ルイス・キャロルのイラストからわかること|他 他

●或る恩人の死によせて。 - Everything you've ever Dreamed

熱くもなく冷めてもいない。平熱の文体がするすると喉を通る。


●右半身麻痺の友だちがNintendo Switchを片手でプレイできるためのアダプターを3Dプリントで作った | TechCrunch Japan

“一週間のあいだに、失敗作のプロトタイプをいくつも作り、やっと今の形に落ち着いた。容易に3Dプリントできることと、軽くて実用的であることを目指したからね。テストの結果は上々だったから、これをシェアすることに決めた。同じ問題を抱える人たちにも、きっと役に立つと思う”


おっ、いいアイデア。
プリントモデルは以下のリンク先で配布されている。

●Single hand Joy-Con adapter by Vexelius - Thingiverse


●底辺から這い上がって語る貧乏 都会とカップラーメン - Togetterまとめ

心身ともに健康な生活は、心身ともに健康でなければ営めないという皮肉。


●ゲームを一緒に遊ぶフレンドを探す7つの方法 - ゲーマー日日新聞

いくつかは心当たりがあり、いくつかは体験したことがある。特に年齢層の話には共感を覚えた。

ゲームを楽しむ人には2種類いて、スポーツとして追求するタイプと逃避として没頭するタイプがある。あるとき自身は後者に属しているのだと気づき、それには他者との関わりはむしろ障害になるとわかった。この両者が交わることでのメリットは少ない。しがらみや時間配分、チームワークという名の同調圧力の他、アスペ傾向の強い自分が他者に迷惑をかける事の気苦労などのデメリットのほうが大きい。


●矢部太郎「大家さんと僕」小説新潮連載|新潮社

カラテカの矢部太郎さん漫画描いてたのか。知らなかったな。ほのぼの系。しんみりと漂う空気が優しい。


●【動画】NY沖に巨大な魚群が出現、サメ乱舞 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

「今回のような映像は、ドローン技術の利用によって初めて可能になりました。サメの自然な生態や、食う食われるの関係を目の当たりにできて、非常に興味深いです」


なんか気持ちいいぞ。うわぁ~って魚群が割れていく。
リンク先によれば、こうした捕食活動は珍しいものではないとのこと。この「ドローンの視点」が珍しいのか。


●【動画】衝撃の結末、ヘビ対ヤモリのバトル | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

このタイトルなんだよー、ネタバレに配慮しなくちゃならなくなって引用するのに気を使うじゃん。
少しスペース空けてネタバレする。












ヘビの「吐き戻し」の映像。

「比較的大きな獲物を飲み込むと動きにくくなってしまうので、困ったヘビが吐き戻すのはよくあることです」と氏は説明する。


そうか、よくあることなんだ。ニシキヘビみたいな大きなヘビが子鹿などを飲み込んで丸々となってるのを見ることがあるけど、外敵に襲われたらどうするんだろうと思ってた。ニシキヘビなら自然界では襲われることもそうそうないのかもしれないけど、比較的小柄なヘビだと吐いて逃げるのか。便利な体なんだなー。


■ルイス・キャロルのイラストからわかること

●ルイスキャロル直筆のオリジナル原稿のイラスト絵 : カラパイア

岡南の『天才と発達障害』によれば、ルイス・キャロルとその家族には自閉症スペクトラム(ASD)のうちアスペルガー症候群(AS)の傾向が強かったそうだ。
ASにもさまざまなタイプがあって、キャロルは聴覚優位(聴覚言語優位型)の線優位性が強い。遠近感がなく輪郭が強調されたリンク先のイラストを見ても、それが表現されているのがよくわかる。これは線優位性に特徴的な部分。


著者の岡南はASのなかでも視覚優位(視覚映像優位型)のため、自分と同じ傾向のあるガウディへの共感が強いようだ。そのため、著書もガウディへ多くの比重が置かれている。
筆者は聴覚優位(聴覚言語優位型)の線優位性の傾向が強いので、後半のルイス・キャロルの部分を特に興味深く読んだ。

こちらによれば、キャロルは局所優位でもあったようで、必要以上に細部にこだわった書き込みが見られる。
反面、色へのアンテナはあまり敏感ではなかったようで、イラストはモノクロ、文章表現においても花や服装などの色へ言及する場面は少なかったようだ。

視覚優位(視覚映像優位型)の色優位性である岡南からすると、こうした色調表現のない文章はストレスを感じるとのこと。
筆者自身も聴覚優位であり、色優位性の観点で考えることはなかったので、世の中をまったく違う捉え方をしている人達もいるのだと考える意味で非常に参考になる。同じ人間でも「考え方」ではなく「知覚」からまったく違うのだもの。不思議だね。


■カラパイアあれこれ

●フェイスブックで知り合って、会ったこともないまま結婚した72歳女性と27歳男性。年の差なんと45歳!(イギリス) : カラパイア

 毎日、フェイスブックやスカイプでメッセージのやりとりをした。そして3カ月で結婚を決意した。


3ヶ月で結婚なんてそれだけでも早いのに、ネットでのメッセージだけでかー。やるじゃん。
リンク先の画像やパーソナルデータを見る限り、年齢以外にもさまざまな部分に違うのあるお二人。素敵だなあ。


●猫のテディベア化。カーリーヘアで人懐こい猫「セルカークレックス」種の起源とその後 : カラパイア

天パ猫ちゃん。なんて愛くるしいんでしょう。よし合格!
人工的にやるのはうーん…だけど、これは2012年に専門家に認められた新しい品種とのこと。


●ネガティブな感情を否定しようとするとさらにネガティブになり悪循環の罠に陥る(米研究) : カラパイア

前向きになれないときに無理に明るく振る舞うと、その反動であとからずーんと落ち込むことがある。かといってそれを素直に表現すると周りに気を使わせたり空気を悪くしたりする。
よし、ネガティブを受け入れて今日もおうちでネットと漫画とゲームだな!


●高所恐怖症なんだけど・・・せっかく来た観光地でがんばっているお父さんの姿にじわーん : カラパイア

高いところは怖い。これは足がすくんで動けないというタイプの人もいるが、違うタイプもある。「飛び降りちゃいそうで怖い」というタイプだ。

小さな頃は衝動性が強かった。今ならADHDと診断されたかもしれない。顔からガラスに突っ込んで割ったりビルの2階の吹き抜けから飛び降りて怪我したりしていた。

高いところにいったり、肉体的に危険なスポーツをしようとすると、自分のなかにあの頃の衝動性がまだ潜んでいるのを実感する。やっちゃいけないことをしたくなる。
しかしそれを解放したあとに結果として残る傷や怪我、損害を受け入れるのは現実の自分だ。それは、思う存分衝動性を解放して自由を満喫していた幼い自分には申し訳ないけど、受け入れがたい。だからなんとかなだめてそのまま眠ってもらう。


関連記事

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

創作は言ったもん勝ち?|自閉症スペクトラムと方言| 他

■創作は言ったもん勝ち?

●アイヌ民族の伝説、実は大阪の男性の創作だった 本人の手書きメモから判明 (北海道新聞) - Yahoo!ニュース

阿寒観光協会まちづくり推進機構は「出典を明らかにした上で、今後も語り継いでいければ」としている。


創作とわかっても語り継ぐのか。文字文化のなかったアイヌだから後世での検証が難しかったのだろうか。
ナチスのゲッベルスは「嘘も100回言えば真実になる」との言葉を残しているけど、そのとおりになってるなー。


●世界で際立つ異常さ──森友・加計問題で信頼を失ったのは日本のテレビだった (週プレNEWS) - Yahoo!ニュース

●Morley Robertson(モーリー・ロバートソン) 1963年生まれ、米ニューヨーク出身。国際ジャーナリスト、ミュージシャン、ラジオDJなど多方面で活躍。フジテレビ系報道番組『ユアタイム』(月~金曜深夜)にニュースコンシェルジュとしてレギュラー出演中。ほかにレギュラーは『ニュースザップ』(BSスカパー!)、『Morley Robertson Show』(block.fm)など


アルファベットの全角表記は読みづらい。新聞雑誌のなら百歩譲ってまだ理解できる。文字を揃えるとか老眼の年寄りが読むメディアなので半角だと読みづらいとかあるんだろう。
だけどネットメディアでも使用されるのはどうしてだろう。読みにくい~。いい加減滅べ!


■自閉症スペクトラムと方言

●自閉症はなぜ方言ではなく共通語を話すのかーHSPの脳機能との違いを考察する | いつも空が見えるから

同じ環境で育ちながら、方言を学ばず、共通語だけを選択的に学ぶなんてことがあるのだろうか?と首を傾げざるを得ませんが、それが成り立つトリックがありました。

カギを握るのは、方言と共通語とでは、学習経路が違う、ということでした。方言と共通語が両方話される中で、共通語だけを選択的に学習しているのではなく、それぞれが別々の経路で学習されるということが影響していたのです。

子どもを取り巻く環境を思い描いてみると、方言と共通語は、それぞれ違うルートで接することがわかります。

子どもの周りで方言を話すのは、家族や友だちなど、身近に接する隣人だちです。

では子どもの周りで共通語を話すのはだれかと言うと、リアルに接する隣人たちではありません。共通語は、テレビやアニメの登場人物、また本などの教材を通して学ぶ言語です。

身の回りの人が話す言語と、メディアや教材を通して学ぶ言語、これらはそれぞれ「自然言語」と「学習言語」と区別することができます。(p155)


筆者自身もひとりで家で過ごす子供だったけど、確かにその傾向はあるかもしれない。
同年代の子供とはあまり友達付き合いができないから学習機会が少なくなるということらしい。

しかし他都道府県の人が聞くと、地域特有のイントネーションは感じるようだ。
標準語で喋っていたつもりでも「○○地方だね」と言われたことがあった。


関連記事

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

フィリピンのゆるさ|・入れますか?空白にしますか?| 他

●動物園で不明のニシキヘビ7か月ぶりに発見 2倍以上に成長 | NHKニュース

名古屋市の東山動物園で、ことし1月から行方がわからなくなっていたニシキヘビが26日、およそ7か月ぶりに園内で見つかりました。


ヘビって寒さに弱い印象だったけど、生き延びれるものなんだなー。
比較的体の大きな種類だったのがよかったのかな。


■フィリピンのゆるさ

●フィリピン「麻薬戦争」では、無実の民間人が大量に投獄されている(丸山 ゴンザレス) | 現代ビジネス | 講談社

フィリピンの抱えている大きな問題のひとつは、麻薬の蔓延である。と同時に、役人や警察の腐敗もまた挙げられる。フィリピンで会った市民に警察について質問すると、「あいつらは腐ってるよ」と大半の人が返してくる。とにかく、誰に聞いても警察のいい評判を耳にしないのだ。

実際、麻薬の取り締まりに限らず、軽度の交通違反でも賄賂を要求するし、飲食店のみかじめ料を要求してくる警官もいるという。当然のことながら警察の汚職は問題視され、社会問題になっているが解決の糸口は見えていない。


筆者も数年前にフィリピンに滞在したけど、本当にこのとおり。他にも公的施設の職員も賄賂を要求してくることがあった。
彼の地は日本の常識は通用しない場所だと実感した。

引用では「軽度の交通違反でも」とあるが、実際にはただドライブしているだけでも止められることがあった。
その時車にはコーディネートしてくれていた現地女性二人とガリチビ日本人の筆者だけが乗っていた。どうやら相手を見て要求しているようだ、という印象を受けた。

だからといって一概にひどい国だとも言えない。
そうしたある種のゆるさは寛容さにもつながっていて、それが心地よく感じるところもあった。

ボラカイ島のオープンカフェレストランでは、愛想のいい太ったオカマがタンクトップにショートパンツにビーサンという格好で働いていて、少し手が空くたびに立派なバリトンでオペラの一節を歌い出す。

その歌声を聴きながら外に目を向ければ抜けるような青空で、きび色の砂浜の先には絵に描いたようなエメラルドグリーンの海がある。
発展途上国であることがきれいな水質を維持しているのか、透明な青い水の中をとろろ昆布のような藻類が海中に無数に漂っているからそんな色になる。
そうした風景はいいものだった。


●ガンの首をもげるまで引っ張る、スペインの伝統行事 写真12枚 国際ニュース:AFPBB News

文化の違いとエネルギーを感じるね。


●急拡大する「発達障害ビジネス」その功と罪(平岩 幹男) | 現代ビジネス | 講談社

自閉症スペクトラム(ASD)、アスペルガー症候群(AS)、ADHDなどの発達障害は診断もあいまいな傾向があり、原因や治療法も明らかになっておらず、公的な支援も少ないという内容。
それが「ある」ということは判ってるけど、どうしたらいいかは解ってない。難しいね。


●マーガリン、使ってる? | スラド サイエンス

「マーガリンってプラスチックだから」


これはネットでよく見るやつだけど、きっとそういう人達はコーヒーもチョコも醤油も塩も水も酸素も体に入れないんだろうなあ。
どんなものでも摂りすぎれば毒、とは考えないのかもなあ。


●NHKによるAIによる「日本への提言」が議論を呼ぶ | スラド
●NHK が開発した「AI」と呼ぶシステムのソースコード、BBCのように GitHub で公開したら?と前向きな提案に賛同あつまる - Togetterまとめ

BBCはGitHubでデータと解析手法を公開して誰でも追試ができるようにしたとのこと。

●「ひとり暮らしの40代が日本を滅ぼす」NHKが作ったAIの分析が冷たすぎる

「番組のテーマ曲は『スタンド・バイ・ミー』。まさに『AIとともに』という思いを込めています。これからの世界で人間がともに生きる仲間として、AIは無視できない存在です。ただ、これを放送局として社会課題解決の手段としてやっているのは、まだ今のところ世界的にもなさそうだ、ではやってみようと。もしBBCなど世界の放送局が真似をしてきたら、それもいいですよね。


ふふってなった。


●「これが僕に幸せを運んでくれる妻」ちょっぴり笑えるふたりの生活、夫がキュートなイラストにしてみた

アメコミ風でおもしろい。
狼女は…ノーコメント。


●パソコンのメンテナンスに必要な工具や消耗品10種類 - BTOパソコン.jp

おっ、お役立ち工具の紹介か。
こういうのっていつどこで必要になるかわかんないもんな。メモっとこう。


■・入れますか?空白にしますか?

●6350「ウエスタンデジタルか?ウエスタン・デジタルか?」?|?(ytvアナウンサー)『道浦TIME』

これ、迷うところなんだよなー。「・(中点 / 中黒 / 黒丸など)」を入れるべきか、半角スペースで分かち書きにするべきか、つなげて表記するのか。
一般的にはつなげるものが多いけど、英語表記を見るとそれは相応しくない気もしてくる。

そうなるとFirefoxは「ファイヤーフォックス」ではなく「ファイヤー・フォックス」か。いやこれは繋がってるからいいのか。
中黒入れると格調高くなるというか、特別感があるな。ゲームの技みたいにも思える。

「ファイアフォックス」という表記もあるのか。

Google Chromeは「グーグルクロム」?「グーグル・クロム」?「クローム」と伸ばす人もいるぞ。
うぅ、頭が……。

ああ面倒くせぇ、全部英文字にしちまえとも思うけど、そうするとスワヒリ語みたいな言語はどうするか、ということになる。
スワヒリ語って文字がない言語。翻訳サイトなどで表示されるのは音をアルファベットで表したもので、「スワヒリ語」とは厳密には違うものなんだそうだ。アイヌ語みたいなもんだ。

そもそも日本人には発音できない音の言語もあるし。難しい~。


ちなみにGoogle検索では中黒は無視されるので検索結果は変わらないとのこと。


●Flash Playerが終了するまでに見ておきたい! 今も試せる歴史的Flashサイトまとめ - ICS MEDIA

プロのお仕事系Flash。
どれも触れてみると「おおっ」と思う。この一瞬の驚きが嬉しい。


【 関連エントリー 】
●野良黒 冷やし中華に出会いたい|Flashが消えても誰も悲しまない?|「アーカイブ」と「保存」は違う| 他


■カラパイアあれこれ

●もし猫が地獄のミサワ化したら?顔のパーツがセンター寄りな猫たちのコラ画像 : カラパイア

笑ったら負けだ。


●ウ、ウサギ?いいえ違います。ツイッター民たちを、大きすぎて混乱、ウサギっぽくて錯乱させている巨大カタツムリの画像 : カラパイア

SFみたい。こんなでかいのがいるんだなー。


関連記事

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

アスペルガー症候群とイベント|都合のいい解釈とストーリー性| 他

■アスペルガー症候群とイベント

●アスペルガー症候群のニュース - 【海外発!Breaking News】自閉症の7歳児に「スポーツ大会は参加しないで」 学校の対応に父親激怒(英) - 最新芸能ニュース一覧 - 楽天WOMAN

自閉症スペクトラム(ASD)のうちアスペルガー症候群(AS)の息子に対して「18日のスポーツ大会に、息子さんを欠席させてほしい」と言われたとのこと。
これ、息子のジェイコブ君本人はどう思ってるんだろう。

ASは「いつもと違うこと」がとにかくストレス。イベントごとなんてもってのほかだし、可能であればそうしたものはすべて回避したい。
筆者もASの特性が強いのだけど、「いつもと違うイベントごと」が嫌で嫌で仕方がなかった。学校側はもちろん強制参加させようとしてくるし、親も、本人が嫌だと言ってるのに「思い出が」とか「せっかくの機会」など言ってきて不愉快でたまらなかったな。

英リバプールのスピークに暮らすマーク・バーチャルさん(28歳)は、息子ジェイコブ君(7歳)が通うバンクスロード小学校のクラスに配置されるサポートスタッフに「18日のスポーツ大会に、息子さんを欠席させてほしい」と言われた。


息子はスポーツ大会を楽しみにしていて、


マークさんがジェイコブ君にスポーツ大会には参加できないことを伝えると、自分は学校に歓迎されていないと感じたのか大泣きしたという。


マークさんによると、自閉症は身体的な問題があるわけでなく一見普通に見えるため、世間から受け入れられないことも多々あるそうだ。しかしジェイコブ君の心が深く傷ついたのは言うまでもない。


うーん、ジェイコブ君本人の言葉が出てないからなんとも言えないけど、AS側の筆者からすると、「欠席させてほしい」と言ったサポートスタッフの方こそジェイコブ君に配慮しているように感じる。
子供の頃の自分が学校のスタッフから「君はイベントが苦手だから休んでもいいよ」と言われたら、ほっとしただろうな。とても嬉しく感じたはずだ。


リンク先ニュースの執筆者(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)の表現にはある種の感情的な誘導を感じる。自閉症スペクトラム(ASD)を「自閉症」と表記したタイトルからしても、ASDについてあまり理解しないまま書いているのでは?と思える。
「自閉症」はひと昔前の表現で、平均以下の知能指数の児童のことになる。そのため知能指数の低下を伴わないアスペルガー症候群(AS)とは意味が異なる。ASDやASについて調べたことがあれば、混同を避けるために使いたくない表現だ。執筆者はそれを理解していない。

この名前を見かけたら眉に唾をつけなければ、という意味でメモっておく。


●やまもといちろう 公式ブログ - サラリーマンとビジネスマンの違い(雑感) - Powered by LINE

 逆に、うまく行かなかった投資先や関係先の特徴というのははっきりしていて、同じような価値観で似たような能力を持っている人が集まって、会社として意欲的に取り組んでいこうというケースであります。RPGでいうと、戦士だけでパーティーを組んで、みんな経験値がありレベルが高いから大丈夫だろう的な発想でありますね。結構、そういう事例はゴロゴロしています。


本人の努力とか頑張りさえすればうまくいくということはない、持って生まれた資質や特性みたいなもんはあるよ、という内容。
上記のRPGのたとえはわかりやすいので、どっかで使わせてもらおう。


●国際水泳連盟 「シンクロ」の競技名を変更 | NHKニュース

国際水泳連盟は22日に開いた総会で、シンクロナイズドスイミングの競技名を「芸術性」を意味する「アーティスティック」を含んだアーティスティックスイミングに変更することを決めました。


えっ、なんか…言葉の力が強い。

「何かスポーツしてますか?」
「はい」
「どんな競技ですか?」
「芸術的な水泳です」

ってこと?


今までは略称が「シンクロです」だったけど、今後は「アーティスティックです」になるんでしょ。
いや、なんか…言葉の力が強い。


●AvastがPiriformを買収 | スラド IT

PiriformはCCleanerやDefragglerの開発元。
Avastさん、CCleanerさん、いつもお世話になっております。

たまにCCクリーナーと書いてあるのを見るとくすっとする。


Visual Studioのレジストリが破壊されて以来CCleanerは使っていない。


CCleanerはいじってほしくない部分は除外設定できるし、レジストリのお掃除前にバックアップを求められるし、それを使って回復できるはずなんだけどな。


●4Gamer.net ― 日本最大級の総合ゲーム情報サイト。最新ゲームのニュース,レビューはここで!

4Gamerの記事、「【PR】」表記増えた気がする。
昨今の「PR / AD / 広告表記問題」を意識してのことだろうか。

RSSフィードにずらずらと並ぶさまは壮観だ。


●近接特化SFアクション『The Surge』デモ版がSTEAM登場、ゲーム特徴紹介 + 低スペックPC動作確認: JJ PCゲームラボ

●The Surge - Combat Trailer - YouTube

ダークソウルに近い感じなんだろうか。和風、中世風の近接特化TPSアクションはよく見るけど、SFで近接特化は新鮮だなー。


■都合のいい解釈とストーリー性


自分でもちょっと考えてみる。
資料への閲覧性、商品性など考慮する部分は他にもあるだろうけど、今回は歴史エンターテイメントの目線で考えてみたい。

「都合のいい解釈」と「ストーリー性」ということがあるかもしれない。
歴史を扱ったエンターテイメントでは、史実としての正しさよりそれらが優先されることがある。大河ドラマや歴史小説の他、アニメ漫画ゲームなどでもそれは見られる。

歴史はわかってない部分を想像で補完する余地があり、たくさんの人がその部分を楽しんでいる。
何より「人物」を中心に置けるので、ドラマやストーリー性を作りやすい。歴史そのものに興味はなくても、恋愛話やお家騒動などの人間関係を使える。

上記の「ドラマやストーリー性を作る」ために、都合のいい解釈が用いられることがある。
出会ったかどうかもわからない人間関係が作られ、起きたかどうかもわからない裏の真実が創作される。そして、それらを脚色するための分かりやすいかっこよさが付け加えられる。

たとえば戦国時代の戦で使われた馬はずんぐりむっくりのポニーに近いサイズという事実がある(武田軍で用いられた馬は体高120弱~130cm前後)。これは出土した骨などの資料からも明らかになっている「事実」。
しかし大河ドラマや戦国時代を描いた映画ではサラブレッド体型の馬が使われている。

●木曽馬 - Google 検索

戦国時代の馬に近いのはこの「木曽馬」だそうだ。
重量装備を身に着けた武者を載せて20~30キロの速度で走り、数時間の戦を続けるためにはそれなりのパワーとスタミナが要る。見た目はずんぐりむっくりだけど、この体型にはそのパワーが秘められている。



●第12回三増合戦まつり - YouTube

日本甲冑騎馬研究会のYouTubeアカウント。日本固有の和種馬を使って演舞などを行っている。
刀をぶつけ合う、刀身の部分を握って納刀するなどおかしな場面もあるけど、在来馬に跨ったイメージとしては参考になる。観客を意識していると思われる部分はご愛嬌。


日本固有の在来馬は希少性が高く、エンタメで扱うのは難しい事情があるのかもしれない。
それなら実在の馬を使う必要のない漫画やアニメ、ゲームの世界でもサラブレッドのデザインが用いられるのは何故だろう。

戦国時代の戦は荒れ地で行われたのだろうし、移動手段として馬が用いられることを考えても、山野を物ともせず踏みしだける日本在来馬の体型が必要だったはずだ。
すらっとしたサラブレッド種は「ガラスの脚」と言われるほど脆くて骨折しやすいため、荒れ地にはまったく向いていない。

つまりリアリティーを求めるのならずんぐりむっくりデザインしかない。
しかし実際のエンタメの分野ではすらっとしたかっこよさのほうが求められる。

他にも「戦では刀より弓や槍のほうがメインだったようだよ」とか「切り合いって殺陣みたいにかっこよくなくてめちゃくちゃに振り回してたみたい」など、不都合な事実と思われる部分は無視される。

こうした「都合のいい解釈」は、歴史エンタメの様々な部分で見られる。
事実を知った上で「ほんとはポニーサイズだったらしいけどサラブレッドのほうが見栄えがするからかっこいいよね」ならいいのだけど、それが事実と勘違いされ、定着し、当たり前になるのは、せっかく判明した資料があってもそれを正当に解釈する目を曇らせることにはならないだろうか。

今回は戦国時代を例に出したけど、「アインシュタインの予言」やニコラ・テスラの逸話など、歴史的事実とエンタメを混同していると思われるものは枚挙に暇がない。

毒物や犯罪に関わる知識など「専門家だけがわかっていればいい」ということもある。
そうした分野を必要以上につまびらかにしないというのは理解できる。

しかし歴史は事実の積み重ねで成り立っていることなのだから、表面的なかっこよさに縛られないフラットな見方であってほしい。
その「事実」を元にして歴史的ロマンの空想を広げるのは別の話だ。この「別の話」を事実と混同して、または曲解して語られるからややこしいことになる。

ひと言にまとめれば、エンタメと歴史的な事実は別にして考えるということなんだけど。


本エントリー冒頭のASの少年のニュース記事にも見られるように、世の中には「ストーリー性」を何より重視する人がいて、それらの人にとっては事実よりも共感を呼ぶような感情の誘導のほうが大切なんだろうな、ということだ。
エンタメとして楽しむぶんにはそれでいいんだけどね。

起こった出来事のどの部分を事実と捉えるか、となると別の話になるのでまたの機会に。




歴史を扱った時代劇作品はおもしろい。浅田次郎の新選組三部作は楽しく読めるエンタメ作品。上記2作品は特に何度も読み返した。
小説はあくまで創作物として楽しむものなので、これに「歴史的事実が…」と突っ込むのは野暮な話。

余談だが「新選組 / 新撰組」は隊士らも両方の表記を用いていたそうだ。当時は「音」のほうが重要視されていて、表記は適当な当て字を用いられることも多かったようだ。人名表記でも同様の例が見られる。


『一刀斎夢録』は新選組三番隊組長斎藤一の独り語り。
浅田の筆はぞんぶんに伸び、巷で言われる齊藤の噂をふんだんに含んだロマン溢れるものになっている。荒唐無稽な内容に一定の説得力を持たせる人物造形は読み応えがある。


『輪違屋糸里』は、永倉新八などの記録では実在したとされる芸妓が主人公。彼女を中心に、厄介者扱いの新選組を養う郷士の女房や隊士の愛人など、新選組にまつわる女の目線から見た姿が描かれている。
男の見栄や情けなさ、みっともなさ、だらしなさや小狡さをあげつらいつつも、袖振り合ってしまえばないがしろにはできない女の情が哀しく、艶やかだ。花は散るからこそ美しいのか。


関連記事

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

発達障害に苦しむ理由とは?|中村涼子さんが気になる| 他

■発達障害に苦しむ理由とは?

●個性?それとも“大人の発達障害”?|NHK NEWS WEB

本人や職場の人が困らなければ“大人の発達障害”は問題にはなりません。


結局これに尽きるんだろう。

自閉症スペクトラム(ASD)のうちアスペルガー症候群(AS)の特性があると、ひとりで黙々とやる仕事に向いているとされている。研究職やプログラマー、作家や何かを作る仕事などがそれに当たる。小規模農業などもそのひとつ。
良くも悪くも協調性がなく、独自のやり方を好むからだ。

この特性がプラス方向に働けば「個性的でオリジナリティーがあるね」ということになる。
しかしコミュニケーションが必須の職場だと「協調性がなく和を乱す」として疎んじられる。


●野良黒 自分をアスペルガーだと確信した時

筆者は最近になるまで自分にASの特性があるとは知らなかった。だがそれを知って、今までの苦労と生きづらさは、定型発達(発達障害ではない人)に無理に合わせようとして生じているのだということに気づいた。
ASの苦労の大半は定型発達者との関わりで発生する。これは動かしがたい事実のようだ。

とはいえ世の中の9割以上の人はASではないので、まったく接触を断つことは難しい。少しでも理解のある人や受け入れてくれる人を大切にして、協力を仰ぐことが必要になる。

ここまで考えると、ひとつのことに気づく。
「これって別に発達障害に限ったことじゃないんじゃない?」

自分の味方や身内、良くしてくれる人を大切にするのは、誰もがやっていることだ。つまり、この点において発達障害者と定型発達者は変わりない。
違うのは、世の中の大半は定型発達ということ。

定型発達同士はお互いの気持ちがわかるので、空気を読んだり察したりということができる。けれど、発達障害者には定型発達者の気持ちがわからないし、定型発達者にも発達障害者の考えていることが理解できない。
ここに摩擦が起きる。

定型発達同士は友人関係になったり、上下関係でうまいことやったりして味方ができ、協力者も増えていく。
発達障害と定型発達では、友人どころか知人すら出来にくく、上下関係では失敗を繰り返して「なんだあいつは」と睨まれ孤立することもある。

一方で、発達障害の特性があることを苦にしない人達もいる。そういう人は困ってないので、診察や診断も受けないし、発達障害について調べたりもしないので、自分が発達障害だということすら知らなかったりする。
ある分野で著しい功績を残したり、自分にぴったりの場所に収まっていたり、非常に強い立場に就いていたり、周囲の理解が得られる場所にいるとそうなる。

これを逆に考えると、発達障害に苦しむ人の特徴も見えてくる。
得意な分野を見つけられず、自分にぴったりの場所を探せず、これといった立場もなく、周囲の理解も得られない人だということになる。

ということは、これらのいくつかが改善できれば人生を好転させられる可能性が出てくる。


まず、人間関係についてはきれいさっぱり諦めたほうが楽だ。良好な関係を築くためには相互理解が必要になる。しかし自分の考え方を変えることはできても、他人の考え方を変えることはできない。
前述のとおり大半の人々は発達障害者の考えを都合よく理解してはくれないし、発達障害者としても定型発達者の求めるものはどうやっても理解できない。

うまくいかない人間関係があるならすっぱりと距離を置くに限る。新しい出会いのなかで、たまたま相性の良い人に出会うのを待つだけ。
多少なりともできることがあるとすれば、人の集まるところになるべく顔を出す、ということくらいだろうか。



発達障害者が自分で改善できる可能性のひとつが仕事だ。こちらの書籍は外国人によって書かれているので日本とは事情が違う部分もある。
しかし特性を適性にし、欠点を個性的な能力として捉え直すための傾向を考える意味では参考になる部分も多い。

得意な分野の仕事で成果が出せるようになれば、居場所ができ、立場もできる。


発達障害の特性で苦しむ人は、定型発達と比べないということが大切ではないかと思う。ネズミが象に憧れても仕方がない。魚が鳥の生き方をできる訳もない。
定型発達と発達障害は脳の仕組みや感覚の鋭敏さが違うので、あながち間違った考えでもないはずだ。

同じ人間だと思うから「理解してもらえるかもしれない」という期待が生まれる。「どうして自分にはできないんだろう」と考えてしまう。期待するから裏切られて苦しむことになる。
「所詮別の生き物なんだ」と開き直ったほうが楽だ。

まず「自分は大半の人々とは違う生き物なんだ」と受け入れる。そのうえで妥協点を探る。
今のところはこうした考えに落ち着いている。


●整形美女に成り上がった女子の、ブレないポリシーと驚きの金銭感覚(鈴木 涼美) | 現代ビジネス | 講談社(1/4)

今回の鈴木涼美先生もぐいぐい来てる。ぐねぐねと曲がりくねっては交差し、ぶつかり、ところどころで水漏れを起こしつつも華美な装飾のなかでどこにたどり着くか予想のできない論理構成は、常人の理解をはるか超越する孤高の高みに達している。実にパンクな文章。
鈴木涼美先生にしか書けない絶対的なオリジナリティーがここにある!

〈次回、いよいよ最終回! お見逃しなく!!〉


な、なんだって…。


●ヤフーが新ゲームサービス開始、アプリなしでプレイ可能 | ロイター
●ヤフー ブラウザーゲームに本格参入 | NHKニュース
●「全てのゲームはWebでやれ!」 Webブラウザで遊べる「Yahoo!ゲーム ゲームプラス」始動 「FFX」など39作 - ITmedia NEWS
●次世代型ブラウザゲームプラットフォーム「Yahoo!ゲーム ゲームプラス」が本日オープン。HTML5ゲームとクラウドゲームがPCとスマホで遊べる - 4Gamer.net

 オープン時からプレイ可能なのは,チェスやリバーシ,RPGコマンドバトル要素を取り入れた対戦知的ゲーム「アンティーク カルネヴァーレ」,サンリオキャラクターズが登場する新感覚パズルゲーム「揃えて消してマカロン ぽちゃもぐ」,シリーズ10作めの「ファイナルファンタジーX HD リマスター」など,計20タイトル(内,2タイトルはセットパックでの販売)となっている。



「ファイナルファンタジーX/X-2 HD リマスター」をお試しプレイ。
ブラウザゲームはちまちまやるものが多い。だからあんまり期待せずにお試しプレイしてみたけど、けっこうちゃんとしたゲームになってる。PSP程度のクオリティーはある。

外付けのUSBゲームパッドコンバーターを介してコントローラーも使えた。ちゃんと「ゲーム」になってる。

プレイ料金は、「ファイナルファンタジーX/X-2 HD リマスター」だと3年間で3400円税込とのこと。
オンラインゲームとして考えると安いけど、ポピュレーションもわかんないしサービスが続くかも不明ななかで3年分一気に払うのはちょっと、という気がする。

あと、どれがとは言わないけど無料アプリ以下の的当てゲームなんかもあって、質にバラつきがあるみたい。
タイトルの水増しのためにやっつけで作られた感がありありで涙を禁じ得ない。

今後に期待ですかね。

●ゲームプラス トップページ - Yahoo!ゲーム

●マーベルコミックスのヒーローになって戦うVRゲーム「MARVEL Power United VR」のトレイラーが公開に - 4Gamer.net

●MARVEL Powers United VR Announce Trailer - YouTube

おお、これは楽しそう~。臨場感半端ないな。


■ナショジオあれこれ

●【動画】野生タランチュラの命がけの劇的交尾 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

「本当に興奮しました」と彼は言う。「自然界でタランチュラの交尾(交接)を目撃する可能性は皆無に近いのです。メスがいるところにオスが現れてから、だいたい5分以内に終わってしまうからです」


や~、貴重なもの観られたな。


●交尾前にオスを食べるコモリグモのメス | ナショナルジオグラフィック日本版サイト
クモの交尾は命がけ。ひとつ前の動画を観ても、オスは圧倒的に体格の違うメスにのしかかられるような体勢で交尾している。
もしメスの気が変わったらそこで終わりなんだね。

でも、相手の気が変わったらそこで終わり、という意味では人間も変わりないのか。


●ブツブツ恐怖症の原因に新説、トライポフォビア | ナショナルジオグラフィック日本版サイト
蓮コラ系のやつ。ポチポチしててかわいいのになー。
規則性があるようなないような、そろってるようでそうでないような、不思議な魅力がある。ずっと見ちゃうね。


●女性の好みが男性器の進化に影響? | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

 さらに、身長も1つの要素となっていた。「最も魅力的と評価されたのは、とても大きい男性器を備えた長身の男性だった」とマウツ氏は説明する。


モテないから言うわけじゃないんだけど、浮気や不倫が絶対悪の今の世の中でモテてもしょうがなくない?据え膳ばっかで逆にツラくない?
いやモテないから言うわけじゃないんだけど。


■中村涼子さんが気になる

先日テレビでちらっと見かけた「中村涼子」という芸人が気になっている。
童顔ですごいダミ声の女ピン芸人。制服のコスプレして少女漫画の一場面をコントにしている。


●中村涼子 『少女漫画のヒロインが言いそうなセリフ』 - YouTube


●中村涼子さんオススメの漫画を勝手に実写化★ その1 - YouTube


●中村涼子さんオススメの漫画を勝手に実写化★ その2 - YouTube
ちょっとゆるふわパーマがキツすぎる…。これだけで笑いが止まらなかった。
前髪でも隠しきれないエグいほど深いデコじわとほうれい線もチャームポイント。


●3分間少女漫画『ママレード・ボーイ』 - YouTube
リアルタイムで観てた世代だけど、考えてみるととんでもない設定だな。パパママの…生活ってことだもんな。
当時は子供だったからよく意味がわかってなかった。


●ガー!ガー!!ガー!!!×RADIO
●×RADIO ガー!ガー!!ガー!!! - YouTube
こちらではラジオパーソナリティーも勤めてらっしゃる模様。公式からYouTubeやニコ動に動画が配信されている。
打ち上げのダベリを聴いているかような親しみがあっていい感じ。


●中村涼子 - YouTube
YouTubeの中村涼子チャンネル。

●ワタナベお笑い公式チャンネル - YouTube
こちらでも中村涼子のネタ動画がちらほら。

気づけばここ数日、ずっと中村涼子を追いかけている。これってまさか…恋!?



●カ?ー!カ?ー!!カ?ー!!!×RADIO:第233回(ゲストMC:ブルゾンちえみ) - YouTube
●カ?ー!カ?ー!!カ?ー!!!×RADIO:第244回(ハナコ秋山寛貴×ブルゾンちえみ) - YouTube
藤原史織さんも化粧薄目で代打パーソナリティーしてた。第244回の岡山ローカルトークよかった。


■カラパイアあれこれ

●不思議の国のアリスの作家、ルイス・キャロルが撮影した少女たちの写真 : カラパイア
ルイス・キャロルとその兄弟姉妹には発達障害のアスペルガー症候群(AS)の特性が見られたようだ。
そうした視点で作品を読み直すのも興味深い。



ルイス・キャロルの持つ特性についてはこの書籍に詳しい。
筆者はキャロルと同じ聴覚優位(聴覚言語優位型)の線優位性タイプなので、頷ける部分も多かった。


●今そこにある残酷な現実をとことん突きつけていく、アメリカの子ども向け絵本『うちのご近所にようこそ』 : カラパイア
ダークすぎるだろ…。暗黒童話。


●これは大人も楽しめる!シュールな絵本「はらぺこクトゥルフむし」 : カラパイア
かわいすぎるだろ…。暗黒絵本。


●発売1週間で販売中止となったトラウマ絵本「くもだんなとかえる」 : カラパイア
不穏すぎるだろ…。残酷童話。


気づけばおかきや煎餅が好きになっている。20代の頃はおかきなんて油っ気がなくてパサパサで、全然うまいと思わなかった。
おっさんになると油っ気を受け付けなくなるのだな、ということを実感している。肉もあんまり食えなくなったしなー。


関連記事

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

ブログ内検索
カスタム検索
プロフィール

兼業農家ツベル

Author:兼業農家ツベル
PC(パソコン)ときどきゲーム。ニュースも少々。

平成28年熊本地震に被災しました。今は元気です。

最近自分がアスペルガー症候群(AS)の特性が強いことがわかりました。

更新通知用:@tbrcln

カテゴリー
スポンサードリンク
●Amazonクーポン
「Amazonクーポン」のページにて、期間限定でAmazonのクーポン券がもらえます。
お買物前にチェックするとお得です。
タグクラウド

author by SUH
お知らせ
『.imtp.tachikawa.mopera.net』を含むhost、NTT docomoの提供する「mopera U」の環境からはアクセスできません。

野良黒 FC2を狙った迷惑なコメントが増殖中
スポンサードリンク
Amazonの検索が楽になるリンク
●【まとめ】 Amazonのバーゲン・セール・お買い得情報まとめ

●Amazonの「あわせ買い対象商品 」だけを検索する方法

●Amazonから「予約注文商品」だけを検索するためのリンク一覧
最近の記事
Archives
掲示板
FC2カウンター
リンク
RSSフィード