嗜好品とスマートドラッグ|「ハブ毛」って言うんだほんとはね| 他

●現代日本を覆う「あの敗戦のようなパターン」な空気感 | 文春オンライン

 負け戦の根源は日本の国力低下であり、その主要因は人口オーナスと言われる高齢化と人口減少です。


「人口オーナス」とは何かわからなかった。聞き慣れない言葉だ。
「人口ボーナス」の逆で、オーナスとは「重荷や負担という意味」、と。
覚えたぞ。今度ドヤってみよう。


●ツキノワグマは日本の「ハイエナ」 | gakuの今日のヒトコマ

縄文時代から今日まで日本の自然界にずっと生きてきたツキノワグマなのだから、過去に土葬時代の人間だってどれほど喰ってきたことか。
イマでいうところの“神隠し”だって、こうした野生動物たちの真の生態習性をきちんと知ればそこは容易に理解できる。


あ、なるほど。そういうことだったのか。この考え方は自分の中にはなかったな。


●リカバリできなくなったiPhone 5sをなぜか私が修復 - BTOパソコン.jp

過去記事を検索すると昨年11月の終わり頃に故障して預かっていると書いているので8ヶ月くらい前の話。なぜ長期に渡ったかは完全放電待ち、結論から言うとこれで直ってしまった。


いつかどこかで役に立つかも。


●Firefox 57で4年ぶりにロゴを更新 - Mozilla Flux

ロゴやアイコン、マークのたぐいってスマホの小さい画面用にシンプルになる傾向がある。
それを考えるとFirefoxの新ロゴはまだ複雑すぎるように思える。でもキツネと火を模したデザインだからなあ。これ以上シンプルにするのは難しいのかな。

…えっと、そういえばFirefoxってレッサーパンダのことじゃなかったっけ?


■嗜好品とスマートドラッグ

●スマートドラッグでぼくらの体と心に起きたこと──米大学生「5人に1人」の使用実態|WIRED.jp

「集中力を高めたい」「記憶力をよくしたい」「賢くなりたい」という思いは、古くから人類共通の願いである。そんな願いに応えることをうたう「スマートドラッグ」(smart drugs)なるものが、海外の学生や起業家などを中心に広がりつつある。「ヌートロピック」(Nootropics、向知性薬)とも呼ばれ、ドラッグストアで売られているサプリメントから処方薬までさまざまな種類がある。これらは法的にダークなものも含めて、一般の人がオンラインなどで入手できる。


心や体に影響を与える嗜好品という意味では、日本でも煙草やアルコール、コーヒーやチョコレート、エナジードリンクなどを常用する人も多い。その延長と考えるなら案外身近な話なのかもしれない。
筆者自身も上記のいくつかは使うことがあるし、偏頭痛持ちなので鎮痛剤を常用している。だから日常を健やかに効率良く過ごすために薬を使う、ということの是非とは無関係ではないんだよな。気持ちよくなる系のお薬とは違ってないと困る部分もあるし。


●ゴムが一気に破ける原因はガラス化による「速度ジャンプ」 | スラド サイエンス

なるほどわからん。わからんけど、生活全般でありがたいことになりそうな予感がしないでもないからありがとうございます!


■「ハブ毛」って言うんだほんとはね

●自転車の「ハブ毛」危機 | スラド
●自転車の「ハブ毛」 消えゆく転機となったのは…:朝日新聞デジタル

 自転車の車軸「ハブ」に巻く「毛」だからハブ毛。用途は車軸の汚れ落としとされるが、「そこの汚れなんて誰も気にしない。小売店がお客さんへのサービスの一環でつけていた飾りですよ」と佐藤さん。


「ハブ毛」ってなんだ?と思ったけど朝日新聞のサイトの写真見てわかった。いたなあこんなのつけてる人!
汚れどころかその場所に飾りをつけるということも気にしたことがなかったなあ。そうか、嬉しがられるはずだという自転車屋さんからのサービスだったんだ。


●Re:今週ラジオの「ばりしゃきNOW」でも取り上げられたネタですね (#3262517) | 自転車の「ハブ毛」危機 | スラド

名残惜しいか?

毛が無くなるんだぞ。


やめろ。おいやめろ。


●副業系サービスをまとめたカオスマップ(2017年版)が公開 | TechCrunch Japan

いろいろな副業があるんだなあ。


●光岡自動車の寝台霊柩車、トヨタのミニバンを改造 - 日経テクノロジーオンライン

ミツオカって車業界のヴィジュアル系の例のアレでしょ。霊柩車も作ってたんだ。


●BUBU50シリーズ | 生産終了車 | 光岡自動車

ミツオカって言えばBUBUだからな。こんなの乗ってたら注目浴びて大変よ。


●米の新駐日大使 ハガティ氏が着任 | NHKニュース

この後、ハガティ氏は空港で記者会見を行い、「はじめまして」と日本語であいさつしたあと、「日米は揺るぎない絆で結ばれており、アジア太平洋地域の礎だ」と述べました。


これニュースをながら観して音だけ聞いてたんだけど、「はじめまして」というたどたどしい日本語が聞こえた瞬間思わず目をやってしまった。たぶん英語で会見してたとしたらそのまま聞き流してたと思う。
やっぱりその土地の言葉であいさつするってのは効果あるんだね。よくよく実感した。


関連記事

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

オーガニック農作物は選ばれた人のもの|岩本町芸能社さんマーケティングがんばって!|「ニアリチンでお腹スッキリ!」| 他

■オーガニック農作物は選ばれた人のもの

●オーガニック農作物を農家から直接買えるマーケットプレイス「食べチョク」、正式サービス開始 | TechCrunch Japan

今回紹介するのは、個人の消費者と農家をマッチングするサービスだ。ビビッドガーデンは8月17日、オーガニック農作物の生産者と消費者をマッチングするマーケットプレイス「食べチョク」を正式リリースした。

●食べチョク

安心安全な無農薬野菜
出品している生産者は、有機栽培もしくは自然栽培の農家のみ。全ての商品が無農薬・無化学肥料など、安全にこだわって生産された「オーガニック農作物」です。そのため、どの商品も安心してお買い求めいただけます。



農作物のマーケットプレイスというのは応援したいところだけど、「オーガニック農作物」に限ってというのは首を傾げる。
上記引用は間接的に「農薬を使った農作物は安心安全とは言えません」というメッセージがあるように思えてしまう。

●出品のお問合せ

こちらを見てみると、いわゆる「特殊な栽培方法」ばかり。この時点で大半の農家は参加できないのではないか。

「オーガニックは偉い、農薬ダメ絶対」というような価値観は食や環境への意識の高い人たちのあいだで根強い。日本の安全基準は厳しく、農薬を適切な使い方をする限りは健康への影響はない。本当に害があるとすれば、厚労省や行政からの注意喚起があるし、指導もある。
にも関わらず、過剰に農薬を忌避するのはいわゆる「放射脳」と同じ考え方ではないかと思うのだけど、一般にはむしろ素晴らしいことのように語られることが多いようだ。

ほとんどの農家は農協を通じて卸を行うが、その際には消費者の求めに応じて農作物をきちんと規格内に収める必要が生じる。規格外の作物は廃棄または安価に加工品用に卸し、最低限の農薬を使うことでコストを抑えてきた。
農薬を使わなければ雑草や虫がいくらでも発生し、さらには規格外作物の発生率も上がるので、これらを手作業で除去するために人件費が跳ね上がる。この時点で個人や家族規模の小規模農家には難しい。

おまけに発生した雑草や虫は隣近所の畑にも飛び火する。よそに損害を与えれば、損害賠償まではいかなくとも最悪村八分くらいは覚悟しなきゃならない。
繁忙期はお互いの畑を行き来してお手伝いし合うのが当たり前の農家コミュニティーでは、これは相当きつい。大型重機などはお金を出し合って共同で購入してみんなで使う、ということもあるのだけど、そうした場面でも協力が得られなくなってしまう。

利益と手間暇を度外視すれば難しくはない。趣味の家庭菜園とか、現役を引退した世代が道楽半分で行うとか、脱サラした人が理想を追い求めてとか、地域の町起こしの一環とか、幼児教育の一環など。
これらは達成感を味わうことが目的なので、むしろ苦労が多いほど嬉しいのかもしれない。

農家はこれとは逆に食べていくために仕事としてやっているので、苦労と手間暇はできるだけ減らしたいし、なにより安定して一定以上の成果を挙げなくてはいけない。
効率化と安定供給のためには最低限の農薬は欠かせない。

農薬を使っている今でさえ繁忙期には朝は日の出から夜は日付が変わるまで作業し、それから市場に持っていって帰って寝る、なんてこともある。
ある程度収穫時期がずれるようには植え付けるけども、自然のことだから思うようにはいかない。

この「食べチョク」も、すべての農家に恩恵があるようなものではなく、限られた一部の「選ばれた農家」だけが参入できるサービスだ。それを一部の食や環境への意識の高い人たちが買う。

●株式会社ビビッドガーデン
●オーガニック農作物を農家から直接買えるマーケットプレイス「食べチョク」、正式サービス開始 | TechCrunch Japan

ビビッドガーデン代表の秋元氏の実家は、もともと農家を営んでいたが、市場出荷のみでのビジネスを継続することが難しく、現在では遊休農地となっているのだという。そこで、同じ悩みを抱える生産者の力になりたいという思いから、小規模農家の販路拡大を支援すべく食べチョクを立ち上げたと語る。


立派な理念があるようだけど、農家の現実とはずれがあるようにも思える。
選ばれた人同士で頑張ってください。


ざっくり言うと「小規模農家の応援しますと言うから行ってみたらお前は帰れと言われていらっとした」ってことなんだけど。


■岩本町芸能社さんマーケティングがんばって!

●お粗末な準備でコミケ企業ブースに出店したVRアイドルプロジェクト | スラド IT
●コミケ初参加で事前告知を行わず大爆死した企業が登場?「岩本町芸能社」のマネジメントとツイッターが最高に闇だった #C92 - Togetterまとめ

中の人のテンパり具合を見てふふっとなったしあんずちゃんと環ちゃんがかわいそうだから応援にリンクするよ!がんばって!



●岩本町芸能社withあんたま(あんずと環(@rbc_geino)さん | Twitterにフォローされている人

そんなにフォロワー欲しいのなら、フォロー返しの文化のあるTwitterではフォロワーを増やすために興味持ってくれそうな人をフォローする、というのはなきにしもあらずだと思うんだけどフォローしてるのは関連公式垢だけなのかー。ダメダメな人みたいだし、中の人もテンパってて気づかなかったんだね。がんばって!


●「#cluster」のYahoo!検索(リアルタイム) - Twitter(ツイッター)、Facebookをリアルタイム検索
岩本町芸能社さんと一緒に「#cluster」のタグ付けられてるけど何なのかな?

●VRアプリ「cluster.」を運営するクラスターがイグニス子会社のパルスと業務提携|クラスター株式会社のプレスリリース

一方、パルスは、作詞家の秋元康氏、AI研究者の松尾豊氏、メンタリストのDaiGo氏という専門領域の異なる3名が資本参加してVR領域の新しいコンテンツや体験をつくっています。


「cluster.」は上記のVRアイドルに使われた技術なのかー。
何やらマーケティングに一家言ある方々のお名前が。


●「華麗なストーリーマーケティングだと思う」岩本町芸能社のコミケ大爆死騒動をあしやまひろこさんが鋭く考察 - Togetterまとめ



むずかしくてよくわかりません。


●【鈴木あんず】お礼メッセージ - YouTube
●【白藤 環】お礼メッセージ - YouTube
どちらも2017/08/16 に公開。
「コミケ終了時までに弊社アカウントのフォロワーが10,000人を超えるとデビューすることができます!」だったわけでしょ。コミケ終わってプロジェクト終了で残念…かと思ったらまだ続くのぉ?コミケ終了から三日足らずでこんなにクオリティー高いボイスメッセージが聞けてうれしい!がんばって!



ああ…、運営さん困ってるんだな。じゃあおれもがんばって考えなきゃ。こうしてあんずちゃんと環ちゃんのことばっかり考えてるとだんだん愛着湧いてきちゃうな。まるでプロデューサーになって育ててるみたいで大好きになってくるぅ。もえもえきゅん(はぁと

こうですかわかりません。


●美少女キャラクターを人工知能が自動生成してくれる「MakeGirls.moe」 | スラド IT
●MakeGirls.moe - Create Anime Characters with A.I.!

お~、ぽちぽちするだけで女の子が出てくる。ランダムもあるのでワンクリックで気楽に使えるのがいいね。おもしろい~。


●肌に長期間貼り付けて使用できる極薄の電極が開発される | スラド
●肌に貼れる電子回路開発、回路だけが肌に残る : 科学・IT : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
●皮膚に貼っても蒸れない電極 東大などが開発 健康管理に利用「安心して付けてもらえる」(1/2ページ) - 産経ニュース

 今回は合成のりの主成分であるポリビニルアルコールの微細な糸を使ってメッシュ構造の回路を作り、その上に金の粒子を積層。皮膚に置いてのりを水で溶かし、金だけを残して電極を作った。


リンク先に写真があるけど、タトゥーシールみたい。遠目にはマヤ文明の記号文字みたいでかっこいい。


●キラキラネームの人、なんで深夜に救急を受診するの?? | 五本木クリニック | 院長ブログ

◎キラキラネームの子供は時間外に救急受診する傾向がある なんて医師間、特に救急当直を担当する若い医師の間で都市伝説的にささやかれていました。実はこのキラキラネームの子供が救急で時間外の深夜に受診する傾向を明らかにした論文が存在するのです!!


マジかよすげぇ。
スペシャルでアゲアゲな名前をつける親御さんは子供をスペシャルかわいがる、ってことなんだろうか。


●「たけしの挑戦状」は今の小学生が遊んでもやっぱりクソゲーなのか? → ガチで遊んでもらったらものすごく正直な感想が出た - ねとらぼ
PR記事なので苦手な人は避けてどうぞ。スマホ版が発売されたのでその関連記事。
2017年現在の小学生のプレイレビューなのだけど、自分がプレイしてた頃のことを思い出してほっこりした。


■「ニアリチンでお腹スッキリ!」

●健康食品の体験談広告、厳しい規制へ | FOOCOM.NET

リンク先は打ち消し表示規制の話。消費者にもわかりやすい言葉で鋭く切り込む記事に定評のある松永和紀氏。

「『野良黒』を読めば抱腹絶倒、今日も一日健康に! ※個人の感想です。効果には個人差があります」

こういう打ち消し表示さえしておけばどんな文面を広告に書いてもいいと思ってる業者が多すぎる、ということらしい。
それでいろいろなテストが行われたのだけど、見ない人はこうした文章は意地でも見ないようだ。赤枠で囲って強調表示しても結構な割合の人が広告の文面から効果があるように感じたとのこと。

 報告書は消費者にも、打消し表示をよく読むように注意を促している。個人的には、消費者アンケートの結果に実のところ、がっかりした。「消費者は、こんなに打消し表示を見ていないのか。注意を促されても理解できないほど、ポンコツなのか」としみじみ思った。


松永氏も思わずご立腹。
た、他人を疑ってはいけないよ、とご両親から大切に育てられた箱入り娘のような純粋な人達なんですよ、きっと。


小見出しの「ニアリチン」は南米原産のスーパーフルーツ「ホムホム」にたくさん含まれてるそうですよ、奥さん!明日はスーパーで買い占めましょうね!
貴重すぎて見つからないらしいので売ってるのが見つかったら教えて下さいね!

※リンク先記事内のデモ広告内の成分・フルーツです。現実では見つからないと思われます。


■カラパイアあれこれ

●平行線が斜めに見える目の錯覚「カフェウォール錯視」を体感しよう! : カラパイア

もう何も信じられない。くらくらするなあ。


●一番美しい自分と一番醜い自分の比較画像を投稿するのが流行っているらしい。変顔比較「PrettyGirlsUglyFaces」 : カラパイア

ブサイクな変顔しようとすると、どうやら人は二重あごを意識するようだ。つまり…おっと誰か来たみたい。


●中2時代に描いた夢を現実にやりやがったヤツがいる。腕に装着し、パンチすると炎がゴォォォオ!っていう火炎放射グローブ : カラパイア

●Punch Activated Arm Flamethrowers (Real Life Firebending) | Sufficiently Advanced - YouTube

こ、これは想像以上に完成度高いぞ…!

 だが、実際にはゲーム「ストリートファイター」のリュウの必殺技として名高い「波動拳」の再現にピッタリの出来になったと語っている。


まあ波動拳というよりはヨガファイヤー、ヨガフレイムな訳だけど、現実世界で見るとすごくこわいな。あいつらこんな技で戦ってたのか。


関連記事

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

山田邦子とナンシー関の指摘|一般人のクマ退治| 他

■山田邦子とナンシー関の指摘

●徹子の部屋| 今週の徹子の部屋 8月14日(月) ※解説放送  山田邦子|テレビ朝日
(敬称略)

2017年8月14日(月)の『徹子の部屋』に山田邦子が出ていた。
山田邦子の出演情報を見聞きするとつい確認してしまう。ナンシー関のコラムが頭をよぎるからだ。

番組の内容は、冒頭で山田邦子が黒いゴミ袋で作った被り物を頭に乗せている。黒柳徹子の髪型を模したつもりのようだ。ずいぶんお気に入りのようで、何度も被ってはアピールし、番組の最後でも取り出してまた被っていた。ゴミ袋を被るのがとてもお好きなようだ。
話題は猫がかわいい、お豆腐屋さんで売っているようなものが好きになった、釣りが楽しい、乳がん、家庭菜園でスイカ作ってる、長唄など。他に瀬川瑛子のモノマネを披露し、大物芸能人の名前を出して付き合いのあることをアピールしていた。


1980年代後半から90年代前半にかけての山田邦子は本当に人気者だった。今で言えば誰になるだろうか。立ち位置と言うか役目としては有吉弘行に近いものだった。いくつもの看板番組でメインを張り、自分が中心にいて周りにガヤをおいて好きにいじって番組を回す、という構図。当時はこれを山田邦子がやっていた。
それに加えて小説やコラム集を何冊も出し、CDを出し、モノマネし、NHK大河ドラマにまで出演してとあらゆる方面で大活躍だった。脱ぐ仕事以外はすべてやったんじゃないかというほどだった。

筆者は当時小学生でリアルタイムで観ていたのだけど、山田邦子は何をやっても許される空気があった。当時のヒット曲を茶化してめちゃくちゃな替え歌にしても「邦ちゃんだから」で済んでいた。

そんな山田邦子はいつの間にかテレビから消えた。露出が減ってゆく過程はまったく覚えていない。消えたということすら意識しないうちにいなくなっていた。
今改めて検索してみると、不倫からの略奪結婚などがあり、それに伴うイメージの低下などがあったようだ。



ナンシー関は『何がどうして』30ページ「山田邦子は終わった。やるべきことは、もうない」というタイトルで以下の指摘をしている。初出は『噂の真相 99年3月号』、2月のことだ。

メインとして仕切る場がなくなり、仕切られる側に回されているわけだが、そこでの山田邦子は驚くほど何もできないのである。何もできない、と言うよりもそこには山田邦子に与えるべき仕事がもうないのだ。コメディエンヌの自覚のもと、おどけたりはしゃいだりすればするほど「あなたのやるべきことは、もうない」ことがはっきりしてしまう。その様はつらい。私はもう山田邦子を見ない。


『徹子の部屋』で見せたようなゴミ袋を被ることや瀬川瑛子のモノマネに芸能人としての需要があるとは思えないし、猫や釣りや家庭菜園の話なら、田舎ではそれと同じことをしている人達が佃煮にするほどいるのだ。あえて芸能人から聞かされておもしろい話ではない。
2017年8月現在において確認できる限りでは、ナンシーの言うとおりだったなあと思うばかりだ。


■一般人のクマ退治

●「学習放獣」は手負い熊の増産 | gakuの今日のヒトコマ

上記リンク先は、別荘地帯で暮らす家族がツキノワグマが出没するためにひどく痛めつけたが、一向に立ち去らないというもの。
それどころか怪我のせいで気が立ってしまい、前より危険なクマになっているそうだ。

漫画などのエンタメ作品では、クマや猛獣を痛めつけて「痛い目に遭わせたからもう近寄らないだろう」というような描写がされることがある。
上記の事例を読む限りでは、単純にそうとも言えないようだ。



南勝久の『ザ・ファブル8巻』では、まさにツキノワグマ相手に棒切れにナイフをくくったお手製槍で痛めつけるシーンがある。
それまでのストーリーとは何のつながりもなく唐突に「山ごもり編」になるので、作者はよっぽどこういう場面が書きたかったんだなあと思わせられる。

●Amazon.co.jp: 野田サトル ゴールデンカムイ

野田サトルの『ゴールデンカムイ』もよくクマと戦っている。こちらは北海道のヒグマ。アイヌの知識と不死身の兵隊パワーで何度も切り抜けている。
これらは殺し屋の天才だったりアイヌの不思議な力があったり不死身の兵隊さんだからできること。真に受けて一般人が真似するのは危ない。

●星野道夫ヒグマ襲撃事件
現実には、自然や動物をテーマにした写真家である星野道夫氏がTBSの番組撮影中にヒグマに襲われ亡くなったこともある。
氏は専門家ではなかったかもしれないが、動物を追いかけて写真に撮るためにそれなり以上の知識と対策手段は持っていたのではないだろうか。星野氏の知識と経験をもってしても、一歩間違えばこうした事故が起きてしまう。

現実でクマを相手にするのは危ないので、一般人が半端な知識で手出しするのはやめたほうがよさそうだ。


●“不正”を働いた研究者は更生できるか──米大学による「リハビリ」への挑戦|WIRED.jp

不正をミスの一種と捉え、再起のチャンスを与えようという試み。
不正の原因をたどっていくと、長時間労働や人手不足、煩雑な手順や監視によるストレスなど不可避な要因もあるようだ。


■カラパイアあれこれ

●スラムの集落をペンキで着色したところ、「虹色の村」として観光客が押し寄せる名所に(インドネシア) : カラパイア

 ウィドド先生は集落全体、390軒の同意を取り付けて行政と交渉し、3億ルピー(約245万円)の資金を引き出したのである。スマラン市のインドネシア建築業協会からはペンキと職人の提供があった。また、スマラン市長も自ら刷毛を手にしてペンキを塗ったという。


こうしたアイデア自体は思いついたとしても、許可や支援を得るのはどれだけ大変なことか。よく住民の理解が得られたなあ。それだけでドキュメンタリー撮れそうだ。


●ヤシオウムのすごい能力。一定のテンポでリズムを刻むことができる。そのリズム感は人間を除くと動物界ナンバーワン! : カラパイア

かっこいい~。こんな鳥いるんだ。知らなかったな。


関連記事

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

ブログ内検索
カスタム検索
プロフィール

兼業農家ツベル

Author:兼業農家ツベル
PC(パソコン)ときどきゲーム。ニュースも少々。

平成28年熊本地震に被災しました。今は元気です。

最近自分がアスペルガー症候群(AS)の特性が強いことがわかりました。

更新通知用:@tbrcln

カテゴリー
スポンサードリンク
●Amazonクーポン
「Amazonクーポン」のページにて、期間限定でAmazonのクーポン券がもらえます。
お買物前にチェックするとお得です。
タグクラウド

author by SUH
お知らせ
『.imtp.tachikawa.mopera.net』を含むhost、NTT docomoの提供する「mopera U」の環境からはアクセスできません。

野良黒 FC2を狙った迷惑なコメントが増殖中
スポンサードリンク
Amazonの検索が楽になるリンク
●【まとめ】 Amazonのバーゲン・セール・お買い得情報まとめ

●Amazonの「あわせ買い対象商品 」だけを検索する方法

●Amazonから「予約注文商品」だけを検索するためのリンク一覧
最近の記事
Archives
最新コメント
掲示板
FC2カウンター
リンク
RSSフィード