齧歯類は硬いものを齧らないと歯が伸びすぎて死ぬって本当?|カラダに埋め込むエトセトラ| 他

■齧歯類は硬いものを齧らないと歯が伸びすぎて死ぬのって本当?

●齧歯類の歯について : COMPLEX CAT
●犬歯(リュウキュウイノシシ) : COMPLEX CAT

 ネズミ目のほとんども,咀嚼のためにかなり複雑に顎が動くので,伸び続ける門歯自体は,上顎下顎のそれをすりあわせる事で(下顎骨の前後にスライドさせる動きが基本),自分自身をメンテナンスできます。堅いものを食べて磨り減らさないと伸び続けて最後はものが食べられなくなって死んでしまうという話は,皮膚全体を金粉で塗ったら皮膚呼吸が出来なくなって死んでしまうと云う話と同じように,まともな観察もせずにでっち上げたか,顎関節に機能障害を持つ個体の門歯が伸び続けて見かけそういった現象が起きるのを勝手に勘違いして作ったお話です。いたいけな少年達に無責任なウソを刷り込んで,一方で動物学者面して金儲けした事実を思うと,心中ちょっと許せぬ部分があります。


先日書いた「都合のいい解釈とストーリー性」というエントリーと通じるものがある気がする。

●野良黒 アスペルガー症候群とイベント|都合のいい解釈とストーリー性| 他

こうした説が知れ渡ると、それを修正するのは難しい。
個人があらゆる分野において専門家になることはできないから、どこかで誰かの考えを信用して受け入れることになる。それがなんら事実に基づかない、誰かのでっちあげだったらしいというのは残念なことだ。

リンク先管理人氏が繰り返し述べられているとおり、上記の説もあくまで仮説。「理論立てて考えればこうなるだろう」という内容。複数の研究者による実証実験を経て証明されたものではない、ということは念頭に置く必要がある。
とはいえ思考実験としては説得力があるし、内容も非常におもしろい。


●「正しさのブラックホール」に侵食されていく人々 - いつか電池がきれるまで

 多くの場合、その程度のことで周囲と衝突するよりは、「まあ、仕事ではお世話になっていることだし」と、不満を飲み込んで知らんぷりをしてしまうほうが、生き延びやすいと思うんですよ。



田舎のおもてなしは昔も今も酒。何はなくとも酒さえ出しておけばいいというところがある。
これはあらゆる交流の場面でそうなっている。

コップ1杯どころかひと口で真っ赤になるほど酒に弱い人間にとって、これはきつい。普段ほとんど口にしないので、限界値もとても低い。
そんな自分には乾杯プラス1、2杯が限度なんだけど、うわばみの人達は駆けつけ三杯の世界。そんなの唇を濡らすだけに過ぎないので、どうにも理解してもらえない。

そうはいってもそれ以上呑むと宴席を台無しにするような事態になるので、断る。すると、あからさまではないものの、相手はがっかりした感じになってしまう。
なんでだよ。そんなのこっちも申し訳なく感じちゃうじゃないか。

あなた達とは親しくなりたいし、他意はないんですよと思っているのだけど、その気持ちを見せるためにはコップの中身を文字通り『飲み込んで』いくしかないという。
難しいな、ほんとに。


■カラダに埋め込むエトセトラ

●コンタクトレンズの中にカメラを入れる - 日経テクノロジーオンライン

 例えば現在、驚くべきことにコンタクトレンズの中にカメラを内蔵した“スマートコンタクトレンズ”が実用化されています。2016年にソニーが特許を申請したスマートコンタクトレンズは、コンタクトレンズの中に極小のカメラユニットが埋め込まれ、ストレージ・イメージセンサー・撮像レンズ・無線通信ユニットなどを搭載しています。撮影時のシャッターはまばたきで切ることができ、絞り調整・ズーム・焦点を合わせるなどの操作が可能であり、眼球の動きによる画像のブレを防止する機能まで搭載されているそうです。


もう実用化してるんだ。すごい。
すごすぎてすごい。


●【閲覧注意】人体をDIYで「サイボーグ化」する人々──その痛々しくも「未来的」な肉体改造の瞬間|WIRED.jp

※リンク先は出血写真あり。

ピアスさえ開けられなかった自分からすると信じられない。
「発光体」を腕に埋め込んだ写真がもっともキた。


●【指を壊死させて切断】究極の身体改造「アンピュテーション」に挑む女―インタビュー

「なんでこんなことするの?」と思うなら、このインタビューが参考になるかもしれない。
だいぶ精神的にクる内容なので、苦手な人は要注意。


こうした身体改造例にたどり着くためのキーワードは以下。お好きな人はどうぞ。

「身体改造(Body Modification)」
「インプラント(Implant:皮下への器具埋め込み)」
「アンプテーション / アンピュテーション (amputation:切断 / 指や手足切開)」

「インプラント」だけだと歯科治療が出るので他の単語と組み合わせると吉。
「アンプテーション」単体だと事故による外科手術の情報。
「アンピュテーション」だと自己による身体改造の情報。



「義体化」といえば『●攻殻機動隊 | Amazon』だけど、DIYで人体改造するといえば山本英夫の『ホムンクルス』。外面だけではなく内面の骨まで、それどころかさらに内部の精神世界にまで入り込む感覚はこの作品ならでは。
サガノヘルマーの『●BLACK BRAIN | Amazon』もちょっとそういうとこあるけど、その他の表現がヤバすぎて人体改造どころではないからなあ。

ピアスが開けられない理由は、もしピアスが何かに引っかかったらという想像が広がって恐ろしくなるからだ。しかしこれらの作品を読んでも、作品中の人物の痛みを想像して恐ろしくなることはない。
自分のなかではそれとこれは別の話のようだ。

自分の想像は想定内のことだから、だろうか。つまり起こり得ることしか想像できないので、それは実現する可能性がある。
だがこれらの作品は自分にとっては現実離れした話なので、それに関わることはあり得ない。関わることがないのだから恐れる必要はない、と無意識で判断しているということだろうか。


●インド ギター弾きながら脳手術を受け成功 | NHKニュース

ちょっと何言ってるかよくわかんないです。


●ブログ:中国の「レンタル彼女」 | ロイター

ロイターが確認したアプリやサイトでは、学歴があって魅力的な20代なら、春節の繁忙期の一日あたりの料金は3000─1万元(約5万─16万6000円)となっていた。

Yuqingさんもサイトに自分の広告を出し、休暇の帰省に同行するパートナーとしての体験を求めているため、交通費だけ負担してもらえればよい、と説明した。


訪問が終わると、Yuqingさんは北京に戻り、その体験を中国発のメッセージアプリ「WeChat」のブログに投稿し、Quanmingさんの実家で「素晴らしい体験をした」と書いた。


その結果、ブログの体験記は日本でニュース配信されるほど評判になったと。
リンク先の写真を見ると、第三者のカメラマンがいるっぽいんだよなー。カメラマン同行で帰省して、それをブログにまとめてバズったのかー、そうかー。


■カラパイアあれこれ

●海の生き物たちがバージョンアップ。要所要所デフォルメした結果、クリーチャー感満載となったハンドメイドフィギュア : カラパイア

デフォルメとリアリティーの塩梅がいいなあ。


●そりゃ捕まるわ。目立つことこの上ない突出したヘアスタイルをした犯罪者たちのマグショット最新図鑑 : カラパイア

人の想像力には限りがないなあ。


テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

アスペルガー症候群とイベント|都合のいい解釈とストーリー性| 他

■アスペルガー症候群とイベント

●アスペルガー症候群のニュース - 【海外発!Breaking News】自閉症の7歳児に「スポーツ大会は参加しないで」 学校の対応に父親激怒(英) - 最新芸能ニュース一覧 - 楽天WOMAN

自閉症スペクトラム(ASD)のうちアスペルガー症候群(AS)の息子に対して「18日のスポーツ大会に、息子さんを欠席させてほしい」と言われたとのこと。
これ、息子のジェイコブ君本人はどう思ってるんだろう。

ASは「いつもと違うこと」がとにかくストレス。イベントごとなんてもってのほかだし、可能であればそうしたものはすべて回避したい。
筆者もASの特性が強いのだけど、「いつもと違うイベントごと」が嫌で嫌で仕方がなかった。学校側はもちろん強制参加させようとしてくるし、親も、本人が嫌だと言ってるのに「思い出が」とか「せっかくの機会」など言ってきて不愉快でたまらなかったな。

英リバプールのスピークに暮らすマーク・バーチャルさん(28歳)は、息子ジェイコブ君(7歳)が通うバンクスロード小学校のクラスに配置されるサポートスタッフに「18日のスポーツ大会に、息子さんを欠席させてほしい」と言われた。


息子はスポーツ大会を楽しみにしていて、


マークさんがジェイコブ君にスポーツ大会には参加できないことを伝えると、自分は学校に歓迎されていないと感じたのか大泣きしたという。


マークさんによると、自閉症は身体的な問題があるわけでなく一見普通に見えるため、世間から受け入れられないことも多々あるそうだ。しかしジェイコブ君の心が深く傷ついたのは言うまでもない。


うーん、ジェイコブ君本人の言葉が出てないからなんとも言えないけど、AS側の筆者からすると、「欠席させてほしい」と言ったサポートスタッフの方こそジェイコブ君に配慮しているように感じる。
子供の頃の自分が学校のスタッフから「君はイベントが苦手だから休んでもいいよ」と言われたら、ほっとしただろうな。とても嬉しく感じたはずだ。


リンク先ニュースの執筆者(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)の表現にはある種の感情的な誘導を感じる。自閉症スペクトラム(ASD)を「自閉症」と表記したタイトルからしても、ASDについてあまり理解しないまま書いているのでは?と思える。
「自閉症」はひと昔前の表現で、平均以下の知能指数の児童のことになる。そのため知能指数の低下を伴わないアスペルガー症候群(AS)とは意味が異なる。ASDやASについて調べたことがあれば、混同を避けるために使いたくない表現だ。執筆者はそれを理解していない。

この名前を見かけたら眉に唾をつけなければ、という意味でメモっておく。


●やまもといちろう 公式ブログ - サラリーマンとビジネスマンの違い(雑感) - Powered by LINE

 逆に、うまく行かなかった投資先や関係先の特徴というのははっきりしていて、同じような価値観で似たような能力を持っている人が集まって、会社として意欲的に取り組んでいこうというケースであります。RPGでいうと、戦士だけでパーティーを組んで、みんな経験値がありレベルが高いから大丈夫だろう的な発想でありますね。結構、そういう事例はゴロゴロしています。


本人の努力とか頑張りさえすればうまくいくということはない、持って生まれた資質や特性みたいなもんはあるよ、という内容。
上記のRPGのたとえはわかりやすいので、どっかで使わせてもらおう。


●国際水泳連盟 「シンクロ」の競技名を変更 | NHKニュース

国際水泳連盟は22日に開いた総会で、シンクロナイズドスイミングの競技名を「芸術性」を意味する「アーティスティック」を含んだアーティスティックスイミングに変更することを決めました。


えっ、なんか…言葉の力が強い。

「何かスポーツしてますか?」
「はい」
「どんな競技ですか?」
「芸術的な水泳です」

ってこと?


今までは略称が「シンクロです」だったけど、今後は「アーティスティックです」になるんでしょ。
いや、なんか…言葉の力が強い。


●AvastがPiriformを買収 | スラド IT

PiriformはCCleanerやDefragglerの開発元。
Avastさん、CCleanerさん、いつもお世話になっております。

たまにCCクリーナーと書いてあるのを見るとくすっとする。


Visual Studioのレジストリが破壊されて以来CCleanerは使っていない。


CCleanerはいじってほしくない部分は除外設定できるし、レジストリのお掃除前にバックアップを求められるし、それを使って回復できるはずなんだけどな。


●4Gamer.net ― 日本最大級の総合ゲーム情報サイト。最新ゲームのニュース,レビューはここで!

4Gamerの記事、「【PR】」表記増えた気がする。
昨今の「PR / AD / 広告表記問題」を意識してのことだろうか。

RSSフィードにずらずらと並ぶさまは壮観だ。


●近接特化SFアクション『The Surge』デモ版がSTEAM登場、ゲーム特徴紹介 + 低スペックPC動作確認: JJ PCゲームラボ

●The Surge - Combat Trailer - YouTube

ダークソウルに近い感じなんだろうか。和風、中世風の近接特化TPSアクションはよく見るけど、SFで近接特化は新鮮だなー。


■都合のいい解釈とストーリー性


自分でもちょっと考えてみる。
資料への閲覧性、商品性など考慮する部分は他にもあるだろうけど、今回は歴史エンターテイメントの目線で考えてみたい。

「都合のいい解釈」と「ストーリー性」ということがあるかもしれない。
歴史を扱ったエンターテイメントでは、史実としての正しさよりそれらが優先されることがある。大河ドラマや歴史小説の他、アニメ漫画ゲームなどでもそれは見られる。

歴史はわかってない部分を想像で補完する余地があり、たくさんの人がその部分を楽しんでいる。
何より「人物」を中心に置けるので、ドラマやストーリー性を作りやすい。歴史そのものに興味はなくても、恋愛話やお家騒動などの人間関係を使える。

上記の「ドラマやストーリー性を作る」ために、都合のいい解釈が用いられることがある。
出会ったかどうかもわからない人間関係が作られ、起きたかどうかもわからない裏の真実が創作される。そして、それらを脚色するための分かりやすいかっこよさが付け加えられる。

たとえば戦国時代の戦で使われた馬はずんぐりむっくりのポニーに近いサイズという事実がある(武田軍で用いられた馬は体高120弱~130cm前後)。これは出土した骨などの資料からも明らかになっている「事実」。
しかし大河ドラマや戦国時代を描いた映画ではサラブレッド体型の馬が使われている。

●木曽馬 - Google 検索

戦国時代の馬に近いのはこの「木曽馬」だそうだ。
重量装備を身に着けた武者を載せて20~30キロの速度で走り、数時間の戦を続けるためにはそれなりのパワーとスタミナが要る。見た目はずんぐりむっくりだけど、この体型にはそのパワーが秘められている。



●第12回三増合戦まつり - YouTube

日本甲冑騎馬研究会のYouTubeアカウント。日本固有の和種馬を使って演舞などを行っている。
刀をぶつけ合う、刀身の部分を握って納刀するなどおかしな場面もあるけど、在来馬に跨ったイメージとしては参考になる。観客を意識していると思われる部分はご愛嬌。


日本固有の在来馬は希少性が高く、エンタメで扱うのは難しい事情があるのかもしれない。
それなら実在の馬を使う必要のない漫画やアニメ、ゲームの世界でもサラブレッドのデザインが用いられるのは何故だろう。

戦国時代の戦は荒れ地で行われたのだろうし、移動手段として馬が用いられることを考えても、山野を物ともせず踏みしだける日本在来馬の体型が必要だったはずだ。
すらっとしたサラブレッド種は「ガラスの脚」と言われるほど脆くて骨折しやすいため、荒れ地にはまったく向いていない。

つまりリアリティーを求めるのならずんぐりむっくりデザインしかない。
しかし実際のエンタメの分野ではすらっとしたかっこよさのほうが求められる。

他にも「戦では刀より弓や槍のほうがメインだったようだよ」とか「切り合いって殺陣みたいにかっこよくなくてめちゃくちゃに振り回してたみたい」など、不都合な事実と思われる部分は無視される。

こうした「都合のいい解釈」は、歴史エンタメの様々な部分で見られる。
事実を知った上で「ほんとはポニーサイズだったらしいけどサラブレッドのほうが見栄えがするからかっこいいよね」ならいいのだけど、それが事実と勘違いされ、定着し、当たり前になるのは、せっかく判明した資料があってもそれを正当に解釈する目を曇らせることにはならないだろうか。

今回は戦国時代を例に出したけど、「アインシュタインの予言」やニコラ・テスラの逸話など、歴史的事実とエンタメを混同していると思われるものは枚挙に暇がない。

毒物や犯罪に関わる知識など「専門家だけがわかっていればいい」ということもある。
そうした分野を必要以上につまびらかにしないというのは理解できる。

しかし歴史は事実の積み重ねで成り立っていることなのだから、表面的なかっこよさに縛られないフラットな見方であってほしい。
その「事実」を元にして歴史的ロマンの空想を広げるのは別の話だ。この「別の話」を事実と混同して、または曲解して語られるからややこしいことになる。

ひと言にまとめれば、エンタメと歴史的な事実は別にして考えるということなんだけど。


本エントリー冒頭のASの少年のニュース記事にも見られるように、世の中には「ストーリー性」を何より重視する人がいて、それらの人にとっては事実よりも共感を呼ぶような感情の誘導のほうが大切なんだろうな、ということだ。
エンタメとして楽しむぶんにはそれでいいんだけどね。

起こった出来事のどの部分を事実と捉えるか、となると別の話になるのでまたの機会に。




歴史を扱った時代劇作品はおもしろい。浅田次郎の新選組三部作は楽しく読めるエンタメ作品。上記2作品は特に何度も読み返した。
小説はあくまで創作物として楽しむものなので、これに「歴史的事実が…」と突っ込むのは野暮な話。

余談だが「新選組 / 新撰組」は隊士らも両方の表記を用いていたそうだ。当時は「音」のほうが重要視されていて、表記は適当な当て字を用いられることも多かったようだ。人名表記でも同様の例が見られる。


『一刀斎夢録』は新選組三番隊組長斎藤一の独り語り。
浅田の筆はぞんぶんに伸び、巷で言われる齊藤の噂をふんだんに含んだロマン溢れるものになっている。荒唐無稽な内容に一定の説得力を持たせる人物造形は読み応えがある。


『輪違屋糸里』は、永倉新八などの記録では実在したとされる芸妓が主人公。彼女を中心に、厄介者扱いの新選組を養う郷士の女房や隊士の愛人など、新選組にまつわる女の目線から見た姿が描かれている。
男の見栄や情けなさ、みっともなさ、だらしなさや小狡さをあげつらいつつも、袖振り合ってしまえばないがしろにはできない女の情が哀しく、艶やかだ。花は散るからこそ美しいのか。


テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

ブログが続いた理由|同性愛は「禁断の愛」?| 他

■ブログが続いた理由

●15年近く書き続けてきた僕の「ブログが続いた7つの理由」 - いつか電池がきれるまで

ウチのブログは2008年に開始したようなので、9年くらい続いたことになる。

はじめはネトゲの日記というか、交流ブログのようなものだった。それからPCのフリーソフトなどについてちょいちょい書くようになり、ブログブームで個人ブログが乱立ようになって「自分が書かなくても誰かが書いてるからいいや」となってブログをあまり更新しなくなる。

あるときブログにまとめたいことがあったので書き始めてみると、これが書けない。タイピングすれば文字は打てるのだけど、それと「ブログを書く」というのは、また少し違うことのようだ。
文字を打っては消し、校正しては消し、練れば練るほど意味がないように思えて結局ブログの更新はできなかった。

このときに思ったのは、とりたてて書く意味はないのだけど、書きたいことを書きたいときに書けないのは嫌だなということだった。

それで、今のようにニュースにコメントするスタイルで更新するようになった。
常日頃からどうでもいいことを更新しているとブログを更新することへの気負いが薄れる。それは自意識が高いってことになるのだろうけど、理屈はともかくブログは書けるようになった。


もうひとつ無視できないのがアフィリエイトの効果。
これがあるだけで「ブログ更新億劫だけどお小遣いにはなるしなあ」という気持ちになる。消極的な理由からでも更新を後押ししてくれる。

いろんなものをモチベーションに絡めて、目の前のひとつのエントリーを書いて、それの積み重ねで今のブログができている。
いつでもバリバリやる気100%で書けたらいいけど、そんなときばかりではないもんね。

 ブログを書きながら勉強や研究をしても良いのだけど(相乗効果を生むこともあるし)、ブログは「何もやっていないのに、何かをやったつもりになりやすい」ツールだということは、忘れないほうが良いのではないかと思います。


そ、そうですよね。ほんとにね。


●マクドナルド、デリバリー客にバーガー絵柄のホームウェアをプレゼント | TechCrunch Japan

どうせいつもはファーストフードの捨てた包装紙を身にまとうので、ベトベトのロウ紙と泥だらけの段ボールで身を守る代わりに本物の服を着られるのはいい気分転換だ。


なに言ってるかよくわかんないです。


●【ゲーム】 Humble Storeにて『Shadow Warrior』が無料配信中 : ニッチなPCゲーマーの環境構築
●剣劇FPS無料配布『SHADOW WARRIOR: SPECIAL EDITION』STEAM版、豪華オマケ付き [超短期間]: JJ PCゲームラボ

●Shadow Warrior - YouTube
プレイ動画観てみた。

和風『●dying light - Amazon』って感じだなー。
それにしても94%が好評ってのはすごい。


■同性愛は「禁断の愛」?

●オヤジ臭さは危険な香り? 独身イクメン同士で禁断の愛にハッテン可能なお父さんデートシム『Dream Daddy』 - ファミ通.com
●同性愛を「禁断の愛」と表現したファミ通 ? DAMONGE

この「禁断の愛」という言葉の入ったエントリーを読んでみて、それほど違和感がなかった。それはなぜだろうかと考えてみると、ひとつ気づいたことがある。
ゲイを「禁断の愛」と言ってる訳ではないのではないか。

ファミ通のゲームレビューを読む限り、主人公もパパ友も独身であるようだ。だから不倫や浮気にはならない。
しかしシングル同士だからといって、保護者同士が酒の勢いで簡単に深い関係になるのはどうなんだろう。外国のこととはいえ当たり前のことなんだろうか。

「同性愛」の部分が我々の目を曇らせているのなら、異性愛者で考えてみよう。
共に子を持つ親で、ご近所さん同士のシングルファーザーとシングルマザー。二人がバーで出会い、一杯飲んでお持ち帰り。これは一般的な恋愛の範疇だろうか?

うまくいって末永くお幸せに暮らすのなら問題はないかもしれない。だけど恋愛はうまくいくことばかりではない。バツイチの彼らは言うまでもなく身に染みているはずだ。
仲がこじれて険悪になり、本来は無関係なはずの子供同士の仲にまで影響が及ぶこともあるかもしれない。

法的な問題はない。だが子を持つ保護者としてはモラルに欠けているように思える。地域のなかで穏当に、平和に子供を育てたいと思うなら避けたい事態だ。

大人の恋愛などきれいな言い方は差し置くとしても、もしそうなってしまったら、それは少なくともおおっぴらにしたい関係ではない。
「わたしは口説かれたらすぐにヤっちゃいます」「ママ友パパ友関係なく口説いちゃいます」なんてことは、後ろ指さされることはあっても、笑顔で歓迎されることではない。

そんなことが他の保護者に知れ渡ってもメリットはないので、自分からオープンにしたりはしないだろう。
一般的に、こうした「人に言えない恋愛」のことは「禁断の愛」と呼んでも差し支えないのではないか。

つまりゲイがどうこう、LGBTがどうこうという話ではない。このゲームの登場人物の性的奔放さは十分「禁断の愛」の範疇なのだ。
子供の保護者として、他の保護者と簡単にヤっちゃうのはどうなの、という話。

フィクションのエンターテイメント表現として「禁断の愛」を扱うことは、もちろんあり。というかありふれたテーマのひとつに過ぎない。
その観点で言えばこの『Dream Daddy』内の恋愛は十分「禁断の愛」と呼べる関係だ、という点は指摘しておきたい。

これは一途で真面目なゲイ当事者の認識としてもそうなるのではないかと考えるのだけど、どうなんだろう。
「ゲイは尻軽で当たり前、そんなの禁断でも何でもない!」という意味で怒っているのなら謝るしかないけど…。

現実でおイタすると面倒なことになるけど、ゲームの世界ではヤり放題。抑圧された欲求を満たせるかもしれない素敵な作品なのかも。


ゲイの男性がどうやって子供を持つかという点に関しては、体外受精、代理出産、相手方女性の同意の元子供を作るだけの関係、養子、離婚後に性的嗜好が変わったなどが考えられる。
でもよその子供の出自をあれこれ詮索するのは品がよろしくないので、なあなあにしておきましょう。


●ゲームブックの古典シリーズが現代によみがえる。「ファイティング・ファンタジー レジェンズ」が7月28日に配信予定 - 4Gamer.net

●Fighting Fantasy Legends: Gameplay Trailer - YouTube

戦闘時に、変愚蛮怒などのローグライクでよく見られる「ダイス」が視覚化されてるのがおもしろい。
ダイスって、初めて変愚蛮怒に触れた時にいまいちピンとこなくて飲み込みにくい概念だった。


●「失うもの」があるゲームは良いという話 - ゲーマー日日新聞

例えば、某国民的RPGは、村民の家屋に押し入り、タンスからツボまで全部ひっくり返して根こそぎ物資を奪い取れるゲームだ。ここに取捨選択などなく、あるものを全て「取る」だけだ。

まず、ゲームで「するほどに得」という要素は好ましくない。仮に家屋を漁って得られるものが5ゴールドでも、漁らなければ0ゴールドであり、この場合プレイヤーは「現実世界の手間」と「ゲーム世界の仮想通貨」を天秤にかけてしまう。これは極めて不合理と言わざるをえない。

そもそも、「失うもの」があるゲームでも、その分「得るもの」をどこかに配置すればよい。双方向的な機会を均等に配置し、プレイヤーは不毛な「作業」の代わりに、戦略的判断で以てゲームをプレイする。


わかる。モンハンやJRPGをプレイしていてストレスのひとつがこれだ。

初めは楽しい。何もないところに少しずつアイテムが、コインが、通貨が集まっていく。
そのうちゲームの本筋がおもしろくなってアイテム蒐集がメインではなくなると、それが億劫さに変わってくる。

やらなきゃいけないという義務感。せっかく気晴らしでゲームをしているのに縛りを課せられたように感じる。


納豆っておいしい。ご飯だけじゃなく他の主食にも合う。

茹でたパスタに和えれば納豆パスタ。
潰して食パンにのっけてこんがり焼けば納豆トースト。
うどん麺に混ぜてがーっとかき回して一気にすするのもうまい。

だからインスタントラーメンに入れてもうまいに違いないと思ってやってみたら、案の定うまかった。担々麺は特にバッチリ。見た目がいまいちなのが珠に瑕。


●Amazon.co.jp タイムセール 毎日更新
21~23日までAmazonでタイムセール。ぼんやり眺める。


テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

ブログ内検索
カスタム検索
プロフィール

兼業農家ツベル

Author:兼業農家ツベル
PC(パソコン)ときどきゲーム。ニュースも少々。

平成28年熊本地震に被災しました。今は元気です。

最近自分がアスペルガー症候群(AS)の特性が強いことがわかりました。

更新通知用:@tbrcln

カテゴリー
スポンサードリンク
●Amazonクーポン
「Amazonクーポン」のページにて、期間限定でAmazonのクーポン券がもらえます。
お買物前にチェックするとお得です。
タグクラウド

author by SUH
お知らせ
『.imtp.tachikawa.mopera.net』を含むhost、NTT docomoの提供する「mopera U」の環境からはアクセスできません。

野良黒 FC2を狙った迷惑なコメントが増殖中
スポンサードリンク
Amazonの検索が楽になるリンク
●【まとめ】 Amazonのバーゲン・セール・お買い得情報まとめ

●Amazonの「あわせ買い対象商品 」だけを検索する方法

●Amazonから「予約注文商品」だけを検索するためのリンク一覧
最近の記事
Archives
最新コメント
掲示板
FC2カウンター
リンク
RSSフィード