PCから音声出力するためのデジタルアンプの購入を検討

■PCから音声出力するためのデジタルアンプの購入を検討

こないだゲーミングモニターで散財したばかりだというのに、PCから音声出力してるコンポが壊れた。KENWOOD Avino RD-VH7。スピーカーはLS-VH7ってやつ。
ペシペシしないと音が出ないしペシペシしても出ないこともある。もう20年選手だし、引退の時が来たか…。

PCからパッシブスピーカーで音を出したい。そのためのデジアンを検討してみた。

パッシブスピーカーは電源とか内蔵してないやつ。ブックシェルフ型と呼ばれる中型スピーカーはただの箱なので猫が乗ったりもできる。かわいい。バラ線やバナナプラグでアンプやコンポとつないで使う。
アクティブスピーカーは電源と小型アンプを内蔵してるやつ。PCとステレオミニプラグケーブルとつなぐだけで音が出る。PC用外付けスピーカーはこれが多い。


■PCからパッシブスピーカーにつなぐにはDACが必要

続きを読む

テーマ : pcオーディオ
ジャンル : コンピュータ

GeForce Experienceは必要ないのでアンインストールした

■GeForce Experienceを誤ってインストールした

●野良黒 GeForce 385.69 WHQLドライバアップデート|オタクとマニアと専門家|自己肯定感を得る方法| 他

↑にてGeForceのNVIDIAグラフィックスドライバーをアップデートした。その際にうっかりしていて「GeForce Experienceをインストールしない」設定にするのを忘れていた。
日頃Experienceの各種機能を使うことはないので、それまではインストールの際にチェックを外して入れないようにしていた。

せっかくインストールしたものなのでなにか目新しいものはあるのかと一通りいじってみた。
Experienceで便利なのは、Twitchのようなストリーム放送でのキャプチャ機能。ゲーム動画などを録画する際にも動作が軽くてFPSが下がらないと評価は高いようだ。
あとは各種ゲームの推奨設定を自動で行ってくれるというもの。これはどうやら見た目の美麗さを求める傾向にあるようなので、筆者の好みとは違う。動作の軽さを最優先として、許容できる範囲でグラフィックを向上させたい。


■GeForce Experience使用時の不具合

また、GeForce Experience使用時の不具合として気づいたのが、YouTubeをフルスクリーン表示にした状態でAlt+Tabすると、ウィンドウ選択ウィンドウが一瞬で消えてしまうという症状。通常表示や他ウィンドウでは問題ない。
GeForce Experienceをアンインストールした状態だと発生しないので、常時描画をモニターしているこいつが関係しているらしい。


■GeForce Experienceとドライバのアンインストール

やっぱり必要ないなと思ったのでアンインストールすることに。
グラボの設定はNVIDIAコントロールパネルから行えるので、GeForce Experienceをアンインストールしても普段使いにはまったく問題はない。
NVIDIAコントロールパネルを開く時は、デスクトップで右クリかWindowsの検索で「NVIDIA」と検索すれば出てくる。

●Geek Uninstaller - Download

どれかひとつのドライバのアンインストールをする場合には、一度すべてアンインストールしたあと、インストールの際にいらないものだけチェックを外す、という手順を踏まないといけない。
Geek Uninstallerは他のドライバはそのままに「NVIDIAグラフィックスドライバー」の中で使ってないドライバだけ削除できる。

NVIDIA 3d Visionも使わないので削除。
これも普通にアンインストールしようとするとできないのだけど、Geek Uninstallerから右クリして「強制削除」すれば簡単に削除できる。

Geek Uninstallerはアンインストール後に関連フォルダやレジストリまですっきりお掃除してくれるのでありがたい。


■グラボ負荷によるフリーズを回避するPhsyX設定

●nullgamers | 【グラボ】NVIDIA GeForceグラフィックボード PhysX設定について

私は「NVIDIA GeForce GTX670」を使用しておりますが、 以前より、MMORPGゲーム「FINAL FANTASY XIV」プレイ中に、 画面が急に真っ黒に暗転したり、赤や緑といった単色で染まる、あるいは点滅し、 何も操作を受け付けなくなって、そのままPCが強制的に再起動することが、 度々発生していました。


NVIDIA関係を検索していてたまたま見つけた情報。リンク先執筆者によれば、この設定変更により不具合は発生しなくなったとのこと。
筆者環境では設定変更したばかりで効果のほどはまだわからない。これで様子見。

ウチでも月に1~2回の頻度で同じ症状が発生していて、こうなるとモニターが赤と緑、黄色などのケバケバしいガビガビの画面になりPCがフリーズしてしまう。そのまま一切操作ができずにOSを強制リブートするしかなくなるので困っていた。
フリーズの症状が起きるタイミングとしては、グラボを使用する画像ビューアを起動する、YouTubeや動画プレーヤーを再生するなど、グラボに負荷がかかるタイミングで発生していた。

◆ PhsyX設定

上のスクリーンショットのように、NVIDIAコントロールパネルの中に、 PhsyXの設定という項目があります。
この項目のページ中段右側にある、PhysX設定のプロセッサについて 「自動選択(推奨)」にしていると、上記のような不具合が発生する場合があるようです。
また、上記の不具合以外で、「特定の場面での急激なフレームレートの低下」といった症状にも、 一定の効果があったりするようです。。。
私の経験では、FPSゲームとかでよくあった症状かなと思います。
(※今はFPSゲームやっていないので、改善されるかどうかは調べてません。)


NVIDIAコントロールパネル→3D設定→「Surround、PhysXの設定」→PhysX設定→プロセッサ→使用中のグラボを指定する

テーマ : デバイスドライバ
ジャンル : コンピュータ

【スマホ】イヤホンを挿すだけでSpotifyを自動で再生するLlamaイベント

2017/05/09 追記:内容の修正。


●Llama - Location Profiles - Google Play の Android アプリ

スマホの自動操作アプリのLlamaを使い始めた。
手作業で行っていたことを自動化できるので助かる。

イヤホンの抜き差しをトリガーとするときにちょっとはまったので備忘録として。


■Llamaでイヤホンの抜き差しをトリガーとする際の注意点

自動操作アプリのLlamaで、イヤホンの抜き差しをトリガーとする場合、デバイス側では高速で何度も抜き差しが行われている状態になっているようだ。

つまりそれらをトリガーとするイベントが同時にいくつも起動してしまう。
これを避けるために高度機能を使う。

  1. 「Llama - イベント編集」→「高度機能」に入る
  2. 「イベントを遅らせる」にチェック
  3. 「何秒遅らせる?」→2秒(イヤホンの抜き差しにかかると思われる時間)
  4. 「条件が変わった場合は中止」にチェック
これで無事に動作した。


■イヤホンの抜き差しをトリガーにして作ったイベント

●Llamaイベント配布ツール
Llamaの日本語翻訳者さんの作成した「イベント配布ツール」を使わせていただきました。
Llamaのイベント共有用URLを上記ツールに読み込ませると、どんな動作をするものかがわかって安心。

素晴らしいツールに感謝します。

以下は見よう見まねで作ってみたものなので何の保証もできません。


●2秒待機、Spotifyを起動、ボリュームを10に、メディア再生
http://llama.location.profiles/spotify+start/spotify+start%7C0-1-0-0-1-0-0-0-1-0-spotify-2-%7C%3A%7Ch%7C1%7Cr%7CSpotify%7C%3AFgAAAGEAbgBkAHIAbwBpAGQALgBjAG8AbgB0AGUAbgB0AC4ASQBuAHQAZQBuAHQAAAAAABoAAABhAG4AZAByAG8AaQBkAC4AaQBuAHQAZQBuAHQALgBhAGMAdABpAG8AbgAuAE0AQQBJAE4AAAAAAAAAAAD%2F%2F%2F%2F%2FAAAAAP%2F%2F%2F%2F8RAAAAYwBvAG0ALgBzAHAAbwB0AGkAZgB5AC4AbQB1AHMAaQBjAAAAHgAAAGMAbwBtAC4AcwBwAG8AdABpAGYAeQAuAG0AdQBzAGkAYwAuAE0AYQBpAG4AQQBjAHQAaQB2AGkAdAB5AAAAAAAAAAAAAQAAACAAAABhAG4AZAByAG8AaQBkAC4AaQBuAHQAZQBuAHQALgBjAGEAdABlAGcAbwByAHkALgBMAEEAVQBOAEMASABFAFIAAAAAAAAAAAAAAAAA%2Fv%2F%2F%2F%2F%2F%2F%2F%2F8%3D%7Cmb%7C126%7Cv%7C10%7C

こちらをスマホでクリックしてLlamaに読み込ませればイベントが作成される。ただしAndroid 標準ブラウザ以外ではうまく読み込めない場合があるとのこと。
筆者の場合はスマホのチャットアプリに貼り付けた後でタップすればうまくいった。

イベントの内容は以下。


イベント名: spotify start
イベントグループ(任意): spotify

高度機能...:
イベントを遅らせる
何秒遅らせる?: 2 秒

条件(すべて整ったら):
イヤホンの接続/切断: イヤホン接続

動作:
アプリの起動: Spotify
音楽/メディア操作: 再生(Android 3.0以降)
音楽/メディア音量: 10

イベント:
イヤホン接続なら - 2 秒待機 の後で Spotifyを起動, メディア再生(Android 3.0以降)ボタンを押す そして 音楽/メディアの音量を10に


SocialLlama: http://www.wizforest.com/socialllama/2vqbi7/

http://www.wizforest.com/socialllama/2vqbi7/




画面オフからイヤホンを挿すと、ロック画面の関係でうまく動作しない。一度スマホを起動してから、という一手間がある。
車や外出時に使うことを考えると、セキュリティ面で仕方がないか。




2秒待機、Spotifyを停止、ボリュームを0に、ホーム画面へ、画面オフ
http://llama.location.profiles/spotify+stop+goto+home/spotify+stop+goto+home%7C0-1-0-0-1-0-0-0-1-0-spotify-0-%7C%3A%7Ch%7C0%7Cv%7C0%7Csc%7C0%7Cai%7CAndroid%3A+Start+home+screen%7CFgAAAGEAbgBkAHIAbwBpAGQALgBjAG8AbgB0AGUAbgB0AC4ASQBuAHQAZQBuAHQAAAAAABoAAABhAG4AZAByAG8AaQBkAC4AaQBuAHQAZQBuAHQALgBhAGMAdABpAG8AbgAuAE0AQQBJAE4AAAAAAAAAAAD%2F%2F%2F%2F%2FAAAAAP%2F%2F%2F%2F%2F%2F%2F%2F%2F%2FAAAAAAEAAAAcAAAAYQBuAGQAcgBvAGkAZAAuAGkAbgB0AGUAbgB0AC4AYwBhAHQAZQBnAG8AcgB5AC4ASABPAE0ARQAAAAAAAAAAAAAAAAD%2B%2F%2F%2F%2F%2F%2F%2F%2F%2Fw%3D%3D%7C0%7Cq%7CSpotify%7Ccom.spotify.music%7C

イベント名: spotify stop goto home
イベントグループ(任意): spotify

高度機能...:
イベントを遅らせる

条件(すべて整ったら):
イヤホンの接続/切断: イヤホンを抜いた

動作:
音楽/メディア音量: 0
画面オフ
Androidインテント >
サンプル: Android: Start home screen
アプリの停止 >
Spotify

イベント:
イヤホンを抜いたら - 2 秒待機 の後で 音楽/メディアの音量を0に, 画面オフする, Androidのインテント「Android: Start home screen」を送ります。 そして Spotify停止。止!ま!れ!


SocialLlama: http://www.wizforest.com/socialllama/t7n6cl/

http://www.wizforest.com/socialllama/t7n6cl/



上記イベントのうち「Spotify停止」はうまく動作していない。rootを取る必要があるのか設定次第なのか機種次第なのかは不明。
できるものならアプリごと閉じたほうが便利そうなんだけどな。

Spotifyアプリの仕様として「イヤホンが抜けたら再生を停止する」という動作がある。
だから上記の「音楽/メディアの音量を0に」もこのイベントに限ってはなくても問題なさそう。

だけど、この動きに慣れてしまった後で、他の音が出るアプリを起動したままイヤホンが外れてしまうと、恥ずかしい思いをする場面があるかもしれない。
だからこれを付け加えた。

2017/05/09 追記
はじめはこちらにも「2秒待機」を付け加えていたが、なくても問題なさそうだし、イヤホンを抜いた際に他のアプリが音を出していたら意味がないので設定を変更した。




■「アプリ切り替え」が動作しない

イヤホンをトリガーとするイベントは上記のやり方で解決した。

しかし、他のイベントを試していて、もっとも基本的な動作と思われる「アプリ切り替え」をトリガーとする動作がうまく動かない。
ログを見ても、アプリの切り替えが認識されていない。どうしてだろう?

「アプリ切り替え」で画面の自動回転を制御できたらありがたいんだけどな。



テーマ : スマートフォン・アプリ
ジャンル : 携帯電話・PHS

ブログ内検索
カスタム検索
プロフィール

兼業農家ツベル

Author:兼業農家ツベル
PC(パソコン)ときどきゲーム。ニュースも少々。

平成28年熊本地震に被災しました。今は元気です。

最近自分がアスペルガー症候群(AS)の特性が強いことがわかりました。

更新通知用:@tbrcln

カテゴリー
スポンサードリンク
●Amazonクーポン
「Amazonクーポン」のページにて、期間限定でAmazonのクーポン券がもらえます。
お買物前にチェックするとお得です。
タグクラウド

author by SUH
お知らせ
『.imtp.tachikawa.mopera.net』を含むhost、NTT docomoの提供する「mopera U」の環境からはアクセスできません。

野良黒 FC2を狙った迷惑なコメントが増殖中
スポンサードリンク
Amazonの検索が楽になるリンク
●【まとめ】 Amazonのバーゲン・セール・お買い得情報まとめ

●Amazonの「あわせ買い対象商品 」だけを検索する方法

●Amazonから「予約注文商品」だけを検索するためのリンク一覧
最近の記事
Archives
掲示板
FC2カウンター
リンク
RSSフィード