazlet at 14.12.18
東北新社 (2001-08-24)
売り上げランキング: 123,656

原題:Julien Donkey-boy
監督・脚本: ハーモニー・コリン
プロデューサー: ジム・ツァーネック/ケイリー・ウッズ/スコット・マコーレー/ロビン・オハラ
撮影: アンソニー・ドット・マントル
出演: ユエン・ブレンナー/クロエ・セヴィニー/ヴェルナー・ヘルツォーク/エヴァン・ニューマン/ジョイス・コリン/クリッシー・コビラク

「KIDS」「ガンモ」などで知られるハーモニー・コリンの作品。
邦題がよくない。検索でも探しづらいし。これなら「まぬけのジュリアン」「のろまのジュリアン」などが適当なのではないか。さすがに「馬鹿のジュリアン」だとやり過ぎだろうけど。
ザラザラとした映像(画質)だが、ディスクがおかしい訳ではない。こういう演出。

合わない人にはまったく合わないだろうとのレビューがあったが、おれは合うほうだったようだ。
ハリウッドのようなわかりやすさや近年の日本映画の起承転結お涙頂戴とは対極にある映画。そういうのを求める人には合わないだろうと思う。


まともな人間がひとりも出てこない。誰もがいびつで、歪んでいて、周りとうまく溶け込めない。だがふと気づく。それでは、まともとはどういうことかと。自分はまともだと言えるのか。

体は人並みで頭のおかしいやつがいる。頭は人並みで身体のおかしいやつがいる。彼らのいびつさを見て感じるのは、まず異質さで、不愉快さで、不憫さである。この時点で、視聴者は無意識に自分を上に置いた視点となる。おいおいおかしいやつばかりじゃないか、まともな人間はいないのかと見下ろしてしまう。
次に思い至る。彼らへ向けた視線はそのまま自分に適用されうるものだと。どこかの誰かからは、きっと自分もこういう眼で見られているのだと。
そこでようやく映画の人物と同じところまで降りてくることができる。ユーモラスな場面がある。思わず笑いそうになり、顔の筋肉が笑顔になりかかった瞬間思い出す。あれは自分だ。おれなんだ。表情が引きつる。とても笑えない。おかしくて堪らないのに笑えない。忘れてしまいたい自分の失敗談を誰かがおもしろおかしく話しているところを盗み聞きするような気分だ。
だからといって、どうにもならない。どうしようもない。自分は自分でいるしかない。


関連記事

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

たった5分でWindows 7の回線速度をスピードアップする方法

■たった5分で回線速度が150%に!

Windows XPにおいて、RWin値というものをいじって回線速度を改善する方法があった。
それのWindows 7版。Vistaや8でも使える。

ウチの環境では、ADSL:2Mbps弱→3Mbps以上とかなりの高速化効果があった。

詳しい解説をすると難しくなるので、手順だけ。


■Windows 7の回線速度をスピードアップする手順

  1. 速度測定システム Radish Networkspeed Testingで現在の回線速度を確認する。メモしておく。
  2. Windowsのスタート→すべてのプログラム→アクセサリ→コマンドプロンプトを右クリックして「管理者として実行」
  3. [netsh int tcp show global]と打ち込み現在の設定を確認。おかしくなったら戻せるようにメモなりスクリーンショットなりで記録しておく。
  4. [netsh int tcp set global chimney=disabled]と打ち込む。「OK」と表示されたら成功。
  5. [netsh int tcp set global rss=disabled]と打ち込む。「OK」と表示されたら成功。
  6. [netsh int tcp set global netdma=disabled]と打ち込む。「OK」と表示されたら成功。
  7. [netsh interface tcp set global autotuninglevel=highlyrestricted]と打ち込む。「OK」と表示されたら成功。
  8. [netsh interface tcp set global congestionprovider=ctcp]と打ち込む。「OK」と表示されたら成功。
  9. [netsh int tcp show global]と打ち込み現在の設定を確認。画像のようになっていたら成功。 cmd-netsh-setting-01.png
  10. 速度測定システム Radish Networkspeed Testingで現在の回線速度を確認する。スピードアップしていたら喜ぶ。

もしこれらの設定を元に戻したくなったら、最初に取っておいたスクリーンショットを参照して以下のようにする。
例えば[netsh interface tcp set global autotuninglevel=highlyrestricted]を元通りnormalにしたかったら… [netsh interface tcp set global autotuninglevel=normal]と打ち込む。「=」以下を変更して打ち込めばいいだけ。他も同じように。


■何をいじっているのか?

「詳細はどうでもいい、速度さえ上がればいい」という人は、ここから先は読まなくていいです。

↑では何をいじったのかというと、ざっくり言うとこういうこと。
『「SNP」を無効にして「受信ウィンドウ自動チューニングレベル」の範囲を拡げた』ということ。

もっと詳しく知りたい場合は「ネットワーク自動最適化」で検索するといろいろ出てくる。

Windows XPではRWin値というものをいじって回線速度を改善できたが、Vista以降のOSではRWin値をいじれなくなった代わりにこの機能を使って「だいたいの範囲」をいじれるようになっている。

以下が詳しいが、詳しすぎてよほど興味がなければうんざりするはず。
ITアーキテクトの「やってはいけない」 - [Windows 7編]ネットワーク設定を標準で使ってはいけない:ITpro
関連記事

テーマ : インターネット関連
ジャンル : コンピュータ

LoL - 4th ChampionのHeimerdingerがおもしろい

今週無料で使えるChampionのHeimerdingerが妙に気に入ってしまい、こればかり触っている。無料期間が終わったらアンロックするつもり。これで4人目の持ちChamp。
勝率はお通夜。味方にDCがいたから…とちょっとだけ言い訳。

※今現在↓のop.ggにて日本語表示にするとサイトが閲覧できなくなっている。英語表示にすると見られる。
ganeza55 - Summoner search results :: League of Legends (LOL) Search Summoner Stats


■Heimerdingerを選んだ理由

勝率が高いこと
Champions - League of Legends
Game stats by champion :: OP.GG North America
トップクラスの勝率。ただし韓国でのWin Rateは高くないので、うまい人には通用しないということだろう。NAのNormalでは十分通用するはず。
Win Rateが低いChampは避けたい。操作が難しかったり使いどころが難しかったりする。
少なくとも「負けない」Champを選びたい。

TopやMidで使えること
Normalでは味方は頼れない。無視してはいけないが、信頼しすぎてもいけない。そのため、味方への依存度の低いレーンで相手と互角に戦えるようになる必要がある。
Fiddle Jungleには自信が出てきたが、Jungleをピックできなかった場合に使えるChampが必要だった。

操作が難しくないこと
自分の中でLoLのChampを選択する基準があって、そのひとつに『素早い操作を要求されないもの』というものがある。
理由は簡単で、Pingと操作する腕前がよくないからだ。
ウチからLoLをプレイしていると、Pingは160-180。これはアクション要素を考えるとよくない数値。この時点でRivenやLucianなどの細かな操作が必要なChampは選択肢から外れる。


■使用感

HeimerはTD系?
Heimerを使ってみて懐かしさというか既視感を感じたが、その理由がわかった。
一時期よく遊んでいた、フラッシュゲームによくあるRTSのTD系(タワーディフェンス)防衛ゲームをプレイしている気分になる。
つまり、Heimerを使えばLoLとTD系を同時に遊べてお得!?

待ちプレイだけではない
それでも使い始めてすぐは、「待ち」を中心としたスタイルが野暮ったく感じていた。逃げる相手を追い打ちしづらいのもイマイチだと思った。
しかし↓のSummonerのプレイを見て考えがUPGRADE!!!された。すごく攻撃的なのだ。
WaffleSlap - Replays
WaffleSlap氏のプレイを見るまで「R>Q>W>Eで上げて待ちプレイ」と思っていた。だが、E上げを起点とした攻めのプレイもできるとわかった。

Ultの多様さ
Heimerは、3種類のUltを持っているのと同じだ。
様々な場面に対応できる性能。

逃げ性能/追撃性能の悪さ
Blinkスキルがないので逃げたり追いかけたりは苦手。


Heimerは他のChampとまるっきり戦い方が違っていて新鮮。
Fiddleは、使えば6割勝てるというところまで自信が出てきたので、HeimerにはJungleが取れなかったとき用のChampとして活躍してもらおう。

LOLのアイテム - Amazon


関連記事

テーマ : League of Legends
ジャンル : オンラインゲーム

LoL - LoLを始めて2ヶ月で覚えたこと

2014年10月の頭からLoLを遊び始めて2ヶ月ほど経った。
少しずつチームを意識した動き方ができるようになってきたのがうれしい。
ganeza55 - サモナー検索結果 :: League of Legends 戦績チェック (LOL Stats)


■FiddlesticksがメインChampionに

すっかりFiddlesticksがお気に入りになっている。
最近は、今週無料で使えるChampionをちょいちょい触りつつFiddleでNormalに行く日々。

Fiddleを使い始めて、徐々に全体を見られるようになってきた。レーナーとしてプレイしていた頃は、CSとハラスにばかり意識が向いていて、とても他のレーンを気にしたりはできなかった。
それだけでもJunglerに触れてみてよかったと思う。


■Wardの大切さ

Wardの重要さもわかってガンガン置くようになった。
今のレベルだと、試合終了までPink Wardを壊されないポイントがいくつかあるのがわかった。

たった100Gで試合中ずっと相手の動きがわかるなんて!
これで何度Gankを回避できたかわからない。

こんなお得なことが少し前まではわからなかった。成長できてるってことだ。


ドラゴンもきちんと狙うようにした。

当たり前と言われることが当たり前にできるようになっていく。進歩が実感できる。


■Junglerは試合を決定づけるキーマンとなれる

Fiddleをアンロックするとき、レーン戦だけではなく、チームの勝敗を左右できるChampionを使いたいと思っていた。
調べていくうちに、「Junglerなら試合を動かせる、キーマンとなれる」とわかった。
使ってみたら、やっぱりそうだった。

今はSummoner LV18、Normalでプレイしているけど、このレベルだとJunglerがうまくGankできたチームが有利。DCやAFK、Trollが出ない限りはこれでほぼ勝ち。

FiddleのUlt+砂時計で相手集団を壊滅に追い込んだときの爽快感といったら…!


■本日の戦果

Match History
今週のFree ChampionのHeimerdingerで遊ぼうと最初にTopを宣言したが、Nasusが「おれはTopで絶対勝てるから!」と熱く語るのでTopを譲った。今回はFiddle Jungleすることに。ところがbotのsupがDC。急遽supとしてbot Caitlynのカバーに入った。
敗色濃厚かと思われたが、Caitがうまい人でおれのハラスを逃さず追撃に入る。ガンガンKill取ってくれた。TopのNasusも熱く語っただけあって、16Killと暴れてくれた。
中盤までは押され気味だったが、24分頃からは押し返して圧倒できた。

中盤にこんなシーンがあった。
  1. MidにいたCaitが3人に囲まれて助けに寄る
  2. それを察したCaitがこちらにbaitしてくる
  3. おれのFiddleがPingしつつBurshに入る
  4. それを見てCaitが寄る
  5. FiddleのUlt
  6. 相手3人狙いをFiddleに変更
  7. フォーカスを集めたところでFiddleのZhonya(砂時計)
  8. トドメにCaitが追撃で一掃
これには脳汁出た。それを見ていた味方のOriannaからも「お前らすげーよ!」とほめられて嬉しかった。

このCaitは、Jungle通ったら青バフをおれに取らせてくれるし、Wardもひょいひょい置いてくれるし、Fearかけたらきっちり追撃してくれるしで「わかってる」人だった。いっしょにプレイしていて楽しかったなあ。

ネトゲは、見知らぬ人と息のあったチームワークが出せたときほど気持ちのいいことはない。
以前遊んでいた大人数FPSのBF3などと違い、LoLはチームの人数が少ないから協力しないと勝てない。だからこそ息のあったプレイが出やすいのかもしれない。

bot対面はHeimer & Corkiだったが、まったく怖くなかった。HeimerのタレットはCaitの長射程とFiddleのWでさくっと壊せる。あれじゃHeimerは腐るしかない。
Heimerは対面を腐らせるのが仕事なので、邪魔されないソロレーンのほうが向いている気がする。

LOLのアイテム - Amazon
関連記事

テーマ : League of Legends
ジャンル : オンラインゲーム

検索結果から邪魔なサイトを消す方法

調べたいことがあって検索すると、中身の薄い参考にならないサイトが表示されることがある。
「Neverまとめ」や口コミサイト、コピペブログがその典型。

また、仕事場での検索結果で、そういうつもりじゃないのに成人向けのアダルトな内容が表示されることもある。

できることなら、これらのサイトは検索結果に表れないでほしいもの。

以前のGoogleには、検索結果からサイトを除外する「サイトのブロック機能」というものがあった。
だが、いつからかなくなってしまった。とても便利だったのだ。

その、なくなってしまった機能をFirefoxアドオンとして独立させたのがこのアドオン。
特定のページにアクセスできなくする、というアドオンもあるが、こちらは存在自体が見えなくなるので、ストレスが大幅に減る。Bing検索にも対応。正規表現も使える。

Hide Unwanted Results of Google Search :: Add-ons for Firefox

作者のサイト。詳しい使い方が書いてある。
Firefoxの拡張機能で Google検索の検索結果をブロックする バッキーの日々是爆食/ウェブリブログ


欠点としては、Google画像検索には未対応ということ(今後の対応予定)。
「Neverまとめ」は画像でもよく表示されるので、対応されるようになったらうれしい。


仕方ないので、画像検索には以下アドオンで対応する。
BlockSite Plus :: Add-ons for Firefox

こちらは検索結果の画像は表示されてしまうが、URLやリンクをクリックしてもサイトには飛ばない。
不愉快なサイトにアクセスしてしまうストレスは減る。
関連記事

テーマ : インターネット関連
ジャンル : コンピュータ

ブログ内検索
カスタム検索
プロフィール

兼業農家ツベル

Author:兼業農家ツベル
PC(パソコン)ときどきゲーム。ニュースも少々。

平成28年熊本地震に被災しました。今は元気です。

最近自分がアスペルガー症候群(AS)の特性が強いことがわかりました。

更新通知用:@tbrcln

カテゴリー
スポンサードリンク
●Amazonクーポン
「Amazonクーポン」のページにて、期間限定でAmazonのクーポン券がもらえます。
お買物前にチェックするとお得です。
タグクラウド

author by SUH
お知らせ
『.imtp.tachikawa.mopera.net』を含むhost、NTT docomoの提供する「mopera U」の環境からはアクセスできません。

野良黒 FC2を狙った迷惑なコメントが増殖中
スポンサードリンク
Amazonの検索が楽になるリンク
●【まとめ】 Amazonのバーゲン・セール・お買い得情報まとめ

●Amazonの「あわせ買い対象商品 」だけを検索する方法

●Amazonから「予約注文商品」だけを検索するためのリンク一覧
最近の記事
Archives
最新コメント
掲示板
FC2カウンター
リンク
RSSフィード