「ゲーム」と「e-Sports」は違う|他

●「AlphaGoは楽しい」対局中のプロ棋士5人の笑顔が物語るもの:現地レポート|WIRED.jp

試合に勝利した連は「AlphaGoとのペア碁はとても興味深く、とにかく楽しい。試合中、本当に最高の気分だった」と喜び、古は「驚くべき手が何度も繰り出された。試合によって、新しいアイデアを得ることができるだろう。もし機会があれば、もっとやるべきだ」とペア碁の可能性に期待を込めた。


棋士は普段ひとりで対局に挑んでいる。だから他者の打ち筋が入り込むのは考えの妨げになるんじゃないかと思っていたけど、違うんだね。
棋士の人達ははるかに柔軟な考え方をしている。

●いいタイミングだったなあ (#3217752) | 「AlphaGo」と柯潔九段の囲碁対局、2局目もAlphaGoが勝利 | スラド

出し惜しみしすぎて、羽生と(興行として盛り上がるタイミングで)対戦させる機会を永遠に失ったどっかのガラパゴスチェスとは大違いだ。


ほんとになー。


●今年終わった基本無料ゲームは100タイトル以上 | スラド モバイル
●サービス終了 の記事一覧 | Social Game Info
「サービス終了 の記事一覧」ってカテゴリーがあるんだ。諸行無常が味わえるな。


●本日発売の「ウルトラストリートファイターII」,殺意リュウや洗脳ケンの特性と「スパIIX」からの変更点を解説するトレイラーが公開 - 4Gamer.net

●(1) Nintendo Switch『ウルトラストリートファイターII』発売記念・ゲーム紹介トレイラー - YouTube
●Nintendo Switch「ウルトラストリートファイターII」発売記念イベントをレポート。春麗に扮した綾野智章APとファンが店頭で対戦 - 4Gamer.net

 25年前のブームを知っている方に買っていただいて,そこからお子さんや甥っ子と一緒にプレイしていただけたら嬉しいですね。


動画内で「バトルスピードはストⅡX(Speed1)から1.35倍に速度アップ」とあった。

このゲームは明らかにおっさんホイホイ。昔ゲーセンやスーファミでストⅡやってた世代向けだ。で、その世代であるおれ自身は、それなりに歳を取って反射神経もにぶってるし、手も動かなくなってる。
速度アップよりダウンしてもらわないとついていけない気がする。格ゲー界隈にずっと定住してる人ならともかく、「昔やってた」を呼び戻す意図があるならもう少しヌルくして欲しいかなあ。

まあ腱鞘炎あるからコマンド入力自体無理なんだけど。


■「ゲーム」と「e-Sports」は違う

●e-Sportsとプロゲーマーを取り巻く日本の現状について,当事者4名がそれぞれの見解を披露した「黒川塾 四十七(47)」をレポート - 4Gamer.net

 また大会を運営する側として,さまざまなゲームのトッププレイヤーを見てきた大友氏は,タイトルやジャンルによってメンタルが異なることを指摘。たとえば格闘ゲームのトッププレイヤーは経験が長い人物が多いため,全般にマナーがよく礼儀をわきまえており,ときにはパフォーマンスを見せるなどサービス精神も旺盛だという。

 その一方で,ここ数年の間に台頭した比較的新しいゲームのプレイヤーは,若年層が多いためか精神的に未熟なところが見受けられ,「こんなことをSNSに書いてしまうのか」と困惑することがあったという。ただそうしたプレイヤーも,RAGEが回を重ねるごとに選手としての意識が高まっており,“見られる側”としての立ち振る舞いが増えているとのことで,今後も引き続き自覚を持たせるような部分を強化していきたいと話していた。


マナー方面はもっときつく取り締まらないと、ゲームとしての未来は暗い。

e-Sportsの熱気と斬新なゲーム性に釣り込まれて一時期熱心にLoLをプレイしていた。しかしそこで待っていたのは修羅の国。終わりのない煽り合いの世界だった。

ゲーム内はもちろん、攻略Wikiも煽り合いや揚げ足の取り合いは当たり前、攻撃性をむき出しにした人達が相も変わらずチャットファイトに勤しむ空間。運営に通報したところでよほどのことをしなければペナルティーが課されることもない。ノーマナー行為をするプレイヤーは、それを見越してギリギリの線で相手を不愉快にするのが実にうまい。
自分はそうはなるまいと思ってはいても、毎日のようにそうした場面を見ていると精神がすさむのを感じる。

e-Sportsは対戦型ゲームが主ジャンル。それらは相手に勝つのが目的。勝つためには相手が嫌がる行動をするのが効果的。そうすると、本質的に意地が悪い人ほどプレイヤーとして上手、ということになる。
それは「弱みを突くのがうまい」ということで、トラッシュトーク(ゲームで言うところの「チャットファイト」)も饒舌だったりする。

これはe-Sportsやゲーム内に限った話ではなく、既存のプロスポーツの世界でも見られることだ。
往年の野球選手が「バッターボックスに立った選手に暴言を吐いて揺さぶった」というエピソードが「頭脳派」として語られる程度には定着している。

攻撃性の高いプレイヤーの方が、対戦型ゲームへの適正はあると言えるかもしれない。
「スポーツ」としてなら大いに結構。そちらで自由にはしゃいでてくれたらいい。

しかしそれらのラフプレーを、おウチで楽しくエンジョイ勢としてプレイしてるところにまで持ち込まれるのは迷惑なこと。
「ゲーム」をプレイしている人達は、非日常の体験をエンジョイするためにプレイしている。暴言やマナー違反の行為で楽しい気分に水を差してほしくはない。

筆者はこうもe-Sportsを嫌悪しているが、相変わらず対戦型ゲームはプレイしている。
なぜかというと、人が操作することで生まれるランダム性と戦略性には他で代替できない魅力があるからだ。

しかしそこにマナー違反行為は必要ない。
プロの世界や大会に出るようなトップクラスの話ならともかく、大抵のプレイヤーはプレイすることで金銭的な報酬を得ることはない。「楽しかった」という満足感を唯一の報酬として受け取っている。その報酬を根こそぎ奪うような行為は到底歓迎できない。

ゲームとしての体験を掘り下げたいのか。スポーツとしての真剣さと攻撃性を目指すのか。いい加減「ゲーム」と「e-Sports」は違うものとして扱ったほうがいいのかもしれない。
いわゆるエンジョイ勢とガチ勢の摩擦は、両者が同じコートでプレイせざるを得ないところにもあるのではないか。既存のスポーツで考えてもわかるように、プロやオリンピックを目指す選手と趣味の選手が一緒に練習することはありえない。しかし否応なく同じコートでプレイさせられるのがe-Sportsの世界だ。

少なくとも楽しく遊べるものであって欲しいんだよね、ゲームには。


自分の「怒り」タイプを知ってコントロールする はじめての「アンガーマネジメント」実践ブック
安藤 俊介
ディスカヴァー・トゥエンティワン (2016-09-10)
売り上げランキング: 7,688


テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

農家は機械が扱えない|引用とアングラカルチャー|他

■農家は機械が扱えない

●農業へのビッグデータ活用、成果上がらない理由 - WSJ

しかし、たとえ農家がドローンや衛星機器、地中センサーから情報を得ても、それを最大限に活用するのは難しい。農業従事者の多くは、データを処理し、それを農業機器に統合するソフトウエアの使い方を知らず、機器の種類によっては連動できない場合があるからだ。また、農村部では携帯電話の電波が弱かったり、届かなかったりすることもあるため、機器同士の通信が難しい。


平たく言うと「農家の人は機械が使えないから」という理由になるようだ。「連動できない」という部分も、できるようにしたところで需要がないということだろうから同じ意味だ。
そうした人達と接する身からしてもその通りに感じているのだから、仕方ないという気がする。

身近な例で言うと「携帯電話を固定電話の横に置きっぱなしにして出掛ける」レベル。
しかも昼間は農作業で家にいないので、日中連絡してもつながることはまずない。留守電を残しても留守電は再生方法がわからないから意味がない。

じゃあ何のための携帯かというと、年に数度の刈り入れ時期のため。その時期だけは近隣農家との共同作業があるので、トランシーバー代わりに使う。
あと電話帳としても使ってるかな。メールは無理。

パートナーの親御さんが映画好きと聞いたので、その年代の方が気に入るような昭和の名作映画DVDを贈ったことがある。再生機器はあるとのことだった。
しかしそのあと特に映画の話が出ることはなかったので、お気に召さなかったかと思っていた。

一年ほどして、親御さんが「○○(贈ったDVDタイトル)はおもしろい」と繰り返し言ってたらしい。ようやく観てもらえたのか、気に入ってもらえたようでよかったと胸をなでおろしていたら、観たのは先日テレビで放送されたリメイク版とのこと。
DVDもあり、再生機器はあっても、結局使い方がわからないのだった。

田舎のお年寄りには酒くらいしか贈れるものがない。
田舎のステレオタイプとして「夜はやることないから酒呑んで寝るだけ」みたいなのがあるけど、あれってマジなんだなあと実感した出来事だった。


 「データの価値がどこにあるかを誰もがまだ見いだせずにいる」。トウモロコシ・大豆農家のアーロン・アールト氏はこう語る。



■引用とアングラカルチャー

●立命館Pixiv事件、学問の自由が抑圧されるのを憂慮する意見 - Togetterまとめ
問題の経緯や各種まとめへのリンク集にもなっている。
ざっと読むと、pixivの利用者の声は「なんかむかつく」「なんか嫌」というものが多い。

著作権法に理解のある人達の弁としては、「引用は断り無く行われるものであるから作者に無断で引用との批判は的外れ」というもの。

ここら辺は研究対象とされた側の暗黙の了解とかマナーのような部分も関係しているんだろうと思う。
R18なりBLの創作物は表立って楽しむものというより「秘め事」の色合いが強い。そこを「大学の研究ですから」と錦の御旗を立てられ強権的に引きずり出されたようになってしまったので、強い反発が起こったという流れのようだ。


●立命館pixiv論文の問題点を整理する : 九段新報
こちらでは個人的見解との前置きで「匿名化がベター」との改善案が提示されている。対象の選定基準さえ明確にしておけば再現性は担保されるはずだ、とのこと。


「学術的引用」という言い分は理屈としては通る。通るけども、そこは押し通す以外のやりようはなかったのだろうか。
研究対象やそれに深く関わっている人達から嫌悪されるのは、研究の進展を妨げることはあれどその逆とはならないものね。


●大量のサンショウウオが小学校のプールに 佐賀 | NHKニュース
ウチの地域にもカエルとオタマジャクシがいたなあ。
防火用水のためか、使わない時期でも水で満たされたプールは、碧々とした苔で沼地のようになっていて、オタマジャクシには天国だったことだろう。プール開きで排水口に流されるまでは。


●金正恩氏は「核兵器持つ狂人」、トランプ氏が比大統領に=文書 | ロイター

フィリピン外務省はこれまでに公表した声明で、流出した会談記録に関する報道にコメントしないとしている。ただ、フィリピン法の下で「ハッキングや、機密の政府資料を不正に公開したり、利用したりすることには刑事的、民事的な責任が伴う」としている。


他意はないけども、フィリピンを先進国と同じレベルの法治国家と思っちゃダメだ。
数年前に3週間くらい滞在したけど、空港でもおまわりさんにも袖の下要求されるし、払えばするーっと通してくれる。ある意味出すもの出せば何でもできる自由の国と言えるかもな。


●外国人エンジニアが日本で働きたがらない理由 - WirelessWire News(ワイヤレスワイヤーニュース)

私が学生だった20年ぐらい前は、ITが発達すれば人は分散し、大都市集中も緩和するとかいわれていたのに、なぜか反対になっているのです。


そもそも日本は賃金は安いし、テック系人材の評価も低い。就労環境も悪いのですが、一番欠けているのが、「コミュニティ」です。


実情を知らないからそうですかー、としか言えないけども。

これはビザの要件を緩和とか、高い報酬を出すだけでどうなるという話ではないのですが、気がついていない人が多いような気がします。日本の外を見たことがない人、体験したことがない人が多いからでしょう。


〆の言葉がこの引用部分なんだけど、こんな鼻につく言い方しなくてもいいのにな。これを読む人の中にはずっと日本で暮らしてる人も多いだろうに。
もうちょっとこう、ポジティブにというか、現実的にどうすればいいとか、次につながるような〆にはならないかな。
自分もアスペだから人のことは言えないけど、こういうの読むと伝え方は大切だと思ってしまう。

●囲碁AI「AlphaGo」2連勝、人類最強の先に見えたもの:現地レポート|WIRED.jp

天才棋士と天才開発者の「褒め合い」

25日に行われた第2戦の直後の記者会見で、柯は「今回の試合の中盤、とても興奮してしまいました。なぜなら、勝てそうな気がしたから」と語った。自らのミスを反省しての発言だった。

果たして、AlphaGoは負けそうと「思って」いたのか。DeepMindのデミス・ハサビスは、このように説明する。「コントロールルームの表示では、50手の段階まで柯潔の手は完璧だったと分析されていました。そして、その後の100手までは新しいAlphaGoと、これまでのどの対戦相手よりも競り合っていました。本当に接戦だったのです」。若干19歳の柯は、その言葉に「お世辞だと思います」と、はにかんでいた。

また同じ会見で、柯は「AlphaGoとの対戦を通して、自分が碁の50%しか理解していないことがわかりました」と語った。これに対してハサビスは、「自分たちは柯潔のような伝説的ともいえる棋士とコラボレーションをすることで、囲碁の100%を超えていきたい」と返した。


互いに称え合う姿勢が素敵ですね。論理の極みのようなAIと囲碁の世界。その両者の絡みからこんな人間的なドラマを感じることもあるんだなー。
引用部分としては長すぎるかな?こんな素敵な話をロストしたくないじゃないか。ご容赦願いたい。


●囲碁AI「AlphaGo」と中国棋士の対戦は、「グーグルと中国」の闘いでもある|WIRED.jp
いい話を読んだばかりなのにあんまり生臭い方向へ持っていってほしくないなあ。


●「STAR TREK エイリアン・ドメイン」★4クルー獲得イベントが開催 - 4Gamer.net
常日頃から萌えと微エロを全面に押し出す日本製ゲームには苦々しい思いを抱えているのだが、かといって海外製のゲームが素晴らしいのかと問われれば諸手を挙げて賛成はできない。
なんだこの四段落ちは。いい加減にしろ!


●明治のカール、カールの壁で東西分裂 : 市況かぶ全力2階建
エントリーからコメント欄にちょいちょいトリビアが挟まっていておもしろかった。


●絶滅寸前のスッポン、繁殖可能なオスはどこに? | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

――なぜ、このスッポンをそこまで保護しなければならないのでしょうか?

 この地域の象徴的な種であり、生物多様性の点からも非常に大切だからです。シャンハイハナスッポンは環境の健全性を示す重要な指標です。彼らの生き残りを助けられれば、この地の生態系が良好だということになります。絶滅してしまえば、実に劣悪な状況であることを意味します。


なんだか身勝手な理由だな。


●アンビリーバボー!クマの襲撃から生還を果たした10の事例 : カラパイア
クマに襲われたというニュースは日本でも時々あるけど、海外のニュース報道では傷の映像を隠さないから、恐ろしさがよりダイレクトに伝わる。
以下は出血映像につき閲覧注意。最初は動画を埋め込んでたけどサムネイルがきついので外した。

●(1) Mom Explains Surviving a Bear Attack: I Kicked Him and Hit Him - YouTube

●(1) Hiker Details How He Survived Being Horrifically Attacked By Grizzly Bear Twice - YouTube

基本的には、助かった人々は強運の持ち主といえる。しかし中にはその強運を自ら引き寄せた人もいる。
  • クマの口に手を突っ込む
  • クマの首にナイフを突き刺し目にパンチ、その後銃弾を撃ち込む
こうした反撃はなかなか真似できることじゃないし、幸運も味方してのことだとは思う。
最後まで諦めなかった姿勢が大切だったんだよね、きっと。


●発達障害は個性なのか、それとも単なる障害なのか - 発達障害就労日誌

本音を言うと、「発達障害はただの障害、役に立つことなんか無い」と言い切りたいんですよ。でも、結局僕はこの発達障害を抱えた自分で人生をやってくるしかなかったので、それを言い切っても嘘にはなります。たとえばこういうことです、穴を掘る時はスコップが欲しい、欲を言えばパワーショベルがあれば尚良い。でも、僕に与えられた道具はツルハシだった。そういう感じです。そりゃあ、固い地盤に遭遇してそこをカチ割る時には役に立ったこともあるけど、掘るには全体を通して不便だったよ。そういう感じですね。


まあね。

ただ、環境を工夫するなどして発達障害特性を問題ではなくしてしまおうと考えたとしても、あるいは発達障害特性を単なる欠点と認識して克服しようと努めるにせよ、まずやることは一緒です。自分の特性を把握する、自己モニタリングを徹底する、その上でそれを他者に理解可能な形で言語化する。これに尽きます。


そうね。


●「貧乳は奥が深い…。」初音ミクさん?ちゃん?人形。 - coconoo doll
球体関節人形の造形師の話。

prints21  季刊プリンツ21 2005 冬 恋月姫 密やかな唇

このちょいレアの季刊プリンツ所持してる程度には恋月姫とか好きなんだけど、造形師の方達は美意識が高い人も多く、日常の素朴な部分は見えないように意識されてる場合も多々。
製作時の悩み、工程などの裏側を書いてくださる人は貴重。ありがたく拝読する。


●無保険車にぶつけられたら? 対応策まとめ | 自動車保険の最安値を比較
結論として「自分の保険を使ってさっさと直してあとは忘れる」が最善との内容。
筆者も裁判を抱えている身なので賠償金なんかの知識も多少ついたけど、司法としても「無い袖は振れぬ」ということらしい。つまり持ってない人から取るのはかなり厳しい。逃げたもん勝ち。
文字通り事故に遭ったと思うしかない。


テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

WELQと検索とリテラシー|野生動物ってかわいい?|他

■WELQと検索とリテラシー

●WELQの方がマシだった? ネットの医療情報は今、どうなっているのか
WELQの代わりに他の怪しいサイトが目立つようになっただけだよね、というエントリー。
●WELQ退場から半年。事件は医療・健康系検索結果をどう変えたか? by @tsuj
上記の内容でアクセス数推移をグラフ化したエントリー。

「ネットで検索」という行為を過信しない、ということに尽きるんだろうけど。
「ネットで検索」は、本来は「書店で信頼できる書籍を選ぶ」と同じ程度のリテラシーが必要とされる行為のはずなんだよね。

暇つぶしで週刊誌を選んでもいいし、文学の世界に浸るのもいいし、専門的な学術書で知見を広めるのも、それは個人の自由。
でも、自分がいざ病気になったと考えると、目立つところにおいてあるからと言って、週刊誌の特集記事を鵜呑みにするのはリスクが高いように思える。専門家の書いた信頼のできそうな専門書を参考にしたい。しかしこれらエントリーを読む限りでは「目立つところに置いてあった週刊誌を鵜呑みにする」人がたくさんいる、ということになる。

実際には身内にもネットを過信する人がいて、Wikipediaに書いてあれば間違いないと思っている人にそうではないことをわかってもらうのは案外難しい。他人ならほっとくけど身内だからそうはいかない。
「Wikiに載ってるよ(こういう人は何度説明してもWikipediaをWikiと略す)」「でも書いてあるよ」「ちゃんと検索して調べたよ」に対して、気分を害しないように配慮し、論破せず、上から目線にならないように気をつけ、てはいるものの、最後はやっぱりどこか雰囲気が悪くなる。

なんでこっちが悪者になるんだ?悪いのはインチキサイトとWikipediaのインチキ執筆者だろ?

パートナーに言わせればこういうことらしい。
「いっつも私が言ったことにあれは違うこれも違うって。それがいちいち当たってるからまた腹が立つ!まるで私が見る目ないみたいに言われてる気がしてほんと嫌だ!」

申し訳ない…。気をつけます……。


●囲碁世界レーティング1位の柯潔九段とAlphaGoが対局、第1局はAlphaGoが勝利 | スラド
コメント欄にて様々な解説ページへのリンクが張ってある。なるほど、わからん。わからんけど読むのはおもしろい。


●ストIIとは何だったのか。初代「ストリートファイター」からNintendo Switch「ウルトラストリートファイターII」まで,ストIIシリーズの歴史を辿る - 4Gamer.net
おっさんホイホイ。「初代ストリートファイター」懐かしい。子供の頃デパートのゲームコーナーでプレイした覚えがある。

圧力センサー仕様と6ボタン仕様どちらもプレイしたけど、圧力センサーは本当に操作性が悪かった。かといって6ボタン仕様が操作性がいいのかと言えばそうでもなくて、必殺技コマンドの受付がシビアすぎて、一試合に一度波動拳が出せればガッツポーズしてたくらいだった。

しかし初代の必殺技は、「必殺技」の名の通り、当たれば勝利確定レベルのダメージを与えることができた。あれは爽快だったな。

そのうち「方向レバーをグルグル回しながら弱パンチ連打」という技を誰かが編み出した。このバカみたいなプレイスタイルは、まともに必殺技を出そうとするより成功率がはるかに高く、前述の通り2回も当たればKOできるので有効性も高かった。
しかし、最初は必殺技がどんどん出せて興奮していたものの、あるとき「ゲームをプレイしている」のではなく「レバーグルグルのために金を払っている」ということに気づき、飽きてやめた。


●海外でうどんがブームに?ラーメンに次いで今、ニューヨークでうどんが熱い! : カラパイア
一般的に「うどん」と注釈なく語られるときはコシのある「あっちのうどん」のことを指すのが当たり前になっている。境界がどこら辺になるかは知らないけど、こっちではふわっとほどけるゆるゆるの麺が主流なんだよな。
だから「丸亀製麺」なんかのチェーン店ができても、こちらの人はうどんとしてではなく、「あっちのうどん」という別の食べ物として食べてる。


■野生動物ってかわいい?

●ニンゲン・トモダチ?ニンゲンのペット・仲間?人間の住む家に訪れた野生動物たちの写真 : カラパイア
そうかー、こうやって写真を並べると楽しげな雰囲気になるんだなー。
実際にこういうとこに住んでるとなかなかそうは思えない。知人の話も合わせるとこんな被害がある。

  • イタチが天井裏に入り込んでガタゴトとうるさい。
  • イタチ・ネズミが備蓄食料を食い荒らす。
  • イタチ・ネズミが農作物を食い荒らす。
  • イタチ・ネズミが服、本、家具に穴を開ける。
  • イタチ・ネズミが部屋内に糞・小便を撒き散らす。
  • 飼い猫がコウモリ・トカゲ・ヤモリ・蛇・カエル・鳥・虫などを捕ってくる。
  • 野良猫が苗床に小便をする。
  • イノシシが農作物を掘り返す。
アライグマやリスなんかは害獣に近いと思うから、住民にとっては憎らしい存在じゃないんだろうか。
旅行者なのかな、写真を撮ったのは。

見るほうの立場が違うとこうも見えかたが変わってくるんだねー。


●これが本気の鬼ごっこ。競技となった鬼ごっこ「チェイスタグ」の世界選手権大会の様子 : カラパイア

●Chase Tag Championship Final: Evasion Compilation - YouTube

パルクールが小気味いいなあ。やってみたいけど怪我しちゃいそうだ。

「Dying Light(ダイイング・ライト)」はゲーム内でパルクールアクションを味わえて楽しかったな。後半に手に入るフックを使えばNINJAプレイもできるようになる。
リンク先は「CERO Z:18才以上のみ対象」の商品への検索結果。

●Amazon.co.jp: dying light


テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

ブログ内検索
カスタム検索
プロフィール

兼業農家ツベル

Author:兼業農家ツベル
PC(パソコン)ときどきゲーム。ニュースも少々。

平成28年熊本地震に被災しました。今は元気です。

最近自分がアスペルガー症候群(AS)の特性が強いことがわかりました。

更新通知用:@tbrcln

カテゴリー
スポンサードリンク
●Amazonクーポン
「Amazonクーポン」のページにて、期間限定でAmazonのクーポン券がもらえます。
お買物前にチェックするとお得です。
タグクラウド

author by SUH
お知らせ
『.imtp.tachikawa.mopera.net』を含むhost、NTT docomoの提供する「mopera U」の環境からはアクセスできません。

野良黒 FC2を狙った迷惑なコメントが増殖中
スポンサードリンク
Amazonの検索が楽になるリンク
●【まとめ】 Amazonのバーゲン・セール・お買い得情報まとめ

●Amazonの「あわせ買い対象商品 」だけを検索する方法

●Amazonから「予約注文商品」だけを検索するためのリンク一覧
最近の記事
Archives
最新コメント
掲示板
FC2カウンター
リンク
RSSフィード